2015年05月24日

今シーズン初のロングラン

スキー仲間のtkさんと、自転車の話になったのであった。
そうなんだ、乗ってるんだ。じゃあ走り行きましょうということで予定したのが昨日。

ルートは松本出発して木崎湖まで行って帰ってくる。
これで、約80kmということであった。

tkさん、今年はまだろくに走っていないということで平坦メインのルートにした。
でも、ちょっと長いなあ。

待ち合わせ場所の駐車場はちょっと閉じられそうな気がしたので、別のところに移動。
だいたい、待ち合わせにおいらが5分遅れ。移動後準備して8時集合だったが、出発したのは結局45分ぐらいだったか。

早速、ゆるい坂を登っていく。うーんtkさん早いなあ。後ろについて登っていく。
その後くだりとなる。結構良い勢いで下っていく。
ところで、車が多いなあ。よく抜かれる。

気持ちいいが、帰りにはこれ登るんだな。ふー。

その後は、ほぼ平坦に見えるが少し登りを気持ちよく走っていく。さすがこのルートは起伏が少ない。
堤防沿いの道で北上。車が多いなあ。バスが3台連続で近くを通って抜かされたときは怖かった。

割と、すぐに25kmぐらい走って道の駅で休憩。

なんか少し右膝に違和感が出てきた。なんだろう?
休憩したらとりあえず直った。

そんで、出発してしばらくしたらまたちょっといまいち。痛いってんではないけど。
10kmぐらいでコンビに休憩。して膝のサポーターを緩めてみる。
なんだか、いまいちのまま少し走ったら、木崎湖到着。

湖水に触ってから、トイレ。その後まず1周してから帰路に着こう。帰路は、別の道。県道かな。
こちらのほうが、車が少ない。ずいぶんちがうなあ。
この道は、バイク(オートバイ)で昔走ったときに沢山の自転車を見かけてあー、このくらいの平らなら自転車もいいのかなと思ったところである。そこを走ったなあ。うーん、なかなか感慨深いものがある。

一周してから、途中で膝はどうかと聞かれて、飯食べましょうと答えたが、ラーメンセットがお安い店があるというので、そこまで。
で、ここが結構きつい。微妙にくだりなのでスピードが出る。30km・h以上で進む。
うーん、右膝なんか、痛くなってきた。
すぐかと思った店まで結構あった。10kmぐらいかなあ。

まあ、おいしくさらに、沢山頂いて使用カロリーをすべて供給してしまった。

結局、前を引いたのが4割ぐらいかな?
峠へのところを引いていく。さて、国道から峠に入る道を曲がって止まろうかと思ったのだが、いったん下ったのでそのままの勢いで。でもこの時点で心拍が150ぐらいまで行っていた。

さて、峠は300mぐらい登る。前にいたので、tkさんにいつでも抜いて良いといったのだが、ブービー賞の登りと余り変わらないようでそのままだった。

なかなか、斜度はそんなにきつくないが、止まらなかったせいでいきなり心拍165とかなって、厳しい。少しペースを緩めて155−160ぐらいで継続。
なかなか、坂が終わらないので、大変であった。
で、終わったなというころに、また右膝の裏の少し上の部分が攣った。
でも、まあすぐに収まった。

あとは、下りだけ。するすると降りていって車に到着。89kmほどであった。

温泉にいって、ゆっくりして疲れを取るが、両膝の裏側がかちかちであった。
やっぱり、いきなりの長距離は厳しかったか。
ヒルクライムも12kmの2時間以内だし。
そのまえも、25kmぐらいしか最長乗っていないからな。
特に右はまだ痛いなあ。

まあ、乗っていればそのうち何とかなるだろう。
tkさんとは、八ヶ岳グランフォンドあたりで走りますかということでお別れ。


posted by ソーレ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

車坂峠ヒルクライム 2015 参加

自転車関係のイベントは、一昨年に別所線のが20km
去年は同じのの40km
あと、信越五高原ロングライド。

ということで、イベントであってレースではない。
今回は初のレースとなる。

のであるが、あまりそういう感じがないのはあまりにもかけ離れているからだなあ。ガーミンの結果で調べたら41分とかで登っているではないか。おいらは去年の秋には2時間ぐらい。3倍である。

また、言い訳めくがスキーしていて、あまりチャリ乗っていない。お尻も痛いし。そんな中、軽量化も失敗して(自分の)いまいちテンションがあがらない。

でも、数日前にチャリ屋に行って、ドーピング剤を買ってきた。
少し高いですけどという、750円ぐらいするのと、250円ぐらいのを二つ。
高いほうは触媒みたいな作用だと。安いほうは普通に栄養。

前日受付しようかと思ったが、時間がなくなり当日に変更。
8時に駐車場に着くと、もういっぱい。そりゃそうだろうな。
用意して自走すこしして受付てゼッケンつけたり。
開会式の会場に向かったが、着いて聞いたら出なくてもいいと。

で、ロードレーサーの部のスタート地点まで下がっていく。

あとは、寒い中周りの人とお話も少し出来た。
今回は550人ぐらいの参加。出走リストもしっかり載っている。

で、出発。
いきなり心拍が150を超える。うーん、まえもそうだったけどこれは緊張から来るのかな?
それでも、130ぐらいで要るはずではないだろうか。

で、走りはドーピングの結果よろしく、走り続けられる。2km、4km、6km、8kmと行くではないか。つまり以前登ったときは4階ぐらい休憩していたのである。

最初はどんどん抜かれたのだが、特に女子に。
どこにいたのかこの人たち。後ろには見なかったのだが。
なんか最後だなあと思って並んでいたので。

中盤からは、落ちてくるひともいたし、なんか前に走っている人がいて、追いつく追い越すが出来た。
20人ぐらいは抜けただろうか。

で、最後のほうで、強風が。これに対して少しがんばってしまったら、右膝のうらより少し上で攣った。
4分ぐらい掛けて回復して、最後に向かった。

無事きもち的にはスパートしてゴール。
1時間43分31秒だっけ?

50代のブービー賞になった。やれやれ、またブービーだ。50代トップは44分台。

相変わらずだが、2時間よりは早くなった。そりゃそうだ、だいたいこいでいたので。
心拍は140−150程度だから、もう少しがんばれたかもしれない。

ということで、初のヒルクライムレースは無事終わった。
しかしスキーだとそこそこのレベルだが、自転車ってほとんどびり。

まあ、伸びしろがあるということでよしとしよう。



posted by ソーレ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

スキーのまとめ

検定関連
 指導員検定 2/27-2/28 実技と学科  SAJ行事 第三会場 戸狩温泉
       3/1 発表と手続き  合格
 B級検定員  3/7 実技と学科  神奈川県連行事 車山に混ぜてもらう
        3/8 発表    合格
 
 テクニカル  3/15 黒姫高原
        4種目すべて74点 4点マイナスの不合格
 主任検定ンのしゃべりの練習 スイミングスクールの検定会で練習。



滑走日数  69日
Max Speed 91.3km/h 野沢のチョッカリにて
垂直距離  135,846.3km
水平距離  905.9km

技術的内容

 ひざ下を使う。
 上体を動かさずに脚を動かす。
 大回りは、横方向に目線を送り、さらに進んでから下に向かう。
 こぶは、腰の前方向への移動によりトップを張りつかせる。
 こぶすとっく、リングを前にキープ
 こぶ、ゆるいところはまっすぐ突っ込む。それでも曲げられて外に出る、できたら急斜面でも。
 ブーツ下に荷重してそのまま滑らす。乗っている感じがあるとよし。
 回旋ではなく、角付でのすべり。緩かったり荒れていると角付優先して、すっと抜く。これが走り。
 小回りの入りは山回り入れてから右外脚から入る。
 ポジションは、一段と低くするべし。高いと角付のボリュームが取れないで、切れがない。
 小回り、トップを引っかけなくてもいい!トップはかかと落し(トップ落し)で落とせばよい。
 小回り、ピポットが出来るように。ブーツかかと支点での回旋運動。でもスイングもやろう。
 小回り、えぐるように!板を外に出す意識なしでいい。それでも外に出る。
 小回り、ピポットでは板が腰の下に来るように。
 小回りストックワーク
   脇を締めて、先はわりと板の近くに突いて、ひじから先の腕とストックで三角を作りそこでブロックする。
 大回りでも膝の動きは使う。膝をまず動かして、足りなくなったら股関節の出番。
 大回り、上体の動く方向は直線運動でななめ前。下ではない。回転しない。


と言ったところでしょう。
出来たことも多くあり大変上達できたと思う。
誉められたこともたくさんあった。


総合
大変良いシーズンでした。関係各位ありがとうございました。
ブログタイトルを指導員合格により変更します。

これまで、「幸せなテクニカルと、指導員への道」でしたが
「指導員の幸せなテクニカルへの道」にしましょう。

来年の早い段階でテクニカルをクラウンに変えたいものであります。
posted by ソーレ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014-15シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

68-69日目 忍者寺巡業 奥志賀と一之瀬 5/3,4 シーズン終了

忍者寺の巡業で今回はさすがに沢山というか、マンツーマンではなかった。
ほ。藍さん、めえ、ねる、ながい君の5名

ただ、3日は朝6時から滑るということで、そのまえに着かないといけない。
去年奥志賀に一時間半で着いたと書いてあったので、4時だと5時半。ちょっと用意が間に合わないな、ということで3時45分発の予定が、実際には55分になってしまった。

それでも、朝のコーヒーと高速降りた後のパンとおにぎりと2Lお茶とお菓子の2回休憩して宿前の駐車場には5時半に着いた。

ただ、そこから荷物を用意したりしていたら、すでに皆さん出てくる時間であった。
あわてて用意して今回は一之瀬ダイヤモンドの早朝練習に。

1600円のリフト代であったが、雪の少なくなったゲレンデのほとんどがポール張ってあった。残りの狭いところで小回りの練習。
アップのあとはどんどんビデオとる。

テーマは、早いリズム。ぴポット操作。とスイングの2つは使い分けられるように。
前回は、ピポットのつもりが、支点がブーツの前20センチぐらいのところになっていて、テールが良く動くようになっていた。これをブーツのかかと支点にするとトップが良く動いて見栄えがいい。

かかと落としというトップ落としがまだしっかり出来ないのであるが、アップ中に練習。

膝を返してすねの傾きを使って、最終的にはブーツの中での前後動も入れて、板を走らす。

1本目は、がんばったつもりだがそれだと、スイングしている動きになると。
やはり腰も動いている。膝だけでなくその上の股関節もつかっているということだ。
2本目は、ぴポット操作にだいぶなっている。
3本目は、脚の前後動が勝手に出てきたので、途中で意識的に入れてみた。これが良いすべりのようだ。
4本目は、落差を取ってリズムを少し大きくするが、でも膝は使う意識で。
なんかおかしいなと思ったら、切れがない。なぜか?ポジションが高いからです。
エッジが入らないのだ。と。
5本目、ポジション低くしてやってみる。あとで見るに大して変わらないなあ。でも切れは出た気がする。

さて、これで早朝トレーニングは終了。
皆さんは、昨日から泊まっているので朝食に。おいらは、食べたけど腹へってお菓子ぼりぼり。

さて、食事休憩を取ったら、今度は奥志賀に車で移動。
リフト券が混んでいてびっくりだ。いろいろ選択肢があったが、結局共通二日券 8,200円にした。

最初は、上に上がって第四のこぶ。なるいしゃ面(15度ないか?)
早かったり、バンクだったり、中間だったりで 3-4本出来ている。

足慣らしのあとこちらもビデオ撮影。
なんか、1本目は普通によかったが、2本目の下のほうはチョー良かった。
意識はまっすぐ滑って気分はモーグラーだが、聞けばやはり左右に動いている。ただ、角度を決めてあてに行くのではなく、まっすぐ入っているのだが、こぶに曲げられて結果的に動くといったところ。

皆さんにもほめられた。めえ曰く、一番早いんじゃないか。

ということで、気をよくしてビデオ。
3本だっけ?
1本目は良かった。二本目失敗飛ばされた。三本目?
また見てから書こう。


お昼はゴンドラそばの店で食べたら、なんとBTのTYさん発見。
そっか、この日程で滑るのに誘われたんだった。先約の忍者寺で断ったのだが。
少しお話したら、4日にはTSさんとTKさんとまた日帰りで来るという。会えるといいねといってお別れ。

その後は、メインバーンの急斜面こぶ。

きもは、腰を前に出してトップを向こうの腹に張り付かせる動き。
急斜面では勇気がなくてなかなか出来なかったが、すこしずつトライ。
徐々にできるようになりつつある。

これで、ゴンドラにて下って本日終了。
といっても2時台だけど。
ゆっくりとビデオ見てミーティングしたり風呂はいったり。お菓子食べたりですごす。

で、ミーティングでは
腰の位置について。
右外脚では腰が板の真上に乗っていて、左の外腰が山側に上がらない。3センチ中にしないといけないとな。
左外脚では乗れないことが幸いしてか、そこそこ良い位置にきているので、右の外腰が上がっているとのこと。
うーん、なんか今まで散々左外脚で乗れないことに悩んできているのでそういわれてもしっくりこない。


とまあ、夕食頂いて、ほかの人のビデオ見ながらミーティングして10時前には寝た。明日も早朝だ。


5/4 朝6時 メンバーが増えた。ちえみさんと、さっちん。
本日は一之瀬ファミリーにて大回り。
なのだが、暖かかったせいか昨日みたいにかっちりしていない。そのなかで、はばをとったすべりを要求されたが、ちと混んでいて、みんなびゅんびゅんで怖い。

足慣らしの後、確か早速大回り。久しぶりに乗ったGSRDは案の定転んだし、よろめいたのも難解もある。
で、大回りって久しぶりで感覚がつかめないし、ここは中斜面から、緩斜面へのつながりでしっせつでもありスピードは出ないので、横に広く使うことができないのでさらによくわからない。

ビデオ一本目は、左右でアンバランスでいまいちだそうな。
二本目は、少し後ろに乗っていったら、スピードは出た。
三本目が一番良い感じだっけ?二本目立ったような黄もする。

圧をあまり感じられなかったのでなんだかよくわからないまま終わってしまった。
切り替え後谷周りの場面での膝がまだ良く伸びなかった。
山周りではアンギュレーションを膝でというのもさっぱり
切り替え後の動く向きは目線含めて外にっていうのもどうだか。

なんだかなあで終わったが、そこそこ良かったようでほめられた。


朝食後は、奥志賀へ車で移動。
今日は、せっかく二日券買ったのに、昨日と違い売り場はすいている。なんだかなあ。

ゴンドラは風でしばらく止まっていたが、動いた。
早速また上部の第四のこぶだ。
今日も落差のあるの、バンク、早いの、といろいろ。
ビデオはそれぞれ撮った。
どのタイプにも対応は出来てよかった。ここだと余裕があるので、楽しく感じられるが達成感はあまりない。

メインバーンで一度降りて、グランフェニックスでのランチ
この一度降りるのがなかなか大変なれど、がんばって腰を前に出すのトライを続けていくうちにだんだん出せるようになるが、その時に板をただ落としてしまって加速してしまう。押し続けることやら、腰を前に出しながら、エッジングして方向を変えるというのを追加していく必要がある。


ランチ後に少し元気が出たが、このコース3本行ったなあ。2本目あたりからよたっていた。
それでも3本目は2/3ぐらいノンストップで降りられた。まあとてもゆっくりといったし、ラインを変えたのでもあるが。

ということで、これにて今シーズンのスキーは終了。
周囲の皆様ありがとうございました。

指導員にも合格したし、ついでのようにB検も合格。

すべりでは、膝を使う意識が出来てきて、切れが出てきた。
こぶの滑り方もだいぶ身についたし、シッセツでも滑れるようになった。

とても、良いシーズンでした。

まとめはまた後日。書けるかな?


posted by ソーレ at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014-15シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする