2015年12月29日

12/29 12日目 BT

本日も出勤
朝呼び止められて、新人のSK氏とym氏にレッスンの流れを教えてくれと。
あらまあ、ということで。いろいろ説明しながら滑る。
SK氏はなんとクラウン。いいもの見せてもらいました。

午前中はまたファミリー。今日は三人。女の子はかわいいなあ、しかも美人になりそうだ。
そして、滑りはいまいち。まあそんなもんだ。
奥さんが楽しそうに積極的に滑っている。みなさんポジションが山側に倒れているのでその修正に時間を費やした。後半はトレインのシンクロをメインにしたら、とても楽しそうに仲良く滑っていい家族である。
みんなパラレルが近くなってきた。

午後は、ジュニア3人。
小さい女の子が面白かったな。ハスキーな声で特徴的だ。
すべりはみんなプルークが完成され過ぎていて発展していかない。
最初は滑走プルークに持っていこうとしたが、真ん中から動かず断念。
次は、山脚上げて山回りと思ったが、さっぱり脚が上がらない。ポジションが真ん中過ぎるのだがなかなか治らない。
でも、このドリルの成果で大きな男の子はシュテムターンがほぼ完成。大きな女の子は内脚が返せないまま。小さな女の子はちょっとこけまくった。お尻から落ちていく。
でも、今日はカリカリの攣るん攣るんなので仕方ないな。人工雪は固いぜ。でも楽しそうにレッスンできてよかった。

午後の練習で、KS氏と一緒に。
相変わらずうまいのお。ぼこぼこの斜面を大回りでいく。しかたないから付いていくがひやひやものであった。ただ、去年と違って左右差が少なくなったと。運動とシルエットが同じになってきたということで良かった。
あとは、一度後ろ滑って、ための部分、小回りだとチェック動作にあたる部分をじっくりと行うのが良く見えた。あとで、解説するにみんな、その手前でやめてしまう。ここまで引っ張ると圧がかかってその後の抜けが良くなると。なるほど、これは去年の最後は感じていたことだが忘れていた。ありがたい。

その後、上体を固定して脚だけで前後動をする意識を持つと板の抜けが良くなった。これも去年の最後に会得したはずのものであるがまあ、いいや。思い出した。

なかなか得るものの多い一日である。

その後最後に石拾いでお金になる。
得る金の多い一日である。

横の距離17,7km 縦の距離 2700m
道理で疲れるわけだ。
posted by ソーレ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/28 11日目 BT

要請受けて出動

朝の練習:板iRACEを初おろししてみた。
まだ、石は出ているのだがちょっと乗りたくてうずうずしていたので。
感触としては違和感あまりなく、大回りはとても気持ちよく、小回りも特に問題には思えない。
ただ、トップのエッジがまだあるためか、引っかかってコケタ!
また、性能が発揮されるように滑りたいものだ。

八方のあとで、藍さんから宿題が出ていた。
課題解決の方法
木の葉落とし(山回りストップ切り替え)で板のたわポイントを体感。木の葉返し(谷回りストップ)をトップ荷重から踵荷重に変えながら緩斜面で練習。徐々に斜度を上げて、低速でチェク動作を練習。

ということで、木の葉落しから始める。
ポジションが高いから前後に上体がふらふらするという辺りに関しては、ポジション低くひざ下を使って行うことで、改善が見られた。
木の葉返しは、連続して行う中で、踵荷重の練習をしてピポット操作が出来ると、プルークでも回転性が良くなること、パラレルでもよく回ると言う事を確認は出来た。
ただ、十分できたかというとそうでもないうちに時間切れ。

レッスンは一日ファミリー
まるっぱだったけど、最後にファンタジーまで一人は補助したけど、ほかみんな滑ってこれた。
うーん、なんだか運動神経のいい家族だ。
楽しそうでよかった。

午後の練習しようと思ったら、呼び止められてキッズスクールの若手の研修になった。
2級を取れるようにということであるが、まだ時間があるので滑りをアップしよう。

小回りで、体重移動によるその場からのターン。
谷回りからのブレーキを掛けるターンはプルークから。
結局6名になったけど、2人は出来て香りが残ったのが3人ぐらいか。

縦1650m 横13km
だが、スマホの電池が弱くなってきて、30%切ると動作停止する。停止後も滑ったと思うのだが・・・
なんとかならないかな?昼に充電か!

posted by ソーレ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

10日目 八方 忍者

さそったYさんがまさかのドタキャン二日まえだけど。

さっちんと藍さんで3名コースの日帰りだ。
まだ、雪の状態がよくないとの情報だったが、黒ビシは最高のコンディション。これが最後まで続いた。

基本の運動の確認とのことであるが、どこまでが基本にはいるのであろうか。

やった内容

谷回りではずらして広い幅のシュプールだが、山周りで、細いシュプールをつくる。
このためには、エッジングを強くしていく。ターン中にエッジ角度を変化させていく。
そういえば久々で忘れていたなあ。
まあ、二度目からはクリア。ただ左外足がつらい。

これをつなげていく。
すると出る出る。

前に乗ってしまい、後ろがずれてしまう。
左外足で頭が中に入る。
案牛レーション左外足で弱い。
足が外にずれていかなななあ。


山腰上げておく、
じくを作るにはゆっくりでもいい。ただ、その後アンギュレーションはしっかり。
すると加速する。走る。
ただし、前ではだめ。センターと後ろで行ったりきたり。


ビデオ 大回り
1本目:アンギュレーションやったけど、前に行き過ぎ。
2本目:センターキープを意識したが、左外足で頭中に入る。
3本目:?




午後は小回り




軸を作るときには、高い位置でたって踏み込む。その後アンギュレーション。


とにかく、ポジションが高い。これがいけない。
ポジションが高いから上半身にロックがかからず、前後にふらふらしてしまう。

ビデオ
一本目:動かし方はいいのだが、リズムが遅い2拍子ではだめ1拍子。前後軸と傾けのタイミングが遅れてくるからギクシャク動く。
二本目:ありではあるけど、かかと支点でない。母子臼支点になっている。つまり前に乗ったまま。リズムはよくなったようだ。
3本目:緩斜面と同じポジションではだめ。高すぎ。押し込んで押し込んで自分の尻の下をいたが回ってくるような。回旋ではなく角付けを主体。でも、角立てるだけではだめさ。


ひざ下の動きを使うようにするには、ポジションが低くないとだめで、高いと前後がふらふらしてしまう、ロックかからないから。
さっちん、藍さんの後ろを滑ったら、感覚はわかった。去年はそうだった。

ただ、去年も志賀ではつま先支点だったから、うまく行った上のほうはよい動き出ていた。


練習課題。

ポジション低いはひざ下を動かせるか否か
上体をふらふらさせない。前後動前多すぎ、木の葉おとしでポジション低くして上体にロックかける。
どうも後ろいったり、前いったり安定しないのは高いせい。

で、その高さを誘発しているのはストック 107.5は長い。 105にしよう。


最後のほうでうさぎのこぶ2回。
硬くてつらいのだが、数回はじかれた。
まだまだだが、動き的には最後はよくなってきて、目線も次の溝を見なくなってきた。目線はチョー重要なので。硬いから難しかったが、前だったらもっとはじかれていた。かからないなりにブレーキはかけられた。
ただ、ひざ下の動きがまだ少ないのがはじかれる原因だろう。

ということで、よく見てもらえてよかった。

ちなみにさっちんは午後から急成長。うーんしっと。

2600m の15km



木の葉おとし、アンギュレーション、ポジション低く
posted by ソーレ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9日目 BT研修

安全講習ということで、参加義務が発生。

少し、朝滑った。
ぴポットの操作でのトップを動かしてある程度かまして行くというような意識ですべると、少し感触が戻ってきた。
ただ、まだ回旋が主な感じ。なかなか角付け主体のターンにはならない。
二本すべって、緩斜面ではぷるーくでも。
やっと、へっぴり腰のスタイルが修正されてきた。はーやれやれだが、まあ直ってきてよかった。

研修が始まった。

まずは、雪上の。
今回は、シュウリョのリアエントリーブーツと、板はエッジが・・・

滑ってみたら、なかなか大変だ。ぷるーくの停止ではえらくガガガとくる。
エッジが効かないので、ずるっと外に行ってしまう。
ブーツは、前に行きづらい、後ろに立っていると押さえが利かない。

うーん、子供たちすごいな。
ひざが中に入ってしまう人対策では、み○んを板の下においてつぶすかつぶさないようにかとか、
小指側へエッジを開放するような動きを練習しようとか。

もうこれで昼か。

弁当のあとは、リフト停止時の人をおろす訓練
ポールも重いし、人は重いし人数が必要だな。
そんなに何人も下ろしたら疲れてしまうなあ。


あとは、救命救急と、病気の知識
いろいろ説明してもらったり、実施したりで勉強になった。


終わったら、どうもすべる気がなくなり終了。
それでも、縦に1200m 横に8kmほど。

posted by ソーレ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

8か目、Bt初日、仕事と研修

btのオープン日である。
二週間伸びた。雪無いからねえ、先週よし雪付いたと思ったら金曜日に大雨で溶けた!

ところで、携帯わすれたのでスキートラックつかえんzかった。

契約して、朝残り時間で一本滑る。少し感触が戻って来たが、10時過ぎに二本滑ってみたら、いい感じも出たが、何だかなも多い。
半ぐらいにプルーク見てと言ったらyt氏がちょうどやるといって研修になった。

お題はエッジを立てる三つのやり方とは。
1,テール開いてテール側でエッジング
2,ピポット操作でトップにプレッシャー掛けてトップ使ったエッジング、センターに乗ればよし。
前に乗ると後ろが捌けてしまう
3,脚を両方開く、迎え角はあまり増えない

この3つをそれぞれ量を調整して、プルークとそれ以上を行う。
1を多く使い制動の強いプルーク
2を使って、制動の中に滑走性を出す、じゅんしの早い制動
3は板を外に出していくのに使う。

指摘は
じゅんしのプルークでは、トップがだらっっとしエッジングが弱いというかない。
角を立てながらピポット操作するとトップも噛んで食いつく。できた。
でも、上体を引っ張ってせいたいまで持ってきてしまうので、頭から振りこむターンに近くなっている。
板が走らない。外足の圧が抜けているのでいかんなあ。

この角を立てながらというのが肝だった気がする。
これできたから去年調子よかった


他に周りからの横滑りでの回転では、なんかうまくできないで、しぇー連やプルー区になってしまう。
あれま?緩斜面ではやりずらいのであるが、これじゃなあ。
今思うとエッジングがたりないのでは?角を立ててからエッジング

さて、、滑走プルークの話に変わってた。
これも、上体が回り込みすぎて生体し、くのじ姿勢がターン後半に無くなっている、圧に耐えられなくまた、次のターンにはいりずらい。圧が全部抜けちゃうのは、上下動していて、脚屈伸運動ではない。ということで、これを注意してやってみると、滑走プルークになっていなかった。制動のプルークの早いのだと。

やれやれだが、まあわかった。
そんで切り替え直前までくのじ姿勢はキープ。切り替えで逆方向にくのじ姿勢を作って次のターンに。
キープしていると次の外足にも乗っているので切り替え直後から圧を掛けていける。

つのじターンだと、切り替えポイントが遅くなっている。切り替え直後にくのじ姿勢を作ってこいとのこと。
ここは少し違うのかな。」すくっと立つというのからは違いあり

反動を使ってしまうと、そこで圧がゼロになる。反動は全部解放せずに前に向かわせるって。
この辺もまだ理解というか、なんでって未解決。

昼だ。

午後だ。レッスンだ。
小二の男の子
旨いが、上体を振りこむ小回り。
ストックで規制してみるとわりと上体が下向いた。直滑降急停車で、横向くのと、下向くのとの違い。
これで、リズムの早い小回りができた。なんでじゃ、うまくなりすぎ。
あと大回りで谷あわりで、ブレーキかけながらのロングターンは、板を外に持って行くのは2割ぐらいできたかな。

無事終了。
そう言えば、ウエアは上下オレンジ色。メットとゴーグルもおそろ。

うーんスゴいことになった。
posted by ソーレ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

6,7日目 研修会おんたけ2240

研修会だ。
指導員受かってからは初となるので、例の厚紙にはシールが張っていない。

おんたけ。復興のためにということで決まったのである。趣旨には賛同するのだが、とおい!
分かっていたことであるが、今回は乗せていってもらえることになりよかった。
そんで、前日大雨。

5時に出て、3時間で着いたがやたら人がいる。500名だそうな。えー、以前は300人ぐらいだったような。
受付して、車で少し休んでから再集合。開会式では担当が望月しゅうへいさんになった。いいのだろうけど、結局滑りは低速以外は見れないまま終わった。

初日は、ゲレンデに出て、1っポン滑ってリフトの下の少し緩いところでデモのデモを見る。
プルークでは、制動と滑走性の高いプルーク、でも滑走プルークとは違うと。
気に入ったのは、脚が前に出てくる。後ろ行って前に行くというあたり。
あーここなんだっけなあ?忘れちゃったなあ。

シュテムターンは3級レベル、2級レベルとまあいいのだが、その上で実践的なシュテムターンもやっている。これは、まあそのつの字ってやつ。
どうやら、基礎ってのは、丸いターン弧で、実践なのはつの字っていう風にしていくようだ。
ついでに言うと、基礎は切り替えで左右対称のシルエットが表れるが、実践では、非対称の先行動作が出てくるという風に説明されている。


横滑りも斜滑降から入る、なんだっけ?説明していたけど忘れてしまった。

やっぱり、受験しないっていうのでたるんでいる。
まるやまたかおのパラレルターン実践あたりを見て終了になる。
せいかちゃんが目が合った時こんにちはって言ってくれたのがうれしかったなあ。

そんな感想か!

で、昼にしましょうと言って山頂レストランに行くも、無理。
午後1時から半分に分けて、低速の研修だというので、まず一本。
その後2本普通に滑った。

なんだか、先週のシルキースノウとは大違いのためか、忘れたのかいまいちのまま。
いかんせん、1っポンのゲレンデに500名の研修、一般客、キッズレーサーが飛ばす、ボーダーが座り込むなどで、おっかないこと。

時間的に午後から、踏み上げで三本。
制動のプルーク、滑走プルーク、リズム変化により強いエッジングをしようとする滑走プルーク。
これも、みんなにいいですねって言って終わりだな。

初日終了。

宿に向かう。13km下にある。温泉がちょー熱くてゆっくり入れない。
食事はまあまあ、部屋は大広間に8名、一名あたり3畳あり。
宴会途中で睡眠に入るが残り時間は1時間以内にお開きになったようだ。

二日目。
宿から無料リフト引換券もらうが、初日にアナウンスがなく二日券勝った人もいた。まあお土産券にもなるので大丈夫だけど。

1時間ちょっとの間で、横滑り、シュテム、プルークと行ったが、込み具合は変わらず怖いので大変。
また、ロングターンなんかできないので、ショート系になった。
講師うまいのだが、全員にいいですねで終わる。

修了。

午後と言うか、一度上がってからクリニックになる。昼は取らない。
県連のひとと、一般の人に滑ってもらい、個人的に点を付ける。その後解説と点の開示

2級のシュテムと大回りと一級の横滑りと小回りと大回りだっけ?
1級では、少し厳しく見てしまったかな。3人ほど外した。2級も一人は外した。

点としては合ってきたが、解説を言えるようにならんと行けないなあ。

修了

ゴンドラで降りて、遅い昼。
また、3時間かけて帰った。
お土産を人の車に忘れてしまったので、取りに行く。

ということで、二日滑ったことは滑った。
宿;割高
道:悪い
ゲレンデ;仕方ないがつらい
講習自体;仕方ないか

と言う事で残念な研修会となった。
posted by ソーレ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

4,5日目キロロ人生初の北海道スキー

今回の旅程はざっとこうだ。

金曜日午後自宅出発。
東京に夕方着。買い物と夕食後寝る。

土曜日朝4時すぎに、藍さんが近所までピックアップにきてもらった。
羽田に付いたら5時前、フライトは6時半。少しラウンジでゆっくりする。
ゴールドカード無いけど、同伴者と言うことで。
DSC_2091-s.jpg

8時頃着。
DSC_2093-s.jpgだが、キロロへのバスは九時半。
お昼用のおにぎりを仕入れる。
うまかった。いくらとすじこを頼んだら、隠れていて見えなかった価格表。
二つで860円。でもその価値はあった。
DSC_2094-s.jpg
そしてサッポロ、小樽経由で2時間半。
滑りはじめは1時頃。
3時過ぎぐらいで終了し、お茶。
部屋でまったりして5時頃から別のホテルに移動して食事と温泉。

その後寝る。それまで眠かった!

日曜日
6時半起床、7時半朝食、9時ゲレンデイン
2時間滑ってお昼、12時半に上がり。
パッキングと着替えして1時過ぎ。ツアーバスを止めて、宿のバスで小樽築港まで移動。

その後電車で新千歳に移動。そこで5時
DSC_2125-s.jpg
DSC_2129-s.jpg
なんと海女さんがいる。寒そうだがいいのが採れるのだろうな。うにかなあ?

DSC_2131-s.jpg
お土産、ジンギスカン、
DSC_2138-s.jpg
DSC_2137-s.jpgお土産、ラウンジ利用と来て9時に出発。
ここはJクラスに追加金でアップグレード。
10:20ゴロ到着して荷物がトップバッターで出てくる!
東京の別荘に11時すぎに到着。

翌朝食事後に出発、昼ごろ到着。午後はチョー眠くてアウトだった。

ということになった。しかし色々お得なツアーであった。ありがとう



さて、滑りだが

初日土曜日。
ゴンドラが動いていなかった、強風のせいだ。
雪がなにせいい。しるきースノウだ
。うまいこと言うなあ。
だが当初の二本は左がのれない。なんだかこまったなあ。
でも、思い出したのか3本目以降は気持ちよくなってくる。
DSC_2098-s.jpg
ウヒョヒョーって滑っていてなにしたっけなあ。リフトは6回乗った。
ノンストップもしたし、それだけなのに横に10km、縦に1600mとそこそこ滑った。。
コース脇の新雪も最初は横向いてしまい気持ちよくなかったが、徐々に思い出し縦に入って気持ち良くなった。
かいせんのみのターンでは無く、エッジングによるターンも思い出してきて板が動くようになってきた。

と言うところで腿がパンパンまじか。
お茶したのだが、結局まあ終了。

3時半ぐらいにあがったので、時間はあった。
ホテルは部屋をアップグレードしてくれていて、だいぶ広い部屋に2つベッドエクストラで4人入った。
いわゆるスイートルームだな。
DSC_2099-s.jpg荷物も運んでくれてるし。

暫くネットやらでゆっくりした後、食事と温泉。
食事はビュッフェということで、他のホテルまでシャトルバスで移動。
これもまた、かに、ステーキ、すしなどなどで沢山。また旨い。大変楽しく頂けました。
DSC_2105-s.jpg
DSC_2104-s.jpg

その後、温泉。
ゆぶねが4つにサウナととても宜しい。
で、あとは
寝るだけ。なにせ寝不足なので。9時から睡眠。あさまでぐっすりとは行かずにトイレに起きたり少し寝入りがわるかったりもしたが、よく休めた。

6時半に起きて大浴場が入れないので、へやのしゃわー。バスローブが重いこと。いいバスタオルの生地で作っているから重いのだ。
食事は、1階のレストラン。それも2千円だそうだが、ツアーに込みだ。
DSC_2107-s.jpg
オムレツをその場で焼いてもラって美味しくたべる。その他も沢山美味しいもので。
また食べすぎだ。


結局アナウンスの9じをすこし過ぎてゲレンデイン。
まずは、昨日止まっていたゴンドラに。
DSC_2121-s.jpg
3本ぐらいゴンドラって言っていたが、最初のきゅうしゃめんは楽しく撮影もしながらおりたが、ツアコンのきったが転倒。見ていなかったがこれで意欲が落ちたようだ。
下の緩斜面は、下手すると止まりそうになるので、ノンストップで行く藍さん。いやー腿がずいぶん終わった。

その後昨日気持ちよかったグリーンコースをノンストップ。
きったとめえが時間差でりたいや。
左外足で首が右に行ってるとアドバイス頂く。最初に左に傾けてからターンにはいるべし。
しかし、あっという間に時間が経って、2時間経過。

あらまあ、もうこんな時間。楽しい時間はあっという間に過ぎるなあ。
久々にこんな感覚味わった。えかったー

で、めえときったに合流。
二人とも、ちょーまったりモードでもう終了ってオーラを醸し出している。
念のため午後の滑りを誘ったが、断られた。

食事は、海鮮いろいろ丼。なんか別のもの頼んだのだが、間違えられた。
トレイに乗せて運んでいる間に気が付かないおいらもなんだが、レジで違う名前を言われて、気が付く。
もうめんどうなので、そのままいただく。でもおいしい。

この席で、太ももポンポンしていたら、体が(膝が)前に行きすぎだから、大腿四頭筋を使って疲れるんだと藍さん。
藍さんは、脚を外に出して、外脚広筋を使っているから腿は疲れない。膝より10センチほど上の外側の筋肉。膝を前に出すのではなく、外に出すことでここが使える。膝がしらが外を向いてしまうと四頭筋に負荷がかかる。ターン内側方向に向かわせるとよいと。

さて、あと1-2本と言う事で、最後グリーンコースで1っポン目は少し確認しながら止まってみてもらったりもしていたが、やっぱり腿疲れてるなあ。
でも、そのすべり方してみるとちょっと違う気がする。
すでに疲れているので差が出るのやらでないのやら、次回は疲れる前に意識してみよう。
二本目は、またノンストップ(1.7kmだった)建物のサイドに回り込んで、楽しいスキーが終了となった。満足した)^o^(


posted by ソーレ at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

今年と多分来年の主力板iRace 170cm入手

決まってはいて、発注済みで、店にも来ていた。

やっと本日取りに行った。
ついでというか、へたってしまったインナーも購入。

HEAD iRace 170cm

165センチで、大回りは快調だったが、さて、小回り出来ますかねえ。
自分で板を動かせるようになってきたのできっと大丈夫さ。
tmp_3026-20151202_183853-1867154656.jpg
posted by ソーレ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする