2016年07月30日

二日目は短距離?

夕べの食事はまあそれなりにはおいしかったが、感動するほどでもなかった。
7千円のステーキの場所で2700円じゃなかなか。
DSC_2823-s.jpg

でも、この店で宴会が開かれている。平日なのだし、なかなか景気よろしいらしい。
で、戻ってからこのために買ったるるぶ山形を見ていたら、特上カルビ弁当1600円が朝7時から営業とある。

で、とりあえずこのお店に徒歩で向かった。
10分じゃ付かなかったが、駅の近くだ。途中で電話して予約した。いろいろ種類あるようだったが、本に出ていたやつに。
途中で川があっていい芝生になっていたので、ここで食べよう。
お茶もコンビにで買ったし。
DSC_2834-s.jpg
DSC_2835-s.jpg


いやーおいしかった。

堪能して、ホテルに戻る。
道すがらポスター発見だ。そう、天地人
DSC_2833-s.jpg
兼次だ。

なーんてやっていたので出発は八時過ぎだ。
そしたら、駐車場はただ券くれたのであるが、二輪車はセンサーがうまく作動しないらしく普通に出れない。電話があったので、かけたら係員いくまで15分待てと。
いやだ、ゲートの横を通って出るよということで話が付き、清算してから出た。

まずは、山寺だ。
しばらく走っていくと、蔵王の看板だ。山は雲に覆われていてまったく見えない。
IMGP2382-s-s.jpgIMGP2383-s-s.jpg
こちらが山形蔵王でその先が宮城蔵王なんだな。


上山というところにいきなり高層マンション。他はせいぜい4階建てなのにいきなりだ。
びっくりして近くによって行ってしまった。
セブンのお姉さんのはなしによると築15年ぐらいたっていて、昔は高かったが今は1000万しないで売っている部屋もあるそうな。おひとついかがでしょう?
まあ、山形のベットタウンとしてはいいところだからかな。それにしてもびっくりした。
IMGP2379-s-s.jpg


山寺到着。10時過ぎだ。いい時間。
IMGP2386-s.jpg
不可解にも奥に行くほうが駐車料金300円にさがった、手前は500えんだったのに。
しかも、1080円以上後利用で無料だ。
まあ、あとにしてとりあえずバイクはここに止めてといわれて鍵を預けて出発。
さて、1000段の石段を登るかね。

IMGP2393-s.jpg
静けさや岩に染み入る蝉の声

芭蕉だけど、蝉が鳴いていないぞ。そこそこ暑いのに。
IMGP2429-s.jpg
意外とすぐに300段になった。

結構日陰なのでそこまで暑くない。汗もそれほどでもない。

さて、ご到着。
まずは参拝。
で、30年ほど前にきよちゃんと来たときに、外人が景色見て Wao shur と叫んだのをまねしたポイントを探したが、どうも記憶が定かでない。
確か、みんなが行くところではく、裏側だった気がするのだが見あたらない。
展望ステージみたいなところで、写真取ったらなんだこの色?
青っぽい、うーんしばらく悩んだらホワイトバランスが電球になっていた。そっか。
IMGP2422-s.jpg

しばらく悩みながら景色といい風を満喫。

降りたら、11時半だ。まあ食事だなこりゃ。
駐車場のレストランで板そば 1200円を食す。
うーん、大盛りだなあ。
IMGP2433-s.jpg
駐車場のお兄さんと少し話す。ライダーだった。

お次は天童。
将棋の駒の生産地だ。このごろはトンとご無沙汰だが、小中ぐらいに将棋やってたなあ。
じいちゃんや親父とも、思い出した。

将棋会館の案内があったが、あれ?これじゃ駅に行くんじゃないのと思ったら案の定、駅に併設だ。
しばらく、涼みながら見る。
IMGP2434-s.jpg
隣には、将棋やっているひとがいる。お土産屋に行って駒を買う。
まあ、たぶんあまり使わないのでお安く1600円。
1300円のはちょっとしょぼかった。こちらなら、裏もスタンプではない。赤くした。

ここからは、酒田を目指すのだが、月山を通っていこうと決めた。その上のルートもあったが少しでも早くしようとしたのだな。
途中で、月山が見えてきて、雪が残っているなあ。すごい。
IMGP2439-s.jpg
月山までは高速で行った。でも、乗ってから気が付いたが、これはした道もあまり変わらないだろう。
まあ、気持ちよく進む。降りたが気持ちよく今度は自動車専用道路に入る。
ちゃりはだめだな。どうやってこのルート行くのだろう?

月山にはなにせ、行こうと思っていたのであるが、なんと入り口が見当たらないまま坂を下り始めた。
3kmぐらい戻って、インター出口からもういちど入りなおした。
で、上っていったのだがなかなかに大変な未知だなあ。バイクとしては楽しいがここ雪あるときに車で上るのは厳しいなあ。遠いし。
リフトの位置は確認できなかったが、駐車場から雪はばっちり見えた。さすがだ。
IMGP2438-s.jpg
IMGP2442-s.jpg
月山の道の脇のあじさい。花が小さいのは原種に近いのか?それとも寒いだけか?


そんで、くだりましたら、元の道ではなく、先に行くために鋭角にターンしていったらこれがまた狭い道。うーん、交通量も少ないしこりゃ夜は無理。
ずいぶんかかって結局ここじゃんっていうばしょに出てきた。

するするって酒田まで以降と思ったが、今日の宿は   湯の浜温泉
一人だと少し高かったが、楽天ポイント使ってみた。こういうのもいいな。
直接行けば酒田は見れないが早く楽に行けるから。まあ疲れたしいいや。坂田はまた今度だな。

以前にも行ったようだし、土門拳記念館に行った覚えがあるからなあ。
でも、30年ぐらい前に感じたのと今見たらどうなんだろうって興味はあったが、前の感じを覚えているかというと心もとない。

付いたかと思ったが、意外と奥にまで道が続いている。フクスミは車でいっぱいだった。
着いたのが5時半ぐらいだ。
荷物を入れて窓を開けたら、目の前は海だ!ひょー。
せっかくだから、見に行こう。
地下にエレベーターで降りたらすぐ目の前が道でその先が砂浜で海。
短パンに着替えておいた、一枚で。

ということで、泳いだ。

うーん、久しぶりだなあ海で泳ぐのって。10年ぶりぐらいじゃなかろうか?
もっとも、ほんの10分だが。

7時にはご飯。海の幸を頂いた。うまい。
日本海に沈む夕日をみて写真とって屋上に。
IMGP2450-s-s.jpg
あまりやることもないので、テレビ見て明日のルート検討してねた。
うーん、今日も200km以上走っている。
ぜんぜん少なくない。

で、翌日。
朝の散歩でまた海に行ってから朝食。

下の道にバイクで出て奥に見える山は鳥海山。ここにも雪が残っている。そうか、ここは雪山見ながら泳げるのだなあ。


まあ、あとは高速メインで帰るだけだから特に書くことはないが、
途中でライダーとしばらくお話。
そうそう、なんかこの手の会話が少なかったなあ。
ライダーじゃない人と話はしたが、ライダーとは少なかった。
なんか満足した。

そんで、走った。
400kmだ。

うーん、三日で1000km走ったなあ。
こりゃ、4日のパターンだな。本来。

とまあ、こんな感じで久しぶりの2泊、久しぶりの山形ツーリングは無事終了した。
なかなか、面白かった。開放感、充実感。

posted by ソーレ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

山形2泊ツーリング 夏2016 その1

ちょっと仕事に飽きてしまった。休みをとらなかったというわけでもなかったのだが、ちょっとハードワークが続き、とほくにいきたくなった。

といっても、急に計画したもので、2泊で行くのなら行けたが、それ以上だともっと先になってしまう。
まあ、今回は行きたくなってしまっているのでここで行こうと。

久しぶりなもので、勘が働くのがいまいちだったかな。
以前は、それでも地図から一日の走行距離をある程度計算した、でも今はすまほのナビで検索してみるとあー5時間、300kmかってわかる。中間地点を指定しないとルートがいろいろになってしまうからだけど。こうやって、新しいギアを使って、勘を働かせられればよかろう。

チャリのGPSも持っていった。ガーミン510Jである。通ったところがあとですっかりわかるってのはいいのであるが、それ以上に距離がどのくらいか、ラップ距離も出る。ラップ時間、進行方向、温度(これはかなり当てにならないのでそのうち高度に変更)時計などといろいろ知りたい情報が走りながら見えるのはだいぶいいなあ。

ということで、スタートは 59,376キロ

バックは北海道に何度も行った青いやつ。
スカスカではあるが、着替えとか、お泊りセットはモンベルのバックを買ってそちらに移した。開くので、いままでよりもずいぶん良かった。

東北ツーリングマップを持っていったので、家からしばらくはエリア外。高速でもらう地図みたいなので対応。

大まかに、今日は米沢まで、翌日に酒田まで、最終日に帰宅と。
それで、800kmぐらいのつもりでいたような・・・

元気のいい初日は、出来るだけ下道で行こう。
朝5時10分出発。仕事の都合で、上田インターから乗った。豊田飯山ICで降りてR117を進む。
野沢温泉を過ぎたあたりでなかなかいい景色。緑のなかの千曲川がきれいだ。
IMGP2339-s.jpg

最初というわけでもないが、このあたりの家は特徴的だ。
もちろん積雪のためである。一階は階段になっていて、実質は2階と三階の建物。小楯以外にアパートもそんな感じ。IMGP2343-s-s.jpg

新潟に入って、ちょっとしたら、石打ICの看板。あ、そうか右手に少しずれると関越だな。
で曲がって峠を降りたら石打丸山スキー場だ。あれ?この場所は前に来たなあ。
そのときはこのセブンでゴム手袋買った覚えがある。つまり雨だったわけだ。
店員と少し話す。これがスタート後初の会話なきがする。
前の建物が見えなくなるくらい雪降るとの事。
それで、思い出したが本日結構寒い。Tシャツに長袖のミドラー、でメッシュジャケットにしたがこれ以上寒かったら合羽だなと。
基本曇りで、最後のほうで少し晴れた。

小出ICですぐに降りて、次はR252
鏡池も通った。ここは女神が手鏡をおとしてしまって困ったが、水鏡で代用することにしたというお話であった。IMGP2349-s.jpg

まあ、山の中に入っていく。高速だけで行けば昼には米沢に着くかもしれなかったが、こんな道を選んでいるので無理だろうな。

さて、山の中を快調に走っていたら、15m先にかもしかが飛び出した。
ひょー、急ブレーキ掛けたが間に合わない、あたるなあと思ったがタイミング的にこれは止まるより行った方がいい気がして途中でブレーキやめて少しアクセル。
結果的には、やつの頭が左脚のくるぶしに当たってそこまでで被害なし。
良かったけど、びっくりだ。

そんで、福島県に入る。
IMGP2352-s.jpg

案の定遅れて、昼は途中の定食屋。ここを過ぎたらたぶん一時間は食べるところがなさそうってんで、戻った。カツカレーとなった。でもうまいぞここ。
カルデラ湖だというほうに向けて行ったら、すっかりワインディグだ。これはこれで楽しいがすでに食傷気味である。ところが、なんだか見えないままに終わってしまった。
このルートは、ダムがたくさんあってそこらじゅうダム湖だらけだ。沼沢湖というカルデラ湖は見えなかったなのが少し残念。
IMGP2357-s.jpg
そういえば、先日のライディングスクールで体を向けるといいのだと。まあやってはいたが良く意識してみるとやはり楽だ。回転性が高まる。



山を降りたらお町だ。
ガソリン入れたりお茶飲んだり。
会津坂下(ばんげ)を通ってもうじき喜多方だな。
喜多方で、お昼にとも考えたこともあったが、2時半だなあ。やっぱ無理だった。

R121山形県に向かう。すごくいい道だ。
信号はほとんどない。工事信号で3回ぐらい止まったときにスクーターのじいさんとお話。
なんと、キャンプで北海道にいくという。リタイヤしたからもう何年も夏は北海道だと。

3時半ごろ到着。まずはホテルに入ろうかと思ったが、
あ、そう途中で楽天とラベルに携帯で予約入れたのであった。
昔は途中の電話ボックスで電話したものだったが。

上杉神社の看板出たのでそっちを先にした。
神社に参拝、博物館も見て、上杉影虎、謙信、景勝、直江かねつぐなどの足跡をたどる。
IMGP2361-s.jpg
IMGP2366-s.jpg
新潟から山形に来たときには150万石、関が原以降は、かねつぐの領地である米沢の30万石に減らされ、さらに何代かあとに半分にされてしまったそうだが、しっかりと地域の領主としてつづいたのだなあ。すごいことだ。

ホテルに入る。駅前ではなく繁華街だな。
上杉神社近くだ。少し休んだ。寝るかと思ったがそうでもなかった。

米沢といえば米沢牛であるのだがいかんせんお高い。
ステーキだと7千円だったなあ。残念ながらびびって、食えず。
2700円の牛なべにしたら、なんだか消化不良。
鶏頭となるも牛後となかれってかんじかなあ。

本日はこれにて。明日の予定を検討してからねた。
本日の走行390kmぐらい。下道メインでこのきょりはちょっと走りすぎだな。
IMGP2371-s-s.jpg
その2に続く

はずである。



posted by ソーレ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

ナビカフェ in BTスキー場

以前motoナビって雑誌を買った。
たまにイベントでカフェをやるって書いてあった。

以前BTにチャリで行ったとき仲間に今日なんかイベントがあるんだよね、ナビなんとかで、車、バイク、自転車それぞれが集合しているらしい。

ということで、繋がった。

今回は、自転車で行くと、朝早く出ないといけないのと、バイクの試乗などを考えると、やはりバイクで行った。

家を出たら、バイクが一台BMWの何か。すぐに追いついてしばらく一緒に。
信号で止まったので、たぶんそうなのではと思い、どこに行くかって聞いてみた。案の定ナビカフェであった。そのまま一緒に行く気だったのだが、途中で止まってしまった彼。まあいいやてんで、到着。
DSCN0363.jpg
受付と同時に試乗会の申し込みをした。
もうすぐた、ドカティの800ccのにした。
イコンってのだ。感想は、カーブではきっと面白い、低速域ではまあこんなもんかという加速感。
軽いし、足つきはいいのでいいのだろうが、高速域の体験が出来なかったのでわからない。
DSCN0354.jpg

アルファのC4がおいてあった。意外と幅広いが長さは短い。金額は800万ぐらいらしい。
うーん、欲しいなあ

DSCN0358.jpg
で、その後は、ケニー佐竹氏のライディングレッスンを申し込んだ。
これらが、早くから受付なので朝から行ったわけだ。
これ、なかなかためになって楽しかった。

最初は、ポジション。ステップに拇指Qを乗せて立ち上がり、そこからすっと腰を落す。ここが基準。
ウォームアップということで、加速とブレーキを繰り返す。
加速の前に上体を前傾させて遅れないようにする。
減速は、骨盤を寝かせて、シートと尻の接触面積を増やす。
そのご、スラロームする。

急加速と急停止
リアブレーキで安定させて、フロントブレーキを弱く掛けてフォークを沈ませ、最後にフロントブレーキで止める。
ロック寸前には、カクカクと動くのでそれ以上やらない。

三種の神キ
1.スロットル一定
2.半クラッチ一定
3 リアブレーキで調整

これを練習。
アイドリング発進。アクセル開けないで半クラッチだけで発進。これで、半クラッチのいいところを体感する。

三種ので、これをハンドル切っておこなうと、カーブや、Uターンに進む。
腰から上をターン方向に向ける。これ大事。目線はもっと先だからほぼ真横
すると、ニーグリップが勝手に出来る。
あとは、右回りではスロットルの握りかたを変える。斜めに握って、あおるのは手首ではなく上腕の回転をつかっておこなうことで、スペースが取れるのでよいよと。

で、最後にUターンをして終了
最初は大回りでいい。
大回りから、フルステアが出来るようになったら、バンクさせる。
順番はこうやって練習。
直立していればロックしようがエンストしようが転ばない。

なかなかまあわかっていることもそうでもないこともあるし、楽しいスクールであった。
帰りのワインディん具で低速カーブでとてもやりやすくなった。
覚えておこう。のために書いてみた。


これで昼になったので焼肉とカレーを食べた。
そういえば、だいたい合うべき人には会えたのでよかった。

午後には、また試乗会。
評判のいいモトグッチは埋まっていたので、BMWのGS700から
まあ、楽だ。ポジションが立っているのと軽いのと適度なパワー。オフのりのほうがいいんだろうな。

その後、電動アシストマウンテンバイクに。
キッズファンコースの中腹まで登ったが、楽だ。結局アシスト最大にしている。
下りは、車体の重さが気になるがまあこれはこれで面白い乗り物かもしれない。
DSCN0373.jpg
最後の試乗はBMWの1000RR
思い切りレーサーレプリカ。ポジションも厳しいなあ。でも発進したときにすでに力強さを感じた。
うわー、こりゃはやいは。カーブもきちんと乗ればどこまでもバンクしていく感じ。
12000回転まで回るのであるが、半分もまわせない。こりゃちょっと楽しくなって命掛けてしまいそうなバイクだ。一番面白かったが、ちと危ないかな。
DSCN0376.jpg
最後に集合写真を撮って、じゃんけん大会で最後のほうになってTシャツあたった。
まあ。珍しい。しかも自転車の今中大介さんから手渡されたのでつい握手を求めてしまった。快く応じてくださりうれしい限り。

で、帰るのだが、ルートを白樺湖からビーナスラインに乗り和田峠で降りて帰宅。とした
やっぱり、このルートを気持ちよく走れるのはいいねえ。胸のつかえがスーッとなくなる感じだ。
DSCN0377.jpg
楽しい一日であった。
posted by ソーレ at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

ブーツ確定

今年は、なかなかに忙しくシーズン明けてからはほとんど仕事しかしていないというのは極端だけど。

そんなことで、何もかけてませんでした。


ICIの展示会は例年のように、仲間と会うために東京にまずいった。
そこで、あらまあ買うはずのないブーツを履いて回っていたのだが・・・


atomicにて、はかりに載ったブーツを発見。
なんだこれ?
色遣いはとても好みである。持ってみた、


か・る・い・ぞー

何というか軽い以外ないのだが、履いてみたら、少し当たるところはあるもののメモリーフィットだから熱かけてやれば簡単に直るようだ。
うーん。魅力的だ。

なにせ、履いた状態では、通常の靴を履いているかの如く(おおげさだけど)足を動かせる。慣性をあまり感じない。


ま、そういうことで当日はそのまま食事会に。
みなさんとのしばらくぶりの会話を楽しみました。


で、先週。
もう、どうにも止まらないなあ。

ということで、念のためもう一度、さらに1サイズダウンしたのも履いてみてこちらはつま先が当たっているのでちょっと無理。出るだろうけど、そんで適正サイズは足の前のほうは緩い、後ろはしっくりくるけど。まあこういうのもいいかも?ダメだったらまた考えよう。

ということで、ブーツは atomic Hawk Ultra 130 に決定した。

なぜか、皆でヘルメット見てかぶっているうちに買うことになった。
シーズン中にはとてもよさそうだ。今のは、11月、12月、3月ってあたりで使用しようかな。
posted by ソーレ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする