2017年01月30日

29日目 1/29 そういえば、日数と日付がそろっているなあ。あ、決勝だ

決勝の日である。


結果・・・

あうと!

106番だかで、3点足りずに予選落ち決定。
一応下から見ていったのだが、赤い線の下にはありませんようにとの願いむなしく。
確定リザルト
大回り朴の木  244点 97位
小回りリズム変化 244点 98位
小回り朴の木  241点 107位
総滑      247点 90位

合計    976点 106位

ということで、しばらく呆然とコーヒー飲んでから、重い腰を上げた。
おなじく予選落ちのちえみさんと、Aさんと一緒に滑ったり、見学したり。

滑りでは、やはり昨日が一番下手かな。と思っておこう。
ただ、緊張の中でも動きを出せるように、ならないといけないってことだな。
だから、普段はほぼ100%に近いところまで仕上げておかないと、結局地の滑りになるしかないのである。

で、今回滑りながら気が付いたのは、左外脚のときに頭と体が中に入っている。だから圧がたまってこない。
滑りながら気が付いたのがいいな。中斜面で何度も練習できたので気が付いた。
あとは、大回りで足をあまけりする感覚というか、そうしてみた。これはあまりやっていなかったのである。伸びがいい気がする、そんでその時にブレーキも掛けられるのではなかろうか?トライしてみよう


あとは、ずいぶんと飛んだ時があった。反発を吸収できていなくて、体が浮かされたのであるが、それだけの圧がたまったということだ。ちなみに右外脚のターン後である。

だいぶ人の滑りも見学できた。
得点と滑りのリンクもある程度はできてきた。ただ、なんとなくのイメージで言葉で説明はまだ、いまいち。

エッジ角度が舵取り中に変わると、動きが見える。8の字を書くみたいな踊るようなそんな動きだ。
切り替え後に足がすーっと伸びていくと(大回りはゆっくり、小回りは早く)よく見えるし点も出る。

皆さまうまい。ごくたまにあら、この人に負けたのかということもあったが。
いやー先が長いなあ。

忍者寺は、たぶんさっちんが良かったかな。ねるはちょっと緊張だな。

やっぱり悔しいねえ。糧にしよう。
posted by ソーレ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

あいちけんの予選当日 1/28 初日 ほうのき 28日目

 6時半ご飯、7時45分ぐらいにゲレンデイン。8時からリフト乗って少しすべる。ちえみさんも登場、さっちんもいた。永井くんも来ている。さらに、シンゴもだ。500mm望遠持っているぞ。知り合いの女性たちもほかにいたし。


もう一本と思ったが、すぐに開会式が始まってしまう。
ところで、脚が疲れた。そりゃそうだ二日連続ほぼ5000m高度さでは。やはり昨日やめときゃよかった。

インスペをほうのき側から行ったが、アルペンが時間ぎりで厳しそう。
トイレ済ませて、到着して聞いたらいけそうなので、よかった見えた。

で、一種木目はこまわりリズム変化

アルペン下部予想通りの下がった位置から。回旋の小回り、中周りっぽいぎゅいん、落す小回りの予定で出発。

変えた分はたしかに変えたが、中周りの牛印もすくないか、ないし、落すのでは板が動かない。ぜんごの動きがないなあ。
あまりいい点でないかな。

81,81,82 だったかな。 244点。

2こめは、大回りをほおのきで。

81,81,82 牛印はやった感じで板が動いた感じはあったのだが、思えば外に押し出していく動きが少なかったかな。あとで、やったら押し出す感じが出たので。
小回りもそういう動きを入れるといいはずである。

うーん、いまいちだ。
昨日の方が両方ともよかった。
まあ、いいときのものが出るというのは虫が良すぎる。


お昼。

さっちん、ちえみさんは二人とも納得の行かない様子。おいらは女性たちがみな近所に居てよかったなあ。はなやかで。
れんちゃんは、DNSだった。どうしたんだろう。


小回り

80、80、81
あれまあ、ひどい点。
脚の動きが少なかったなあ。ながいくんいわく滑りが軽い、回してきた上でスピード出してね。回しこみ画足りないよ。
おいらは、ワイパーが入っていた。引く動きが出なかった。ハートの小回りないなあ。
これじゃあ仕方あるまい。
あとで、ビデオ見たながいくん、切り替えで腰が上に浮かされていた。そのたび、だから押さえがきかなかったのかな。
しかし、モチベーションががくんと下がった。
明日は、脚きりに会いそうだなあこれで一段と。
だいたい、82フラットぐらいの人がボリュームゾーン。85とかのひとがたまに居て、84,83とかそれなりに居るので、たまに79とか80の人を見るのであるが、それまでの81.3でなんとかギリかと思っていたが、80.3はまずいよねえ。

ふりー
モチベーションはなんとか立ち直った。
 まあ、やたらスピードを求めずに、動きを見せるようにしてみた。クローチン具からプレターン入れてぎゅいんを入れながら、すうターン、リズム変化は少しだけやったが、これはしょっぱかった。うわっつらだけのだったが、最後には目の前でぎゅいーんと板の反発とその処理を見せることが出来た。

82,82,83ぐらいだと思う。

これでトータルでの平均 81.3だと思う。
うーん、130人で100人ぐらい決勝。さて、おいらの下に30人いるかなあ?


ちえみさん、80、さちん81ぐらいかなと小回りをみて思った。前後の動きがなかったので。どうだったっけ?

posted by ソーレ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほおのき練習 1/27 27日目


6時半に出発。2時間少々で着くのかと思っていたが、なんと3時間かかった。
あまりよく寝られなかったのと、運転の疲れと、昨日の疲れでどうも気が乗らない。
でも、まあゲレンデイン

すぐにれんちゃんから声かかる。でも、いしみずでものレッスンだそうでリフトで話しただけでお別れ。

ねるが来ているというので変更になったほうのきコースに向かうとあちらにいるではないか。
でも、どうやらヘッドチームと一緒のようで、すぐにお別れ。
少し、一人でアルペン下部とほおのきこーすでIspeedにて大回り系の練習。
あと、パウダーでは、もしかしたら、本来であったこっちでやるかもといううわさのためにこちらでも練習。

パウダーでは、きのうのすらと一緒で、急斜面大回りがなにせ加速してしまう。なんだろうなあ。ただ、アルペン下部、ほおのきではカービングというか、ブレーキ掛けないで行けてしまうのでまあいいやというように滑っていた。

お茶休憩してからさっちん発見。一人だというので一緒にすべる。これでやっと少しやる気出てきた。

1時まで大回りするというので指摘し合いしてみた。
脚の動きがよく出ているというので、気をよくしていたのだが・・・・
フォールラインからエッジ角強めて、反発を得て板を動かして、谷周りにはいっていく。

さっちんは、エッジ角を決めてそのまま乗ってくるのが目立つ。
おいらは、エッジ角を変えながら滑れることが出来ているようだ。ただ、それもみな本当の急斜面では出来ないのであるが。
明らかにブレーキかければいいのだが、なぜ出来ないのだ?


お昼はカツカレー

小回りに変更。
さっちんは、面白いくらいに板で悩んでいる。4本持ってきて各一本使いそうな勢いだ。

さて、小回りは、リズム変化もまあまあ、ほうのき山のこまわりもゆるい斜度スタートと急なほうスタートで滑りが変わるが、双方うまくいっているようだ。脚がよく出る感じもあるし、みてもらってもそうだって。


パウダー上部で立て目の小回り3ターンのあと回旋の小回りで押さえて、急斜面に入っていく。すると回旋でいけた。
2回目は、たて目で行き過ぎて破綻。
3回目は、まあまあぐらいかな。でも板を押さえてくるとか牛印という動きを小回りで急斜面でも出来るといいなあ。

さて、そろそろあがろうかなと思った3時半ぐらいからさっちんリクエストで監督モード。じぶんはたらたら滑って体力消耗を抑えつつ見るのだけ見るという。
思えば、したにずっと居ればよかったのに。
だって、また4000m越えて、5000m誓いのである。二日連続それはまずいでしょう。
でも、実質まじめに滑って4000m行ったなあ。たらたらは4本ぐらいだからな。

まあ、そんなことで、本日の練習終了。
温泉に入ってから宿に行き、8時半に寝た。
だが、何度も起きた。さすがに早すぎた。

そういえば、ストレッチポールの乗っていたら、背骨がこきって言って少し腰痛がよくなった。今日の半分くらいになった。

きょり 22.2km
高度 4720m

あほだ。
posted by ソーレ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

26日目 地元学校の行事と練習 BT 1/26

本来、前日にげんさんのレッスンを受ける予定だったのである。
ところが、その前日に仕事していたら、腰痛発生。そんで、AKAの臼田医院に行くために泣く泣くあきらめて、治療してもらった。

ところが、腕はよくなったものの、腰は完治せず。痛みが半分ぐらい残ったじょうたいだ。
まあ、それでもスキーが出来るレベルだと思うので、本日の講習となった。

5年生で中級というので本当かなと思ったが、どうやら本物であった。
大体、プルークでは滑れる。でも、少し遅い。そんで、ちっくの急斜面はちとつらい。

基本は、少し伝えてあとはトレインで滑らせる。
なんだかんだで、じゃいこをすらすらと滑れるようになってめでたしめでたし。

楽しかったーっていう女の子の顔は本物であった。たぶん。

さて、3時前には終わって滑れる状況だった。
板をGSに替えてと。

大回りしたのだが、うまくいかないなあ。
案の定、ブレーキを掛けられなくなってどんどん加速して、山周りで耐えているというのは少しはましになってきたのであるが、動きがあるとはいえないなあ。

明らかにブレーキする谷周りがどうして出来ないのであろうか。
少し、ブレーキってのも出来るんだけど、それだと加速が止まらない。
スラでは、厳しいんだなあ。


YT氏よりアドバイス。

回そう回そうとしているですよ、大回りも小回りも滑走プルークのように外に押し出すって言う動きをしたほうがいい。
プルークで確認すると、股関節に圧がたまってきて、いいところで抜くとすっと板が動く。これを同じように動かせばいいのだな。


あとは、切り替えてから雪面をなでて外に行くのでエッジたたる、そうではなくエッジ立てて外に押し出すといいよ。やってみたら、沢山立ててからだと押し込めない。限度ってものがある。すこしたてて押し出すと良い感じが得られた。
これで、やってみよう。

距離 24km
高度 4750m
うー滑りすぎた。つかれた。
posted by ソーレ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

前の膝と今の腰

ちょっとまえに、なんか膝がいたいなあと。
ハードに滑ったあとのことである。

その後、マッサージをしたら半分ぐらいに痛みが減ったのであるが、針に行ってきてほとんど気にならないようになってきた。
ありがたい、ということで普通に生活とスキーと仕事していたのであるが。。。


本日、仕事していたら、あれ左の腰が痛い。
うーん、困ったなあ。
明日からスキーの予定なのだが。

ストレッチポールやら、ストレッチやらいろいろやっているが改善していないなあ。
これは、明日のスキーを取りやめて、AKAに行くしかないかなあ?
あさっては、いんとらで、その後は某県のぎせんにいくのであるから、明日しかないか。

さて、今晩風呂入ってストレッチしてみよう。
posted by ソーレ at 21:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 腰痛・膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

シュウリョ2校目 1/19-21 23-25日目 とバッチのぜんそう。

2校目は大阪だった。でも、かなりふつうだなあ。

今度は最初からまるっぱなのがわかったので、それなりに。

ひとり除いて、ずいぶんといい感じである。でもまあ踏み上げでの滑りではそれほど距離は伸びないなあ。

二日目になって、みんなでスタート。
ちょっと差が出るけど、がんばっているのでいいでしょう。
午前の最後に膝が痛いとひとりお休み。

午後には、リフト4本乗れた。

三日目には、クワッド乗ってスプラッシュXも3回できた。
ひとりは、インフルくさくてダウンしたのであった。

ということで、シュウリョ2校目は無事終了。

1日目 きょり 60m
  高度  22m
二日目 距離 6.3km
  高度 1050m
三日目 距離 14km
 高度  3300m (午後含む)

で、21日はばっちてすとで、ぜんそうした。
最高の出来とはいえなかったなあ。

午後の練習は不正ち大回り、なかなか難しい。
ある程度、エッジングしていけばいいのだが、飛び跳ねることもあった。
エッジ角を3時ごろに深くしていくことは、この状況では難しかったが少しは出来た。
大回りでは、切り替え後にずらしてスピード調整を行うことがなかなか急斜面ではできないのであるが、KS氏に後ろにつかせてもらい、タイミングと量を見ることが出来た。


小回りについては、まあまあ回旋系なら大丈夫になってきた。
落す小回りはぼこぼこの斜面では難しいなあ。

ということで、本日終了。
posted by ソーレ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

22日目 BT 検定 1/15

Jr1級の、事前講習と検定を行うのだと、昨日言われていた。
こなくてもいいかと聞いたら、だめだというので、しかたなく。なにせ風邪でつらい。

事前講習は4名、検定は5名。
追加の一名は前回落ちているからだね。
事前講習では最初みんなうまく見えたが、すぐに明らかになってきた。
やっぱり外脚が軽いのはつらいなあ。
止まっているときに引っ張ってみたり、口ではなんども。もうすこし、違う方法を考えて始動できたほうがよかったなあ。
ただ、途中でメモったりしたので、どうも時間がなかった。

Jr1級は、大人の2級にすぐに受かるレベルとの説明が主任からあり、なるほどー。
今回は、すらがぼこぼこになっていて、じゃいこで行った。

最初にみんなで目あわせ。主任大胆に点をつける。73てんとか。おいらは71点ってつけるのが精一杯なれど、合否についてはほとんどあっていた。

その後、分かれて検定。
結局2名落すことになってしまった。
おわったら、しばらく放心状態だな。
体調もあったし、落したこともあるし、疲れもあって。
その後も雑談して過ごしたりして。

やっと動けるようになったので、温泉入って帰った。
と書いたが、基本スキー後温泉がマストになっている。

距離 10.5km
高度 2650m

これで、3日スキーはお休み。ふー、でもたまった仕事片付けないと・・・・
posted by ソーレ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21日目の午後レッスンは急斜面小回り

シュウリョあけて、午後のレッスンがあるからということで、ウエアを着替えて残った。
風邪の状況は、悪化をかろうじて抑えているというので、ほんとは帰りたかったのであるが。

ところで、前日ねるから連絡があって、すべりに来るというので、状況説明してまあ数本でもいっしょにすべれればいいねと。

さて、ラッキーなことに午後のお客さんは、1時間のプライベート。急斜面小回りで暴走気味なのでなんとかしたいと。
すべりを見せてもらったら、あらまあお上手。何言おうかなあ。
さらに、奥様がビデオとっていらっしゃる。俺のも撮るのか、ほしいなあそれ。

指摘事項は意外と見つかった。動きはいいのだが、大きすぎて頭が前に行き外脚が軽くなる、谷周りで空走期間が発生して、その間に加速する。あとは、リズムがでかいなあ、単純にエッジングの回数が少なくなる。

というのだが、うーん、これってほぼおいらだなあ。きょねんまで。

よかった、今年変わっていて。
何度か失敗するも、基本的には旨くデモできた。うーんビデオほしいなあ。
お客さんは一度良いすべりがあったが、ビデオには撮れなかったかな確か。

ということで、一時間はすぐに終わるなあ。最後にプロペラターンやって終了。これ去年から取り入れているがやっぱりいいかな。

午後の練習時間にねると滑れた。
とてもよい気づきが得られた。

選手のすべりと、美しいすべりはちがうのだと。選手は大きく早くだな。

ねるは、大きな落差の小回りをしてくる、おいらは回旋の割合を多くした、小回りである。
破綻するので、急斜面ではこういった、回旋を主体にしてすべっているのであるが、それだと下に迫ってくる感じが出づらい。縦に落としていくのがどこまで出来るのか、滑り込んで判断できるようにならないといけないなあ。というような結論になった。

おわって、茶をのんでいるときにねるは膝が痛いということであったが、今年は大丈夫でよかったのだが・・・
翌日すぎたら痛くなってきた。やれやれ。なんとかならないかなあ。

posted by ソーレ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/12-14 シュウリョ Bt 19-21日目

今シーズン初のしゅうりょである。
そんで、風邪ひいた。咳とタンと重だるさという。まあぎりぎりなんとかなるか。

いきなりやってしまったなあ。遅刻だ、2単位目であるが15分。ただ、すぐ後ろに一斑、さらに40分ぐらい遅れた班があったので、目立たなかったのが幸いである。

1単位目は、初級中級班の13名なのだが、なんとなくみんなどのくらいスキーしているのか聞いてみたところ、なんと6名がまるっぱ。あれまあ。

えらくうまい2名を1単位目中に移動してもらい、移動してきた1名とで12名さま。踏み上げレッスン。
人数が多くて名前が一致しない。
ごちゃごちゃしているうちに、下に下りてっていう時間は過ぎていたなあ。

で、2単位目
まるっぱの6人も意外といいのだが、一名ちょっとつらい。
まあ一人ならってんで、2回リフトに乗るつもりでいた。
一本目おわって降りたところでなんか調子良いので、そのまま2回目突入したのだが、それがいけなかった。
だいたい、降りてからどうもわちゃわちゃしていて時間かかったのを確認しなかったのが敗因だな。
折り始めてからあれ?なんでこんな時間。と思ったがときすでに遅し。
お昼に5分ぐらい遅れるかなと思ったが、まあいいかと。
ところが、あれよあれよと時間が過ぎて結局15分。最後に一斑抜かして穴から3位。うーん、やれやれ。

午後からは、ちょっとつらい一名を移動してもらってみんな幸せ。だとおもったが、意外と男女の差が大きい。そういえばまるっぱの女子だったんだ。スピードの差は大きいけれど着実に滑ってきてくれるのがありがたい。

三日目には、クワッド乗ってこれた。なかなか良いペースであった。
男子は、だいたいパラレルスタンスが出てきて、スピード上がったが、女子とあわせないといけないからなあ。

ところで、チョー寒い。大寒波襲来中とのことでもうしゃれにならん。
カイロは熱を発生しているのだろうか?

リフトでは賢い男の子との会話も楽しめたし、全体的にはよかった。

初日 ゼロ
二日目 距離6キロ
高度 1257m
三日目 午後含め 距離 14.4km
高度 3260m


 
posted by ソーレ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

18日目 あさま 1/10

妻と行く予定にしていたのだが、気が乗らないようで一人で。

なんと、行ったらゲレンデには10人居ないなあ。
どんだけ滑ってしまうかと思ったら、結果的にはそれほどでもない。

板はispeed ロングターンを何とかしよう。

結果的には、プレターンから絞りを入れ反動をもらって次のエッジを立ててターンイン。
またフォールラインあたりで絞る。そんでスピード上がりすぎたら谷周りで明確にブレーキかける。
あとは、ターン弧をやたら大きくしない


そんなところかな。
小回りも混ぜる、たて目の小回りは最後まで持たずに暴走。
回旋と、停止のエッジングで回すのと、くいっと反動うけるのでは出来る。

islでは、初回とっちゃらかったけど、その後立て直した。
たて目の小回りも、回すのも良い感じ。

きょり 9.9km
高度 2640m

なんだか、えらく四頭筋が疲れてる。
絞るので負荷がおおいのだな。
切り替えが早くできるので、基本が絞るだ。

そういえば、ゲレンデ最後のほうでこけたのである。
まだ、スピードが高かったのでずいぶん滑った。
どうも、絞りを緩斜面になったのにやりすぎて、反動が多く出たところでシェーレンになったかで、着地したところでガラガラだった気がする。
posted by ソーレ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

1/7,1/8 BT 16,17日目

3連休なので混むということで、行ってきました。

5日はマッサージにて休養。なにせ5000m滑ったらつかれたよ。

今回、4日に大回りしてispeedが意外と落されるというか、そうでもないのかあまり調子よくない。
ので、GS板を持っていってみた。
たぶん、混むのであまり乗れないだろうと思っていた。

で、7日は朝2本乗れた。
やはり、山周りでは噛んでひゅんって走るが谷周りはなんだかなあ
ほんらい、プレターンでフォールラインにいるあたりから、絞りを入れて切り替え部分でエッジをすぐに切り替えて引っ掛けながらブレーキ掛けつつ谷周りをしていく。
そんで、フォールラインにかかる手前から絞ってエッジ角を深くしてから山周りで板を走らせる。

というはずであるのだが、なかなかうまくいかない。
結局、山周りを延々繰り返して、耐えている。ああもう端になるから仕方ないで切り替えているというパターンが多いかな。

さて、お仕事であった。
最初は、プライベートのジュニア。
午後は、3名のレギュラーレッスン

午後の練習はなし。疲れたのと体調悪いのと、夕方にどう九回があるので早くやめて風呂に入って帰る。
今回は風呂にて、イントラをゲットよかったよかった。
距離11km
高度 2200m


8日
朝、二本乗ったかな。GS
混んでいるので通しては滑れなかったかな。うまくはいかなかったなスラでは。
でも、ファンではいたが回る。ターンになるなあ。乗れるし撓ませられる。
この調子ですらで乗れればいいなあ。

お仕事は、
午前 Jr1級持ちの子
動きが少なかったので、そのへんを。小回りではちょっと上に抜けるのが木になる。
ほかはよさそう。
午後は、Jr3級の講習ない検定
すこし、動きを教えたら、ずいぶん動けるようになり、余裕でジャイ子で小回りしてくる。
たぶん、以前よりも明らかにうまくなっている。もみのきなどはちょー余裕。
ということで、合格でしたね。

さて、疲労が蓄積のためにこれで終わり。
あれ、距離19.5km
高度 3570m 

ずいぶん滑ったのだなあ。
ところで、お客さんの入りはまあ駐車場はそこそこ入っているし、ゲレンデはそこそこ混んでいるのだが、お昼時になるとリフトは待たすに乗れるし、たまに5分まちがあったりしたが。
うーん、どうもあまり混んだなあという感じではなかったなあ。
もう、7年ぐらい前になるか、この同じ三連休にロチュウが500mぐらい発生していたときがあったが、もうそういうのはないのかな?

ところで、本日午後2時過ぎから雪が降り出した。
明日の朝まで降るようだ。
うーん、明日いけたらパウダー満喫だったのだが、体調不良につき自粛しよう。
posted by ソーレ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

15日目 BT さっちん、ちえみさん 1/4

ちえみさんが、BTに来るというのでお付き合い。
前日になって、さっちんも来るという。うーん両手に花だな。

朝、ちょっとリフト券で時間を取られてしまったが、結果的にはそれでよかったな。滑りすぎたので。

少し、ちっくとふぁんで足慣らししたあとは、スラで8本ぐらい滑って昼。
いやーつかれます。
でも、急斜面でハイスピードは最初怖かったが、慣れてきてやっと何やろうかとか考えられるようになってきた。
ただ、うまく行ったかというとそういうわけではない。

谷周りが少ない、板がすぐに下を向いてしまう。これを直すに横に進んでからというのは多少効果があるかな。
切り替えが、スピードの出ていない1−2ターンではいいのだが、スピードが出たら山周りで脚をつっぱり耐えているだけというのが多い。
腰を寄せていくというのは、午後にやってみた。すこしまし。
そうだ、今思い出したが谷周りでずらせていないのでスピードが上がってしまうのである。
切り替え直後にエッジ立てて、立てながら外に押し出していくというのが出来ていないのである。
そして、すぐに中を向いてしまうので谷周りが少ない。
ビデオでも、右外足はまだしも、左外足では腰が中を向いていて体からはいり、外が軽い。
やれやれだなあ。

まあお昼だ。
食べた後、席を譲った人が実は愛知のナンバーワンさん。うーん美人だなあ。先日ゆーちゅーぶで見た松原ミキに感じが似ているきがする。で滑らしたらすごくうまいのだなあ。

またしつこくすらで大回り。4本ぐらいやってやはりスピードだけ出していてもいかんねというこおとで、途中で止まってみたり、ふぁんで確認してみたり。

ちかれたのでお茶。ちなみに二人は疲れていない。
お茶のあとは、もみの木に行って、じゃいこや、えきっぱを見学。じゃいこにルンルンであった。
二回目のもみの木のあと、ふぁんのこぶが出来ていたので、3回通って2回クリア、忙しいこぶである。

これで、おいらは終了。ふたりはもう一回こぶ。

高度下降 4901m
距離 22.84km

やばいほど滑っている。ふたりは確実に5000m越えだ。つかれないのかなあ?



ビデオでも、
posted by ソーレ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14日目 えこBT 1/3

レッスンだったが、午前にえこ行ってくださいと連絡が来ていた。

今シーズン初めてのえこだ。聞いたら、いきなりびっくりだ。おくのコースが空いていない。あんでるも開いていない。そうなんだ!

1級もちだそうだが、どうやってレッスンしようかと考える。
どうやら、編んでるが開きそうだ。

ところで、朝の練習で板はirace、エッジはだいぶ落してスムーズになったと思ったら、しばらくほかの板乗っていたせいもあり、ずいぶんまたかみかみで動かなかった。
ので、紙やすりでもう一度というか3度調整した。
まあ、よかろう。

腰がぴょこりと上がるのは、動いてから雪面を捉える動きをしていたためであるので、捉えながら腰を上げるようにすると、たぶん大丈夫。
小回りで、ハイスピードの練習では、脚を外に平行移動して、エッジが立てば板が回旋しないでも戻ってくる。だいぶものになってきた。


さて、レッスンは小回り希望ということで
腰の動きはとてもよいが、量が多すぎる。
プルークから板の動きを確認して、回旋の動きを使ったり、カービング板が実は初めてということで、レールターンで板の性能の確認。などで、ある程度小回りに変化は出てきた。

あんでるが開いたので、移動。
うーん、すごい運動の量だ。完全にジャンプターンだなこれ。空走に必ずなるので、もうすこし抑えてくれと。理解はしてもらえた。
あんでるでは、ちょっと落されてしまう。残念。って自分が。
ハートの動きで腰下だけでターンできるといいですねと。

満足していただけて楽しかったというのでよかったです。おいらも楽しかった。

さて、報告をかいていると、部長から着信。午後はBTでレッスンなので、戻ってきてねと。
忙しく、戻って弁当食べてレッスン開始。

5名さまを2人で見るので、すべりをみて3人担当。しました。
みなさん、パラレルスタンスが現れつつある人たち。
ターンの説明、プルークから、ハートの動き、など。
大人が一番うまくなったなあ。
楽しく思えたようでなにより。

午後は、SM氏とビデオとったり取られたり。

急斜面アイスバーンの小回りは、腰がひょこっとあがっているではないですか。
うーん、やはり条件が厳しくなると癖がすぐに出る。
ここをひょこりではなく、捉えながら腰を動かすことがひつよう。さらに腰下だけで動かせるように。
上半身が動いているなあ。足も開いているし、捉えが遅いし、左外足では特にストレートな体になるし。

やれやれだ。
後ろからのショットでは、少しましだと思ったが、やはり上半身の動きが気になる。そのまえよりもましではあるが、谷周りからのとらえとか、ブレーキがある程度できたので少し増しになったのであろう。

高度下降 3326m
距離 15.72km 含むえこからBTの道


posted by ソーレ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

13日目 丸沼 忍者 1/1

夕べは初のお年とりを群馬でということになった。
なのだが、通常に終わって、風呂、板のワックス、ミーティングとして終わったら、9時ぐらいか。
紅白見るかとなったが、2曲 君の名はのと乃木坂をみたところでちからづきた。

朝になった。本来、12時前に一度おきて、花火みて二年参りに行くはずでも会ったが、花火の音でおきたけど、そこまで活動的になれずにまたねた。

ということで、朝食のお雑煮がまあお正月っぽい。

スキー場についてから、神社があったのでおまいりした。初詣できた。

さて、この合宿最終日である。がんばるべー。

本日は小回りをするというのでislに復帰。

午後にゴールドコースの急斜面を多く取ったので、中斜面と急斜面の滑り方の違い。
中斜面では、ハイスピード系の板を下に落していく滑り方。
急斜面では、回旋を入れてテール側で削りながらスピードコントロール。
どのくらいの斜面から切り替えるかなども渡来アンドえらーで。

本日の課題
左外足のときにぐっと体を中に向けてしまう。
ハートの動きをするのを高速になったらわすれてしまう。

この2点はなんとか。

切り替えのところでは、伸ばしてから捉えるのではなく、伸ばしながら捉えていくとぴょこんという動きがなくなる。

ビデオ
1.なんだかなあ、その前の練習ではよかったのに。

2.後ろから取ったのは、意外とまともになっているが前から取ったのは、なんだかなという感じであったが、それは角付けが浅いからであって、それはポジションが高いので脚が外に出て行かないからであり、戻りも悪いし引っかかりも少ないしということで、もっと小さくなっておこう。

3.ゴールド急斜面 
かなり低くしたつもりであるが、見れば普通だなという感じ。まだ足りない。

4、ゴールド二本目 
だいぶ低くなったけど、頭が前だと。膝はそのままでいいから、頭を後ろというか真ん中に。
引っ掛けて谷周りの入り口からぐわっと持ってくるようにと。

5.ゴールド3本目
へろへろ、ちかれた。脚が動かずに左右においているだけ。
上部は、ゆっくりに下のであるが、途中で変えるのがむずかしいこともありだめだったなあ。

と、まあ3日間良く滑りました。
課題も、新感覚も出たし、まとめられるか?

回旋しなくても、板は回る。そとに押し出すと撓んでくるからね。
どの斜度ですべりを切り替えるか、それともアナログで徐々に変えていくのか。
左外足は、右腰を上に引き上げて谷周り。

うーん、あとなんだ?

戻って、温泉のあと片付けして、5時に出発。
沼田でひれかつ定食食べて高速で8時半ごろ帰宅した。
年末年始であった。

高度下降 2531m
距離 11.9km
posted by ソーレ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12日目 丸沼 忍者 12/31

メンバーは6人になって、基本的には昨日と同じ谷周りでずらして、山周りでシャープな線にというところ。
最初ブルーコースでプルーク
いきなり、前過ぎると。そんなにトップにかけなくても良い。プルークだから前にいきすぎだよ。スピードが出たら、前に行くのは普通。


バイオレットの中斜面でおもに練習。
板はiSpeed 180cm になった。
ただ、この板とても扱いやすく素直な板なので、あまり大回りっぽくない。

うーん、3日前になるともう忘れているなあ。
ビデオを撮ったので、そのコメントで言ってみよう。そのコメントをビデオにとっておいたので見ればわかるのである。


ぴーやんの後ろをついて、その切り替え後のエッジセットの早さにびっくりした。すぐにエッジ立ててそこからずらしまわしている。ここを空走してしまうことがほとんどであった
一時くらいからだ、自分は3時くらいからだった。

1.中周り後ろから 2399
谷周りでずらすというのが出来なかった、カービングになってしまった気がする。スピードが出てしまった。

基本的にポジションが高い。高すぎる。あとは、上半身から動いている。しかも中に回すような動きがある。これはぜんぜんだめ。これやったら、外脚の荷重が抜けてしまうので話にならない。
スピードが高くなったときにこの動作すると急ハンドルしたのと同じで、前にすごい圧がかかり、吹っ飛ぶよ。
動きは直線的に斜め下方向に行うと、ニュートラルが出来るのでそこから脚から入ると安定感がある。回す動きを入れると不安定であると。

板が振れている感じはあるけど、これよりスピードが出てエッジを深く使いなさいとかなったら、谷周りの不安定感では心もとない。谷周りでエッジが立たないで空走期間があるのだ。

2.中周り前から 2409
ピーやんの後ろをついて、エッジングの切り替えタイミングの早さにびっくりしてからそれをまねしたつもりのビデオだ。

中盤で良い入り方したのであるが、(腰は固定して(引いて)脚だけ前に持ってくる)その後、起こしてしまうので(腰だな)残念。腰のポジション(高さ)変えないで斜め前に持ってくれば、かかと方向で踏めて脚を伸ばしながらこれるのだが、腰が高くなってしまうので脚を外に押し出す動きがやりずらい。

3.中周り後ろから バイオレット 2412
右外足では沈み込めるようになっているが、左外足で弱い。
左外足では正確に沈み込めるようにならないとだめ。左腰を引きながら、脚は前に出していく。
右腰を上げるように。
見ればやはり、腰が右方向を向いていて、がいけいが出ない、体と脚が一直線だなあ。
自分のイメージで左腰引くとか右腰前に出すとかなんとかして練習しましょう。

4.急斜面小回り前から ゴールド 2419
ほんとは中周りのはずが、我慢できなくてこまわりになっちゃんだよねと。
でも、そんな中右外足では、外足荷重で最後まで回ってきている。
腰が止まってかかとが押し出されるので、トップがすっと中に入ってくる。 

左外足では体が少し前、押し出しがちょっと弱いのでトップの動きがよくない
左外足での山腰が下がってしまうのでこうなる。上げておかないと。

外スキーの上に外骨が乗ってたわみが出ると、きれいに板が回ってきちんとバランスが取れるようになる。

5.急斜面中周り 前から ゴールド 2424
上部でよいターン二回続いた後、左外足で中に入る。頭から中に入って、プレローテーションして上体からはいって、いく。その間谷周りで外脚を踏んでいない。エッジが立っていなくて空走している。
右外足なら谷周りからエッジ使って踏んでいるので、いいのだが。

こういったとところは基本の運動なので、この20kmぐらいのスピードで出ていたら、40kmとかになると必ず出る。このロースピードの中で確実に修正しておかないといけない。
左外足では、内腰(右腰)を上げておき、前に突っ込まないで、体のプレローテーション入れずに、腰を落して、客だけまえに進ませる。
引く感覚か、ガイケイか、なにかのイメージ作ってそこに合わせこんでいく。

外スキーのインサイドエッジの内側2,3センチにどかんと載せて行く。するとずれが発生してぐあいいい

板の動きとしてはいいのが出ているので、左外足の修正をしましょうや。いい加減。
低速から中速、そして高速まで修正できればいいはずだ。
外にいたと体を出していくイメージがたぶんいい。インサイドを意識しないことだな。

ということで、本日終了。
高度下降 途中で抜けて1740mだからたぶん2800ぐらい。
posted by ソーレ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする