2017年03月26日

57日目 あさまぎせん 3/26 さらに成績は落ち

おきたら外が白い。あらまあ。
この時点で判断を変える必要があったが、気がつかずにそのままあさまへ。
着いて準備して受付しようとしたら人が居ない???

あらまあ、8時半まででした。うーんちょっと前にサイト見たのに書いてなかったんだよなあ。
8:15に着けばよかろうと、その予定で行ったがだめだった用だ。
まあ、インフォメーションで受付できたのでよかったが、少しあせってしまいどういう順番とかわからないまま開会式会場に。ついたらもうゼンソウがすべっている。あれまあ。

人にきいて、大回り、小回り、不整地の順番というのは聞いた。あとは判別ローテーションもまあまあわかった。

今日は、めえ、まったく、わっかさんが見学だと。
昨日から、試乗会に来ていたようだ。

アップしてみようとしたら、コートの脇のセパレート部分がすでに荒れている。え、これじゃ不整地大回りに近いとおもって、ゆっくり滑ったらほかの方はバンバン大回り。うーんこの時点ですでに遅れている。
2本目滑ってしたに着いたら、みなと合流できた。この時点でふともも疲れている。機能の疲れに加えてポジションが後ろになっている。雪が荒れているから自動的にうしろになってしまうのであろう。

ということで、早速大回りだ。
インスペでもすこし荒れているのはわかったが、たいしたことはない。ところで、たぶん20センチぐらい雪降ったようだ。やわらかいからすぐに荒れる。

スタート前まで、腹筋とか浮かないようにとか、ぎゅいんと入れるとか、ちょっかり長くとか、抜けるときには正対をとか考えていたのに、案の定滑り始めたらすっかり飛んで。
わかったのは、あれ?なんか調子狂うなー、板の戻りが少ないなあとかたわみがないのかなあとかネガティブなことばかりが頭をよぎっているうちに終了。

大体85点。

まったくは、電池切れて撮れなかったと。でもめえが撮ってくれた。

次の小回りは、最初の班だからそんなに時間ない、2本ほど板変えて滑ったが、不整地となっており、ポジションが直らないままだ。
で、見てると小回りなのにだいぶの人が漕いで出ている。えーあんなにやったらやわらかい雪に対応できないと思ったので、このごろやっている押し出すタイプではなく、エッジを立てない意識の小回りで行こうと決定した。

で、実行。上部のゆるいところはかなりいい感じで入ったが、急斜面に変わったらあれ?板が帰ってこないぞって思っているうちに原因不明、対策無しこちゃんで終了。

83点でした。
うーん、大回りもだが90点とかざらに出ている。成績が半分を超えるってのは無理だなあ。あとは不整地だしそれで、挽回は無理だなあ。

不整地は3番目の班なので、時間あるだろうと食事みんなで食べられて良かった。
本日は、軽量化のためいつもの豚キムチドンではなく、ドン汁セット。
撮ってもらったビデオみて、小回り83は厳しいよ、87ぐらいでもいいと思うとめえ。ありがとう。
まったく隊長には、点数からー12点でプライズとおなじかなと厳しいです!それじゃテク受かりませんぜ。

そろそろ出るかというタイミングでめえとわっかさん帰宅。まったくは3時まで居るというのでビデオをお願いした。

で、行ったのだがなぜかまだ不整地始まっていない。2本ほどリフト降りてすぐのすでにこぶになったところをトライ。
前を滑った3名の選手、ひゅんひゅんだ!うめーはえーなんだこれ?むりむりと思ったが、つられて同じように。半分ぐらいまでいけたがそこでアウト。やはり今回えらくレベルが高い。

はじまったのであるが、まだ100人ぐらいかかる。まったくの計算によると70番になったら呼ぶよ。というので、それまでまた戻って休憩。

お茶しながら人の話をなんとなく聞いていた。やはり、レベルが高いらしい、本物のぎせん地区予選でルスツにぎりぎり行けなかったくらいの人がごろごろしているようだ。どうりで、90点とか良く出ているわけだ。

スタート位置から見ていても95とかのひとも。おもいっきりまっすぐ落ちてきている。ゼンソウとどれだけ違うのかわからんな。

で、すたーとだ。
もう、ゆっくり行こうと決めていた。それは守れた。だってえらく深いのである、さっきより。
ということで、そこそこのスピードを保って、あまりずるどん荷ならずにある程度板を回しながらもやはりテールで削ってくるという感じで無事完走。

85点でした。

さて、目標の下から1/3だったのを半分やろうになろうというのは出来たかなあ。いやたぶん無理。

終わってから1本こぶ。はじかれた。ほかのコース行ったのだが。そのまえにうまい90点ぐらいの人たちがデュアルのレーすwこぶでやっていた。あらまあ、こぶなのに漕いでいくよ。あーまっすぐ入るねえ。うわーすごいです。うまいというか超絶うまい。まあデモがその場ですべれば差は出るだろうが、単独ではわからん。

二本目は隊長発案でこぶよこの新雪。これは気持ちよくスキーを終われた。

隊長帰宅。

閉会式にホテルに行く。
すでに椅子が埋まっていた。

まあ、うまい人たちの表彰式。
その後じゃんけん大会。かすりもしない。

最後の商品ひとつをめぐって、なんと勝ち進んで勝利できた。
なんか、折りたたみのフィールドベッドのようだ。

まあ、これだけでいいっか!


滑走距離 7.3km
高度差 2000m

温泉入って帰宅。よいいちにちであった。



追記:リザルト
いやー低い。とてつもなく低い

オープンでは120人中 上から82.5%  
マスターズ 59人中 上から90%
シニアに入ったとしても9/18=50%

ちなみにシニアは55歳以上だが、レギュレーションによりたぶん来年もマスターズ

半分野郎になるためには、シニアまで2年待たないと無理だなあ。はー  とほい目
posted by ソーレ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

56日目 Bてぃ最後かな? 3/25 納会も

最後のお勤めの気がする。
のであるが、結果的にはレッスン無しでビデオ撮影会になった。

午前中は、KS氏、TN氏、NG氏と撮りっこ。
じゃいこの大回りを2回撮って貰いだが、ひとつは良くわからんかった。
うーん、板がIraceなのはあるのかもしれないが、大回りもあまりよろしくなかった。午後にやったほうが気持ちよかったな。
せっかく大回りを撮ってもらえたのに残念だ。外脚が逃げていってしまい、グリップしなかったので内脚と開いてしまった。ひっぱりすぎた。

中斜面小回りは、まあまあいいのでは。
板の抜けが出て、走りが見えるし上体も安定している。

急斜面斜度変化で回しこめずにスピード出てしまった。
でも、あらこんな滑りかよと思っていたのが、ビデオでは意外とまともに滑って
いる。

ということで、午後に

午後は、TKさんとTGさん
撮影会でもなかったな。おいらが撮っただけで終わってしまった。バックショットで撮ってもらえばよかった。しまったなあ、このとき調子よかったのに。

ふたりともじゃいこの大回り、エッジの角度がというかナイケイ角というかが舵取りで固定されていて、そこでの動きが少ない。
というおいらが出来た気はするのだが、ビデオがないんだよなあ。
藍さんのいう絞込みである。これが入れられると板の戻りがとてもいいので、GS板でもよく動ける。
まあ、下から見たTGさんにほめられたのでよしとしてみよう。

あとは、すこしレッスンも入れながら谷周りブレーキと、板の抜けについてみんなで練習。

3時だ。
納会に行ってホテルで風呂だ。ということで、本日をもって今シーズンのお仕事終了。
まだ、いろいろ予定が入っているがあとは楽しもう。

風呂は一人ではいっていたが、そのうちキッズが来てえらい騒ぎになった、潮時にてあがって部屋で相撲を見てから宴会に。

明日があるので、今日は日帰り。
知らない女性の隣になってしまい緊張感あるが、和やかなひとでよかった。しばらくお話できた。
その後、司会者にテク合格だの明日のあさまぎせんについての意気込みだの話せといわれて、前に出て少々。終わってから、ああこうやって持っていけばよかったなあと思ったが、後の祭り。

ころあいで、宴たけなわということで帰宅。
楽しかった。よかったよかった。

ところで、またえらく滑ってしまった。前日に。

距離 18km
高度差 3800m

レッスンがなかったのが原因だな。
実は翌日疲れが残った。やれやれ。

posted by ソーレ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

55日目 八方 忍者マンツー 3/22 モンベルも

IVSIだっけ?のために19-20日の予定がキャンセルになってその代わりというかで22日に藍さんとマンツー八方

なんとなくだけど、板はIslをもって行った。二本目はまあいいか。
藍さんは、来期の板の試乗をかねている。3本乗るって行っていたが、結局2本。

何するんだと聞かれて、えまあ適当にと。
雪は、昨日降ったのでとてもやわらかいが、黒ビシではハイシーズンの雪質。
前に乗ると前転だな。

ま、小回りなのだがリアステアの練習から
ピポット操作ではなく、テールを使ってコントロール。

主に黒ビシの中斜面で練習して出来たらパノラマの急斜面にっていう流れ。
話しながら、回旋の小回りとエッジ立てて(押すタイプ)押し込んでいくタイプの小回りであるが、藍さんは中斜面までは押すタイプ、急斜面では回すタイプということで、BてぃでYT氏がいう、急斜面でも押すタイプで足首をよりまげて対応するっていうのは、お若い方にやってもらいますかと。
じっさい、あれはたぶん厳しい。が出来たらいいなあ。

さて、午前中最初のころはいい感じでいけたのだが、だんだん怪しくなってきた。
ふだんやっているのだが、体を落として斜面に立つ。
正対させるといたが走る
体を落とすときに直線運動であって回してはいけない。


うーん、相変わらずひとに言うことが出来ていない。

ビデオは沢山撮ってもらった。
ただ、午前中一本
前半リアステアで止めるエッジング、後半は抜くことで走りを引き出す。

午後になってからは二本目ではストックも使ってエッジングの小回り。これがうまくいかない。
3本目はストックを使わないで足元集中、1回ミスったがエッジングと抜けが表現できてきた。
このへんで、膝下を意識してつかうことを思い出させられた。
ビデオ見て思ったが、去年かおととしも同じ子とやったなあ。そのときよりは良くなったと思う。

4本目は確か急斜面、後半で暴走だな。
ところで、雪がやわらかいので荒れている。すこしだけど、どうもそれが気になって恐怖感でてうまくいかない。頭ではエッジ立てて押し込んでいけば問題なくいけるのがわかっているのだが、慣れていないのである。やわらかいのにね。

5本目も急斜面、暴走はなくなったが走りもいまいち。
このへんで、正対と外向Kの違いをいろいろ。フォールラインから、山周りでは正対。谷周りではある程度の外向Kというところのようだ。

6本目のバックショットは中斜面に戻って。
これはうまくいったと思った。板の走りがあったなあと思ったら、合流してほめられた。
前半は、回すタイプ、後半に押すタイプで膝下の角度をつけて、腰からではなく、あまり外に出さない。
この外に出すってのは、ぜんぜん考えていないのだが結構出ている。へーこんなにでているのか。
このビデオ後半はいいのだが、前半はせつなかった。
左外足でいつものように体が右に傾くようになり、ストレートになってしまう。内腰が下がってしまう。
このあたりは、ある程度ストレッチにより改善されたのだが、じつは忘れると癖としてでている。
また下部では頭がターンインで右に動く。これも癖だが中斜面ではでていなかったのであるが、そんなことを考えられないような余裕がない状態だったな。

でも、まあ後半の脚の動きはよろしかった。

7,8本目は横から撮ってもらった。横と言っても正三角形の辺を直立させて藍さんはほかの角にいるという。長い距離にわたって横から見た動きが見えるということになる。
ただ、7本目はいまいち、走りがなかった。
8本目はいい感じに滑れたが、今見ても差が良くわからない。うーん、相変わらず目がよくない。

9本目はぎるらんで左外足が切り上げられるようにエッジングできているか。
今回は出来た。

10本目で、下に下りてきたしゃばしゃばのやわらかい雪でどうすべると。
ま、今までやったようにエッジ立ててから押し込んで抜く、そんで回さない角度は下に向けて発射。
これに関しては、まあ良かろう。

ということで、ヘッドステーションにて、お昼もお茶も頂いた。
そこでビデオ見ていろいろ。

4時ぐらいに解散。
 距離 13km
高度  3400m


モンベルに向かい、ミドラー購入。アウターはシャルモパーカーのMサイズがよさそうだ。
カタログ真ん中の色の茶色は結構明るかった。右の色はなかったなあ。
パウダーライトパーカーはずいぶんもこもこしているとのこと。
やっぱり見たいなあ。本物、。

インシュレートパンツはオレンジでいい色だ。
posted by ソーレ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

54日目 3/18 Bてぃ 試乗したぞ

本日すくーるのつもりで行っているつもりであるが、午前中は空いた。

でも、試乗会があって乗れることになってラッキー。
千円だったなあ。
オガサカ、ふぉるくる、あとみっくということである程度乗れた。

最初はオガサカ
 IMG_20170318_103741-s.jpg

TC-LF FL585 177 R21.7
うーん、押したら帰ってくるし捉えはいいし。とてもよいロング板である。
調子に乗って2本乗ってしまった。2本目も気持ちいい。じゃいこもスラもとても良かった。急、中、カン斜面どこでもってまあ、緩斜面は上からのスピード持ち越したからだろうけど。うひょうひょ言いながら滑っていたなあ。

ショートの板が帰ってこないのでオガサカは終了。

次はIMG_20170318_104812-s.jpg
評判のいいRTM フォルクル

オールマウンテンって言うタイプ。小回りまあまあ、大回りだいたい、きっと深雪よいだろう。
確かに1っポンでいけるだろうなあ。

SW 159センチ
IMG_20170318_110027-s.jpg

先日来やっている押すだけっていう小回りでは結構調子よく動いているが、アトミックに負けたな。
人の話では、回りすぎてだめだとのこと。回旋させるとぐいぐい来るタイプかな?

アトミック 
写真ないが、G9i っての 大回り板のようだ。
いやーこれもいいねえ。オガサカも良かったけど、すさまじく反応がよくて踏んだら吹っ飛びそうになったけど、これは調整すればいいことで。えへらえへらしてしまった。


s8i すこし張りの弱いタイプということで。
IMG_20170318_114035-s.jpg
 160センチ 使えないことは全然ないのだが、どうもしっくりこなかった。

フォルクル レースタイガー 155センチと短い。165が出かけていた。
IMG_20170318_115315-s.jpg

軽いんだなあ。レースしようでも。
155の分だけ頼りないようなそうでもないような、まあいいか?

小回り板は押すタイプでしか滑っていないので良くわからんが。
よく思ったのだが、アトミックに負ける

ここに午後のレッスンが入る。

時間終わっていたがなんとか乗せてもらえた、さっき乗れなかった S9i ショートの張りのあるタイプ
IMG_20170318_160208-s.jpg

またこれが、良かった
押すタイプの滑りでベストマッチ。その前に急斜面では回す滑りをしたがそちらも好感触。

やれやれ、アトミックで長短そろえたい誘惑が出てきているなあ。
高いだろうなあ。来年は買わないつもりなのであるが。
再来年まで待つか。

いや、きっと今の板でも今回つかんだ感触があるので、再現できるのではなかろうか?
きっと、たぶん。そうじゃないかなあ?だったらいいなあ。
大回りでは踏んでという感覚はあまり使ったことがない。激しく反発帰ってきて切り替えで飛んでなんとか立て直したのだが、そういったことをしたことはあまりなかったのである。板がそうさせたのであろうか?


で、午後にレッスン。
2級目標の年の差、37歳。
10歳のほうは、以前みた。
そのときの記憶はあまりないのだが、今日見る限り2級はいけるんじゃないかな。
大人の方は、種目というか滑り方の理解が不足。
一日では直らないかな。このままではちょっと厳しい。
なかなか直るものではないのだな、内藤さんは。

で、試乗会に戻るわけだ。

今回は、硬い雪での評価が出来た。ぐさぐさ雪になっていないのである。まだハイシーズン並みである。今日の評価はそのまま使用できるという珍しくもうれしい状態である。

あとは、ヘッドを乗らないと。片手落ちだな。
posted by ソーレ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

53日目 Bてぃ テクテクその2 とレッスン

テクテク同好会活動その2で、本日はyt氏の講習。
あんたは、抜けたからじゃあ見本で参加ねと。

ということで、最初に滑ってこうするべし
もとい。
朝練習では確かgs板で大回りしたなあ。
そうそう、昨日の切り替え後すこし待ってから仕掛ける。
切り替え時に体の下で板をさばくのではなく、体を落としていくっ
てのがすこし。
ビデオ撮ったが、すこし遠慮してしまいというかズームが小さい関係で近くで取ったのですこし物足りなかった。

で、本日の講習は小回り。
もとい。
レッスンがあるというので、みなで協議して担当を決めた。まあ抜けてるのでおいらがと。
ほんとは、自分が受けたいところであるがレッスンする側に回った。これは午後である。

小回り
基本は、押すだけ。回さない。
押すだけで、すごく板が撓んでもどってくる。
これは、すごく押す
。これでもかってくらい押す。
急斜面でも、押すだけ。ただし、足首をもっと曲げて板の方向を横に向ける。よことはいっても回旋ではないよ。

我々ってKH氏はYT氏などは、回していないよ。ここで、板をさばくのではなく、体を落としていくってのが大事になるうごきだな。絵書かないとわかんないけど。

で、これって忍者寺での何もしないよ乗って押すだけっていうタイプの滑りである。
これと、このごろやっているエッジを立てない滑りが同じ用に見えるのはなぜだろう?

緩斜面ではこのタイプでは難しい、回していく。

ハノ字で外に押し出して、捉えて切り替えに向けて押し出した板に腰を乗せる
すると、反発受けながら切り替わるのと、次の外脚の捉えがすぐに出来て繰りかえし。

上体がかぶると押し出せない。やりずらいよ。テールがずれて回ってしまうから。
うーん、これは何度もだめだしされる。
やれやれ。

フォールラインで停止のエッジングと同じように強いエッジング。
これも以前忍者寺で
斜滑降からフォールラインに板を回してそこからエッジング。
みんな、一気にターンしてしまっている。わからんのか?

急斜面でこのタイプをしたら暴走するのではと想像するが、ぎゃくなんだと。
足首沢山曲げて板の射出角を横に多くすると2級レベルの小回りのスピードに落とせると。
まだできんが、もっと練習してみよう。これを急斜面で出来たらクラウンも受かるよと。
ほーそーなのかー。

体が前に行くと板はV字に開く、後ろに行くとハノ字になる。だからなんだっけ?

あとは、板の跳ね返りは横からもらうんではなく下からもらっているそうな。
うーんなんだ?
数年したらわかるかも。


追加で午後の分を聞いた。
背中で弓かたを作るように腰を前に出してくる(それまでの外脚)次にターン入るのが右ターンなら右腰を前に出して、次のターンに入りづらいようなうごきをすることで、板が走るとか。

夕方いろいろやってみたが、今回元気だった朝のうちには出来たがその後だんだん出来なくなってきた。
で、終わってから畳で、背中で弓の腰の動きの際に、体も回してしまっているからできないと。
上体の腰から上は下を向けておく。そんで腰までは回す。ほーなるほど。
次の捉えが早くなり、体の落しが早くなる。次の
うち脚に乗りやすい。


で終了。

もとい
レッスンした。
シニアの検定で2級受かって一級受けたいと。うーん聞いたときには無理層って思ったがさにあらず。
あれしっかりとリズムとって暴走せずに板が動く小回りしてくる。中斜面。

よくよく聞いたら40年前に一級取得済みでした。なーんだ。
でも、まあ小回りはずいぶん仕上がった。おおまわりもまあまあ、横すべりOK、あとは不整地。
ファンのこぶでははねられていた。不整地がすらでやったら受かるかも?

あーつかれた。

距離 16.4km

高度 4000m
う、すべりすぎた。 
posted by ソーレ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

52日目 Bてぃ 3/15 ご指名とテクテク同好会活動レッスン

本日は、テクテク同好会または、プライズ同好会の活動でKH氏のレッスンを受けた。
本来一日だけどなんと本日ご指名によるレッスンがあった。

なので午前はレッスン。
このごろの横滑りの展開と、谷周りからのブレーキをプルークと、プルークからパラレルということで。
いやー、よく出来るなあ。70代と60台のご夫婦なのに。
ご主人はこぶでもすらすらと降りてくる。うーん、すごい。
さすがに、急斜面では、谷周りで軽くて山周りでがががとなるタイプになってしまうが、中斜面ではとてもきれいに出来てきた。やはり、年取ってもうまくなる。うーんありがたい。希望になるねえ。

さて、午後になって同好会の活動に合流。
結果から書くと

大回り:切り替え後、0.2秒ぐらい進行方向に進み、内脚リードで捉えて置き、仕掛けは待ってから
仕掛けとは、エッジング開始とか回旋とか、エッジ角の変化とかそういうこと。
内脚はハンドル、外脚はアクセルと。

内脚の足首緊張させてブーツのタン具をまっすぐ押すと、こしが前に出て高くなるので捉えが早くなる。

今まではというか、意識できていないと切り替え直後に曲げようとしていた。
大回りでこのごろうまくいく時は谷周りブレーキのときに体の進行方向に進んで行き、その後エッジングに入る動きと同じってことのようだな。

あとは、切り替えたあとに板を上などに動かすのではなく、板の軌道は変えないで自分の体を落としていく。板が横に走っている間の時間を使う。
待つというかのあとに、トップをえぐりこんでいく動きもいい
んじゃないと。
これはこぶでやる動きと同じだと。

で、そのときと、復習したときに大体感覚はつかめた。

当初は、何言っているのかさっぱりわからんくてわからんままスタートしててんやわんやだったが、まあ良かった。ためになった。


板の軌道を変えないほうがいいのか、板が上に動きながらエッジセットしていくのがいいのかは今後またいろいろやってみたり、ビデオ撮ったりしてみよう。

復習のときにtgさんが板を動かしたときに下を向けてしまい、そのまま谷周り少なく入っていくとタイミングが遅れてエッジを立てる動きが山周りになってしまう。待ちをいれることと、板を水平移動または、自分を落としていくと、谷周りの時間が取れて、エッジングがフォールライン付近で出来るのでよいと。

なるほどねえ。よく見えていますなあ。


ということで、この活動明日にはyt氏によるレッスンに続く。


posted by ソーレ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

51日目 Bてぃ3/12

昨日、えきっぱこぶでこけて、手を突いたときに体がひねられて左の腰が痛くなった。
そんで、今日休んでいいかと聞いたがだめというので、まあ大体直ってきたので良かった。

本日は、朝の練習は混んでいそうなので小回り板にした。
そしたら、今日はGS大会で沢山の人がぱのに集中したのでほかは割りとすいていた。
でも、板が小回りなので小回りした。

結局1本しか滑らなかったが、ビデオをスマホで撮ってもらいラインで送ってもらい、そいつをこっちのスマホでダウンロードして、technique で解析できた。
下部だったので、あまり回旋をさせなかった。そこそこいい気がする。
以前、テク受かった後に取ってもらったのと比べても左外脚の動きが良くなっている。
具体的には、腰の周りが少なくなり、ターンの谷回りから荷重が始まる。後半にストレートになってエッジングというのが減った。

40代の2名さま、ちょっとレベル差はあるかな。
でも、基本的なところをやろうということで、運動とか谷周りからのブレーキとかをメインに。

上手な方は小回りいい感じに仕上がった。
そうでもない方でも、運動がよくできるようになって来た。

で、午後は空いたのであるが体調がいまいちで、あまりやる気にならない。
とりあえず、小回りをなんとかしようと思いすこしだけ。

で、トライしたのは、午前中の滑りに加えて
ももの回旋を沢山入れてみる
足首でえぐる小回りではなく、エッジングをかかと外側踏むことでエッジあまり立てない。まあ面で踏むというやつだな。足首動かしながらエッジ立てずに回旋?
の動きをしてみた。

午前中にはもう少し脚を外に出してもいいんじゃない?とKMさんに言われたが、これだとすこし外に出たかな。YDさんが見ていて、お上手ですよと言っていたのでよいのかもしれない。
うーん、やっぱりこういう違う滑りをしたときに両方ビデオ撮ってちぇっく出来るといいなあ。

3本ほどで終了。なにせ腰がまだすこし痛いのと風邪がさっぱり治らない。まあいいや。ってんで昼寝していた。ところが、GS大会のメンバーが帰ってきて昼ごはんだ。起きた。

午後の練習のために体を休めていたが、ほとんどの人が帰るというので温泉は行って帰った。

距離 12km
高度差 2450m

なんだ、ずいぶんしっかり滑った。
posted by ソーレ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

50日目 Bてぃ 3/11

朝の練習はまたもGS板にしてみたが、なかなか混んでいて大回りにはなれないな。
一度行ったが、追いついてしまいだめ。

午前は、Jr1級狙いの男の子
ストレートないとうで、特に左外足ではげしい。
今回は指摘だけではさっぱり直らず。
まあ、そりゃそうだ。
ストック引きずり、ストックを前で横にして持ち、平行にしておく。外脚一本ですべるなどをして、さらにビデオ撮ってやっとすこし改善した。

午後は、ご夫婦の2級レベルだけど、レッスン受けたの10年ぶりってかたたち。
カービング板の使い方がわからないという感じ。
基本的になところから、ターンの説明して横滑りの連続ってあたりから小回り、シンクロやらとレインなど使いながらこぶも大回りも一通り、楽しんでもらえた。

ところで、えきっぱのこぶで飛び出してしまいこけた。腰が痛い。
温泉入ったがさて、どうかなあ。
明日休んでいいかと聞いたら、だめというので仕方ない、またいくか。
まあ、その後も3本ほど滑れたし、それほど重症って感じはないので大丈夫でしょう。

痛いので、本日終了。

距離 13km
高度差 3000m
あら、結構滑った。レッスンでもうまい人たちのは滑るってことだな。
posted by ソーレ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

49日目 一日数えてなかった Bてぃ 3/10

一日数え忘れて実は49日目。

朝の練習では、GS板で大回り、なんかいまいちだなあ。とおもったら最初のぎゅいんという絞込みが足りずに、板が戻ってこないのであった。
それを意識したらすこしましになって谷周りでのずらしができるよう
になった。

ただ、急なところではあまりいたの返りを得られなかった。ゆるくなってからは絞込みが出来るので板が帰ってくる。

さて、午前にれっすんだ。
70代男性、1級受験目標ということでしたが、左外足で体が中に入ってしまう。
このへんを直すには、と思っていたがなんと指摘しただけで直ってしまった。
おもうに、なんどもやっていたんだろうなあ。忘れると癖がでるというところかな。

その他いろいろあるがだいぶ修正されてきた。


午後は、空いたので滑ろうかと思っていたらお仲間から、テレマークレッスンのモルモットになってくれと提案あり、それに乗った。

ということで、
外脚が前、内脚が後ろ。重心はそのまま落とす。前後に動かさないですとんと落とす感じ。
リフトに乗るというのでいいのか?そんなことして。
まあ、最悪はプルークですべればアルペンしてるひとは大丈夫。
ブーツは履いて、板を取り付けたのだがその時点でふらふら転びそうである。
なかなか大変だ。
最初は重心を落として脚を曲げる。これが、内脚は曲がるが外脚は突っ張ってしまうし、前傾して重心が前に行き過ぎて、前に転ぶ。
それでも、1本降りるころにはなんとか外脚のつっぱりを解消して曲げられるようになってきた。
そんで、歩く。左右交互に歩くことで重心を落とすところを探りながら固定していく。だんだん出来てきた。その後緩斜面に移動して、内脚は膝を板につけられるほどまで下げてみようってんでやったがなんとなく出来てきた。

で、ターンしてみるのだがくるんくるん回ってしまう。外向Kがとても重要。すこしでも横向くとぜんぜんだめ。くるんくるんだ
さらに、たーんでナイケイ角を作ろうとし瞬間にまたくるんくるんだ。

このへんも、最後にはある程度になったがもう腿がパンパン。

あとは内脚で制御すると。つま先一点で体重を乗せてずらしていく
うーん、これもなかなかに大変だがなんとかすこしで来たところでもう無理って感じである。

案の定汗だくだし、つかれてぱんぱん。
でも楽しかった。また、シュウリョの学生の気持ちがよくわかった。
さらには、腰が回ってしまうっていう人の気持ちもよくわかった。そんな気はないのにまわってしまうのである。

ということで、疲労根倍して終了。

距離 11km
高度差 2400m

posted by ソーレ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

47日目 Bてぃー めいのこ2日目 3/6

昨日に引き続き、めいのこと姪のだんなと姪の三人に。

女性はプルークで、男性はパラレル小回り系のレッスン?をしていく。

めいの子は、昨日から急にもみのきの落としで自分だけで滑れるようになった。
ただ、ターン後に三角をゆるめてしまい、エッジが立っていたが進んでしまって怖がるというところが難点。ただ、その辺説明したら意外とわかってきた。
転んだときも立ち方を教えたら意外とできるようになってきてこりゃなかなかよかった。

めいは、プルークでも片側のたーんがいまいちだったが、大体直った。

だんなは、腰が回ってしまい、ひねりがなくなる。上体が下をむかないで横向いてしまうのでそこがなかなかなあ。
今思えば、プルークターンとかからの練習も取り入れたらよかったのだが、もう少しのところまで来ていたのでいろいろトライするのを忘れてしまった。
まあ、それでもかなり安定してきた。ただ、姿勢がへっぴり腰で、腰が回るからとても目立つ。

ということで、3時ごろ終了。
朝のうちに、ロングで5本ほどすらすべったのもありこれでおしまい。
スクールですこし打ち合わせやらだべりやらしてから温泉寄って帰った。

距離 13km
高度差 2600m
posted by ソーレ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

46日目 Bてぃー てく必須レッスンと、姪の子

姪の子が来るというのでというか姪一家だ。
日月のつもりだったが、日曜の午前に男のテクもちイントラ指定のレッスンがあった。
ということで、午前中は移動してくることだし、レッスンにはいることにした。

当初ビビッていたのだが、(テク受験していて75が結構出るのだが、どうしても合格に達しないとか言う人かと思い)実はJr1級目標という。うーんなんだかなあ。
まあ、普段どおりにレッスン。
だが、うまいぞこの子。

当初は、内脚のひきつけが目立ってパラレルというにはちょっとという感じだったが、運動を理解したらすぐに行い、中斜面ではすっかりパラレルになっている。

で、急斜面に移動したらさすがにこちらではそう、感嘆にはいかない。
まあ、そうだよねえ。ここですぐに出来た日には将来demoみたいな気にさせられる。

でも、急斜面でもしっかりとリズムを取ってこれている。
シンクロでやったら、見えないけどどうやら谷周りからのブレーキをすこしは使いながらリズムをとって降りてきたようなきがする。
楽しく2時間おわってレッスン終了。

めいと連絡を取ったら、なぜか下にいると。えー上に来いって言ったよね。
そんで、ご飯も食べてしまっていたので仕方なく一人で食事。
その間に上に上ってきてね。

姪の子は前回までは中斜面は一人で滑れなかったのが、今回すこしバックプルークで抑えてきたら一人ですべるといい始めて滑り出した。

子供の常でハノ字直下利になってしまいさっぱりターンしないがまあいいや。
めいのだんなをすこし見る余裕が出来た。
運動を教えたが、なかなか量が少なくてむずかしい。

スピードアップしたので、ちっく、もみ2回、ふぁん2回、クロスとなかなか滑った。一度キッズで下まで降りて終了。
その後姪のだんなのレッスン。第一、クワッドと乗り継いでちっく、ふぁん2回のあいだに、腰が回ること、運動の量、などが改善してきてだんだんさまになってきた。

ということで、本日終了。明日はどうなる?

滑走距離 16km
高度差 3250m

あら、多いなあ。午前のレッスンが効いたな。
posted by ソーレ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

45日目 きもんいん ゆのまる 3/4

トウシンJrレース大会 のきもんいんということで、ゆのまるへ。

ゆのまるって、数年前まで軽井沢のあとに11月の中旬以降にシーズン前に行くってことが多かった。
ここ数年はそれも行っていないのだけど。
ということで、灰シーズンのゆのまるはたぶん10年ぶりぐらいかなあ。

まあ、そうはいっても 大会役員のきもんいんって言うわけなのであまり関係ないかな。

朝7時に集合ということで、10分前に行ったのだがなぜかミーティングしている!なんで?
6:45だったそうで。
知らんがな。

わりと簡単な説明のあと早速持ち場につく。
途中でなんか機材トラブルで20分ほど中断。最初は小学生の1-2年から入ったので、ほのぼのしたものだったが、進んでいくと、中学生男子やら高校生男子などになるともう、早い早い、目が追いついていかない。うーんたぶん通っていると思うってレベルになってしまう。
でも、うまいので通過するから大丈夫。

ストレートポールとかあって、低学年の子は誤解して違うルートを行ってしまったりしている。すると、図を描いて、ここを通ったから失格だ。っていう紙を書かないといけない。
それ書いていると、次の子が滑ってくるのであたふたしてしまう。
今回は2枚書いたので、なかなか大変。


さて、無事2本目も競技終了した。
この時点で13時ぐらい。その後ご飯食べて出来たら閉会式見てください戸のことだったが、知り合いの子が何名か出てはいたが子供に面識があまりないのでまあいいや。
滑っていいというので、すこし滑ってきた。

大会バーンの横のこぶを2回ほど。1本目は急斜面ではじかれたが、2本目は一度止まってからゆっくり言ったら何とかなった。
そんで、道向こうのバーンへてくてく移動。
ああ、そうだったってゲレンデを一通り回った。

一番したから見て左のコースにはタイムチャレンジャーがあって、一回100円だったので、2回やってみた。1回目30秒3ぐらい。2回目にもっと攻めたら、29秒1ぐらいで1秒以上短縮できたのが気分よかった。

第6リフトの中斜面ロングコースだが、以前もっとスピード出た気がしたけど、向かい風のせいかどうも進まない。なんか消化不良で終わってしまった。

3時過ぎに終了。
距離 10.5km
高度差 2250m 

あら、意外と一日分しっかりと滑れた。
posted by ソーレ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

44日目 Bてぃ しにあ手伝い 3/1

しにあキャンプ期間中でばっちてすとするから人手が足りないということで、今週一度行ってきもんいんのときのウエアを取りに行くためもある。

朝レンだ。
うーん、なんだっけ?
一本は大回りしたな。そこそこには出来た気がする。びでおがほすいいい。
その後小回り、バーンが硬いので対応できなかったなあ。暴走になりそうでストップ。
回旋やら、えぐるのやらが加えられない。この辺がうまく言ってくると自信にもなるのだが、まだだなあ。

午前中に、シニアレッスンに同行して午後の2級ぜんそうに対応するために練習した。
2級では、トップが上に切りあがってCを完成させてから次のターンってのが肝だと。
あーなるほどねえ。そこをみんな下に向けてしまうので早すぎる、待ちが必要だと。

シュ手無は、幅を広く取り、外脚に乗っているところ、次の外脚を開きだして圧が十分たまるまで横のスペースをとっていくべし。

よしよし、これで準備万端だ。

で午後になって検定である。

大回り、うううんん?あれ?出来たか?
なんだか、覚えがない。これは!”きんちょーしているではないか。
なんだかなあ、なんでだろう。

小回りも動きがいまいちだったし、シュ手無もトップが上を向くまでってのが出来なかったような。

あとで、券定員に聞いたが、きんちょーかんが伝わってきたが、演技としては大丈夫とのことで安心はした。
それで、なんかみんなで笑っていたのか!


さて、午後もすこし練習だ。

どうも小回りがいまいち。
ポジションかな。今思えば
ブレーキのエッジングになってしまう。

ということで、意外と滑っていたので3本で本日終了。

距離 15km
高度差 3500m


posted by ソーレ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

42日目 2/26 Bティー大回りよし 43日目 2/27 プライズ手伝い

土曜日は、仕事でいけず。
日曜に行くと、まだあっていない人から、またひとしきりテクの話題でいじられる。
あー、そろそろ一周したかな。もういいでしょう。

レッスンは、午前午後とも1級受験目標という方たち。

一名は通し、あと2名さまが午前と午後で入れ替わり。
種目一通り行ったが、結構皆さん横滑りって調子いい。
こぶもまあまあいける。
ところが、自分がいけないなあ。まだ体調が戻っていないようで、体が動かないではじかれる。
あとで、吐き気もあったりでやれやれである。

うーん、このレベルまで来るとすぐに直るようなことがなかなか難しいというのはあるが、自分のもくろみどおりの上達を感じられなかった、申し訳ない。


ということで、体調不良もあり、レッスン終わったら滑らずに終了とした。
といっても、
距離 17km
高度さ 4050m
ずいぶん滑ったのである。

で、練習であるが、朝GS板で一本滑ってみた。
なんと、初めてすらでコリャうまくいったという滑りがこの板でできた。
山周りで切って、切り替えてから谷周りでずらしつつブレーキ掛けて山周りに切ってさらにエッジ立てて抜くというのが繰り返せたのである。


今までは、山回りでブレーキ掛けたのかなあ?2−3ターンでブレーキが弱くなり、スピードが出てしまい山周りではただ耐えているだけで、もうスペースがなくなるから仕方なくターンしてというのであったのだが、ずいぶん違って脚も動いていた。
YDさんにも、捕らえがすごく早くなって、脚の動きが別人だと。

その後も最初ほどではないけど、結構いい感じでやたら大きなターンではなくターン数がたぶん2ターンぐらい今までより多い。うーんうれしいぞ。
大回りがこれで安定してきたらいいなあ。

小回りは、このごろやっているあまりエッジに頼らない滑り方、回旋系で。
これも、自分ではなんだか物足りない感がありありなのだが、それに回旋と、足首使ったえぐる小回りなどを組み合わせて、うまくマッチしたら1ランクアップできるなあ。
あ、でもGS板でやったのであった。意外とこれ小回りやりやすい。RN氏にとてもうまいですと。
彼女のレベルでは、うまいととてもうまいは区別があまりつかないような。まあいいや。



で、翌日はプライズテストの月曜日である。
某スクールの人が受けるし、クラウン受ける人を見ようかと思い、出かけた。

お客様誘導係りというのになっていた。
ん?なんだこれ?

あ、一般のお客様を誘導するのか、規制するためにか。
ということで、分岐で誘導したので、検定はさっぱり見えず残念。

あとで、ビデオで見せてもらったが(某いんとら)点数なりのもしくは若干甘いかなぐらいな感じであった。おお
クラウン受験者のビデオはなかったなあ。

さて、練習ではIspeedで、上野たいらを滑ったが、いい動きしてるね、板がいいんじゃないってKS氏
そう、確かにいたがいいですなあ。まあほめられたということで。

 検定はなんと17名のテク受験者に対して3名合格という破格の合格率。クラウンは5人でゼロ。

 早く終わったので2時くらいから練習。急斜面小回りのビデオ撮り。
あまりエッジを立てないタイプの滑りをしたが、見た目は大違い。忍者寺で何もしないって言う外に出たときに一瞬踏んですーーっと抜くタイプのすべりに似ている。
うーん、なかなかぶっく利だ。

距離 11km
高度さ 2200m
posted by ソーレ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする