2017年08月14日

初の渋峠チャリ

自転車屋のご厚意で、メンバーでもないチームに混ぜていただいて、チームイベントである渋峠ライドに参加させたもらった。

渋峠、そう、群馬と長野の県境にまたがったレストラン?ホテル?で有名な群馬側は草津とか万座、長野側は志賀高原のところである。

えらい標高が高いのである。そこまで登るってのは厳しいだろうなと思っていた。
今回は、高山村で標高800m付近からのスタートだと聞いた。

まずは、ショップに行く。マイクロバスが到着した。ここに自転車を積み込んだ。
結局17人ぐらいでここスタートは13人ぐらいだったか。
マイクロだけでは自転車が乗らずに普通の車が2台追加。

IMG_20170811_063126-s.jpg
なんかすごい景色だ。バスっていろいろ乗るのである。

スタート地点には他のメンバーも集結している。
さっそく、準備してスタートだ。

こんかい、とてもありがたいことにサポートカーが伴走してくれる。休憩場所に先回りして待っていてくれて、氷水、きゅうり、コーラ、あさずけ、むぎちゃ、スコーン、おにぎり、パン、などなど至れり尽くせりである。

おかげさまで、へたれであるがなんとかかんとか渋峠到着。
正確にはここから少し長野側だが。標高2172m 国道最高地点である。

IMG_20170811_141024-s.jpg



一度というか下るので獲得標高は1960mとまあ2000mになる。
皆さんは、お替りもできるよって感じの方から、まあやっとこすっとこのおいらと同様レベルが1名様
あーシンパシーを感じました。
たいていの方は、追い越していくときにずんずん加速していく。もうなにせレベルが違うのであるが、終わって温泉入っているときに、チーム入れてもらえるか聞いたら、いいですよと快く。

ということで、次回からはチームメンバーとして走ろう。


posted by ソーレ at 18:54| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

カヤック川下り

自転車関係の人がカヤックをたくさん持っていて、イベントで乗りましょうってんで行ってきた。

シングル2艘、ダブルが4艘あった。
10名様である。

上田道と水の駅集合して、車に乗り合わせて、まずは千曲川のほとりの調子よさそうなところにいく。

このカヤックは空気入れるタイプ。約10万円オーバーのようだ。

kayac-s.jpg

今回は、会費制。投資があるから回収しないとねえ。

少し、閉鎖された空間で練習する皆様。おいらはと思ったが、ダブルの呼吸が合わないのか、そんなものかなかなかまっすぐ進まない。

シングルにも乗らせてもらって、少し早いところをざっぶーん!と夏休み感満載だ。

千曲川は、水温高く少し匂うし、あまりきれいでない。
夏だからだそうな。


さて、その間に講師側とボランティアにより、車のデポ(カヤックの終了地点川下りだから、に車を置きに行って、別の車で帰ってくる)と食料調達をお願いした。

無事水から上がって、みんなでおにぎりタイム。

すんだら、出発だ。

基本的には流れていくので楽だが、端によったりすると浅瀬で座礁した。
また、木に引っかかっている人もいた。

途中で艇を交換してシングルに。
自分だけのほうが楽しいタイプだなおいら。

無事7キロほど川下り完了。

カヤックを岸に挙げてからみんなで流れましょう!

ん?


手をつないでライフジャケットに身を任せぷかぷか行こう。

これが、じつは一番楽しかった。

うーん、またやりたいなあ。

さて、上がってびっくりだ。

足がこんなことになっている。

脚-s.jpg

日焼けが激しい。
そっか、ここはカバーするの忘れて、サンダルだけだったからなあ。

温泉で疲れをいやすも、日焼けが痛い。

まあ、いいや。そのうち何とかなるだろう。

だが、4日ほど痛かったので、風呂に入れなかった。シャワーのみではどうもいまいちだったな。


では、まあまたよろしくお願いいたします。
posted by ソーレ at 20:46| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする