≪クラウン!≫スキーの世界ではまず、1級というのが目標になると思うが、その上にテクニカル、さらにクラウンがあるのだ。王冠である。  テクニカルはH29/2月に合格できた、1級から15年、実質8年ほどかかった。さて、今度は作者ソーレのクラウンへの道を実況中継。  ソーレは新婚であった時期はずいぶん経ってしまったが、家庭をほっぽってのスキーはご法度だろう。  幸せをキープしつつ、クラウンを目指そうという目論見が成功するのであろうか?なんとかなるだろう、きっとよくなる

2024年03月26日

51日目 検定のお仕事 bてぃ 3/20 と 52日目 やれやれ腰が痛いのアライ 3/22



検定員が足りないということで、お仕事。

午前中は事前講習

なんか皆さま、ポジションが後傾だなあ。
種目の位置とか順番とかの説明以外が必要だ。

ただ、今日は新雪が降ってそいつがぼこぼこし始めている。
主任様は、とにかく外脚に乗ってくること、板を腰に下に置いておくをしっかり伝えてね。プルークでやってもいいよ。

そこも踏まえて講習修了。

こぶも滑れたが、2本目でアウトしてしまった。やれやれ



午後は、天気が悪いんだよね。雪中。

仕方ない、検定スタート

結果的にはつつがなく終わった。
割と合格率も高かった。おめでとうございます。



3/22 金曜
tm氏とアライに行く。待ち合わせは8時ぐらい。

順調に到着。グーグル先生の時間が大体あっている。
念のため今年初使いの極太を持っていく。

駐車場では10センチぐらいの湿雪、ゴンドラ上がったらあれ?30センチぐらいあるなあ。
ということで、トレーサーも付けた。もっともこのゴムがゆるゆるになっている何とかしないとなあ。

ところで、腰が痛い。すっかりサポーターがないと滑れないよ。
かがむと痛いなあ。

でもまあ滑り始めた。
少し重いので、極太でもちょっと大変である。

最初にtm氏は普通の板なので、ゲレンデのほうに行こうと思うのではあるが、ゲレンデでもパフパフだ。
少し重いけど。

ということで、tm氏はご苦労されている。
まあ待ちながら滑る。

まだ結構重いのですこし大変ながらさすがに極太すいすい行ける。

だんだん、スピードも出してくる。これがいけなかった。

しっかりターンはしているものの雪で視界が悪かったし、つい下を見ている時間も多かった。

そんで、ゴンドラおり場付近に来ているのに、よく見えなかった
普通に滑っていたら、ありゃ、雪がない!あるんだけど。

ということで、廊下に向けて70センチぐらいの段差をそのまままっすぐ飛んで落ちた。

すぐにコケタが、あら腰が痛い。どうも膝の吸収がさっぱりできなかった。

もともと痛かったのに追い打ちが激しい。


仕方ないが、まあ1本目だったし、もう一本乗ってみる。
今度は、左におりて、林間から大きな開けたところ、リフトから見えるのだ。

ここは、もうすでに痛くてただ、楽しくなく降りていくだけであった。こけないで行けるのは極太のおかげだ。
tmさん大変そうである。そらそうだ。この雪では。

で、休憩しましょうと。

休憩していてもさっぱり痛みが引かない。だいたいぎっくり腰みたいな症状だ。

tmさんが出かけたが、もっと待ってみる。ああでもだめだ。

ということで、本日終了。
全開効果があった鍼の先生に電話で予約。午後3時半であった。
この時点で10時半ぐらいだったので、なかなか時間がある。

帰ろうとして表に出たらtmさんにちょうど会えたのでさようなら。


リフト券返したらクーポンくれるっていって、返したカレーを食べようと思ったのだが、カレーのお店やってない。

結局車まで板を引っ張っていくという状況。

うーむこりゃちょっと駄目だなあ。


ということで、鍼してもらったが、いくらかよくなった程度でそのまま帰宅。

翌日も鍼

土日はほぼ寝て過ごす。ミッションインポッシブルを5話見てしまった。
炬燵から出るには30秒以上かかる

月曜火曜とPNFの接骨院

ようやっと、この記事書ける程度には回復してきたが、大した進歩でもない。

ということで、少なくとも今月中のスキーはないな。
悪いと、シーズン終了となる。

ちょっと腰が痛いところを無理していたのが結果的にはよくなかったなあ。


回復の状況はまた次回。
posted by ソーレ at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月18日

49−50日目 3・16−17 bてぃ

2週間ぶりだなあ、先週リッチーだったから。

さすがに、この2日間の温かさで雪はまあそんなもん。ただ量があるのでよかったねえ。末までもちそうだ。

朝トラブルで滑り出しが遅れた。
板が赤いやつ、空色を持っていけなかったからなあ。バスで。

久しぶりにkzさんと滑れたよ。
だいたい4日目だっていうし、そりゃしょうがない。

リッチーの成果である、高いポジションを毎回ってのを意識して滑ってみた。
が、2日後の本日は忘れているなあ

レッスンは、ファミリー
なんとまるっぱのお母さんと、子供は経験者というあまりない感じであるので、これはもうまるっぱ対応しかできない。

であるが、おかあさんボードをしたとこがあるということで、滑るということに関する恐怖感は少ないのか、わりとスムーズに進んだ。
あと40分ぐらいで、第一リフト降りたがさすがに、片斜面ではまって無理だった。
踏み上げてお母さん疲労により終了。こどもたちはまあまあ楽しそうであった


午後は空き。

なんと、今シーズン初のえきっぱに行く。ks氏と。
なんせ、開いていないのである。

で、今日は荒地であった。
こぶがいくらかできかけていた。

で、この荒地 これこそ、高いポジションに戻す甲斐があるというものだ。
今まで腰が引けて横に滑って逃げてというのだったが、楽しいではないか。
もう一本行こうよ。楽しいじゃ。

高いポジションというか、センターはとてもラクダ。操作ができる、踏める。
ここでもエッジングを意識できた。回旋ではなく、脛を傾けて、内足O脚でエッジングで回してきた。

いいんでないの。



あとは、少しモーグル大会のをみて終了。
帰る前にモーグルバーンのでら掛け。硬いなあ。
終了。


距離 9kmぐらい
高度差 1800mぐらい
スキーIQ 154 けっこういいな やはりファンにて



日曜日

朝ksさんと
今日はイベントが多数でじゃいこしか滑るところがないで合意

ksさんの滑りをみて気が付いた。
内足の早い捉えが、がにっている。O脚である。

これ見て再度思い出した。
内足のO脚、さらに積極的に内足を返していく。


午前中あいたので、kzさんと滑る。
最初はいまいちだったが、どんどん良くなっていく。

またえきっぱに行くが、こんどはコブになっている。ここでもポジションを高く戻すことで、途中で引けて逃げたところからリカバリーできた。
やはり、高い位置で踏めると動かせる。


内足引きつつO脚しつつそのまま思い切って返し続ける。
腰は内足の上にすとんと落としていくことでエッジングにはいる。板を外に出さない気持ち。早いタイミングでやる。
フォールラインに入るまでに仕事を終わらせる。刺すのであるが、これも内足返していってひっかけているところから進めるので時間が取れてフォールラインまでに間に合う。



これがパノでも行けた最後は。


調子よくいけたねえ。

距離15km
高度差 2700m
スキーIQ 155 マックスと同じだ、残念更新ならず、ぱので行けたのがうれしいねえ。いままではファンが最高値だが、パノで最高値に並んだよ。


posted by ソーレ at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月11日

3/9-10 土日のリッチーキャンプ 戸隠  47−48日目

 一年ぶりでいいのか?たぶんいいな。
リッチーベルガーさまのキャンプである。12人ぐらいのメンバー。ほとんどが顔見知りなのとほとんどがヘッドなのにいつも裏切り者のおいら。
今回は空色のやつ。

今日のコンディションは新雪であるが、もうすでに荒地になってきている。ところどころ、もさもさが残っていて、視界的に圧迫感、ただ、踏めば柔らかく蹴散らせる。

という、あまりないコンディションであったので、リッチーよろこんでじゃあ、ストック置いていこう。

えー

そんで、もさもさに突っ込んでいく。
仕方ないので追従する我々

やっぱり大変ではあるが、それ以上にポジションである。
いつものパターンが改めてクリアになった。

ターン弧とターンのリズムが大きいのである。
最初は微妙に大きいのだが、じょじょにさらに大きくなってついに耐えきれないころに横にトラバースして逃げる

というパターンだ。


今回は、午前中のノーストックで5本ぐらい正面バーンを滑った。
うちきちんと完走できたのは最後の1回のみ。

まあ最後よくなったからいいんだけどね。


今回は、とにかく高いポジションに戻せということで一日。ああ、ほかにもリズムがデカい長いので加速してしまう。
エッジングが足りない、回旋してしまう、もっと脛を角度つけて、エッジ角作ってきてそれで、圧かけてターン。回旋ではないよ。
やりずらいし。



最後は、口でリズムをとってイメトレもしてからターンイン。
最初の1ターンを小さく回してリズムとる。ポジションも腰高く戻していくとあらまあ、一本通せたよ。こぶっぽいのだが、そのリズムは無視して自分の決めたリズムで早いターン。

ただ、ポジションよかった
リズムもよかった
でも、エッジングが足りないよ。

という評価であった。




午後は、ストックが戻ったが、腰にあててターンインで前に出せとか、頭の上に2本まとめて掲げて桶。高い人になるから。

などかな。

カービングで滑れというのも、午後になったらさすがに締まってきてぼこぼこ。バンバン跳ねるがリッチーは全く感じさせない。また騙された。

最初は、縦に行き過ぎて怖い。早すぎだ。もっと回せ。

まだ、エッジングが少ない。
脛と腰と両方使えってことだな。


最後もう一本行くかってんでいった。

いkさんが立地の後ろをついた。うまいシンクロで先生のあとだからやりやすいとはいえしっかりと最後までついていった。

その後だったが、ゆっくりとリズム早く、ポジション高くで口でリズムとりながら行くとまた通して滑れたよ。

うまくなったなあ。うれしいな。

ということで本日おわり、お疲れさまでした。


tmさんの取ってくれたと連絡のあった。築山 そば 宿坊 にむかう。
いkさんもここだった。

そうだ、リフト券は宿割で3500円。おやすい。

宿坊ってのはもっと簡素な宿かと思ったら、とても十分旅館って感じであった。
朝食付きだったのというか、2食付きが選べなかった。

夕食は食堂のメニューでよければ出せますとの情報で、てんぷらそば。
ちなみにIKさんも同じやど。

総じて満足感が高いお宿でした。ただ、遠いのでそこはもう一度って感じではない。



さて、二日目

3/10 朝に15センチぐらいの新雪を車から降ろした。この時点で昨日の新雪というか荒地の再びか。

早めについたのであるが、みんなレストハウスにて休憩している。
やはり疲労の色が濃い。体力温存に努める。

ところで、ピステんがきれいにかかっている。
なので、レッスン内容は昨日と打って変わって整地。

O脚がすごく大事と。

まずは、内足のアウトエッジを立てて入っていくのだと。
前後差はあまりつけないために内足引いてもいいよ。


とまあ、それだけではあるのだが。

谷足一本でのギルらんでしながらアウトエッジを使うポジションまで移動。

チャールストンに似ていたが、実はぎゅるにげんたーんだったやつ

谷周りでずらして、山周りでカービング

ニュートラルをしっかり作って、内足を上げたりハノ字作ったりせずにきれいにパラレルで回す。
まあ、ここだけは成績良かった。

基本的にみんな結構できないので少しイラつく様子も見えるリッチー

その後、舵取りを重視。
脛の角度をつけようよ。つまり板を立てていく、エッジ角を強く。

回旋ではなく、エッジ角を立てることで舵取りしてね


ポジションもっと低くしろ、と言われたようだ。あまり伸ばして膝がまっすぐは行き過ぎ。階段登行の伸びたへんまでだよ。



これも、正面バーンで行うのである。
ただし、遅くていいよ。スピードは。
深く回してスピードコントロール、でも倒しこみは早く。
O脚で、内足のアウトエッジから入っていく。
のであるが、とりあえず、切り替えですぐにアウトエッジを使うまでしかできなかったが、この急斜面で脛を倒せて入っていけて、深回りしつつ、小回りのリズムをキープしながら、もさもさを無視して自分のリズムで突っ込んでいく、
もちろん、高い腰は毎回作る。


一度リッチーの後ろにつかせてもらう。
脛の倒しこみの早さが安定感の秘訣だろうか。
半分ぐらいまでついて行けたが、徐々にスピード出てしまい、(抑えられない)一度逃げてもう一度ついた。
3/5ぐらいはついて行けたことになったかな。

やはりフォールラインになるところでエッジング完了ってことだなあ。
あとは、腰を高くすることで恐怖感が減る。なんとかなるっぺって感じが出てくるのがよかった。

荒地に強くなった。



雪面からのプレッシャーを感じてからの前提での動きがひつよう。

昨日の滑ってて難しいのは、あまりないプレッシャーを感じられるチャンスであった。
上体を気にするのではなく、下肢、足裏を感じてすべろうね。

歩くときにも滑りそうなところは感じて変更するよね。同じだよ。

飛んだり跳ねたりするときも足裏のプレッシャーポイントを感じましょうね。スキーでぼこぼこでも感じて対応。
リッチーがぼこぼこでは、上体がぶれないのは、見てではなく感じて対応してると。


ところで、疲労感がとてもとても強い。
レッスン終了で終わりになった。

皆さまお疲れさまでした。ありがとうございました。

距離 14km」
高度差 2800m
スキーIQ 154  急斜面では147まで行った。これはよくなったんじゃないかなあ
中斜面まででいつも最高値がでる。これを急斜面で出したいと思っていたがだいぶ近寄った。



posted by ソーレ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/6 46日目 あさま tzさんとお連れ

tzさんとは、リッチーと先日のswさんが共通の知り合いだとでていてお友達申請して去年一緒に滑った。

その第二弾行きましょうってことで本日。

今回は、お友達が1級検定を受けるということで、その会場のアサマになった。
予定時刻には、おともだちは事前講習かな。

二人で会って滑り出した。
tzさんは、実は東京の技術院をやっていたということで、すごいうまいひとである。

不動産屋をやっているんだっけかな、アパートも持ってるしスキーはとてもうまいし、顔もいい。

ということで、あさまの今時としては知らないのであるが、今回は雪がふったこともあるので、板を2本 中太と空色のやつで行った。
雪ぱふぱふかなとおもったが、もう何日も立っている感じでとても回せない。

本来はエッジングしていくと回るのであるが、残念ながらできないので普通に整地の大回り。
小回りも少ししたけど、ま中太で小回りせんでもいいかなとおもい、午後に回す。


結構滑ってあっちこっち行ってそこそこ疲れたのでd、お昼。

お友達も戻ってきてお昼かと思ったら、食べると動けないということでソフトクリームで終了。

午後に板を空色のやつに交換。

1級検定を見学がてらすべる。

ところで、雪が変わった。とても滑りとても滑らない。おやー

であるが、この一本はおいらの滑りを撮影してもらうのであった。
なんかダメダメだなあと板がさっぱり滑らん。ので、うまくアジャストできないまま。

あーれまあ最低だなと思ったのではあるが、見たら意外といい感じ。というか最低感があまりない。

やはり、主観と外から見たのは違うスポーツだなあとまた実感。




その後も検定をみてから、おわったところでコブに入る。
1級検定のあとのこぶなので、いいのかと思ったが、実は忙しくて、結局飛び出す。
悔しいのでもう一回
今度は、腰の下から板を出さないで滑ってみたので、まあぎり間に合って感想できた。tzさんからも高評価。


さて、小回りだがアドバイスを頂いた。

ターンの入りで、板を後ろに引いてから、内足アウトエッジのトップを噛ませやすくなるのでそうしてからターンイン。だと。

そういえば、それはやっていないなあ。
ではやってみた。

お、入りがいいぞ。内足アウトエッジントップが入っていく。
これは青いやつでパノラマで滑った時の感触に似ている。気がする。

で、一度引くけど、次には外腰と外脚を前に出しつつ踏んでいくということで、いいんでないの。


またやってみよう。



というところで、皆さんそろって足が売り切れ状態。

終了。


なお、1級は残念でした。


距離  10km
高度差 2300m
スキーIQ 151


posted by ソーレ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月06日

3/3-4 再び不動産系RC友の会 スキー部 イン ぶらんしゅ 44,45日目

なんか、SWさんとしか滑っていない気になるこの頻度

今回も以前ラジコンした時の飲み会でポンポン決まった日程。
ああ、確か土日も入れてほしいというお話があったのではないかな。

であったが、今回はいつものペンションJHが土曜日は空いていない。なので、まあ北海道からすぐだし一泊でいいか。
日月の開催となった。

メンバーはSWさん、べつのSTさん、YZさん、KMさん、TNさん、おいらの6名

SWさんは、今年これで3回目で、6日目かな。べつのSTさん、YZさんはおそらく30年ぶりとのこと。KMさんはガチのスキーヤー、TNさんも随分行っているようだ。

がちのTNさんと3日の9時に待ち合わせして滑りだす。
すーすーだなあ、カービング要素はあまりないが、スムーズにどこでも行ける感じだ。
あっというまに5本ぐらい滑ってもう疲れてしまうではないか。

さて、10時半めどで、ほかの人と下で合流。うおーカーで上って練習。

SWさんはもうお手の物、STさんは、ボーゲンでスースー滑るのだが、YZさんはおっとっと。プルーク形状が保持できない。
階段登行とか、前開きのスケーティングとか壊滅的。エッジのコントロールがなかなかつらい。

仕方なく、YZさんにずいぶんついてしばらくトライ。したが、足がもうだめだと。
ちょっと休みつつ、次にみると、なんかパラレルになる感じがいいのかもと思った。
じゃあ、むりにプルーク氏なんでもパラレルでいいよという路線転換したところこれが、どはまり

あら、普通ですよって感じで滑ってくるではないか。
1時間半ほどで、無事リフトのってばうむまで到着できた。

ガチ勢のKMさんと、TNさんは挨拶後別行動してがんがん滑っている。

無事12;30にバウムで合流。

おすすめの角煮定食などを食べたメンバーは満足げであった。よかったよ。

さて午後だ。

YZさんは結構大丈夫そうなのであるが、いちおうバウムは歩いてパラレルベースで下のコースを3名様で滑る。
意外といってはいけないが、ますますパラレルで安定してくる。スタンスを少し広めにしてもらうので、もう安定感ばっちり。
ここで、STさんやSWさんにもワンポイントアドバイスできるようになってきた。

もう一回下のコースを滑ったあと、第二リフトの乗り場で集合できた。

もみの木こーすを全員で滑る。おお、なんかまとまったよよかった。

わりとスースーいくので、第三リフトにも乗ってもう一回もみの木


落としでもそれほど問題は出ない。

このへんで3名様に疲れが見える。STさんは、こけたら立てなくなってきた。

ということで、じゃあこの辺でお別れしましょうか。

ガチ勢とクワッドで滑る。
といってもこっちも疲れてきているので、5本ぐらいで終わり感。
最後少しレッスンぽく、急斜面での谷周りからの圧をかける方法とかなんとか。


ということで、本日終了。
距離 11KM
高度差 1650M


今回は、地区の総会があって一緒に泊まれなかったら、ちょーにこにこ顔のお写真が送られてきた。
うーむ、残念だ。

ソーセージとワインを差し入れしておいた。




3/4

朝の待ち合わせがクワッド乗り場であった。あいいのかなあそれでと思ったが、眠くて返信せず。

ということはクワッドのってチックを滑らないといけないのである。

であるが、まあ何とかなるかな。何とかなった。
おー皆様進歩著しい。

ターンの理屈についてニュートラルやらニュートラルさえ作れれば勝手に曲がるってことをレッスンしたり。
ターン運動、谷への移動

あとは、なんとファンで練習しようって声がでた。
進歩だなあ。ファンなんてこんなとこ滑れないよーって感じであったのに、ここで練習していようってわけだ。

で、山周りでみなさんからだが山に残っている。
では、内足上げてみましょう。

まあ、当然ながら山に残った体では、内足を上げられるわけがない。みなさん四苦八苦。

ということで、でも残念ながら谷足荷重ができないまま、みなさんヘロヘロになってくる。
ここで、3本ぐらい滑ったと思う。休みましょう。

バウムに向かう。みなさん、片斜面を何の苦も無く滑ってくる。STさんもだいぶパラレルっぽくなった。SWさんはとっくにパられる
ただ、運動が少ないのが、どうも課題になったままである。でもずいぶんとスピードアップした。

ということで、バウムに向かうので、ガチチーム2本ほど滑る。
ところで、今日は昨日よりも雪がいい。シーズン最高の雪質である。

ということで、パノラマに向かう。
いやーいい雪であったので、小回りしてみる

スピードはでるものの、内足の内反が足りないので、ひっかかりが少なく暴走ぎみ。
ただ、雪がいいので助かっている。
刺すをやろうとしているのだが、内足の内反とか、回旋入れつつエッジ角をつけて、斜めに刺す

それが、まだまだだな。

ばうむに合流。

ここで、意外なお話。もう帰って途中でラーメン食べていく。
まあ、そうなるかな。

ということで、今日はレッドチキンカレー食べて、角煮定食は誰かが食べていた。

午後にまたガチ勢ですべる。
また5本ぐらいあっという間に。


これやたまらん。体力の限界です。で撮影に逃げるが2時半に終了。



ほかの方はまだ滑っている。

お疲れさまでした。

距離 11KM
高度差 2100M
posted by ソーレ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/2 湯の丸大会旗門員 43日目

クラブに要請があって、小中高トウシンのスラローム大会で旗門員として派遣

寒いと嫌なので、着ぶくれして座布団もってお湯もってカイロもっていった。

小学生の低学年はかわいいし滑りもかわいいが、高校生とかになればもう激しいもので、あとで聞いたら強化選手だとか。
タイムも90秒ぐらいから45秒とおよそ半分になる。

スラロームの旗門員は難しいので、いやなのだが。
片反とかうーむわかんねーぞ。遠くの旗門で、外を通るのはポールの向こう側を通るのの判別がどうも。
まあスムーズに通って、本人が辞めなければ良しとする。というかそれしかできない。
低学年の子たちが、けっこう片反はら、両反が多くて5枚も書いてしまった。
忙しかった。

運営側もいくらかトラブルあったけど、まあつつがなく終えた。

お昼のカツカレーを頂いて、さて1時半か。リフト券もいただいているので少し滑ろう。

とおもったが、スラロームの掘れたのはあまり埋めてない。明日はgs大会だということで、反対側は規制。
結構大回りでは惚れたところにはまって難しいというか怖い。

まあ荒れてないところで小回りだな。

小回りでは

内足の内反をくっきりとさせるべし
フォールラインに向けて、刺すが回旋とエッジ角を増やして斜めに刺す。
内足の上にしゃがみ込む
回しこんで板を後ろから前に動かす

こぶ想定の内足トップのインサイドエッジを使う。

などやっていたが、3時ごろもう疲れた終了。


距離 5KMほど
高度差1000M程度
posted by ソーレ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月05日

2/26-29 40-42日目 キロロ 不動産系RC友の会 スキー部 ツアー

日程決めてから、そういえば戸建ての完成時期に重なるなあと思ったが、もうしょうがない。

今回は、スキーオールインワンのケースを買った、そんで送った。送料は北海道で、450円のカバーつけて3200円ぐらいだった。


前回ラジコンツアーのときにスキーで盛り上がって、ブランシュで練習して北海道に行こうって話になった。

GSさんが、アテンドしてくれる。SWさんもチューンアップしたり、ごーしさんは板買ってる。相変わらず沼にハマりやすい人々で有る。

で、前日の家は終日雪降り。
妻が、朝送ってくれる事になってたが大雪だと嫌だと言う。その際は自車で現場に車置いておくか。

夜には止んだので、無事送ってもらい駅に6:45に着いた。

10分待たないと売店か開かない、でここでJALアプリいやメール見ると、なにやら情報が。

えー

511便10:25発12:00新千歳空港着は、空港雪の為引き返すか成田空港に向かう事がある。

ひー

これは前回待ちに待った赤ポチである、うーん今日ほ要らないんだけど。


でもまあ、仕方ないのでとりあえず空港に行こう。
参加者にはその旨連絡した。

8:30の東京駅は混んでるねー、電車一本やり過ごす。
モノレールで、大学をチラ見して無事第一ターミナル到着。

もう、仕方ないので乗るしかないよなあ、一応聞いてみるか。

空港着くと、窓から富士山と飛行機。
良いね😊
IMG_3978.JPG



聞くまでも無く20分遅れの出発、と思ったらまた遅れた。
その後乗ってからも30分待ち

IMG_3980.JPG

IMG_3979.JPG

IMG_3981.JPG

IMG_3982.JPG

飛んでも千歳混んでまた待ち。
結局ほぼ1時間遅れ。

恐縮しながら、swさんgsさんと合流したら、swさんのFDAも15分前到着とのこと。

この1時間の遅れで、予約して頂いたニッカウヰスキー工場見学が流れ、昼飯に。空港内で、エビ元の横の所。醤油ラーメンは、チャーシューは美味かった。

まあ、代わりに少しお茶でもしますかと、小樽築港から坂を上りカフェについた。
なんか、おもしろいところだ。

IMG_3983.JPG

スターウォーズがたくさん、ここでgsさんが版画を発見。
歌舞伎の絵を描く人が書いたスターウォーズシリーズの絵を版画にしたものだ。
200枚の刷り中130番ぐらいので、オーナーが裏も見せてくれる。
まあまあ、そんなくらいの値段はするよねというのであるGSさんご購入。うーんいい買い物だなあ。

生頼範義さんの画集もたくさん。平井和正さんや、小松左京さんの表紙や挿絵でおなじみで、買おうとしたら展示ですと言われて、バイク駐車場のサインだけを購入。

せっかく温泉だから、直接朝里川温泉ホテルに向かう。良い湯だな、部屋もゆったりして良かった。
2食付き14500円ぐらいは、ご納得。
朝里川温泉スキー場の道向かいであった。良い斜面に見えたが行かないので不明

IMG_3986.JPG

IMG_3985.JPG


夕食もコースで出てきたので、例によってあまりたべては居ないがお腹いっぱいだ。

IMG_3988.JPG

IMG_3987.JPG


明日に備えて寝た。

2/27

車に雪が15センチぐらい積もった。
でもまあ、ガッツリスキーヤーでは無いのでゆったり朝食。


IMG_3990.JPG

エレベータに貼ってある、中国人向きレッスンの金額にびっくらこいた

8:45に出発して、朝里川駅に向かう。ここで、GSさんの長男SJ君、MWちゃんと合流。

海沿いの駅は、ザザーンで有る。
IMG_3995.JPG


10時頃キロロに到着。

IMG_3996.JPG


前回のキロロは、長嶺が強風により止まっていて、なんかもうって感じだったので、電光掲示板で、動いてるのを見たら嬉しかった。
https://merge.up.seesaa.net/image/IMG_4001-thumbnail2.JPG?1709636570953

最初は、ゴンドラで初心者コース。
これが長いもんで降って来たら1時間経ってた!
次は、初級者班と別れて経験班のGSさん、SJ君の三人で中急斜面コース。

ここで合流して、お昼はピザ。
SWさんご馳走様でした。

後半は、いよいよ長嶺。
と言っても、今まで滑ってパフパフは無いのがわかったので少し荒れた整地。そうそう板は、また中太。

上から見て左のコースをヒャッホウだ。
少し急で大変では有るが、結構長い距離楽しめた。

次は真ん中のコース。
ここが非圧雪なんだろ。コブだ。

今回、コブの裏にてつま先を下げて当てるのと、同時に切り替えるので内足の外はん、外足のないはんさせるのを意識してみた。多分ブーツの脛を押し続けるも。

なかなか調子良く滑れた。
板が着いているから、スピード上がらず余裕持って滑れる。視線は二つ先。

二人にえらく褒められた。

あとは、右側のコースと、また左のコースで4本一気。

そしたら、もう脚売り切れ近い。

もっと休めばよかった。

で、終了。

SWさんたちの方が長く滑っていた。

今日明日のやどほ、ホテルトリフィート小樽運河。

前回のノルドから程近い。

今回の方が高いが、普通のツインだからそんなもんか。同様に快適に過ごせた。食事無しで一泊12500円くらい。

一風呂浴びて!寿司屋に向かう。
相変わらず滑る靴だ、五回くらい転びそうになった。
お寿司と、つまみはとても美味しい。
いやーさすが北海道民のGSさんお勧めだ。

IMG_4004.JPG

IMG_4006.JPG

IMG_4003.JPG

IMG_4002.JPG

IMG_4005.JPG

IMG_4008.JPG

IMG_4009.JPG

IMG_4007.JPG



あ、ここでGSさんおすすめのスキーショップ

パドルクラブ  

お勧めスキーショップ



 すごくおいしく頂きました。しかもいつの間にかSWさんが支払いを済ませている。あらまあごちそうさまです。

ということで、これでお休み。
明日は、MWちゃんは会社、SJくんも会社ということである。


翌日 2/28

朝食を小樽駅横の△市場にしようとなっている。
そのまえに、徒歩でみんなで小樽運河を観光。
やはり、冬の朝は人がいなくてよろしい。

IMG_4013.JPG

寒いのですぐに退散

三角市場を少し見てから、すぐに入口近くの店に入る。ここも下見してくれたそうな。ありがとうございますGSさん

二色丼 サーモンいくらで。
IMG_4014.JPG
ああ、うまい。


ここで、MWちゃんをSJ君が札幌まで送ってくれるということでお二人とお別れ。楽しかったですありがとうございまます。


さて、二日目のキロロに向かう。


最初はゴンドラで一緒に滑る。すると昨日より早くなっているSWさん。
進歩が速いなあ。
林道を進んで降りる。でも昨日の1時間がたぶん40分ぐらいだ。

2本目のゴンドラで中間地点でお別れ。
GSさんとまっすぐ進む。

撮影をしてもらった、中斜面で気持ちよく滑る。相変わらずいい雪だ。
まあ今回もぱふぱふは駄目そうであるが気持ちいい。



意外と急斜面もあって高速のまま危なく横に突っ込むところであった。よかった。
あまりはしゃいではいけません。



次はまたまた長峰へ
このこぶの左側をすべることになる

IMG_4016.JPG


昨日の反省を踏まえ、いきなりバンバンいかないで体力をもたせようとごーしさんと打ち合わせ。


また、上から見て左、右、中のこぶの順番だったかな

ということで、またへたれた。

気持ちいいんだよ。板もサイドカーブあまりないと思うので、ショートよりもロングになるので、まあこれがついスピードが出る。
そんで、つい倒したい。するとつい体への負担が・・・

こぶは、ちょっと気持ちが乗らなかったのもありどうもあまりうまくいかない。
これはやはりポジションが遅れているのである。もっとも今日は上から見て右側の長いコブを探して入っていったのである。
最後がんばって滑った。だいたいここのこぶ200個ぐらいあるんじゃないの?大げさかなあ、そうでもないかんじ。

IMG_4020.JPG

IMG_4021.JPG

IMG_4023.JPG

IMG_4022.JPG

IMG_4024.JPG



最後おわって、うしろをみるとGSさんこけてもがいている。
お疲れさまでした。

お茶のんだ。

あと4本ぐらい滑ってやめますか→現実には2本。

うーむ、3時間だなあ。終了して、ベースに戻りケーキ食べる。やっぱりこぶが効く。

しばらくしてSWさん戻ってくる。
SWさんはこれでスキー終了。
結局SWさんのほうが長い時間滑っている。




ということで、宿に戻る。
ひとっプロ浴びてから夕食に向かう。

タクシーにしましょうと言うGSさんを制してSWさん歩きましょう!
ひー、まあ仕方ない。すべる靴で歩いた。
20分ぐらい、途中住宅街でここにはないよなあと居酒や。
最後になって、そんな雰囲気出てきた。

すぐにお店があって入る。


うーむ、うまそうなメニューが並んでいる。

宴会だ。
IMG_4032.JPG

IMG_4033.JPG


うまい

IMG_4031.JPG
うまい

IMG_4028.JPG

うまい
IMG_4029.JPG
うまい
IMG_4030.JPG

IMG_4027.JPG

ごちそうさまでした。

帰りはタクシーにした。


翌朝8:45発でSWさんを小樽駅まで送る。その後朝市食堂を目指して朝食。

焼き物を食べようと思っていたのに、ついまた うにいくら丼みたいなの
朝市もある裏のこじんまりとしたところがいいねえ。
魚はお安くておいしそうであるがなかなか大変なので買わない。

IMG_4037.JPG

IMG_4036.JPG

IMG_4035.JPG


キロロについて滑り出しは10:40ぐらいだ。今日はGSさんと二人になった。

今日は、前回楽しかった与一に行こうと思っていたのだが、時間がなかったのでやめて、ゴンドラにのってほかのルートを滑りたい。

降りて、上から見てゴンドラの右のルートに向かう。
エキスパートのみ滑れるというこーすである。

入ってびっくり、急だ。
これは35度ぐらいな感じ。
雪が柔らかいからいくらかターンして降りていけるけどこれが、もさもさしていたら大変だったろうな。
いい経験でした。
ここにパフパフも超絶楽しいだろうなあ。滑れたら。


そこからは朝里に向かう。
ここもなかなかに気持ちの良い大きな起伏のある中斜面。
あー気持ちよかった。ところが、朝里のリフトが一つ動いていない、そんでこの風景は明らかに余市だ。

そんで、前回パフパフが楽しかった場所である。
ついパフパフ期待してもう一本子のリフト乗って、パフパフ場所へ

でこれだ。

うーむ、さっぱり面白くない。
そりゃそうだ、この雪は4日ぐらい前のだからなあ。
反省して、付きあわせてしまったGSさんにごめんなさい。



さあ、あとは長峰で仕上げだな。

移動後1っ本は撮影で上から左のコースで。お互いに撮りっこ。

気持ちいいねえ相変わらず。
足首回旋とエッジ角を最後のひと押しで斜めいれることで、ひゅんっていたが帰ってくる。とても調子よいではないか。



ここで、お茶

IMG_4039.JPG


2本目は、右のコース。景色に歓声が上がる。いやーありがとうございます。

ここもGSさんの滑りを撮影。よくリズム変化にはいれるので、聞いてみた。
すこしずつポンポンはねて押し返してくるのが出てきてから入っていくと。
なるほど、勉強になります。

3本目は、こぶ

これは撮影してもらった。インスタは広角なので、離れると豆粒になってしまうので、先に少し下がってもらい、立っていてもらう。そこを通り過ぎてやめるというスタイルで。
あとで、編集して分かったが、10コブぐらい先に行ってもらい、10コブ先に行くぐらいで何とかなるかな。
今回は5+10ぐらい。もうすこし継続したほうがよかったなあ。っていうのは今回とても調子よいのである。

板のトップを落とすのにつま先踏む、同時に切り替えしていくので斜めにトップを刺していくと、張り付いてスピードが抑えられて恐怖感ゼロコントロール感がマックス。

あまりはーはーしないで長いコブを3回ぐらい自分の意志で出ただけできれいに追われた。


ちょっと降りてもらうのが短すぎてコブが上部になかった













緩斜面はGSさんの撮影。


あらまあ、ちょうどコケタところで、予期せぬエラーが発生してインスタ停止。ざんねんだが、こけているところを撮影はできた。
その後は通して行けたさすが。

ということで、二人して。
もういいよね。

13時15分ぐらいに終了となった。

板のパッキングをオールインワンケースに入れて千歳空港で発送することにした。しばらく待ってもらいパック完了。
汚れ衣類を一緒に入れたことで、バックが空いたよ。あとはプロテクターも入れた。でも、カバーないのに3200円ぐらいだった。なんで?


食事はなしで、空港まで送ってもらう。
いろんな不動産の話や今後のスタンス、いろいろ話出来て勉強になる。


やはり、売ろう。


空港でお別れ。2時間半ぐらい前だ。今日は天気もいいので飛行機も順調だろう。

おなかすいたので、天やで天丼。この辺からどんどん飯がしょぼくなる。

まあいいや、保安検査済ませよう。
そしたら千歳は中にカードラウンジがない。あれまあ。

仕方ないので、カフェでお茶のあとに今回のインスタ動画の編集をスタンドで行う。

あれ、もう時間だ。

今回は、CAさんと向き合いの足がのびのび席が取れた。
飛行中はお話しできなかったが、降りる段になって会話出来てうれしいおじさん。
IMG_4046.JPG

無事というか新幹線40分ぐらい待って帰宅したころは、なんか大雪。

迎えに来てくれた妻ありがとう。でも帰りの運転はおいらだった。

     距離   高度差
27日  15km  2900m
28日  14km  2600m
29日  10km  2000m

ありがとうございました。楽しく勉強になる出張でした。

あ、出張旅費の規定集もありがとうございます。





posted by ソーレ at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

修旅しゅうりょう、雪入れと検定と家族 2.20-23 36-39日目

2/20 曇り 雪がずいぶんと減っている。黒いところが結構出ている。あらまあ今月で終わり感が漂っている。

午前中は、ほかの用事をすませて午後からのスキー



もうやらないと言っていたはずの修旅が2校目である。

今回は大阪の子。中一。

経験班を当てていただいた、さらにふつうは経験班って10人超なのだが、大阪ということもあり経験者が少なく今回は5名。

れいによって、ほんとに経験しているのかが怪しいので、とりあえず聞いてみた。小学校高学年以降でやったとことあるひと。
はーいと全員。よく幼稚園でやりました。その後はしてないですってのも経験者ではある。

さらに念のためプルークファーレンで止まれるかを確認。まあいいか。じゃあ降りよう。

ということで、けっこう経験班であった。1時間半しかないが、下と第5リフトはクリア。


翌日 

あーなんかたくさん滑った。
15km 高度差 1800m なかなかだ。

プルークの外脚外腰から入っていくののしみ込ませを行いながらのレッスン。
いろいろもやったよ。
楽しそうであってよかった。雨だけど。
さらに、雪が痛んだ

疲れた。

ところで、終日雨。もともと少ないのにさらに減った。

そうだ、でも滑走もやったのであるが、どうも合わせるのが難しい。最後だけ合った。ふー


翌日

1時間半しかない、さらに今日も雨
すごいなあ、大阪の子たち思い出に残るであろう。

バーンが硬く山頂リクエストにお答えできなかった。残念。
無事終了。


午後は、雪入れだそうな。

昨日降りた第五のリフトおり場に雪がなくなった。
端っこから人海戦術でアキヤボートに雪載せて引っ張って作る。1時間やって疲労した。
終了。


翌日

地区の小学生の検定会だ。
これまで5回にわたってレッスンをしてきた。といってもおいらは1回だったけど。

担当は4級に6人だ。

もうばりばりうまい。あきらかに4級はクリア。

講習内検定で基準の55だが、それをみんな加点した。ひとりは完璧になったので59つけてみました。


午後には雪になった。
ああ、結構積もったよ。15センチぐらいこれで一息つける。

ファミリーの小学生と両親。

なかなかに皆さんポジション後傾。ジャンプをターン終わりのタイミングと、ターンした向いたときのタイミングでやっていって徐々に良くなった。

だが、いろいろやるがプルークを崩さない小学生。
なにをしてもかたくなに、パラレルにしようとしないなあ。
安定感を求めるのかな。残念。

まあ、初級コースしか行かないっていってたのをクワッド降りてこれたので良しとしてもらおう。
お父さんちょっと不満げであった。でもなあ、トライしようとしないのは性格なのかなあ。
今後の課題だなあ。



ということで、疲労した。

翌日はほとんどこたつむりであった。

土日は休養。

以上
posted by ソーレ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

34,35日目 2/17-18 やちほ 山梨県連主催クラウン 

ちょっとまえに、お仲間のNIさんに八千穂で、プライズやるよ、山梨で。

って聞いたので、ちょっと調べて申し込んだ。

実は、前回のbてぃでは、雪がとても良いのと、こぶが短いのがわかったので、先に一回受けて慣れておこうってのと、あわよくばと思い受験した。

結果は最悪であったが・・・


 ということで、やちほのシーズン券を使って受験となった。
まずは、事前講習。
講師は白倉さん、お上手である。

 種目別に放牧形式で進む。

ロング フリー
初回 X脚 外足の圧が逃げていく。もっと両足でやってね
2回目、 内倒X脚になるよ。外足をあまり外に出すとこうなる感じ
3回目 腰を出しつつ、股関節は緩めないで、下に落としていく下って内足の上あたり。中ではなく下。


プルークやって、腕をクロールで腰を前に出していきましょう
腰を前に出すため。

面を使う。
最初から角立てずに平らに踏みながら板が外に出てくることで角が立ってくる。これをかかとで面を踏むのが新感覚。
確かにずれがしやすい


ショート
初回 前に出して面を使って足首の回旋を考えたが、前に出してくるのができなかったようだ。
2回目 外腰と外脚を前に出すってのができた。というかそれだけ考えたら、踏めましたねと。

こぶ

だいぶ下部からのスタートだが、先週よりもばんばん掘れていてチョー大変。
2回あうとしてから、最後だけ10ターンぐらいできたが、怖かった。
明日は、埋めると思うと言われてよかったよ。



日曜日 本番


頭がまっしろになる対策で、自分のだいぶ前のひとのスタートでイメトレ。
一緒のタイミングで準備して、スタートよしでから一呼吸して外腰を出していくってのを3人分ぐらいやってみた。
けっこう落ち着いて滑ることができた。今後も機会があればやってみよう。

大回り

外腰と外脚を前に出すのはできたかな。
下では朝回りにするってのも考えていた通りやってみた。
80%ぐらいの出来であろう。

とおもうが、結果からすると外腰がまえに出たかもしれないが動きが少なかったのであろう。


フリー

どうように動きが少なかったと思う。どうも明確にだしたぞとか、外足踏めてるぞとかそういうのは感じられなかった。



ショート

これも、動きがまだすくなかったのか、でもまあまあできたのかな。足首回旋の動きはいくらかできたのかな。板は回ってきた。
そんで、おそらく面を押さえてのターン始動で板がそとにスムーズにずれていく谷周りってのはできたのやも


こぶ

だいぶ、浅くなっていたのであるが、大事をとって最初の2ターンはゆっくりずる丼ではいる。
そのご少しスピードあげていったのだが、アクシデント。ストックの先が埋まって抜けなかった、これでレーンアウト。
すぐに戻った。戻った後は、トップを下げる動きが出てよかったねえ。でもいかんせん。


メンタル面ではよくなってよかった。だいたい」覚えているからねえ。

でも、その状態の滑りでもこの点では合格なんて全く見込めない。

惜しいと思えるのは、まいなす2点ぐらい。マイナス4で来年頑張りましょう。って感じかな。


飯食って待つが、さっぱり放送しない。
こぶに行く。

あらまあ、すっかり惚れまくり。昨日のとの中間を超えた。
それでも何とかいけるのであるが、土が出てるともう駄目。
3本ほど行って、足が痛くなって終了。


さて発表。

テクは40人中2名合格 
クラウンは 15名中1人合格。

そんで、合格者はすべて子供。ふーむ

ロング  78
フリー  78 
ショート 79
こぶ   78
合計  313 マイナス 7

ブービー賞


ということで、この頃の成績を鑑みると、もう劇的にうまくなったと感じて、それが安定して練習で滑れる状況にならないと受けても仕方ないなあという結論

とかいいつつ、去年もそう思った気もするが・・・

まあ今年はないな、というか本日もストックが刺さるぐらい春になっている。
3月の検定会っておそらくどこも中止かな。
posted by ソーレ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月15日

32日目やちほ 2/12 33日目 bてぃ クラウン撃沈 2/13

都合により、3連休ではあるがまあ最終だからそんなに混まないかなとやちほに行ってきた。

それでも、さすがに高速折りて山に登る車がいるよ。ふつうみんな下っていくのに。
駐車場は、満車に近いがまだ空いていた。



今回は、目的として次の週末に山梨県連主催のやちほクラウンに申し込んであり、その下見および
八千穂のこぶを滑ろう。板をID-おねにしてみてね。
ってのと、急斜面をしっかりと外腰と外脚出して入れるかの確認。
それで入って小回りはどうなるかな?


というわけで、さいしょは空色のやつで緩斜面からだんだん確認しながら急にずれていった。

急斜面大回りは、といってもここの急斜面は短いので恐怖感がすくない。
しっかりと、外脚のアツカンが得られていて良い漢字であった。

次の小回り
これが楽だというのがあるが、谷周りで刺すが出来て山周りは板の返りだけで終了っていうほぼ理想に近い滑りが出来た。

こぶにいくきれいなこぶができた。
最初の2ターンが急でちょっとびびってアウト。
その後は意外とよく滑れた。が通せないなあ。
2本滑ったが、2回ずつぐらいアウト。


お茶してから板をID尾根に変更

トップが柔らかいとは言うものの、横にするからあまり関係ない
ツインチップのテールが重なって板の動きが変になりあうと。まあ平行でないってこと。

板は横にはしないで、斜めでずらしていく
みっきゃくを目指す。
こぶの向こう側で板をぺたっとつけて圧をかける
ために股関節を伸ばして、つま先を落として入っていく
さいしょからターンで入っていく

などを確認して合計6本

通せたのは、1本、練習に1っ本という感じで、もう左足が痛くなってきた。
終了だ。


距離10km
高度差 2000m



2/13 bてぃ クラウン

落ちた。

雪がこの頃とてもよく、こぶも楽なので、これは受けたほうがいいかと思い、また週末のやちほのためにお試しもかねてあわよくば。

検定員がしゃとれーぜのID氏。この方は前の会社の同期。何回か研修会でスキー場であったことがあるが、この頃は会えずにいた
あらまあ。tr氏と先日飯食ったとお話し。旧交を温めた。

雪はとても良かった。
朝練習して大回りは外腰と外脚を前に出して入っていけた。
小回りは、それはできるが、中周りになってしまう。多分、ずっと張っているのだろうやはり緩める操作がいるのかも
昨日の小回りは暴走してダメだ。回して入ろうという結論。
こぶはまあ見たら楽そうである。


さて本番

小回りから

それがスタート位置では感g萎えたのだが、始まったらあれ頭が真っ白だ、気が付いたらゴール前で暴走している。
なんだこれ?だめだ77か行って78
中周りになってしまった。



大回り、反省して対策は、スタートまえに外越外脚前にって唱えていた。

一応できた。外脚のあつかんもあった
80出ないかなあ



フリー



また頭がしろい忘れている。
リズム変化もやる場所がなくたぶんこれスピードですぎて捜査にいたらず、外脚は浮くしさんざん
77か78


不整地



あれ、これも頭まっしろ
圧をかけずに入ってしまい数ターンでアウト。あれまあ戻ったがなにげにゴールで停止するのを忘れてしまう。
あとで怒られた。すまないです。
77


結果は、大回りも78だった。あれ?
あの小回りと同じ点ってのが解せないし踏んだつもりだったのに

講評では、kh氏、ID氏、小回りも大回りも状態のポジションが後すぎ。股関節から起きている。

ほー、大回りでは、外越外脚出して行けたのだが、じつはその時に股関節を起こしていた。
これはtm氏がビデオ撮ってくれていてあとで見たら全くその通り

急斜面に対応できていないで股関節が起きている。腰を前に出すときに股関節を伸ばしてしまう入り方
これを股関節キープしたまま腰を足を前に出すで対応できる。地上で練習何度もしたしこれからもやろう。



こぶでは、外脇がさっぱり締めていない、あがりっぱ。


というとで、
小回り 78
大回り 78
フリー 78
こぶ  77
合計  311 9点マイナスは受験者14名中最下位という不本意な結果となりました。
やれやれ、

対策としては頭真っ白は今回で少し慣れたかな。次回なんとか

そんで、股関節を伸ばさずに腰と足を前に出していく。


距離 12km
高度差 2500m
posted by ソーレ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月11日

検定のお仕事 31日目 2/10 bてぃ

検定の仕事だよと言われていた。

朝はやくいった。

下見と、打ち合わせ。

あれ、担当することが変わったぞ。

まあ、こなす。

無事35名ぐらいのが終わった。

なんかとても疲れた。

温泉はいって帰った。

いじょ
posted by ソーレ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月09日

28-30日目 btなど 不動産系スキー 2/5-7日

いつもお世話になっている、sw氏とラジコンした際にスキー話で盛り上がった。

去年楽しかったから今年も行くよ。ついでに言えば、これで練習して北海道も行こうってお話。


その場で、行ける人が3名になった。宿は、じょいはうすに決定。st氏は普段ボードだが今日はスキーでお付き合い。


今回は、午後スタートな感じ。

だが、朝からスキー場に行ったら、ポール滑らせてもらえることになった。ありがとう。
お礼にちょうど持っていたインスタを提供してついでに取ってもらえてさらにラッキー


上部のおいどり


下部での固定


フェアリーおいどり


初日に、2組が11時半ごろ集合した。レンタルなどしていたら午後券の時間ではあるが、宿での割引のほうが安くなるので、そっちに。

いちおう1年ぶりなので、bてぃの下から、まずはうおーかー。で、問題なくリフト。これも下のコース問題なく、昼も超えていたので、ごはん。
おいしいところなので、大丈夫でした。


食後、もう一度下まで下がってから山頂に行く。

ところで、本日大雪警報。バンバン降っている。午前中は曇りだったけどね。

パラレルの完成へ向けていくらかレッスン入れつつ、急斜面対応、ストックで支えてのプロペラ動作、高い姿勢と低い姿勢は階段とこうで、股関節の前傾は斜面に直角に立つため。

なーんてやりながら
もみのきコースで動画とりつつ進む。

だんだんパラレル感が強くなってきた。

ボーダーは昔はすきーしていたということで問題なくすすむ。

みなさん、スピードが上がってきた。

中斜面も滑って、一度お茶。

もう一度出ようとしたら、あれ?リフト終わりっぽい。もう4時だった。

なんか時間のたつのが早いなあ。

本日終了。



じょいはうすに集合して、おいらは夕食と2次会のあと帰宅予定。

おいしい夕食頂いて、用意したワインとソーセージでいくらかご接待。だって、swさんと出会ってなかったら、こんなプラプラスキーできるようにならなかったからねえ。

で、夜になってきて妻から電話。

まあ、雪多いから不安なので帰ってきてほしいと言われていたのであるが、しかたないから泊ってもいいよということで、ワインに手が出た。
無事おいしくいただいて、不動産談義およびいろいろで本日お休み。


2日目

あれ?
sw氏たちが今日は疲労により休養しているという。
ということで、ボーダーst氏の要望に合わせて、ろいひにした。宿割りリフト券もある。

アルペンボーダーが皆なのか?st氏のことなのか、急斜面を毛嫌いする。
ので、急斜面のないろいひ。ただ、この日は深雪である。といっても大した量にはなっていない。たぶん一度踏んでいるのであろう。

実際入ってみたが、20センチあるかないかだな。
ということで、その後は整地をビデオ撮りながらやったが最終的にはデータが飛んで終了だ。やれやれ。

https://youtube.com/shorts/89lGOD7tLF8?si=2kXh3J1ME6cP5O0f

整地もとても気持ちいい、ばね感覚が中回りで出てくるので、きもちいいねえ。
何本滑ったろう、7本レベルだが。

ただ、疲労している。


ということで、お昼になった。

ということで、終了になった。


たぶん 高度差 1000m



7日

今日は家からご出勤。
予定では、白樺国内スキー場であったが、今週はスキーオンリーだとか。もともとそうだったが、去年あたりにボード入れた。
ちなみに、ボード入れることで、売り上げが10%上がったそうな。

そんなことで、車山に決定。

sw氏のベンツが朝調子悪かったらしい、ディーゼルで軽油が凍った可能性もあるが無事到着。

いい景色といい雪である。
体調もいいようだ。休んだから。

ということで、もうレベルが上がっているので、クワッドで正面バーンに。

簡単に滑り降りてくる。

また少しレッスン。
上体の前傾をキープ、ポジション、回旋、大回りの導入、フラット、待っていること


などをすると、またレベルアップした。スピードが速くなり大回りもずらしながらコントロールして来れるですよ。

その後、山頂に向かう。

今日は富士山がよく見えた。よかったよかった。だいぶ静岡のより小さいですが。

山頂のおでん。卵と、はんぺん?

食べられないけど。


山頂からの少し急で、狭いところも余裕でクリア。

クロスコースもゆっくり滑った。

ということで、無事お昼になった。

ランチ終了にて、今回のツアー終了となりました。


次回は、北海道ですなあ。たのしみ。

さらに、その後またbてぃで、なかなかに予定目白押しである。


お別れした後、st氏と急斜面に行こうとしたが拒否されたので、一人でいった。

その後のクロスコース



今回は測定を忘れた。


おそらく 毎日 5km
高度差 1000m

ぐらいでしょう。
posted by ソーレ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月03日

26ー27日目 2/2-3 bてぃ

北海道の夢のような時間はすぐに過ぎた。

ということで、また戻ってと。


2日は、ほぼ地元の小学生。
なんか班数が多かったので、なんでそんなに必要なんだろうと思っていたが、実は3学年が来たのであった。なーるほど。

4年生の経験班。
最初の板を履くところとか、転んでみて起きるとかのレベルがちょっと怪しかったのですべりもまだ窯と思ったのであるが、これが意外といい。

おそらく、親が手伝って自分でできていないことがあるのかもね。

まあそんなことで、無事山頂まで行って、たくさん滑ったね。


終わってから、少し滑った。

ところが、てろってさっぱりだ。
でもこれでも意外と外から見たらいがいと大丈夫ってはなしもある。さて今回はどうなんでしょうね。

板が赤いやつでもうエッジがないなあ。そんで、夕方になってバーンが磨かれて硬いねえ。
そうそう、今シーズン初めてジャイ子を滑った。しかし、かりんこりんでなかなかつらい。


suki-iq 148にはなったけど。

距離 14km
高度差 2000m



翌日 
忙しいから来てと言われたので行った。

のであるが、前日の段階で予備としてということであったので、開いたら滑ろうと思っていた。

朝滑った。
あら、なんか調子悪いなあ。外腰と外足を出して入っていくのがどうもできない。
そうすると、以前のような感じの滑り方でどうも安定感が少ない。

こういうときこそ、積極的にいかないとだめなのであるが、ちょっとできなかった。残念。
まあ、硬いのと空色のやつのエッジがぎゅんぎゅんなのである。


レッスンが、こども二人
最初は緊張していたのか静かだったが、だんだんおしゃべりするようになった。
滑りは、ふたりとも早くなってパラレルの雰囲気出てきた。


午後は、1級目標の男性
ご自分で言ってるようにないとうする。
これは、妙な運動をやめてもらって、外足だけで滑るなどして感じはよくなった。
その他、内足レッスンで、ぎゃくに内足を感じてもらい、足裏の状態を感じてもらう。


ニュートラルをメインに行った。

斜滑降からニュートラル、また斜滑降
1回のターンをニュートラルを作ってそのまま待っているとほらターンできた。

ということで、だいぶ良くなったかな。
満足げであった。


3時過ぎは、KI氏が伝達講習してくれると。
yd一家が車を上げていたので、最後まで参加できた。

やはり、階段登行、階段降り、ハノ字で止めるエッジング、進めるエッジング、プルークボーゲン、パラレル低速、中速実践という感じ

つま先も動かすことで、股関節の回旋に追加だ。
カービングでも力をかけておくことで、板がなかに入ってくる。

あと、最近の外腰を前に出していく滑り方について聞いてみた。
あまり正対もどうかと思うが、見せてと。

見せたら、ああ、この程度だったらド正対ではないのでちょうどいいぐらいかもみたいな。


ym氏は、緩斜面でしぇーれんになるのを防ぐためにハノ字の内足を意識するとな。ほー

スキーIQは150出るが、これは緩斜面や中斜面でのお話、なかなか急斜面では数値が上がらない。140ぐらいがいいところ

ざんねんだなあ。




距離 11km
高度差 1700m
posted by ソーレ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月29日

23日目-25日目  1/28-30 北海道 富良野 カムイ そうでもない得旅

今年もとくたびマイルを使ってお得に北海道に行ってすきーしよう!
とくたびだと、半分の6000マイルでana往復できるのである。

といういことで、ずーっと張っていたのであるが、結局いいのが出ない。
日程は確保したので、やっぱり行きたいねえということで、あまりお得でない普通の往復12000マイルで行くことになった。


前日に東京別宅に移動。
me氏に04:30に迎えに来てもらう。

荷物は、ころころの付いたバックにブーツヘルメットその他着替えなどを突っ込む。
板は、LINEのパンドラ 通称中太。小賀坂の一本用のケース
ブーツはレグザ無で、CARVを仕込んである。

板ケースに、背中プロテクターとウエアの上を入れた。そうしないと入らなかった。
なお、モンベルの軽いバックパックぺらのやつを突っ込んできた。なやんだが、せっかく行くのだしインスタ360も最小構成で持っていく。
ほかに、黒いウエストバックに貴重品という構成。

なお、別宅の前日こうじつように、緑バックのリュックで着替えを入れている。
オペレーションが複雑になるので、なかなか大変である。

なんてやっていたたら、板が9kg バックが16kg となってしまった。カッパと薄いダウンが余計だったか。パソコンも持っていくのでなかなか。me氏は合計21kgであった。
これ、いつものKI氏のスペシャルな、ステイタスのおかげでいいのであるが、通常は20kgまでだから。

あとで、話してオールインワンのケースに板ブーツウエア  ヘルメット?を入れて送ると160サイズで2500円ぐらいかなという話。



そうそう、今回はYS氏も一緒になって、4名さまご一行。


ということで、6;15発のANA千歳行にぎりぎりになりながら無事。今日はがらがらだった。なお、日曜から火曜日の日程だからかな。

DSC05747.JPG

DSC05756.JPG

DSC05759.JPG




7;50到着、レンタカーはクイックレンタカーをki氏が手配してくれている。
今回は、エスティマの20年前のやつ。3日間で2万ちょっとだそう。


DSC05766.JPG


で、今回は旭川ステイにした。

千歳から少し動いて高速に乗って、占冠まで東にむかい、降りてからは北上して富良野へ向かう。

この間2時間少し、って乗ってるだけで、その間に北海道の知り合いにご挨拶メールなどを送る。

さて、富良野についたのは10時40分ぐらいだったが駐車場があいていない。ぐるぐるして新富良野と富良野を往復。

DSC05770.JPG

DSC05771.JPG


準備してロープウエイで山頂についたら12時であった。

さてすべりますか。

IMG_3729.JPG

IMG_3737.JPG

IMG_3735.JPG



端っこから攻める。しかし、相変わらずいい雪だなあ。
ぱふぱふはないのであるが、雪が柔らかいから気持ちいい。

で、ここで

外腰と外足を同時に出して谷周りに入る。
これがいい感じである。早い段階で板を踏めるので安定する。
とてもいい感じだ。外足がきまるから倒すのも楽で安定。なんかこれがしみ込んできたよ。





1時間ほどすべったところでご飯をさがすが、山頂はおやすみ
ロープウエイの駅はなし、ラーメン屋がとても混んでいる。しかたないので、ラーメン屋で待って食べた。お味はよし。


ところで、眠いのである。ゆうべあまりよく眠れないのに4時に起きているのと、飛行機では眠れなかった。
もう大変で、富良野ことはあまり覚えていない。いや、いい景色であった。

CARVであるが、今年はスキーIqが151以上行かない。

でも、本日の朝一か二で、一つ上がって152 それまで、600位ぐらいが、500位ぐらいに上がった。

北野峰ゾーンにも行った。大体おおまかにはコースをクリアしたかも。
3時半ごろだったか、もういいよねって顔がみんなしてきて、終了ちーん。

そういえば、ここはサイドカントリーではなく、いきなりバックカントリーで、装備を持ったか! 救助は有料だぞ!
と激しい口調で書いてある感じだ。まあ新雪もないし、行く必要もない。端っこ少しすべったら、重いわけではないが、パウダーって感じではない。

まあ、そんな具合で眠い眠いスキーは終了した。

距離16km
高度差 2600m


今度は、富良野から旭川へのドライブである。
どうしてもみんながだめだったら、しかたないので運転しようかかと思ったが無事運転手kt氏。me氏は後ろで爆睡。

さて夕飯だが、去年トリトンに行こうとして、行ったら2時間待ちだといわれて、あきらめた。
今年は、4時に電話してみたら、5時には多分1時間待ちではないかと。

まあ、行ってみたが、1;45に伸びていた。
結局あきらめて、トッピーに行った。なにせすぐに座れますよってわけだから。この差は一体なんだろうなあ。

IMG_3744.JPG

IMG_3742.JPG

IMG_3743.JPG



無事、おいしくお寿司をいただいて、約3500円。まあそうなるかな。

では、ホテルへ。

IMG_3745.JPG

IMG_3747.JPG


今回は、旭川OMO7となりました。4人で各7000円ぐらい。
それで、朝食バイキングとスキー場へのバスが無料でついている。
なんだか、えらくお得だ。

ファミリールームの4人部屋である。

ところで、なにせ眠いのでとっとと風呂に入るまえに、そうだったワックスを塗ろう。設備とワックスがついている。ありがとう。
ただ、アイロンがいまいち溶けない。まあいいや、だいたい溶けたので塗れただろう。

風呂入って寝た。



1/29 お誕生日である。今日はカムイスキーリンクスへバスの送迎で行くことにした。


IMG_3751.JPG


バスが実は直行ではなく、近所で4か所ぐらいぐるぐる回って、さらにサンタなんとかってスキー場も寄って行ったので、1時間以上かかったかなあ。ちょっと頂けない。

IMG_3752.JPG


 10時から、3時までの5時間だけど、シニア券でもあるし、みんな安いので一日券で。

まずは、ゴンドラで山頂へ。久しぶりに4人乗りである。ちいさい。


IMG_3763.JPG
IMG_3761.JPG

IMG_3762.JPG


足慣らしに迂回コースすべったのであるが、なんだかとても楽しい。
で、一度上りなおして中急斜面へ。ピステんかかったところで気持ちよく飛ばす。

さて、昨日いい感じであった、外股関節と外足同時に出していくのは、本日も無事使えて、またまた楽しく、さらにエッジ角もだいぶ上がった。
外足のしっかり感が谷周りから山周りにかけて全部ある。
 途中で小回りもしたが、同じ感じではいるとぴょんぴょん感が出てまことに楽しい。さらには、こぶというか荒地でも同様に入ると押さえられてとてもよろしい。


次のコースは、長く滑った。いやー楽しいねえ。ひゃほうだねえ。
乗り方もよいのでとても気持ちいい。
でスキーIQも上がった。155だ。順番は、17000人中 250番ぐらい。

IMG_3767.JPG

IMG_3765.JPG

IMG_3770.JPG


今日は山頂レストランもやっている。
ピザを食べた。

午後も行っていないコースをせめて行くが、徐々に疲労の色が出てくる。
あら、だって3500m近く滑っている。

相変わらず楽しく滑るのではあるが、いかんせんもう駄目だな。

最後にゴンドラ乗って上から滑って、あとは下のリフトで時間調整。
もう、4000m行ったぞ。

とてつもない疲労感と充実感とともに誕生日のスキーは無事終了
3時のバスに乗るため2時半で終了。

距離21km
高度差 4350m うーん今季最高


 ホテルの帰って、着替えてだべってから夕食。

ジンギスカンをどこにしようか。OMOのスタッフおすすめのひつじ家に決定。
6時からの予約でおいしく頂いたよ。

IMG_3771.JPG

IMG_3775.JPG

IMG_3781.JPG

IMG_3782.JPG



セイコマで、デザートとお土産買って帰る。

あとは、風呂入って寝る。

ぐー


1/30 北海道最終日 日目 カムイ

 昨日滑って、お気に入りになったカムイスキーリンクス。とても気持ちよく飛ばせるグルーミングバーンと、新雪が降ったらたのしそうな斜面もある。しかも安い。

シニア券では4時間券で2,900円+デポジット500円だよ。
昨日は一日券買ったからもう少し高かったけど、たぶん3400円ぐらいだったか。
シニアでなくても+500円程度だった。

というのと、帰りの道が富良野よりも1時間早くなる。

なので、昨夜のうちに富良野ではなくカムイにしようと決まっていた。

本日は、バスではなく、車で行くので昨日時間調整してグダグダしていた分もないのでスムーズに8:30頃出発した。
昨日ばすで、市内をぐるぐるピックアップして回っていたり、サンタプレゼントパークってスキー場によったりした分がないので30分でカムイに到着。

昨日もだが、アシリパさんの店ないかなあと、カムイ外伝?あれ?アニメ 不死身の杉本のやつのお話で盛り上がる車内。


準備して、9時20分にリフト券購入。やっぱり安いよねえ。
9時半からゲート通過。最初は黄色いのに乗って足慣らししてから、ゴンドラで山頂へ。

脚がフレッシュなうち(疲れでそうでもないが比較的)にトップtuボトムノンストップをしようと思っていたのであるが、スキーヤーズレフトの一番おいしい斜面がポール張っていて規制されている。
 とりあえず、もう一本足慣らししてだってかな。



 昨日滑ってわかっている、初心者ステップアップコースを使って、右に流れていき、ゴンドラまでのコースを設定。

では、乗り場で会いましょうっていく。

 うーん、横に動く分が多いから、緩斜面が多くなるので、いまいちではあるが、無事にみんなノンストップを完了。

いくらか気が済んだ。

って、ゴンドラだよねってことでその後もくるくる回す。
4本ぐらい乗ってからスキーヤーズライトの方面に。荒地であるところはパスしてピステん1列かかっているところを通ったりして、びゅんびゅん。

あれ?もしかしてもう3000m下降したんじゃない?
ほぼそんなもんだ。2時間ぐらいでえらい滑った。

少しペースダウンして、せっかく持って行ったインスタ360で最初は静止画。

その後動画を撮った。
自撮り棒をストックと一緒に握って、たぶん水平方向に前方に伸ばしている。
こんな持ち方だと、こうなるわけだな。




でもなんかもういいよねえと。なったのは12時ごろ。

うーん、ここから山頂はいけないね、じゃあ降りてレストラン開いていたらそこで終了。
混んでいたら、(団体さんが結構いるのであった。)仕方ないからもう一度上げがって山頂で食べよう。

とme氏とはリフトで話がついた。


で、下でラーメン屋がスカスカだったので、これで飯食って終了しますといったら、Kt氏とys氏はもう少し滑るという。

kt氏は下降があと少しで4000mになるので、それをコンプリートするって言って出ていったのに、何回もくるくる回している。
よほど、楽しかったのであろう。時間もあるので、ラーメン食べたり寝たりして待つ。

結局5000mまで記録を伸ばして、kt氏は飯も食わずに終了して駐車場でパッキンぐに入る。

なんか、一度荷物を出す場所が雪の上と共用の車しかないのでなかなか時間かかったが、そこそこに出来たので出発だ。

こんかいもkt氏が運転してくれる。ありがとう。

2時に出発して、レンタカークイックに到着は4時過ぎ。5時ごろかな空港に到着。
お土産買ってチェックインして荷物預けたら、食事。
IMG_3791.JPG


今回は、食べてないものは???あ、豚丼ということでおいしく頂く。
IMG_3796.JPG

IMG_3795.JPG

何年か前は、ダイハツの軽のCMを延々と聞いたなあ。ああ雪で出の結構などでね

kt氏と、ys氏が ANAの何とか会員のおかげで、我々は同行者各一名というわけでanaラウンジに入れた。

居酒屋になるようである。せっかくなので、札幌クラシック ビール をコップ半分以下ほど飲んで気が済んだ。やっぱりこれおいしい。

携帯見て過ごして、今度は余裕を見たはずが、けっこうもう誰もいないで乗った。
ああ、スカスカだからね。入るのもすぐに終わるんだ。

今回、行も帰りもスカスカで楽だった。

無事羽田付いて、二人とお別れ、また滑りましょう。

me氏に東京別宅まで送ってもらう。二人とも田舎者なので道がつらい。ナビ様が優秀だったが、最後にいまいちだった。

無事到着。ありがとう。またすべりましょう、

この日は別宅にて寝て、起きてからいま新幹線で3日目の分書いたよ。


新雪はなかったのが残念であるが、ちょうど4日ぐらい前と本日はまた大雪のようです。
まあ、とっても楽しかった。

そうそう、今回は、滑りという意味でも外股関節と外足を出してターンインすると股関節に乗っているから捉えもよく、内傾角もたくさんとれて、外足の遅れも少なく、荒地でも同じにつまりこぶでも同じにできることが長時間確認できた。昨日の最後はそれができないときが多くなった。まあ疲労だとおもう。

そうそう、大回りで外傾のときに、股関節から折るが、前におるのではなく横に折ると、弓なりのシルエットが出て、しかもそこから切り替えていくと、くの字が逆くのじになって入っていくのであるが、それもいいような感じだ。

インスタのセルフ撮影もできたし、いろいろよかった。


いつもながら、企画と運営のkt氏、宿とってくれたり運転のMe氏、初参加で、ANAラウンジに連れて行ってくれたYS氏 ありがとう。


滑走距離 18km
高度差 3850m  を 2時間半で。





posted by ソーレ at 07:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月25日

19日目 初の英語レッスン、20-22日目しゅうりょ東京 1/23-26日 刺すいい感じ

ソーレさん、英語できるんだっけ?と校長からTEL
まーいくらかね。

いけの平ホテルからだれか居ないかとのことで、スクールに依頼があった。
で、そっちいってレッスンするということになった。

で、当日行ってみると、お客さんが2いん1に行くというので、そっちでいいかと。
すでにお客さんバス乗ってる。じゃあ、べつに行けるかではなくもう行くしかないじゃんか。


2いん1で、スクールに電話してこうなったよ。なんか連絡するところあればやっといてね。


さて、お客さんは中国人だった。
お母さんと子供といとこみたいな雰囲気である。ほかにも同年代の女性が2名、子供が1名

そう、大人一人、こども二人 って連絡であった。

のであるが、最初に準備運動などしてから初歩動作していたら、ちょっと待てと。
は?
なんでももう一人子供が参加すると。あらまあ。
まあ、その辺はどうぞご自由にってことなんだろうな。

そしたら、5分ほどしたら、新たな子供がママと話すとかいう。

で、やっぱり辞めた。
なんだそれ?


で、最初の3人になって一本リフト乗る。

まあ、英語自体はしょせん相手も母国語ではないのでだいたいなんとか。ただ、スキー用語がちょっとむずいというかわからん。
ある程度は何とかなる感じは得られた。

ところで、今度はお母さんがリタイヤ。怖いということで。

無理もない、今日のバーンはカリンコリン。先日の雨が、冷え込みで氷の世界である。
運が悪かったねえ。

でも、子供たちはわりとすーすー。

まあそんなんで、昼。

午後は、またお母さん復帰。まーこういうのが一番困るけど、ご本人が一本だけやるというので、その間は子供たちが横で滑った。

どんどんスピードアップしつつ、ジャンプ系、シュテム系などいろいろやって最後はにっこりしていたのでよかった。

ということで、終了。


距離 6km 
高度差 1000m
SUKI-IQ 138 これは最後に3本滑ったぶん。

外腰と外足を同時に出して、ターンイン。谷周りで刺す とするやりかたが一番良かった。スキーiqには反映された。
最後が刺す、ひとつ前が低く入ってカービングでってのは、刺すがよかったね。



20−22日目 1/24-26日

 東京のしゅうりょ
ここだけどうしてもやってくれと言われたところである。
小さな学校で、こじんまりと静かに行う。
今年は、どうもあまり山頂まで行けってのがない。安全優先。

初日は、リフト乗らずにうおーカーで終了。
初歩動作、ファーレン。

二日目は、リフト各1回。
午前中に久しぶりに大遅刻かましたが、緩い学校でとくに怒られずに終了。
午後は、びびって2本目にいけず。やれやれ。


終わってから、ファンを2本。

刺すができてくるといい感じに思えるが、ビデオがないのでよくわからん。
でも多分いいよ。

スキーIQ 142 
一本目は、ミスってずりったし、うまく刺せない。で140
日本目でいい感じであったが、それでも142 このごろCARVが計算方法を変えているようで、しょっちゅう入れ替わっている。高得点があまり出ないくなるのかなあ。



3日目 
無事終了した、リフト3回乗れた。あーよかった。想定外は、3日目にしてリフトが3回目の時に限って4回止まったこと。
他校の子たちが、止めているのであるがなんで3日目にしてそんなに止めるの?


さて、その後午前1っ本、午後3本滑った。
スキーIQは 午前のファンで151が出たがそれ以上でないなあ。

であるが、ks氏によると、滑りの格が上がったねえ、リッチーになんか特別なのしてもらったのか?
とか言われて、自分の感覚でもいいのが裏付けられた。あとはビデオだな。

やったのは、刺す である。 外股関節と外足を一緒に出して、みぞおち上の外向を作って入っていく。で股関節のここってところに乗せたまま押し付けていく。これに前後の動きを入れてもいいのかもと、やってみて思った


まあいいや。
日曜からの北海道でたまに試そう。


距離 10km
高度差 1200m


posted by ソーレ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月21日

18日目 やちほ そろ パフパフのはずが、なんとまさかの雨 1/21

で、本日は21日。
指の腫れも何とかなってきて、グローブもはめられるのでスキー復帰。

前日には積雪アラートも出て、やちほは25センチぐらいの予定。
日曜日なのでレッスンもあるのであろうが、なにせまだリハビリ。だめだったってのにやってと言われたら困るので、自由の利くところにした。

さて、朝起きたら雨だ。
うーむ、その時点でサイトを見ればよかったが、そのまま出発。途中で見たら、あまり降らなかったので整地にしたと。
まあ、仕方ない。整地で練習するか。

ところが、ずーっと雨のまま登れども登れども。結局雨。

仕方ない、カッパ着て滑ろう。

でも、さすがにテンションだだ下がり。
指はまあ、包帯をやめてマスキングテープで止めたが、だいじょうぶそうだ。

夕べみた、鼻血どばどばさんの小回りの外脚と外腰の出し方をやってみた。

前回は、内腰を引いて入ってみたが、今回は外脚と外腰を出して刺して入ってみる。
小さいプルークからパラレルへ展開しながらだんだんと内傾角を出していく。

なんか、外腰のここってところに乗りやすい。みぞおちからのがいこうけいも自動でなる


ただ、テールが流れる。なんで?テール荷重にしているのであるが。

などをやりながら一回りしてくる。徐々に感じがつかめてくる。
ただ、急斜面はどうもまだまだかな。

こぶも急斜面にできてる。少しだけ入る。出る前提で3ターンほど。まあまあいい漢字になるが、脚が動かないなあ
こぶの裏に向けて、板を張り付けるために腰を前に出してふとももを立てる。ストレートではなくターンの軌道で裏に入っていく。
みたいな感じだ。

下に緩斜面こぶもあるが、これも5ターンぐらいで出た。

3回ほど入って、最後は少し長く滑れてきたが、雨はつらい。グローブも染みてきて、これは傷口に触るしということで、
一休みを入れても2時間半ほどで終了。


終了前に緩斜面で、もう一度フォールラインに向く前に刺すをとらい、最後の一つ前で、最初はゆっくりから入って6ターンぐらい確認してから入ったのがよかった。
今までよりも内傾角が出てい、板のトップがぐいぐい戻ってきた。

この感じを洗練させていけばいいと思う。

最後は、つい余分なことを考えてしまい、いまいちに終わる。

予定ではパフパフだったのに!
距離 6.5km
高度差 1300m


posted by ソーレ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよなら もぅも

家の猫 もぅも が永眠した。

およそ2歳ぐらいで、半野良のところを主にえさをあげていた家の方が亡くなって、猫たちがばらばらになったのであるが、こいつだけ残っていた。妻はそのしばらく前から、かわいがってついには触るまで行っていた。
で、そいつを当時住んでいたアパートに入れた。それから14年ほど経った。

なお、白黒の柄で牛のホルスタインっぽいので名前が決まった。

正月明けにびっこひいていたので、なんだろうと思って病院。
なんと、心臓の壁が薄くなっていたりで血栓ができてそれが左足の付け根に詰まった。脚が冷たい。
その日は入院。
翌日になんとか退院したが、様子見てくださいね。必ず明日も連れてきてね。みたいな条件。

正月ぐらいから食欲が落ちている。そうだったのか、でお医者が5日ぐらいだったかな。
宝台樹にて3連休のパフパフ狙いの予定であったが、ちょっとそんな気になれずにお断りを入れた。
残念ではあるが、仕方ない。

なんとか持ち直して、左足びっこで過ごす。もうこのままなのかなあ。でも食欲がなく、普通のごはんは食べないし、チュールにしても大して食べない。自分では食べないんで、強制的に口に入れると飲み込んでいく。そんな感じで長くないなあと思った。

15日にはまた血栓が詰まったらしく、今度は両足が利かなくなった。妻と話して、もう強制的に食べさせるのもやめよう、自然に任せようとなった。
そういう時は、なにかやはり苦しいらしく、暴れる感じだ。
で、頭をなでてたら、がぷりとやられた。右手の小指の先。

妻は何回もかまれているが自分は初めてだ。早速に腫れてくる。これは翌日に朝から病院に行って、軟膏と抗生物質にて治療していく。

で、もぅもは、前足だけで動いたり、水のみにいったりトイレに行こうとしてみたり。なかなかにみているほうがつらい。

16日である。
夕方になって、ちょっといよいよかと妻がおいらのこたつに連れてきた。
用心しながらも撫でていたのであるが、どうもいよいよダメだ。

ああ、息しなくなったなあ。

もぅも ありがとう。さいごもおいらの胡坐の中だった。

ああ、悲しい、寂しいよ もぅも

二人して泣いていたが、妻はなんとか食事を作り、食べて寝た。
もぅもは今日も妻のベッドの脇に。

畑に埋めるかと思ったが、火葬するというので探した。地元のところは、合同葬で骨を持ち帰れないので、隣のところを予約。21000円でした。
翌日になった。

話をしては涙が出てという感じで17日はすぎた。えらく寒く感じる。
18日の朝から火葬場に。係の人は丁寧に扱ってくれた。ありがとうございます。
焼いている間に、朝食のおにぎり。
外を見たが、煙は見えなかった。

この日は、その後にお医者で指の手当て。猫は100%いろんな細菌があって必ずお医者にいかないといけない。
膿んだところを引っぺがされて、えらく痛かった。
痛いよもぅも。そんなことしなくても忘れないのに。

帰りには、少し遠回りして焼き場のほうを見ながら、セブンのコーヒーをいい景色のところで飲む。
おーい、見てるか。まあ、猫だからあまり外に連れまわしたりしなかったが、これが犬だったらいろんな場所が思い出してしまい大変だろうなあ。

翌19日もお医者。帰りに別の道のいい景色で同じように。まだ泣けてくるが、だんだんそれも少なくなってくるだろう。でも忘れないなあ。

さようなら もぅも

で、本日は21日。
指の腫れも何とかなってきて、グローブもはめられるのでスキー復帰。
posted by ソーレ at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月14日

1/12 地元小学生 5年 滑れる班 16日目  17日目も


 ということでした。
そういう情報が来ていなかったので、とりあえずプルークで入ってみたが、不安定な感じがだいぶ見えたのでとりあえず下に向かう。
 でも、あれなんか後ろ見たらパラレルで降りてくる。なーんだ、じゃあすっとばそう。
 結構みなさまポジションが後ろだなあ。よくある、切り替えで上に抜ける子と、ずっと後ろにいる子、微妙なうしろという感じだな。

 滑ったりレッスンしたり、主にポジションを修正するために、ジャンプ系のレッスン、また、少しプロペラも停止した状況でやる。
回旋のトレーニング。あとは、板を平らにするエッジを立てないのを斜面で行う。

などやっていると、昼。

午後は、すらに行った。中小回りで安定的に降りてこれた。ポジションがよくなってきたのでうまくいったということにしておこう。

終了後 3本ほどks氏と滑る。

 うまくなったね、乗れるカンジダと褒められる。
ks氏も、エッジの最後のひと傾けをしていたように見えたので、聞いたらしていると。
 一本、スラの下部で、縦滑り後に股関節のここ!に乗れる感じが出た。
やはり、自分でもよかったが、見てもらってよかったと聞けたので、一致感が出てよかったよ。


距離 14km
高度差 2500m


1/14 bてぃ 17日目 


 日曜日なので、お仕事あるかな。

 で、bてぃで初めてFISCHERはいてみた。先日みてまあ石などは大丈夫かと思ったので。

今日はブーツは紺のやつ。赤いやつに設定してあるので、少しずらした。スキーいqを測るには紺のやつしか使えないのである。

 FISCHERは、チューンナップがサイド1度たらして、88度、しかも B レベルでということで、前回もぎゃんがみする時があったが、今日はさらに激しい。

普通、エッジってアイスバーンになるとずれるものだが、この板は板の張りとチューンナップ相まって、アイスバーンでぎゃんかみする。

 昨日雪がいくらか降ったのであるが、それがはけて硬いところが出てくるともう大変。

こりゃ、やっぱりエッジ立てるしか滑れない気になってくる。

 四苦八苦しながら滑っていたが、だんだんと慣れてくる。
股関節のこの場所ってところに乗って乗り続けるといくらかずれながらも?んでくる。

 まあそんなんで、練習終了

 10時から空いたので、再度練習。

 またほぼ同様な感じである。下部の緩斜面はいい反発をもらえるので、切れが良くなる。ここでも、内腰を引いてターンに入るといい感じは出る。
内腰を引くことで、股関節に乗ったままターンできる。やはりこれはしみ込ませよう。

 で、緩斜面ではやり忘れた。まだまだ、しみ込みが足りない。


 11時に一応戻ると、2時間やれという。プライベートでした。

お昼がずれる。

 希望通り、ボーゲンからしゅてむにはできたが、パラレルには持っていけなかった。残念。

2時から、初歩動作の研修。
ほー、今年は初歩動作に時間かけて、確実性を増していこうという方針であった。
もともと、修旅はやらないよっていったのだが、この日だけなんとかどうしてもとかいうことで。

 終わって、2本ほど滑ろうかと思って出たが、下地が出てきているので、今まで以上にぎゃんかみで手に負えない。
 ファンに逃げたら、準指受験組が横滑りしていたのでちょっとアドバイス。その前にエッジ使った滑りをしたら、スキーIQ 151 であった。うーむ、これ以上の点がでないなあ。今年。

最後にプロペラターン20回やったら、終了ちーん。

距離 約 16km
高度差 約 3000m
posted by ソーレ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月10日

15日目 の宝台樹は幻となって八千穂になった。1/10

1月の3連休で宝台樹に行く予定であった。

年末になって雪がないので、2日間にしようとなった。

年明けたら、うちの猫もぅもがびっこひいている。一度ロフトから落ちたせいかとお医者に行ったら、血栓ができて左足で詰まってそのために足が動かない。心臓もいろいろ調子悪い。もう死んでしまうかもしれない。
4日にそんなことで、5日に退院はしたけど、また6日に連れてきてください。

というような状況で、どうも泊りでスキーって感じではない。
残念ながらキャンセルさせてもらった。


ということで、本日八千穂で復習しようと思って行ってきた。

 9時半ごろの滑り出し

今日のテーマは、ターンスタート時の内腰を引く、外足を押さえたまま、APEXに向けて倒しこみを早くする

ってのがメインであるはずであるが、なんかやってるとスピードが出てしまう。
ああ、これじゃあ、フルカービングである。そうそう、比較的緩斜面で行っている。のでできる。

縦滑りで制御しつつそこに乗せる

それもなんかどうもいまいち。

 でもまあ、内腰引いてはいるってのはいい感じである。その時に外足踏みつつ倒していくってのをやってるとスピードアップ。
なかなか。

 気を取り直して、低速で行ってみる。
内腰引いて外足を倒していく+内足を畳み込むってのが出来つつある。

ただ、どうも板がずれていく。ああ、これは中斜面でやった。八千穂は、斜度変化が多くあってなかなか一定のところがないのがいいような悪いような。


で、こぶがあるではないか、
まあ入ってみた。

思い出したのは、こぶの裏に入るときに股関節伸ばしていく、つま先を踏み込んで、回旋させながら、押さえつつがすぐに始めるべし

ぐらいかな。

初回は、さっぱりタイミングが合わない。まあ何とかクリア
整地の練習と行ったり来たりしながら7ほんほど滑って5本は通せた。
まあ、緩斜面であるのではあるが、硬い!のでむずいのだ。

 お昼休憩をはさんで2時半ごろまでいろいろトライ。

 今回はどうもしっくりくるような感じではなかったが、いろいろやってみていろいろできたり出来なかったりでなかなか良い一日であった。

スキーIQは151が出た。前の八千穂のチョー長い板での数値と同じであった。


距離 16,2km
高度差 3050m おお、今期はつの3000オーバー
posted by ソーレ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月03日

1/2 bてぃ 13日目  1/3 bてぃ 14日目 tm氏と 

1/2

 年末年始のお仕事ということで。

朝は、ピストンで車がない状況。
練習をする。

最初は、最近の様子をつかむためゆっくりとkm氏とチックを滑る。
ファンでは、2回目ぐらいには、エッジ立ててみた。正対を意識して練習。


午前中は、レッスンあるといわれた板が、お客さんが来なかった。キャンセルして翌々日に変更だそうな。

 で、開いたスラにて、学生さんと滑った。
なかなかにいい感じに滑る学生skさん

 少しポジションが後ろ目かな。1級の実力発揮というところかな。

 自分は、正対を意識。正対すると腰を折る方向が外傾方向、今までは、比較的前におる感じであったが、横におるようにしていかないとエッジ立てる方向には進まないなあ。

 で、今までも感じているのだが、股関節折ることでエッジが立つと落とされ方が減ってくる。
 スラでも意外と落とされないのである。そっか、

ただ、APEXにて抜くというのができていない。ずーっとそのまま行ってしまう。まったくリズミカルな、圧の変化というかエッジングの変化がつけられていないなあ。

 たまに、ファンにてエッジの漸増をしてというすべりも2回ほど。

ある程度、は正対とエッジにより、板の動きが見えるようになる。


 

 午後は、レッスン。
お若い女性。
 ハノ字しか滑ったとことがなく、パラレルにしたいとのこと、

 2時間でパラレルになったよ。あーよかった。楽しくレッスンで来てよかったよかった。

丸沼で会った、hr氏に施術してもらうことになっていたが、3時過ぎに滑りに行ってしまったので仕方なく待つ。

結局l10分ほどの施術であったが、ある程度効果出た。明日はこれで滑れそうだ。


距離 約 11km
高度差 約 2000mぐらい

電池なくて半分ぐらいしか取らなかった。。




1/3 bてぃ 14日目 tm氏も

 st氏とtm氏がこの日にbてぃに来ると言っていた。残念ながらst氏は来れなかった。

 朝到着したらすでにtm氏に会った。

 昨日のうちに、今日は朝九時からのレッスンだと言われていたので、そのむねお伝えしておそらく11時からは一緒に滑れるよ。


 プライベートの中学生男子
どこでもパラレルで滑れるというので2級レベルかと思ったが、あらら
こりゃ3級おぼつかない。

でもまあ、小回りしたいというのでがんばりましょう。

結果的には、昨日と同じような、回旋、ニュートラルなどで、ほんとにどこでも(スラも)パラレルで滑れるになったよ。最後は、笑っていたからよかったよかった。


で、tm氏とスラ

雪は少し硬くなってきた。
で、昨日のようにやろうとしたのだが、厳しい。雪のちがいだろうかな。
外傾 して エッジ角を強めようとするものの、ずれていってしまい落される。
いい場所に外骨をのせていこうと思うのであるが、なかなかびたっとは来ない。

ちなみに、学生イントラのym氏はほぼフルカービングで切っていく。
うーむ

二人で悩む。が解決しない。


 お昼は、経営が変わった中腹のレストラン。

塩ラーメンはまあ、うまくもなくまずくもなく値段そこそこという感じであった。


 ごごも開いたので、またtm氏と。

だめなので、ファンやらで滑ってみるが、まあさすがにこの斜度であれば、エッジの最後のひと増やしができて、その後板が動いて、また縦滑りから腰が板の上にのったままAPEXにてエッジをかませることができている。

 いいかとおもって、スラに行くとやはり無理。うーむ。

しかし、疲労が重なってむりだな。ということで、まだ滑るであろうtm氏を置いて3時前に終了した。


距離 15km
高度差 2800m

ああ、疲れるわけだ。
posted by ソーレ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月01日

12/30 忍者丸沼 12日目 

 前日が散々であったのであるが、せっかく買ったことだし空色のやつで行く。

いろいろと課題が多いのであるが、やはり今日は正対させて、ターン終わったら斜行入れてから次のターンに。

ぐらいしかできないなあ。


 まあ、あまり内側に欲張らずに外腰で圧を感じながらを重視して滑った
でもまだ、足りないな。

まあまあ、何とかなってきたようだ。
そうそう、とかいう声も聞こえてきたし。


エッジ角漸増も緩斜面ならできる。


 縦滑りで、ターンの入り谷周りの部分をいくらかエッジ立てながら外足を伸ばしながら下に落としていく。
細いシュプールで外足インエッジの内側3センチに荷重軸を落としていき、斜度などにより調整していく。
 APEXに向かってエッジ角を漸増させていき、外腰で押さえて乗っていき、エッジ角を開放する。
 そんで、斜行しながら、次のターンにむけて、エッジを少し掛けておいて、ここかなあそこかなと調整しながら、できるだけはやい速度でエッジ角漸増。





以下同文

APEXでの踏み方は縦に滑らすのを意識、横だけではだめよ。
正対させるのは、完全正対上体まで

小回りでもけっこう正対だと。肩まで回そう。

すぐに次のターンにはいると走りが見せられない。

めえのは、2軸の小回りになる。自分のは、1軸



外スキーの上に、外股関節がはずれては駄目だというのは、今年やっていたのであるがなかなか斜面がきつくなるとできなくなっている。

小回りもして、まあ上記のような指摘である。
まあまあ、いいんじゃないかな、これを斜度がきつくなった所でできないのが今の問題。おいおいできるだろう。
ここだって場所に乗れる感じが少し出てきた。




という感じでいいかな。

 落ちていけば、いい。一緒に落ちていけば次のターンで回復できる。
もっと落として走らせていって、落ちている力でぎゃんってひっかける。
だんだん」ひっかける確率が大きくなるといいんじゃないか

力はいらない、場所がいいところなら脚力ではなく抑えられるポジションに入れるよ。
外側股関節にはいると、ぎゅーんと行けるので大きな滑りに見えるよ。
本人は、力もいらずに引っかかっている。


外骨が外スキーの方向と同じにして、正対させる。

内足が特に右内足で相変わらず、がにっていく。外向して外足踏めないので補助で内足ひっかけている。

などなど。

あとは、まあ小回りをビデオのラインで来ることだな。


そうそう、bてぃのイントラ同僚のhr氏と出会った。あらまあこんなところで。


で、帰りであるが沼田の市街入る少し手前で渋滞。脇道通ったら、事故であった。回避できたよ。


 さらに、高速で嵐山付近で火災による渋滞。寄居から東松山までした道通って3時間以上かかるところ2時間で東京別宅にたどり着いた。

あー疲れた。
posted by ソーレ at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/29 忍者丸沼 6名かな 11日目

12/29 忍者丸沼巡業 11日目

 忍者寺巡業の2日目 スキー的には連続3日目 そろそろ来ています。

本日は、新車のフィッシャーを使用しよう。初使いである。昨日、雪の状態が良かったのでおろしてみた。

 片品、尾瀬岩鞍ともに、どうも雪がつらい、結局丸沼しかないという感じで宿のバスで送ってもらった。

 足慣らしをしたが、フィッシャーは特に違和感がなかったり、やはりエッジが引っかかってきょろきょろする。少し小回りっぽくすると抜け出し感がある感じである。

 その後足慣らしに入るが、特に違和感なく使えるのは昨晩トップとテールのエッジを」落としておいたからかな。

 足慣らしでは、やはり、頼りがいがある感じである。
たr
さて、講習。


なんか調子悪いようだなあ。板のせいかもねえ。

ビデオを見たらあらまあ、なんだこれっていう感じである。
えらく、内側に入っている。ある程度は自分で意識して内側に腰を落としていったのではあるが随分とイメージがちがうぞう。



うーんこれは、評価が低いのもうなずける。

だんだん調整していって、いくらかいい感じが出たところで終了



そんなに固くなくて、いい板だとおもうのだ、ただ、エッジは最後のイエローコースの片栗粉っぽい雪の時には、ぎゃんかみしてきょろきょろの挙動が出る。ここは、白井チューンのBチューンだけのことはある。
一応、トップとテールは丸めておいた約10センチぐらい。だから回旋もいけるのであったけど。センターが激しいねえ。


ミーティング

外腰に乗ってないよ、外れてる
終盤で前に乗りすぎている
外向がまだ多い


なかなかつらい状況であった。






基本は、外の板に外腰(股関節)を追っ付けていく。タイミングはターンのスタートからAPEXまでは。
そのためには、板と腰までは必ず、できれば肩も正対させる。

するとターンインで外足を踏める。その時にはエッジを返しておいて、少しでいいのでひっかけておく。そのご、外足をターンインサイドに伸ばしながら落とし込んでいく。

その時に特に左外側では、余計な動きをするので、踏み始めがおそくなってしまう。
余計とは、外腰を上にもっていきすぎたり、上体を内向内傾させるような入り方をする。それは、不要でじゃまな動きである。

縦滑りで、ずらし幅を調整しながら(エッジは立ててからずらず)細いシュプールや、すこし広いずらし幅のは急斜面、縦目は緩斜面、横向けるのは急斜面、間は調整


この調整ってのが苦手で、急斜面は100、ちゅうしゃめんは50 緩斜面は10 とかでせいぜい3段階。本来その間が無限にというのは大げさでもアナログの傾きでできるといいのだが。デジタルでも3ビットぐらい8段階程度に持っておきたいところだ、


回旋の動作はしない。ターンは板のたわみを使って行う。板を撓ませればターンになる。




正対させてない。
左外側では右内足を引っかけて入っていく癖がまだある



正対が足りないというか外向している。
内足ひっかけていくので、内足が先に中向いてしぇーレンガでて、外足が乗れない踏めない。

うーん課題満載で終了

距離 7.7km
高度差 1400m

posted by ソーレ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月28日

12/28 忍者丸沼巡業 10日目

 昨日に続いて片品村にて、こんどからは忍者寺合宿。
昨日の岩鞍の惨状を訴えたところ、今日からは丸沼に行くことになった。

板は、赤いやつのまま。丸沼がもし石が出ているのであれば、赤いやつでずっと滑るか、ブーツを変えて青いやつを出してくるか。

結果的には、赤いやつでもなんでも大丈夫な雪であった。よかったねえ。
ということで、明日は空色のやつにしようかなと思う今日この頃。

そう、青いやつを持ってきたのは、エッジングを強化しようって感じのカリキュラムを予想したから。案の定出会って、赤いやつではいくらかいまいちな時もあるが、やりずらい分、しっかりとやらないとうまくいかないので、結果的にはよかったかな。


さて、やったこと。

ぶルーコースで

プルークからであるが、まあプルークターンかな。
外板を押し出しながらエッジ立てていく。前に乗ってみると詰まって走らないのを体感
かかとに乗って、走りを体感。

apexの調整をするということで、縦長のでは、外足を前に出しつつ内足を後ろに下げるとかして、正対をさせる。

バイオレットに移動して


これが、外向が出ると、自然に板がずれてしまい走らなくなる。

APEXをどうするのか、かかと押し込んでエッジ立てていく漸増だけど、それを早くつよくやるのか時間かけてゆっくりやるのか。射出角を調整することで、スピードやターン弧も」
ニュートラルというか、なんか板をフラットにしていく時間を取ってから、エッジを急に漸増させるという感じの中回りを目指して次になった。

午前中はそんな感じで最後にビデオ

バイオレット上部

タイミング悪くパス

バイオレット下部


あまりエッジングが深くならないなあ。まだまだ、探り探りの段階
一番は外向がまだまだ出ている。この滑りでは、正対させたほうがとてもいろいろよくなるので残念





お昼は、もつ煮定食1300円
ビデオを見ると、左外側で中に入ってしまう、向いてしまう。
が、まあエッジングの感じは出てきた。


午後も引き続き

バイオレットで、谷周りの入りで、ひっかっけて、3ターンぐらいして加速されてきたら、エッジングをかかとで踏む。そんで、抜け出す。

指摘は

 フラット作っていない、すぐに次のターンはいってしまう。
これが、その後入り方を調整する時間の余裕をもっていくために必要なのよ。

 左外側で、内向き

 まだ少し前を踏んでる。

 正対しないで外交している。ターンの終了時点でね。そうすると板走らなくなり、さらに次の入りで、板がずれる。
ずらしたままでAPEXもずらしていくのであれば、それはありだが今は違う。

 まだまだ外向、そんでAフレーム 足元△も出てきた。内足まで意識行っていない。




 大体できてきて、抜け感が出てきたよ。エッジングを短く急に漸増させて、APEXで抜け出してってのが、下部ではできるようになった。



まあ、そんなところで、4時間終了。

宿にて風呂、板ワックス、まったりというか、今日まではおいら一人部屋状態。

CARVでのスキーIQは149であった。意外と伸びない。

距離 9.5km 
高度差 1660m
posted by ソーレ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月27日

12/27 尾瀬岩鞍 大学の友達と 9日目


 朝の立ち上がりが遅くて、予定より遅れて10時ごろ滑り出し。

ゴンドラで上がったら右に折れてミルキーウエイにて滑る。
そうそう、大学の寮の友達とは、11月に松山で同級会をしたのである。その際に昔の写真を見て、みんなでスキーに行ったのが3−4回あったようである。おいらは1回しか記憶なし。そういえば、家に帰って高校の友達とスキーしていたのかもしれない。

で、そのうちの貴重なスキーする2名が集まったというわけだ。みんなやめてしまっているのである。さらに、彼の息子もいて3名様。

で、今回はいくらかレッスンしようということで、見たら二人とも内倒さんである。
外足はある程度は荷重されている感じではあるが上体に引きずられる面は否めない。

プルークで、うち足上げてターン。
逆に内足でターンしてやりずらさを感じてもらい、外足の安心感を改めて感じてもらい、そのうえで外足に乗っていこうね。

できるだけ早いタイミングで外足の股関節に乗せていく

階段降りる感じで、ぴたっとこの位置でいれば止まってられるけど、前でも後ろでも駄目だよねと体感。

頭と体で分かったところで、練習を何本か。

でお昼だ。


お昼は、友達がここに行くんだというので、ついていく。ロッジなんだっけ?
美人が切り盛りしている。ああ、なるほどここに行くってわけね。
美人であるが、気さくでとても素敵な人であった。よかったよかった。


で、午後は、午前中を踏まえてフリーでいろいろ行ってみる、西山やらも何回か行ってみた。

基本的にはいい斜面であるのだが、ちょっと急だとなんかうまく滑れないなあ。
土がそこら中に出ているので、よけながらってのもあるし、股関節のいい位置に乗って、脚の長さをあまり短くしないってなると、倒していくことになる。だが、これがどうしたものか。その分、股関節を折ってエッジングを強めていくのだが、時計での4時から5時ぐらいの処理が、どうもしっくりこない。

もっと緩斜面になってくると、エッジ角漸増させてAPEXにて、緩めて板を動かすってのが気持ちよくできてくるのだが、雪面がデコボコとかが気になってなかなかうまくいかない。

まあ、今シーズン、この斜度でそこそこのスピードを出して滑るのは、ほぼ初なので、また練習していこうっと。


3時ごろ終了。


再会を約してお別れした。

明日からは、忍者寺の合宿である。今日は前泊で定宿。さっそく温泉であったまる。

距離 7.5km
高度差 1600m
posted by ソーレ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月23日

8日目 bてぃ 12/23 

来てねと言われてたので、行ってみた。

そしたら、また のっこさんに会った。あれまあ、びっくりだ。そういえば、研修会でこの週末はどこに行こうかって言っていた。
bてぃにしたということだね。
なかなか良い選択であった。

さて、雪はだいぶ回復している。すごいねえ。ありがたいことで。

朝自己研修しようと出るところで、ベース講習があるというのでお願いした。
講師、ks氏

普段の骨格を確認してくれと、かかとの外側と小しきゅう側で立っていると思う。
それを踏まえて、親指側にどうやって持っていっくのかを考えましょうみたいな。
相変わらず、よくそんなことこと考えるが、どうもしっくりは来ない。

今やってみた、立って感じると

おお、確かに母指球側には紙一枚スライドインしそうな感じである。


で、午前開いた。

また、研修してもらった、sw氏
神奈川の偉い人である。

プルークファーレン、プルークボーゲン、制動、滑走、滑走プルークからパラレルへの展開

ってのがやったことである。

ポジションは、階段渡航で下がったときにピタッと止まる場所、ジャンプしても止まる場所
上下運動は量としてはとても少なく使う。骨盤を寝せるようにターンの終わりになるのは違う、


指摘事項は、ファーレンで制動はそとに押し出すので、腰が下がってくるが、あくまでも押し出した結果下がる。

ファーレンで、滑らして静止。これは、股関節を後ろに引く下げるわけではない。エッジは立てて上体は前にもっていく。
重心は、真ん中。これが止めるコツ。

ボーゲンは左右差があるので、おいらは左外側で内側向くのが早い。
手で、目の内側を隠して外しか見えないようにすると、外向につながる。
やってみると確かにそうなるし、違和感がある。これで、外向に。胸の向きを外足に向かわせる程度のわずかな外向になる。

展開は、基礎ぱらへではなく、パラレルへの展開と。2ターンずつで変えていく、ターンの入りで変えた演技にはいること。

などで終了。






その復習を午前中


午後もあいた。

午後は、自己研 ここで、だいぶ滑った。
今までに言われていることをいろいろトライして

曰く

載せるポジションにピタっと入って、そのまま回してくる。切り替えで上に伸びる(少しね)で逆足の股関節にピタと乗って回してくる。
パラレルも同じ

回旋と角付けを、股関節折ることで角付け増やしながら行う。
最初に回線を入れないで、さらに上体が中にはいると、角立ってスーッといたが前に進んでしまいまわってこない。
この辺はよくよく練習しているのだが、たぶん20ターンに1回ぐらいは出るなあ。

回旋を忘れなければ、または上体が中に入らなければ何んとかなるか。まあ今日の板はispeedでいくらかRはデカいからこれも効く。


パレれるでも、股関節をターン終わりに向けて、寝せて沈み込むのはどうも違う。股関節に乗せて長さを変えずに角度を深めていく、上体の補助のためにも股関節を折る。

すると、板が走り出す。プルークでも。

カービングも、エッジングの最後の一押しというかひと角度追加して離すことで、板の動きがよろしい。
内傾角を操作することで動きが出るねえ。


いろいろやって疲れ果てた。


でも3時半からベースの研修by校長

指摘事項が、制動のプルークでもいきなり開いちゃだめよ。角立てて、削りながらね。

滑走のプルークでも、ターンの入りの押さえ方はいい、舵取りもいいが、最後に脛が離れる。これは骨盤が寝ているかんじである、これはついていかせる必要がある。

乗る場所はいいよ。

とまあ、そんな感じで疲れた。


距離 15km
高度差 2700m

今季最長だな。疲れるわけだ寒かったし。
posted by ソーレ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月19日

しどーいん研修会 院 すがへい 12/19-20 6−7日目

昨年出たので、出なくてもいいのではあるがまあレッスン受けるのもと思って。
そういえば、板はスクールにおいて来ていたので、今回は赤いやつ、昨日も赤いやつ。すこしエッジは頼りない。

もっとも、その前日kいちでもに教わってというのでなんだが。

詳細のpdfの場所を探すのに苦労した。スタート時間がわからなかったのである。
県連のHPから探しだした。最初のほうの行事予定表の先にあった。

で、8時半目標にいって、40分ぐらいについた。
のであるが、おなじクラブのhs氏から途中で電話が来た。同じ班だからよろしく。そんで講師はkh氏だよと。
おっと、それはそれはありがたい。
1っパンずれていたらkいちでもであったが、まあそんなことで。


さて開会式終了してスタートだ。あ、そのまえにのっこさんがいる。久々にお話しできたよ。長野県に申し込んでいるそうな。

初すべりが半分ぐらいいたので、2本滑ってきて。
と、すでにその前に2本滑ってもう疲れた。股関節の筋肉痛系の疲労がずいぶん昨日痛めつけられたので、もとい、よく使うレッスンをしてもらったので、もうすでに大変。

さて、種目はぷるーくファーレンから
制動のぷるーくは、少し重心が下がりながら後ろに下がる。でも足は突っ張らない、で、股関節のところに荷重を乗せておく感じ。そこに一発で来てね。

片ぷるーくによるなんちゃってターン。
 ほとんどの人がボーゲンで回してきているが、そこはスルーのようだ。自分はやっておいた。
で、やはり股関節のこの位置に一発で乗せてくる。

プルークボーゲン
 これも制動であり、股関節のその位置に一発で載せましょう。

基礎パラ
 急にパラレルになった。それもまあ同じく股関節の位置に一発で載せましょう。

で、急すぎるのでリフト乗ってうえで踏み上げのぷるーく復讐。

やはり、なんとしてもこの位置に乗る。一発で決める、ジャンプしても一発で入るように。
滑らせるプルークは、少し前に行くよね。センターポジションって滑らせるときには前だし、制動では後ろだしとまともなことを言ってくれてよかったよ。

で、その位置は今シーズン意識している位置で大丈夫。

載せて、その先は雪の下まで向かうと。
重いもの持つには、コンクリの地面ではなく、その地下に向けて力を発揮する。
あとは、荷重というか加重のほうか、いつやる?切り替えか、舵取りか。
これもまあそうかとも考えたが、舵取りでは、載せてるだけだから力は発揮していない?まあしているんだけど。伸びない。
切り替えで伸ばしているんだから、ここで加重しているよね。

ほー


これが、後で効いてきた。

あとは、パラレルで2本ほど滑りながら、同じ位置に早く荷重しましょう。遅れますよと。


で、昼めしは1600円の鳥の定食。うーんずんずんと値上げの波が。

その後、kh氏ぼそっと、hsさんもおいらも、パラレルで切り替えたときに現内足を伸ばしてるでしょ。ちがうんだよ、現外足を伸ばしていくんだと。

えー

って二人。


その後クリニックが午後なので、その辺考えながら移動。
片プルークでは、沈み込んだ側の足を伸ばして切り替えにはいるなあ。

パラレルだと舵取りの内足は曲げが大きいけど、外足に荷重がほぼかかっていることを考えると、荷重がかかっている足を伸ばして切り替えって、まあ、そういえばそうだかも。

まあ、やってみよう。

あれ、わかんなくなっちゃった。

でクリニック突入

のっこさんもモルモットの一人をやってくれた。
のであるが、ずいぶんと個性豊かな演技だなあ、演出家がそういっているのであろうが。

とても後ケイしているのだが、元がうまいから、外足の捉えは早いしずっと削ってこれている。
さて何点?みたいなのが多くて判断に迷う。
板をみれば合格、体を見れば不合格。

内藤してても、外足がよければいいよにする。
うまけりゃ1級で75も出す。
パラレル種目にしゅてむが出たらアウト

ぐらいかな。

終わって、復習。
れいの現外足で立ち上がって切り替え。

これも現外足をロールさせながら体を前にも持って行っていくと意外と、つぎの外足にも速くとらえられるようで、安心感が出る。
それまで、雪が荒れているのもあって、切り替えで不安感があったのであるが、ずいぶんとなくなった。
つまりは、外足踏めているか、フラットの時間がなくて安定感が出るのか。

2本ほどやってみて、意外といい感じである。
結局真ん中で2本使うってなるのか?ハイスピードだと板の軌跡を上にあげてくる。回旋もする。とかで違いがでるが、この中速域では、いいような気もする。
ビデオ撮らんとわからんな。



距離 9km
高度差 1050m

2日目

9時半集合で1時間遅くなった。


集合して早速講習と思ったが、板もってこいと。なんと道渡った反対側のだぼす方面に行くという。
そんなとこ雪が下についていたが、その上にはないので、リフト使えない。踏み上げ?いやだなああ

と思っていたが、なんとリフト動いて、コースも繋がっているではないか。ならいいや。中緩斜面だけどね

内容的には、

滑走プルーク
展開
パラレル
シュテム
ステップジャンプ
ぴょんぴょん
シンクロで後ろの人の対応力
後ろ滑って前の人に声かけ

ディスカッション

などなどであったが、基本的にはやはり

股関節の一点に乗れるか、乗ったらそこをキープする。
ジャンプしてもピタッと乗る。

エッジ角を増やしていくときも、まず股関節に乗ってから増やしていく。
いきなり回旋してもいけない。テールが振り出されてしまう。


アイスバーンでも板を外に出してしまうとずりっと行くよ
ピポットでの回旋を使って体の下で操作する。そんで、その後倒していく。

みたいな感じだったかな。

なかなかにためになった。ありがとうkh氏


午後にも同じコースであった。
ちなみに、kいちでもにも聞いてみた。kh氏が現内足で切り替えに向けて立つって言ってるんだけど。
まあ、そういうこともやりますよと。でも常ではない。まあそんなもんだよね。
結局、自転車逆回しだと両足使うしでもそれだと、曲げと伸ばしだ。


距離 7km
高度差 1100m
posted by ソーレ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月18日

2院1 kいちでも レッスン お仲間と 12/18 5日目

なんと、bてぃが営業中断中である、なので2院1になった。

今回生徒は5名 kいちでも+へーちゃんの2人で来てくれている。

ところで、今日は寒い。
なぜbてぃがやらないかといえば、もちろん先日の雨で雪が溶けてしまったからだ。ここはなんとか営業している。
途中、しらかば国内スキー場では全開でスノーマシン稼働中であった。どこも大変だよなあ。

意外と車が早くついてゆっくり支度できた。
だいたいみんな集まっていた。

リフト券買ってスタートだ。

冒頭、基礎固めをしましょうみたいなことで、今日の方向性が決まるっていってもそれしかできないよな。

で、下記は先生が送ってくれた今日やったことリストである。
年々忘れるのでとてもありがたい。
後ろに:のあと追加は言われたこと感じたこと



12.18 内容 AM
・プルークファーレン
 角づけ+荷重意識          :左側はエッジ角度が少ないよ。がにってる
・ワイドパラレルからプルークボーゲン  V
 外脚の内旋と角づけ意識
 トップがしっかり内側に入る様に   :内旋するけど、エッジ角が寝ている

先生




おいら



・直滑降+スネ入れ上下動
 膝とスキーの方向合う様に
 膝がうち入ったりスキーの幅変わらない様に  :見事にふらふらする

先生



おいら



↓スキー脱いで↓
・プルーク体操 (外足の内旋+開脚)
 直立 軸ぶれない様に片足足上げ
 プルークの形を片足で作る          :股関節が痛いよ、さらに筋肉痛要素も出てくる
・肩甲骨エクササイズ
 肩回す 
・両脚の角づけピボット
 腰の向き変えずに大腿と足首回旋       :このへんで、左外側がわのエッジ角が深くなってくる。股関節折ることでよくなった。
・瞬間足上げ荷重
 スネ筋(つま先上げ)腹筋(腿上げ)
 瞬間的に曲げ一瞬浮く
 着地した時センターバランスで立てる様に    :継続してエクササイズして筋力つけよう。
・その意識でポジション下げからのスクワット

・滑走系のプルークボーゲン
 ワイドからのプルークの要領で
 プルークを維持 

先生



おいら




・内足上げプルークボーゲン
 外足バランスで最後まで
 外向傾キープ                :ふらふらする、最後までキープできない

せんせい



おいら



 内骨盤を引き上げるように
 肩の高さ上がらない様に          :骨盤が上がってしまう感じである。押さえられたので少しわかる。


AMのまとめ
 左股関節が浮いてしまうことが最初だいぶ、いろいろやりつつとにかく左の腰が浮き上がってしまう。だからエッジが緩いしがにってる。
この辺は、前回までに気が付いていて、今日の最初のうちは忘れた。結局ここだね。実践になってもとても目につく嫌なところであるので、今年はこれをしばらく忘れないで自動でできるまでやろうっと。


PM
・横滑り系
 斜滑降→横滑り トップ内側入る様に
 ピボット 荷重+角づけ 足首しめて
 テール落ちないように            :これ横滑り系というが、エッジを立てていかないとうまくいかないな

せんせい


おいら




・それ意識でズレ多めパラレル      :これは褒められた。今シーズン散々やっているので

せんせい


おいら




・シュテムターン          :開きだした足を着地した瞬間から押す、捉える。タイムラグを挟まない

せんせいなし おいら



・ジャンピングターン
 エアターン 着地と同時に荷重   :最初できなかった。イメージがカービングだった。ビデオではまあまあ。内旋と角付け一緒空中で

せんせい




おいら





・小回りリズム ピボット小回り   :いまいち、小回りがまだ体動かないので、そっちに必死でエッジとか捉えとかできなかった。
 ターン後半で反力キャッチしてストック
・低速パラレルから高速パラレル   :まあまあ、いいかな。スタンスが狭いと。これは実戦で困ってくるよ。直そう。

せんせい



おいら



pmのまとめ

小回り以外はまあだいたい何とかなってきた。切り替えで低速で上に伸びてからも左股関節を抑えて滑ることができたのでよかった

シーズン初めにいいスキーができた。よかったよかった
ありがとう、kいちでも、へーちゃん、参加のお仲間

ビデオたくさん撮ってもらった。もうアップするの飽きた。多いなあ。
またあとでやるかも


距離たぶん2km
高度差 500m
posted by ソーレ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月13日

4日目 八千穂 ミクシィおじさんず3名 12/13

ミクシィの例年のシーズン初めのオフ会である。

今回はぱぱみいさんと不良中年さんの3名ご一行。
それぞれ、到着時間は8時、9時、10時とバラバラであるが無事合流して滑った。

皆さん、痛いところと課題を抱えてまあまあ、なんとかなったなあ。

疲労はしたし、まあなんだが楽しく滑って楽しく会話。
ありがとうございました。

ビデオも撮りっこしていろんなタイプの滑りが取れてよかった。




低速のワイドスタンスパラレル




高速のパラレル大回りを追い撮りで。
何回もミスしたが、エッジ角度がある程度でてたわみもたわみ戻りもでた



練習している低速でのパラレルでエッジを立ててかつ回旋をブーツ中心で行うやつ 前から




同じくを後ろから



スマホで、十分だという不良中年さんに二人してやっぱビデオじゃないとと全否定。
まあ、ビデオじゃないとねえ。

スマホのは加工して、ズームする必要がある。めんどー

ビデオのは、今回なぜかWi-Fiで送れなかったので画面をスマホで撮った。

距離 5.3km
高度差 1000m

最近疲れているので、今日はこの程度でいいや
posted by ソーレ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月10日

3日目 bてぃ tm氏 12/10

tm氏からお誘いがあった。10日に白樺湖周りで滑らない?

この時期なので、直前に決めましょう。
2in1なら、空いているけど緩斜面のみだが、もうひとつコース開くかなあ?

とおもっていたら、bてぃがプレオープンだという。
じゃあ、そうしよう。

ということで、9時に集合したが、契約の都合上先に滑ってもらっていた。
2本滑ったというtm氏と合流した。

今年はこれだけの斜度は初めてで、びゅんびゅん飛ばす気になれない。
ぷるーくから入って、低速小回りからファンで高速など。
tm氏には何点かアドバイスをしながら結果を見てという感じで、けっこうがっつりレッスン。

ビデオ撮りっこした。
ファンの中回りかな。
後ろからとってもらったやつはこれ



次に前から撮ってもらった。




さて、どうもやはり、意識はしているものの左外側でのほうが中に入っているかな。
左外側で体の向きが内側を早く向いている。
股関節を前におる意識はとてもしているけど、まだ足りないかなあ。
足の△が出ている。
板が遠くに行っているなあ。意識では近くに置いているつもりなのだが。
腕が低くなる。こぶしの位置を10センチぐらい高くなるほうがかっこいいかな。


あとは、滑っていてまずは、上体を中に入れないこと。足裏の早い捉えから、外を回してきつつ、股関節折ることでエッジ角が漸増してきて板が横に走る。縦に落とされない。
外足を前に前に持ってきて、体と正対させる。

とかが、しっかりとできると気持ちよくいたが回ってくると同時に板を走らせる条件が整ってくる。


今回は、ショートターンぐいぐいえぐりこみ系はうまくできなかった。残念。


3時ぐらいにtm氏を置いてゲレンデ撤収。スクールやパトでお話ししてから温泉よってマッサージもしてもらい。
あ、横滑りの切り替えで、逆エッジになり転倒して首や肩が痛くなったんだよ。それでやってもらった。

距離 11.5km
高度差 2300m

さすがに多くなってきた。ので疲れた。
posted by ソーレ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月06日

二日目 八千穂 そろ

一昨日に続いて行ってきた。

疲れた・・・おとといも疲れたのだがもっと滑ったので、もっと疲れた。


本日は、チョー長いやつ187cm と 赤いやつで行った。
もっとも、出動が10時であったけど。

まあまあ、雪が荒れてこないうちにチョー長いやつ、午後ぐらいには赤いやつという作戦だった。

本日もCARV作動させた。先日より少し上がって、スキーIQ 151が出た。これで、日本の今シーズンでは1位をとれた。
すぐに落ちるだろうが、とりあえずOK。気が済んだ、あとはアトミックブーツで滑っていようかな。

で、それは大回りをした時であった。
長い板なので、とても大きくも回れるのだが、割とターン数は稼げた。
気持ちとしては、足裏で早いタイミングでエッジ立て始めて板のたわみを引き出して、股関節も折って仕上げで圧を開放して板を上に飛ばす。

ってのができたからなあ。大回りで板の反発もらえるようにはなかなか難しかった気がするが気のせいか?
去年のことは忘れているのでまたブログ読み直してみよう。

今日は、イヤホンも持って行ったので、モニターモードを活用した。

エッジアングル
フォアアフトレシオ
アーリーエッジング
などを測定しながら音声で教えてくれる。

とてもいいのではあるが、残念ながらタイムラグがあって、1−3ターンぐらい遅れるのである。
これが、エッジ角深かったなと思っても、60度とか言われて、次の次のターンしているときに70度とか言われるのである。
実質わけわからん。


であるが、今年のバージョンアップで右ターンと左ターンを判別してくれる。
これを見ると右ターン(左がいそく)のほうが、左ターン(右がいそく)よりも8度ぐらい深い。
ほー、なるほどねえ。
IMG_3301.PNG

やはり体から入る癖がある左がいそくのほうがエッジ角はきつくなるんだ。ということはこれを平準化することを目指すというわけだ。

もっとよく見れば、もっとよくうまくなれるヒントが見つかるかもね。


ところで、本日やたら転倒。

4回だったなあ。

1−3回目まで右に転倒する。つまり、切り返しで上体が右に行き過ぎたためにおっとっと、どんみたいなのである。
4回目は初めて左に転倒した。
その辺の意識をしていたら、バランス崩す方向が逆になった。

まあ出来るってことである。よかったなあ。

で、やたら転んだにはやはりチョー長いやつってことがある。再度カーブが少ないのでバランス保持が難しいのだな。
まあ、下手なだけだけど。

でやはり、股関節を折って左側に荷重していこうという意識がしっかりある時にはバランスが崩れない。
癖が出て、右に上体が行ってしまうと右に転倒や、バランス崩れとなる。


ワイドスタンス、プルーク、ターン後半股関節を折って、エッジを立てる、トランポリンっぽく、エッジ角が漸増させて、一気に抜く。
ピポットでひねる力を加える。
基本的には、ターンの早い段階からエッジを少し立て始めて漸増しながら板を回してきて、最後のほうは股関節折りつつエッジ角増やして前に持ってくる。
すると、丸井たーんこってやつになる。


ただ、あまり丁寧にやっていると反発が出てこない。腰を直下に落としていくってのもいいのかな。


最後は、ショートターンで、ピポットひねり、エッジ角漸増、と圧を同時に強くしてから抜く。

すると、チョー長いやつでも小回りになってくる。

ただ、脚力の問題だな。これ。
最後に向けてエッジを立てつつ圧をかけていくのが、ああできないってのも多数。


二日目にしていろいろ課題が見えたというか思い出しつつあるので良かったでしょう。

距離 12km

高度差 2100m

結局チョー長いやつで滑りとおした。
足は、薄い靴下でOK
脚は最後痛くなってきた。まだまだ、筋力も足りないし、痛みも出る。治療しつつスキーして筋力アップだな
posted by ソーレ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする