≪クラウン!≫スキーの世界ではまず、1級というのが目標になると思うが、その上にテクニカル、さらにクラウンがあるのだ。王冠である。  テクニカルはH29/2月に合格できた、1級から15年、実質8年ほどかかった。さて、今度は作者ソーレのクラウンへの道を実況中継。  ソーレは新婚であった時期はずいぶん経ってしまったが、家庭をほっぽってのスキーはご法度だろう。  幸せをキープしつつ、クラウンを目指そうという目論見が成功するのであろうか?なんとかなるだろう、きっとよくなる

2020年01月26日

26−27日目 Bてぃ おしごとと練習 1/24-25

1/24 は 午前中に地元の小学校のスキー教室

3年生だが、去年やったということで、しっかりと山頂まで行けた。
前日にまた雨が降ってゲレンデは凍ったり、薄くなったりで厳しいと言われていたが、暖かくなって緩んでくれたので良かったよかった。
少しチャレンジングではあったのだ。
3時間レッスン無事終了。たのしそうでよかった。

午後1時間半ほど、来週の甲信越出る人たちで練習。
そうそう、なんかついまた申し込んでいたのである。

大回りは、1本目は気持ちよく滑ったら高評価。2本目は暗くなってこわくなりヘロヘロ
だが、恐らく先日のリッチーの残像というか成果によってタイミングが早くなり上手く行ったのであろう。

そこまではまあいいが、小回り。
去年の赤いので滑ったが、この板チューナップ上がりので、トップがえらく噛む、だが、ブーツ下は今一。なんだかなあ。これは少し落としてみよう。挙動がおかしくなかなかまともに滑れない。こういう時はカービングで行けばいいのだがそれが出来ないんだなあ急斜面。

下部の中緩斜面では、板が上手く動いてまあそこそこ。これも高評価でた。

しかし、皆様お上手である。

暗くなってきて斜面が見えないのと、なんか妙な雪質のため本日終了。


距離  13km
高度差  2000m


1/25 土曜

今日は、検定の日
いろいろと初体験が多く疲れました。
まあいろいろとアシストあり無事終了。

以上 

じゃなかった、赤いやつはエッジを垂らしたので、どうかチェックしたのだった。
朝の1っ本だけだけど昨日とは明らかに違ってずいぶんマシになった。
これは、甲信越が新潟の赤倉観光リゾートで行われるので、その雪に合わせて、少し幅の広く、柔らかい板を選んでみたということだ。
そんで、エッジを調整したわけである。ってそうでなくても調整しないといけないのだが。

青いやつで中斜面での腰の落とし方が今までと違うなあ、やはり習得できたのか?
深く回ってスピード落ちずだ。今までとは感じ方がちがうなあ。良いことだ。

そこも、人にほめられた。
良かったよかった。

距離  9km
高度差 2400m



距離  
posted by ソーレ at 19:59| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

24-25日目 リッチー白樺レッスン 1/19-20 5日連続 大回り早く腰落とせたらOK

一週間ほど前に、リッチーマニアのMKさんからラインが来た。
人集まれば出来るんだけど来れませんか?

前記事の通り、16-18日と修旅とレッスンがあり、その後4,5日目でしかもリッチーのハードなレッスンか!体力的に大変問題があるなあとおもいながら、つい行くと言ってしまった。

場所が、sかば21と近かったのもその原因である。

 ということで、幾らか疲労感を抱えながら合流した。おーリッチー去年は3月の野沢だったねえ。
覚えているようなそうでもないような。もう一度名前行って覚えてもらう。



1/19 日曜

まず大切なのは O脚 というか、実際には内脚が倒れないことでAラインが出てこないように外脚だけでなく内脚も意識してねというわけだ。
O客にするとパラレルになる。
もともとO脚なおいらはスルー MKさんは、Aラインが目立っていたのだな。野沢で。

大切なのは、という感じでその時の練習を意識させて1っ本滑るという感じでレッスン進む。

板を上げない?ストックを上げたまま突かない引きずらないでバランスを取る

手のポジショントップとビンディングの真ん中に置いておくと自分の目で見える

外手を下げる、山周りでね。これはエッジプレシャーを強める補助運動である。

つま先捻る これは、サッカーボール蹴る動きと同じだな。
かかとひねるのとは違うよ。かかと捻るのではだめね

急斜面で内脚畳めっていう練習ではスタンスが狭かったという指摘

バランスさえよければ、どうなっても怖くないし安定しているよ。
つま先ではバランス取れないよね。かかとが良いんだよ。

キックターンの練習もしますよ。ストックはつかないでね。これは以前やって出来るようになっていたのでクリア

急斜面は抑えられない、疲労なのか、体の使い方なのか、なんだろう?リッチーのラインを急斜面でトレースできないで落下してしまう。
脚を前に持ってくるとか考え始めたが今一

その後の緩斜面ではトレースできるようになってきたのだが。

トレインで滑ったら、リッチーすごくすごく深く回っている。ほぼ斜面上方向にまで回している。
何回も言っているが、深く回すことが大事、そんで斜滑降でスペースを取る。

これって、SAJが行っているしの字ターンとまあ同じかな。

内脚畳む運動のことを座ると称しているが、座る方向は横方向、後ろではないよ。外脚は伸びて内脚は畳む。これはしっかりとやってくれと。
そんで、マックスはフォールライン。みんな、そこ過ぎて山周りで座ろうとしている。もっと早くしてね。

かかとのプレッシャーがいいよ、つま先はだめね。感じてくれ。

内脚上げて滑る。大事なのは上げることではなく外脚で座ること。=エッジが立ってずれないこと。
そんで、きちんと曲げてくる


ところで、今回何回かミスが出ている。そう、左外足で腰が回ってしまい、外腰での押さえが出来ずにエッジが立ったまま板が下ってしまい、という子供たちがよくやる片プルークみたいなやつだ。
急斜面ででてしまい、リカバリーにひっしになってしまう。こういう基本的なところではあるのだが、やはりボロが出るなあ。

また、急斜面では山周りでスピードが出てしまい、なんとか耐えていて横向くまでなんとかしてやっと切り替えるという動きも何回もあった。
中緩斜面ではないのであるが。

いちどいくらか出来たような気がする。
山周りで、内けい角を強めるのだが、去年野沢で経験したように思い切って倒していくことで、エッジプレッシャーをずいぶんと感じることがあった。その時には、板の走りが強く出る。
こういうことは何回かあってわかってきた。かといってやりすぎもだめ、プレッシャーと同じだけ中に入れていくわけだなあ。
尾根の中斜面では、褒められた。ほかの人は苦戦していた。もっといけもっとだと言われていた。


ということで、9名様レッスンは無事終了。

あー疲れた。リッチーはもう一本って言ってリフト乗ったので待ってビデオ撮ってみたが、滑り出しが遠すぎてよくわからなかった。

距離 16km
高度差 3600m

解散後、温泉行ったのだが、なんと近所の温泉は源泉が台風で土砂流れ込んで使えないと。半額で沸かし湯でよければというので、もう動く気力がなく入ったが、やはり物足りないなあ。こんなところにも被害が。



1/20 月曜日

 本日は最初4名、遅れてもう1名 内3名女性となった。

15分前について足慣らし一本、したがまだ誰もいないのでもう一本。あー疲れた。

集合した。

例によって、練習のテーマ決めて進んでいく。

今年のDVDで見た練習だ、シュテムで入って外脚伸ばしながら腰を落としていき、停止と同時に腰を雪面につける。急斜面にて。
これは、停止してから空間があって腰が雪面に当たるのではなく、同時に雪面に着くのがいいよと。

なかなかできずに、どうも間があいて、ドスンと腰が落ちる5−10センチぐらいかな。もっと落としながらエッジ立てると腰も痛くないしいいよとのこと。この辺も思い切りが足りないということであろう。

これは後でパラレルでもやった。パラレルではスイングをしっかりとやらないと難しいよねえ。

スイング&カーブの割合を5:5やら1:9やら、大回りやら小回りやら、スイング系こまわりやらで色々とやったのだが、なんだっけ?

急斜面は、わかったよ。
最後に腰をぐっと入れるのをやらないでいたのである。急斜面にビビッていたわけだ、緩斜面と同じにやればいい。

で、やってみたが、チョースピード出て耐えているだけになってしまった。あれ?おかしいなあ。

次にもう一度。今度は量はいいようだが、タイミングが遅い。という指摘。
山周りで頑張って入れているが、そうでなくてマックスはフォールラインだと。ということはもっと前から素早く腰を入れていかないと(座るとか内脚畳むとかをこういう表現にて)いけないわけだ。


ほぼほぼ最後の頃、大回り。内側の太ももと胸がくっつくくらい、タイミングとして早くやるというのをやったら、一度完璧にできた。ぎゅんという板の走りも出た。
何回もやってダメだったが、一度最後にできた。
早くから捉えてれると早くやめられて、板がすごく走っての好循環が生まれる。これが今回の一番の収穫だな。


最後の一つ前、リッチーの後ろで、スイングの小回りで8割がたついていけた、一度コースアウトしたけど、戻ってついていけた。

その前ぐらいにノンストップでというのに途中少し遅れたが、最後までノンストップで後ろをついていけた!

ほんとの最後は、スイングの小回りで、もう押さえが効かなくなって残念だったなあ。

いやー疲れた。

だって、5000m降りたよ。

そりゃ疲れてあしも効かないよ。そんで、最後のほうで小回りでノンストップとか。

まあでも、いつも止まりすぎなんだよね。連続長く滑ったほうが上手くなるなアコレ。

お疲れさまでした。

いい収穫、腰を入れていくタイミングの習得により、急斜面でもしっかりと落とされずに怖くならずにターンをコントロールできた。

これが、継続できることを祈っておこうと。

距離  23km
こうどさ 5000m  

朝から、今日は空いているし雪もいいからたくさん滑ろうって確かに言ったとおりである。
もう動けん!










posted by ソーレ at 22:48| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

21-23日目 Bてぃ 体を回さなければ左腰で押さえられる。しゅうりょ仕事 と練習とお仕事 1/16-18

今シーズン2校目のしゅうりょだ。
やらないと言ったのだが、様々な事情により2校目。

今回は大阪の学校のため、始まりは遅く、終了は早いということになって2日目だけ長くやる。

ということで、昼についたが、スタートまで時間あったので少し練習。

今回は、まあ今までずーっと言われていたと言えばそうなのだが、左外足での頭や上体の内に向ける動き、内に入る動きとそれに伴って、シルエットとして左外足では一直線、右外足ではガイケイが表れている。

前回の忍者寺ミーてぃんぐでは、それに加えて、外腰で押さえるのが左外足が遅い。それは中に回転させる動きがあるため、腰からの圧が足りなくなるんだと。
ほー、そうだったか。そういえばそうだよね。ということで腑に落ちた。


いつだかも、腑に落ちたことがあったがなんだっけ?

で、今回は、左腰を動かさない(ほんとは動く)で脚だけを動かすようにして小回りしてみた。
うーん、ちがう。今までとやっぱり違う、念のため今までのように内に回す動きをしてみると軽くなるねえ。実感した。
そんで、左外足もこれからのしゅうりょのプルークで直そうと思った次第で会った。

ということで、生徒到着


経験ありとのことで、期待したが案の定期待は裏切られる。

こりゃ、まるっぱと変わらん。
ということで、初日は踏み上げでプルークファーレンストップまで

翌日は、意外といいぞ。緩斜面は、リズム変化のボーゲンが一列で綺麗にできてくる。
このあたりで、幾らか自分の練習が出来た。

午後には、山頂に上がった。富士山見えてよかったね。
いいのはそこまで、落としではバタバタ転ぶ。2か所の落としで延べ10人ぐらい転んだかな。
何度も説明している板を横にしてねってのが出来ないんだなあこれが。

さっぱり進まない。ということで、1回で終了。少し踏み上げでレッスン。
珍しくデモ滑走があった。カービング大回りチームでした。無難にこなす。

3日目は、あの急なところは行きたくないって子が多いので、下で。
ここでも幾らかは自分の練習出来た
ということで、無事終了。


午後は、ふたごちゃんのレッスン。

1級受けたいということであるが、棒立ちが気になるなあ。
いろいろ手を変え品を変え行ってみたが。
小回りが良い気がするが、幾らかポジションが気になる。そうそう二人ともほとんど一緒だ。さすが双子。

ここでも自分の練習を含められた。つまり、左外足のターンインで、上体は回さず前に直線で出し、左腰を止めたまま脚だけを前に出す。その際、腰を落としていく感じ。

ということでそこそこ疲労した3日間終了


    距離   高度差
1/16  2.5km  500m
1/17  6km    800m
1/18  12km  2300m




posted by ソーレ at 22:48| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

20日目 Bてぃ おしごと 1/13

11日は休養、12日は公民館役員のためどんど焼きをして終了


ということで、13日の連休最終日に行ってきた。
のだが、朝から呼ばれて9時からレッスンしてねと。

プライベートの中学生2時間でした。
2級落ちたということで、あるが、滑りはある意味1級レベルというなんだか難しいことになった。
一番の課題をなんんかいも 指摘してビデオ撮って指摘して納得してもらえたから徐々に変わっていくではないかな。
ところで、友達は中学生でクラウンだそうな。来ていたのでちょうど昼にあったから少しお話したら3か所で受けてどこでも受かってもう金の無駄だから受けるなと親に言われたそうな。ああ、そういう無駄なことをしてみたいものである。

11時から開いたので一人で滑っていた。

急斜面は10日の午後に滑ったが、今回どうもなんか調子悪い。
まあ、アイシーな急斜面そう上手く滑れるわけもないのであるが、やってて気が付いた。
やはり固いのでトップのかみが甘くて板が山周りで戻ってこないのである。
気が付いたのが遅くて終わってしまったので検証できなかったのが残念。

つまり、この頃前にあまり圧を掛けないで、いたのだが。結局固いときには前に行って内脚のアウトエッジのTOP側からターンに入っていくという去年頑張ってみた感じでやらないと引っ掛からなくて、結果的にいたがずれてしまい戻ってこないということになるのではないかなあ。

逆に言えば、柔らかい雪で前に行っては、詰まる原因になるということだ。

お客さんによく言う、斜度、雪質、そのた状況の変化に合わせて最適なポジショニングするのが難しいですよねってのがまんま自分に当てはまっているわけである。
まあ、いつものことだけど。


午後は、ハイの方、一つ年下で数年前に1級取ってそろそろテクに向かってみようという感じだったが、すこし希望を打ち砕いてしまったかもしれない。
まだ無理だなって。

ご本人がそういっていたのだが、そうはいっても口で言うのと実感するのは差があるよね。

初見で、エッジに乗ったまま運動せずにバランスだけでターンしてくるのが超目立った。あーおいらもそういう感じでずいぶんと長い期間滑っていたよなあ。

エッジの角度を常に動かしていきましょうとか、内脚レッスンとか、シンクロやらと話でご満足いただけたようでよろしかった。

また、本日伝達講習ということで、研修会の内容を伝達してもらうということで、これクラブ員向けの奴だなあ。
でも、だれでも来てねとなって、講師もKH氏ということで、15人ぐらいになった。

でも、内容は良くわからなかったが、要約すると

板の真ん中にいてね。上半身でも変な動きをすると真ん中からずれてしまうよ。左右均等にしましょうみたいなことであった。
均等といっても、外力含めた系での前後左右に関する真ん中ということでした。

久しぶりに5時過ぎまでスキー場にいたよ。
あー、寒かった。温泉経由で帰宅

そして、疲れたと思ったら

距離  19km
高度差 3900m

そりゃ、つかれるは。
posted by ソーレ at 21:51| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

17-19日目 しゅうりょ と 2時間練習  1/8-10

しゅうりょという名の移動教室。
東京方面からの子たち。今回はこじんまりした感じでガチャガチャせずに良かった。

ところが、初日はまあ良かったのであるがってその初日の前日から午前中にかけて雨が降って、ゲレンデ状況は最高からあれまあに変化。
でも、初日はシャバシャバの雪の中いくらか経験班ということで、順調に一本滑ってから少し練習して終了。

2日目は、ミーティングで ちょっと これは 無理 みたいな。カリンコリンである。
上部は禁止令が出た。行っていないのでわからないけれど、お尻滑りしていた他校の子が林に突っ込んだとか。

なんと下部のゲレンデをこの日6回滑ることに。
パラレルに向けてのレッスンをずいぶんと入れながら滑った。

3日目には、上部も解禁されて、行って来たらいくらか固い程度で済んで、みな無事に楽しく追われました

お疲れ様、よかったね。


 さて、その午後、久しぶりの急斜面
小回りやら、中回りやらやりながらいろいろ確認。

左外足では、股関節が前に回ってしまうなあ。
谷周りからのブレーキをかけるエッジングがいまいちで、何回も抜けてしまい、後傾まじか。
切り替え直後の角付けを意識して、回すエッジングで行けた時も何回かはあった。

大回りはなんだか、ただスピードが出てしまい山周りで耐えているというやれやれな状況
徐々にいくらか抑えられるようになってきた。

あとは、中斜面を長く滑ってみた。2本。
疲れるけど、20ターンぐらいすると修正が出来てくる。長く滑るのはいいねえ。

     8日    9日      10日
距離   2km  12km   15km 
高度差  200m 1200m  2600m
posted by ソーレ at 19:32| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

15,16日目 宝台樹 忍者 1/4,5

雪が豊富にあるという宝台樹スキー場での巡業となった。
去年は、あったのが都合がつかなかった。

ということで、今回参加。
昨日はmarunumaで滑って、そのまま定宿に泊まった。そんで朝移動してスキー場入り。

山に入っていくに従い、雪が増えてきた。すごいねえ。

ということで、無事深雪巡業ができた。
どうも、溜まった雪で本日ゲレンデオープん市てくれたらしい、超ラッキーでした。
その晩も30センチ級の雪が降って、いまいち石が出ていたりしたところも埋まってよろしくなった。


今まで、回旋の動きと角を立ててから入るのをやっていくと、初日は後傾が激しかったが、2日目は両方意識したことで、ある程度ポジション良くなってきた。

初日はなにせ、ビビッて(30度の斜度をまっすぐ落ちていくことについて)落としていくときに後傾にしてトップを上げている。
それでは疲れてしまうので、整地と同じだよと言われたのだ。

切り替えで、体を前に動かしてエッジを外して板が回って落ちていき、APEXに向かってじんわりと雪を圧縮していきAPEXで抜け出すことでトップが浮く。
ある程度落としてく。

ここが、どうも人はもっとゆっくり落ちているようだ。数秒後に降りていくと追い付いてしまう。ここは、ターン数が少ないのもあるし何かが違うのであろう。



まあそんなことで、

動画


初日の分
少し重いが深い雪




2日目
少し落下が少ないままテールで回しこんでいるが、思ったより回っているかな
というか、上体振り込んでるなあ。まあそのくらいはとりあえず仕方ないか。楽しく滑れたよ。
理想的には、やはり上体を固定していると美しいよね。




3人で滑ってきたのはそれなりにいい絵である。




2日目はパウダーが食い終わったところで終了となった。
11時半に終了だ。

おお、なんか外人みたいだ。

そんで、下ってきてみなかみの美味しい肉やレストランでお昼食べて無事帰宅。


初日  12km
 高度差 2700m

二日目  距離 7km
 高度差 2100m



posted by ソーレ at 21:22| Comment(2) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

13日目  14日目  2020年1月2日ー3日 忍者寺 丸沼

忍者寺合宿が始まった。
本日より4日間の日程にしてみた。

前半は片品村にて講習
後半は、宝台樹スキー場にてバフバフ行けるかトライということだ。

さて、

中回り  から  小回り


ターンの入りの部分で前に体を持っていき(回転しない、直線で)フラットの板を作ってここまではいつもの普通の動き
そこから自分で脚を動かして、とっぷを谷に落としながらかかと荷重で自分の脚使う股関節の回旋によるずらしの量ででコントロールを入れていき、APEXまで徐々に圧を強めながらAPEX過ぎたら膝を抜く感じで板を走らせる。APEX前のところでガイケイ出していく(角付け強める)と、すっと抜け出せる。
この角度は斜度に応じて緩斜面はゆるく、急になると深くしていく。
トップの動きが良くなってくる。大きく動く。支点が後ろになるので、かかとだから
少しの動きでトップが良く動く。


午後には、小回り


基本は同じ
緩斜面 狭いプルークでスタート、
少し回すの意識したら回しすぎで板が走らない。
次回回しを少なく抜ける方向まで持っていくとトップが動き出した。抜けも出てくる。

バイオレットに行くと調整しないといけないわけだが、現場では基本褒められた。
落差を取って谷周りで回旋を調整しながら入れて腰骨で圧かけながらAPEXってのは同じこと。


ミーティングビデオ


上体振り込んでいると。
量は昔より少なくなって半分以下だが、まだ見えるからいかんと。
振り込むことで股関節が伸びてしまい、腰骨で抑える事ができなくなる。
左右差が激しい、右外足では外腰に乗せて板を回してくるが、左外足では一直線になった体で回してくる

基本はこれかな。

あとは、切り替えで体が前に行かないので、内脚が蟹股になってしまう。右内足を良くつかってごまかしているとの。

で、角付け荷重の動きをここに取り入れるとどうなるのかな?
明日やってみよう。
ってどうやるの?


いいんじゃないかな。出来る気がする。
どうせエッジが立ってくるのであるから少し先に立てて準備しておこう。
エッジが立ってこないと上手くいかないのである。小回り特に。
かってにエッジが立ってくると板が外を回ってくる。

なので、トライ。


かかとで回してると思ったけど、少し前のピボットのうごきだそうだ。
もう少し3センチとか後ろでかかと操作。




2/3

ysファミリー以外はおいらだけという状況。
午前中だけにしようということであるので、ふとほっとする自分になんだかなあ。

ただし、2時間はマンツーマンである。

さあ、最初の1時間はぜんいんで。
プロペラだっていうからビビっていたが、
1.無事板をぬいでのブーツで片足ずつ動かして
2.両ストックついておいてジャンプして両脚を45度
3.片ストックでジャンプして45度で
4.自主練で板付けて

で、これはmkちゃんの、小回りに向けての対応であった。

で、そこは終わって。

マンツースタート


昨日の今日でなに気を付けるってことで、

まずは遠くを見る。
結局左腰が前に出ないようにという。前に出ないように脚を前に回しだす。ここで抑えるってのが今回のメインテーマとなったわけだな。
そういっとところを考えながら、中回り小回りではテールで仕上げるl
切り替えでは前に行きながら谷に行ってエッジを切り替えることで、ターンの入りに板が回ってそこで待って体を落として、APEXまで外腰骨で押さえて、過ぎたら解放させる。
解放させる前にガイケイ作って、線にしておく。


ってあたりを復習していて、そのあいまにビデオ撮影

c004 は 中斜面の小回り

テール操作でトップが動くのはまあよし。

C005は、緩斜面に入っていくところでの縦目のショート。もっと姿勢を低くしていかないと膝下の動きがつかえないよとのこと。低くしたつもりだったが、高いなあ。


C006 中回りから入ったら、人がいたのもまああるけれど、なんだかろくでもないビデオであった。左外足で腰が回ってきてしまうし、傾くしやれやれ




C007 先ほどの反省をもとに、いくらかマシ
まあ、こんなもんかと思ったのだが、これが最後だと思ったらもう2ショット



C008  小回り後ろから
まあまあ、板の動きはいいけれど、左右差がでてるよねえ。右は外をまわしてくるけど、←はブレーキのえっじんぐっぽい。




C009中回り後ろから
これは、上手くいったねといわれる。じぶんでも板の走りが感じられて、あとは膝下のエッジセットを切り替えでして、押していくのをやってみたのが評価高いというのはこの頃のすべりに一貫性があってよかったねえ。


という感じで、後ろにのってかかとで操作するってところがいくらか違和感だけど、基本的にはみんな一緒ってところだなあ。

浅く回すときは、10センチぐらい谷周りの頭で斜め下に押し出してから角を立ててそのまま前方向に股関節の位置を残したまま脚は前方向に伸ばしていく。
深く回すときは伸ばすときに横方向を入れてい行く。そのあたりの調整をうまくとるといいんじゃないの。とのこと。


癖は絶対出る。地が出てもおかしくないように見せる。
右外足は膝を入れることで、そとに出る量が少なくなる。左外足は股関節を止めて足を伸ばしていくのを意識

これを、意識していってその日の最後にでも、緩斜面で意識して滑ってみる。
1週間に一度ぐらいビデオ撮る。そういうことを繰り返していけば20日もたてば気にならないようになる。
アライメントはずれているが、見た目は同じになる左右差が無く見える



まあ、なんせ左腰を何とかするのと、上体振り込みターンインをやめる。

この辺りが宿題。

ということで、次回のアップは宝台樹版となるね。

2日
距離 12km
下降高度  2100m


3日

距離 8km
下降高度 1500m




posted by ソーレ at 20:17| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

11、12日目 12・28−29 Bてぃお仕事

結局週末しかスキーできていないのである。
なんだかなあ、仕方ない、仕事は少しあきらめていくか?そういう態度でいいのであろうか?
そこは、また考えるところだな。

11日目 

 本日そろそろバーン状況も良くなったかなと思い、新車投入。そう、青いやつ こと、HARTのST-SP である。

朝の練習で履いてみた。実はバーン状況はそれほど良くなかったけど、まあもうしょうがない。

うーん、いい。

よかったよかった。ずいぶんと固くなった急斜面もずりっとせずにばっちりだ。
特に左外足での股関節の緩める感じもある程度得られた。もう少し、行けるといいのだが。これは、板がマキシマム過ぎて、返ってきたときのこと。
そういえば、まだ少し待ったり系の小回りであった。
また大回りも幅の規制されたバーンではそれなりになる。あまり広いところだと間延びするかもしれないけど。

ただ、ショートポールに入らせてもらったら、あらあれ?コースアウト、のろのろ、遅れの3本であった。ごめんなさい。


さて、午前中は はの字から少しパラレルになったかぐらいの方。普通のレッスン、これも急にお申し込みのようだった。
運動をメインにやってみた。

お昼にて、KH氏に聞いてみた。
切り替えで前に行くか?

意識としては行かないけど、実際は行っている。そういうと前に行き過ぎる人がいるのでと。実際は、母指球ぐらいまでだと。
そんで、切り替えの手前は後ろになる後ろってのは、かかとより前ぐらいな。

さらに言えば、ペダルの運動で動きはあるのだが、これも伸ばさないと表現していたが、これもやはり膝を伸ばしきるような伸ばすのはしないということであった。
ペダルだから長さは変わるのは変わるのだがみたいなところで。押しながら伸ばさないよ。

まあ、これは切り替え直後に膝下えっじんぐで捉えてからロールしていくという感じでどうだろう。

あとは、運動について、前に行かなくても行けたが、切り替えで高い腰を作るにはどうしたって、まえにも行くわけで、この辺は調整次第かな。


疑問は、解決された。


午後は、1級もっているのだが、1級受けるという謎の方。まあ、バッチテストレッスンとなる。
聞けば、平成初期に受かったので、いまのをもう一度受けると。

いやー、上手いなあ。
いくらか上体からの動きが気になるのと頭の動きが気になるが以前のおいらほどではない。
あとは、少し前に行き過ぎる。なんだか身につまされる。

内脚でずらしたことで、ずらしが分かったそうで何よりです。
来月早々に1級うけるようです、頑張ってくださいませ。



3時半ごろから、検定用のメアワセを行って、意外とあっていたよ。良かったよかった。


距離  15km
 
高度差  3000mくらい。



12/29 

日曜日であるが、年末前だな。

今日も寒かった、そんですらが雪まき昨日からしている、しかもパトさんが竹を差している。これは今日あたり開ける気かな?
急斜面は今シーズンまだ滑ってないんだよねえ。

朝の練習は、昨日に引きつづき青いやつですべる。

昨日もそうだったが、ショートポールに入らせていただいた。
まあ、昨日よりはましだったが、まだ後半になると苦しくなる。
でも、2本目は持ち直した。

斜行を意識したほうが良いとのことで、ポールの横ではターンを終わらせて抜け出ると。もっと上から行けばいいとアドバイスいただいてずいぶんとましになった。
2本目、例の切り替えですぐに角付けするのをポールのなかでいくらか出来た。

さて、基本的にはいい感じで滑れている。ふぁんではビデオ撮った。後ろからのショットで、見てみるとまあ去年よりは良くなったが、相変わらず左外足では顔が右向いている。顔というか胸の向きも右向いているかな。なかなか治らないなあ。
でも、だいぶ気にならない程度になってきたと思う。

これはすべて、角付け⇒荷重の効果だなあ。今までのゆっくりとした切り替えでは、つい脚を伸ばしながら上体を内側に動かしていたのが、シュ⇒グーンとやることを分けたことで上体の動きが少なくなった。
まあ、元のやり方でも脚を伸ばさない、もしくは上体をうごかさなければいいだけのことではあるがそれが出来ないんだよねえ不思議と。


さて、お仕事

午前中はこの前担当した方。ハイです。
復習がてら、バックル外してとかやったが、基本的には素早い切り替えってところと、意外とカービング出来ないレールターンが出来ないんだなあ。
ずらしてしまう。緩斜面で練習繰り返していくうちにいくらかわかっていただけた。
途中でスラが開いて、プルークではブレーキかけられるが、やはりパラレルでは難しい。

午後の方はエキでした。
2級ないけど、1級目標。シーズン終わりに2級取っ手と控えめな目標だったが、紙には1級と書いてある。どっちなんだろう?

最初見たら、さっぱり動きが無くてこれは2級厳しいなと思ったが、ビデオとって確認して動きのないことを自覚してもらったら、その後人が変わったように動き出した。やりすぎであった。
急斜面初であったのだが、テールジャンプターンしてと言ったらなんと出来た。なんでも高校生の頃スキー部だったそうで落としていくことを知っているのだろうか?いや。最初のを見るととても思えないが。でもまあちょっとやりすぎであるが、調整しましょうということで。
また、案の定レールターンが出来ない。なるほどねえ。そうそう、上に抜いているんで、少し下った頂き、おいらのを横から見てもらったことで、わかったようだ。
しきりと、今日は良かったと言っていただけたのでうれしい限りです。

なお、奥様のウエアがおしゃれなので聞いたらマムートだって。

距離 15km
高度差 3200m

所で、膝が痛い。先週痛いのでマッサージしてもらったら昨日は良かったし、今日も少しで済んだ。
まあ、骨ではないようだ。

あとはrexamのインナーがしょぼい事がますます、へたり激しく暑い靴下にしたがもうだめ。
やれやれだ。ほかのインナー入れてみるか?

これで年内のスキーは終了。
年明けの忍者寺巡業は2日から。

良いお年を




posted by ソーレ at 20:37| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

9,10日目 Bてぃ お仕事 12/21-22

土曜日なので、お呼びがかかっていた。

朝の練習では、GS板使ってみた。小回りもなんとかできたし、中回りぐらいでターンも出来た。
まあよし。


10時から空いたので、前回のkH氏レッスンを受けた我々と、YT氏のレッスンを受けたKM氏が伝達しあいということになった。
最初にこちらからのを。
1時間ほどで交代して、こんどはYT氏の分。
なのだが、なにしたっけ。あ、プルークファーレンからだ。
トップを押さえるポジションを取って、ファーレンすると、鼠径部がプルプルしてくる。ほんとはここから止まろうとすればいいのだけど。
斜度がそこそこあるので厳しい。
プルークボーゲンでも外側に向けて押していく感じでやってみるのもあった。

その中で、自分では全く動いていないつもりだったが、股関節が良く動いていたよとの指摘有り、え?なにも動いていないよと言ったら、それでも良く動いている。
自分の意識と外から見るのは別だという問題だなこれ

その後、自分で言っている運動。これは前後、左右、上下の動きを一体にしたやつだが、こいつで前後運動はいらないよと来た。
なぜなら、ポジションがきちんとしているおいらならば、すでに前を抑えられている。だから切り替えで前に行く必要はない。

これも、aiさんから繰り返し言われている、GS板ならば前に行かないとトップ押さえられないが、ショートターンの板であればトップ少し押さえて置けば、角付けしたことで十分エッジングになると。

そんで、こうなればその後ターン終わりにかけて後ろに戻していく動きもあまりいらないまま前に乗っているというのを避けられる。

だから、左右の動きで腰の位置をあまり変えない意識、でも外から見たら、外脚は伸びて、内脚は畳まれる動きをしているのである。
ここが、矛盾というか問題だなと思う点であるが、それで繋がった。

よーし。

で、前に行かないで切り替えして見たら意外とというかしかるべきというか、普通に滑れる。
左外足でたまに失敗するのは、前に行かないからではなく、前にいっていない、つまりその前が後ろにいるということか。


というところでお昼。

ゲレンデが混んでいた割に、レストランはタイミングよく空いていてすぐにごはん食べれて良かった。

午後には、無いと思っていたがレッスンである。

ああ、去年担当した方だ。しかも年一緒だ。
でも、ゲレンデはチョー混んでいるし石は出てるし薄いところもあるし、新しい板は持ってきてないし、赤いやつはビンディング交換途中だしでMT エッジ今一で出動。

いかんせん、混んでいるのとゲレンデは急斜面が無い。
そんな中で出来ることは限られてくる。

ということで、低速で去年からの流れの中で、運動を内面的にはしないが結果的に出てくるみたいな午前中の内容を踏襲した。
基本的にご理解は頂いて、いろいろとトライされていた。

だが、ここでアイスが飛び出してくる。もうつるリンである。転びそうにもならなかったが、エッジもっと砥がないとだめだなあ。


滑走距離 10km
下降高度 1800m



22日 日曜日

二度寝して、少し遅れた。
今日は、レストラン込みそうなのでコンビニでお弁当買っていった。

GS板履いてみて、GS板では前に行かないとだめなのかどうか、確認しようと思ったが、朝の練習混んでいてあまり記憶がなく1っ本で終了。

午前中には、レッスンあり。
2名様でそれぞれ年下。kz氏がレッスンを見て担当できるようになるためということで着いた。
1名様は少し遅れるということで、リフト乗っているうちに到着したと無線が来た。kz氏に迎えに行ってもらい、こちらはレッスン始めた。

とはいっても、なんか例年のことだが一度こういうのでって始めると結局そればっかやってるような気がするが・・・
今回は昨年担当になった最初の1名様は良くご理解いただいていたが、遅れてきた方は今一説明が腑に落ちていない感じ。
バリエーショントレーニングもちょっとこなしっぷりが悪かったかな。kzさんもいるのでリフトの会話はいろいろとスムーズである。

午後は開いたので、仲間と滑った。7人ぐらいで出ていったが自然発生的に3組に分かれた。
今回は、kzさんがメインで、どうも板が回ってしまっている。最初回っているよと言っていたら、体が回っていると勘違いしたようで、やはり主語とタイミングをしっかりと伝えないと行けないなあ。
基本的には、あまりやいのやいの言わずに自分のこれまでのテーマを滑る中で実践してみようというスタンスにしたので、見はしたがそんなに指摘合戦ではなかったかな。

さて、自分は前に行かない横に行く運動にて小回り中回りをMTのラディウス15mぐらいの板で支障なく出来る。
これはあとは急斜面でどうなるか確認したいところだが、きょうも急斜面は草原のまま・・・


ところで、膝が痛い。吹き溜まりというか溜まっているところなどでドンドンと来た時に膝が痛い。
うーん、滑っていて痛いのはちょっとなかったなあ。
なので、午後の練習はやめて温泉で養生。またマッサージ行くかな。
ジョジョに悪化している気がする。まだそれほど痛いわけでもないのだが、良くない傾向だ。
階段で痛いときがあったが、きょうあたりは少し多いなあ。


ということで、終了。だが、帰り際に雪がちらついてきた。結構降りそうな気がする。
もっとも山降りたらシャバの雨に近いものになっているが。山は頑張ってそして冷えてちょうだい。

今日は、KOデモが来ていて、ご挨拶していただけた。おお、認識されているうれしいなあ。
野沢でピスラボのレッスンに行ったからだけどね。

滑走距離 13km
高度差  2500m

posted by ソーレ at 22:56| Comment(1) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

8日目 Bてぃ kh氏レッスンその2

その2をしてくれるというので、仕事の予定と入れ替えて行って来た。

ところで、ブーツの話。
基本的には気に入っているのだが、なんかインナーのへたりが半端ない。最初1番目のノッチだったのに今日はすでに3番目である。
今日は先日痛くなった、左足の内側かかと部分にシップはって、言ったらまあよかったけど。これはどうしたものか?
何か対策が必要だ。
インナーをフォーミングに入れ替えろという人もいるがやれやれだ。まずはパットでも張ってみるかそれとも厚い靴下で様子を見るか。



さて、今日の生徒は3名。

プルークでバックル緩めて回すタイプか押すタイプかの判定、答えを知っているおいらだけ押すタイプ。

現内脚次の外脚の切り替え時には、その内脚のハムストリングスを伸ばしてアウトエッジ、フラット、インエッジと起こしていき、あまり伸ばさないながら伸ばしていくみたいな・

降りていく足を使う。それまでの外脚を伸ばすと山側に立ち上がる、谷側に行く足は現内脚で、それを伸ばすとトップが谷に向く。

横滑りを斜めの部分で入れる。

ポールとポールの間は真っすぐぐらいなつもりでも山回りで回るよ

ポールって、フォールラインのと同意語ぐらいに使っている。

腰の向きが非常に大事
ターンインでは、内向ぎみ、舵取りで正対、山回りで外向が出来る。板が回ってくるから腰は板に合わせて回すのだが、それでも板の方が回るので外向が結果的にできる。

内側のストックを引きずるバリエーション
両肩のラインが斜面に合わせるより、地球に直角にしておくと
?なんだっけ?
内傾角とか内側に体があるとかそんな感じの事から
肩を下げることで、外脚の荷重が増えてしまう。谷周りの時に体が中に入っていなくなるから?




指摘事項
 
切り替えで上体が伸びることあり。

上体が動いている、
ペダル運動の交互操作、右伸ばしたら左曲げる

3関節使ってやると調子いい、谷周りからのずらしがやりやすくなる。この辺が無理に外向作ると難しい。
無理に外向作ってからターンに入ると素直なロールが出来ずにワンクッション置いてしまう。
背骨の角度は一定。


丹田に力入れてそり腰にならない。この辺はヨガだ。パワーリフティングのひともそり腰しないんだってこの頃は。
ブーツはいて立っているだけで、脛の前傾があることで、骨盤は立っている。それ以上は前傾過多。
呼吸法で吐いてターンイン。
呼吸はお腹だけではなく背中も膨らます。



斜面に対してではなく板に対して考える。
板の上にまっすぐに立つ、ブーツ前傾しているからすでに立っていれば


斜面にまっすぐ立てるようにスキーの面を動かしてから

切り替え時に外向を作ってからロールさせている。その外交を作る必要なし。1,2,3になっている。1,2で行いましょう。


というような、低速での練習であったが、いろいろ入りすぎて頭が疲れた。
まあ、徐々に考えましょう。

そんで、温泉で思ったが、切り替えの順番として

先週やった、両足ひざ下で同時に切り替えをしてから押して伸ばしていくというのだと、どうも両足ともに伸ばす方向になってしまう。

今回の内脚のアウトエッジで切り替え前に踏んで確認して、それからインエッジ、フラット、アウトエッジと軌道を変えずに次のターン方向に抜け出す

ってのを合わせてみると

内脚をひざ下で切り替え、その内脚のハムストリングで伸ばし押しながら外脚のひざ下切り替えして外脚は畳んでいく。

これでいいんじゃないだろうか。次回やってみようっと。



で、雪はずいぶん傷んできた。そこら中で土が出ている。
板は最初はispeedだったが、もらいもののMTにしてみた。

昨日今日と暖かく、昨日は雨が強かったようで、ひどい状況だが、今晩から冷え始めるそうなので補修してくれるといいな。


距離 8km
下降 1400m
posted by ソーレ at 18:53| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

6,7日目 初レッスン Bてぃ 12/14,15

12/14 どようび

初のスクールであった。

雪がまああったが、固い。良くつけたよねえ、付けた以外は草原だからなあ。

ということで、板を2台持って行った。
一台は、仲間から板だけもらって、ビンディング移植したHARTのMT7.2なんだよな。
もう一台は、去年のメイン機 赤いやつ こと HARTのST。
こいつは、いろいろとあって、ビンディングをオクで落としたのに乗せ換えてもらい、もともと付いていたターンテーブルをあおいやつことHARTのST-SPに移植。

そんで、赤いやつはチューンナップ上がりだがなんだかなで結局もう一度やり直してくれた。のを持っていった。

一本目では、MT7.2に乗ってみたがテロんテロんでだめだこれ。

というか、今日は契約やら、ウエアの選択とかいろいろあるので、朝の練習は1本で終了。

ないとおもったのだが、レッスンあってしかも1日だと。

もちろん初レッスンだし、1級持ちでテク狙いと。で一日か。うーん大変。
そんで、赤いやつのチューンナップ上がり初使い。えっじ噛みすぎだ、ずらしずらいこと夥しい。のにレッスンか。
まあ、カービングメインで行こうっととレッスン始まってから思った。

女性でいくらか先輩。

要望的には、エレガントに滑るって言われるのをアグレッシブだねと言われたいとのこと。
1級はずいぶんまえに受かったが、このごろ、テクを狙いたいと。

なにせ、最初なので忘れていること多数。すみませんでした。
どうもちぐはぐなレッスンが午前中続いた。というのもなにやらしてもすぐにできてしまうのだよね。
片足レッスンも一通りやったが、全部できた。
まあ、出来ないのはドルフィンターンぐらいだったな。

しかし、体力あるなあとおもったら、ジムに通っているという、スキーできなくなるのでと。うーん、Aiさんと同じだなあ。

午後になって、小回り要望でやっとこレッスンになってきた。
まあ、捉えが遅いってやつだった。プルークからパラレルにすると、その時点で捉えが遅くなる。まあ仕方ないけどねえ。

そんなこんなで、やっとこ終了した。実は指導員さまでした。やっぱりねえ。

この前教えてもらったし、aiさんからも言われていた角付け最初にってのでやってみたが、どうも面を使うってのを機にしてらっしゃる。
それも一つの方法だから、これも一つの方法ということで、言われたことは出来るようにしてみて、どれがあっているのか自分で検証というか選択してくださいとお伝えして終了。


で、問題が。
7−15のビンディングを7にしてあるが、おいおいこれ10以上あるだろう。ステップinなかなかできない。
これは外れないよということでオクで安く買ったがこりゃダメだ。また別のを手に入れよう。それまで赤いやつは封印。

滑走量 16km
下降量 2800m



12/15 日曜日

朝の練習では皆さんと滑れた。
午前のレッスン無くそのままの流れでビデオ撮影会。

例の角付け⇒荷重⇒(板が勝手に)回旋というのがまあビデオ取れたので良かった。

途中外脚の圧が抜ける回があった、あとでkm氏に内倒してるよと指摘あり。
そうか、あれは内倒なんだ。腰の向きを少し外に向けると解消すると言ったかな?

午後はレッスン
高学年の女の子

早い!そう昨日の女性もおいらと同じスピードで滑ってきた。あらまあ。

レッスンとしては厳しいものはあった。

で疲れて終了

恐らく昨日と同じくらいの滑走量

時計忘れた!
posted by ソーレ at 22:28| Comment(2) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

5回目?の北海道スキーツアー 4,5日目 ルスツリゾート

 4回目かなあ?でもFacebookから、4年前にあんた写真撮ったよえってお知らせが来た。
っていうことはその時がたぶん最初なので今年は5回目だ。
キロロのあとはずっとルスツ。
最初の2回はたぶん、一泊二日。その後金曜の午後に出ての2泊3日コース。
それでも、K企画部長の尽力のたまもので全部で4万円ぐらい。
飛行機、スキー場までのバス、2泊、一度は豪華ビュッフェ、朝食2回、リフト券 まで込みである。

ああ、ありがたや。

去年はえらいことになったのである。新千歳空港が大雪で飛行機降りられずに欠航が決まったのだが、キャンセル待ちを粘って粘ってしかもバスは終わって、レンタカー屋さんに無理行って営業終了1時間後に借りて部屋に入ったら午前3時。疲れたよ。

ということで、今年は前から決めていた。
新千歳空港が、前日怪しいよってJALのサイトに出ていたら、当日出来るだけ早く空港に集まって、振り替え便を予約しなおしておくことに。
さらに、リゾートライナーバスへの乗り換えが出来なくなった時点で、羽田からのフライトしないで、ツアーキャンセルする。
また、スキー場に雪が無いという場合は、相談して前日までにキャンセルか決行か決めると。

結果的に、スキー場の雪はそれなりについて、パウダーひゃっほうはちょっと難しいかもしれないが、それなりに滑れるので、GO
天気予報やら、もみながら、スキー場のサイト、空港の天気など皆でチェックしていたが飛行機が飛ぶということに関しては問題ない。
ということでGOを決めたのが昨日。


去年もだったが、今年も新幹線で東京に行く。
この部分は新幹線の中で書いている。


備忘録であるが。

日程は、本日12/6 金曜日 
13:46発 新幹線
16:00頃 羽田第一ビルJAL到着
16:40 待ち合わせ集合
17:35 JAL にてフライト
    新千歳空港到着
  
  バス リゾートライナーでルスツに出発
  ルスツリゾートホテル到着
 おやすみなさい。


12/7 土曜日
朝食後準備
終日スキー コースはイゾラがだいたい開いた。ホテルからの接続リフトも繋がったので、バスに乗らなくて良くなった。


12/8 日曜日
午前中スキー

   終了ホテルに戻る。
   バスにのって、新千歳空港へ。
   JAL フライト
   羽田空港到着
   AIさんのくるまで東京の別荘に送ってもらう。

12/9 月曜日
東京の用事を済ませて午後車で来ていた妻と車で帰宅。



ということになる。予定。

では、新幹線も熊谷を過ぎたことだし、いったん終了。続きはいつだ?
帰りの新千歳空港のラウンジかな?




ということで、再開
無事帰ってきているということである。帰りの新千歳空港のラウンジでは風呂に入っていた為にあまり時間取れずパソコン開かずじまいだった。

結果的には↑に書いた日程通り、ほとんど何のトラブルもなく順調に事が進んだ。良かったよかった。
6日夜 ルスツリゾートホテル到着
P_20191206_231105_vHDR_Auto.jpg

こういう使い方すると、基礎に使う鉄筋もおしゃれになるのか
P_20191207_072229_vHDR_Auto.jpg


翌7日の朝食
P_20191207_073946_vHDR_Auto.jpg

お昼休憩で限定品
P_20191207_114227_vHDR_Auto.jpg


本日のお宝映像
大回り、幅広く長いゲレンデでこの時期に滑れるなんてさすが北海道だなあ。
板はラインのパンドラ 172p ファットスキーだけど、不安なく大回りできる。板の返りもとても宜しい。



終わって夕食まで爆睡。

夕食のカニから入ってと

P_20191207_190151_vHDR_Auto.jpg

親子丼も

P_20191207_190834_vHDR_Auto.jpg

さらにいろいろ
P_20191207_193627_vHDR_Auto.jpg

ああ、また食べ過ぎた。美味しいからなあ。このビュッフェもツアー料金に含まれてというか、含まれれないと多分食べない。

外に出るとプロジェクションマッピングしている。
P_20191207_202912_vHDR_Auto.jpg


お風呂が新しいのが出来ていた。ありがたい。今までは果てしなく歩く必要があったが、これですぐに行けると思ったが、そこそこ距離は合った。

露天風呂に入る入口が斬新だ。
これ、どこもやってほしいなあ。
室内から、一枚ドア開けて階段下るとすでに2段ぐらいで温泉が足にひたる。階段をあと2段ぐらい下ると腰ぐらいまで、これで暖かい。
そんで、最後のドアを開けて露天風呂に入っていく。
これだと、寒空の中はだかで足が凍えそうにならずに、滑って転びそうにならずに露天に。ああ、最高だ。
寝湯もあって、さらにジェットバスで足に当たる。

うーん、こてさんねえ

ということで、お休みなさい。

あ、トラブルはあったんだ。

P_20191210_110941_vHDR_Auto_HP.jpg

カメラ落としてしまい、運悪く落ちた先が板の上。液晶パネルが変になってしまった。
まあ、これは保険で直してもらおう。

本日の下降距離  3400m
 横移動   20km



さて、翌日はすでに帰る日である。
帰るように、荷物を出して、パッキングしてチェックアウトしてからロッカーに荷物入れてと。
準備完了してからゲレンデイン。

おっとトナカイさんだ。

P_20191208_084638_vHDR_Auto.jpg

昨日はポニーさんがいたけど、愛想が無かった。
このあたりと、連絡ゴンドラまで歩くので、昨日は汗だく。きょうは少しゆっくり歩いて少し汗程度で。
そうそう、夕べから雪が降りだしたのであった。
ホテルで10センチぐらいか。イゾラに行ったら20センチぐらいは積もっていた。

撮影日ということで、いろいろ静止画やら動画やら撮りながらゆっくりとでも、バフバフを楽しんだ。

どうも、この新雪ってのは慣れていないので滑り方がいまいちわからない。まっすぐ落ちていかないと止まるし、ということであまり曲げないでいたら、あらまあスピード出てしまい、体が前に行ってしまって転倒してしまった。
藍さんからは、それじゃだめだ。グイッと回旋させてその板で足場を作って抜け出すのだと。

その後はスピードコントロールしっかりと出来て安定してきた。やっと新雪の滑り方がわかってきたころに終了。

撮影会の成果
横から




後ろから


とおもったが、なんか上部で事件が。
K幹事さまが転んでいる。しかも板が埋まったらしい。あらまあ、しばらく待っていたが、ダメそうなのではいくアップ。
なかなかな斜面であり厳しかった。現場について、捜索してこれは時間かかるから飛行機を考えると片足で降りるかとなったところで、発掘完了。

無事ホテル到着。


本日の下降距離  2100m
   横移動   14km


ハンバーガー食べながら、動画見てイイねしないと死んじゃう病を発病したりしてバスを待つ。

バスも定刻で、きのこ王国でキノコ汁値上がり110円食べて、空港着。

お土産、お寿司ときて


温泉


漫喫

ラウンジで、定刻ぐらいに飛行機飛んで降りて、羽田到着。

AIさんに、東京の別荘に送ってもらい12時ちょっとすぎで完了。


おまけは、翌日に青山でお食事。これは妻のリクエストだから外せない。
国立競技場の出来たのを見学というか外から見た。

P_20191209_113538_vHDR_Auto.jpg

サバティーニの安いほうは、妻が満足していたのでいいけど、おいら的にはなんかそうでもないなあ。
肉固いし。

P_20191209_123426_vHDR_Auto.jpg

P_20191209_130159_vHDR_Auto.jpg

青山イチョウ並木と来て東京良くロケされるよすぽっと巡り完了
P_20191209_134331_vHDR_Auto.jpg


午後に出発して、暗くなるころ無事帰宅でした。


幹事のKさん ありがとうございました。
同行、AIさん、MEさん 撮影、アドバイス、ありがとうございました。
今回はウルトラスムーズでありながら、初日は柔らかい圧雪でハイスピードのロングターンとか長ーい距離滑りとかできて気持ちよく、翌日はバフバフも体験できて飛行機支障ないというほんとに最高にラッキーでした。

他、JALさん、ルスツリゾートさん、バスさんなどなどありがとうございました。

posted by ソーレ at 16:35| Comment(1) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

スキー道具の重さ

スキー道具の重さについて、測ったものをまとめておく




Head worldcup ispeed 180cm + plate + 16までのレースビンディング
  ペアで 7100g 片足 3550g


HART circuit ST 165センチ 赤いの
プレート:VIST VF-S  ビンディング:LOOK pivot14
ペアで6300g  片側 3150g


HART circuit STーSP 165センチ 青いの
プレート:VIST VF-S  ビンディング:LOOK pivot14
ペアで6500g  片側 3250g


ID-one SR-X5 ビンディング:LOOK pivot14 プレート無し
ペアで 4700g  片側 2350g





ブーツ

アトミック HAWK ultra 130  片足 1680g

REXXAM R-evo120S     片足 2060g 

NORDICA ドーベルマン 130 片足 多分 2400g




ブーツについては、アトミックホークはえらく軽く感じられた、大げさに言えば普通の靴みたいな。
板のispeedは、リフトで重い。


だんだんと、軽いものにしていった方が良いんだろう。
今回は、ショートの板赤いのから青いのにしたことで片足100g重くなった。メタルのせいだろう。
ブーツは、比較的軽いが、ホークがなにせ軽かったので、いくらか重みは感じる。

ID-oneの軽さは際立っている。
柔らかいタイプにしたので、もともと軽いし、プレート無しが効いている。さすがに軽いと振り回しやすいだろうなあ。

以前 120cmの板でこぶ滑ったら回しやすかったからなあ。あんな感じか?でも、あまり横向けないで行きたいところだ。
青いのは、試乗ですこぶるいい感じだったのだが、さて、今年どう感じるかな。
あおってみると、固い。あー固い。赤いのが柔らかいので余計固く感じる。だいじょぶだろうか?



とりあえず、そんなところで。また測ったら追記するかな。




posted by ソーレ at 16:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

3日目 エコー kh氏レッスン 

お仲間が集まってお仲間にレッスンしてもらった。

えこーが、雪付いているということで、こうなった。着いたらえらく込んでる。10プん以上の待ちだが、ゲレンデは空いている。
昨日のアサマとは正反対。さすが高速クワッド。
二本ほどアップ。二本目は少しスピード出してみた。いくらか左外足の意識も出てたとは思うがビデオないので不明。

さてレッスンはというと。
研修会テーマとは離れて、自分たちが上手くなるためのことをやりましょうと。願ったりである。


制動のプルークファーレンから入ったが、何のため?ポジションが後ろに来るよねって確認か?
その後ボーゲンなんだっけ?

指摘事項は、内脚のすねが緩んでいる。
これは、夏に出来たのが忘れていた。プルークでも外脚だけで、内脚に意識なしだった。

この内脚のすねを常に離さないでキープ。


まあ、結局谷周りでいきなりトップを下向けないで板全体をイメージは平行移動で外側に移動させて、除雪抵抗をとって板を撓ませてからトップを下にもっていく。横に押すのであって、下に向けるのではない。
今回のテーマはほぼこれ。


プルークで
シュテムターンで
基礎パラで
ブーツバックル全開放で

その時に、それなりにしっかりと外に荷重かけるでなく、内側にもってくるでなく、真ん中である程度内傾角を取って、角付けして外からの力を感じた後にそれに合わせて内傾角つくっていく。

ブレイクスルーは、切り替え
切り替えでは、まず切り替える。その後切り替えて出来た足場を使って足を伸ばしていくもしくは伸ばさない。
これは、小回りも一緒。
ということで、小回りもしたが、その中で同じ動きが出来た。


この辺りは、去年のいや、今年の連休で藍さんに言われた次の外脚のアウトエッジから踏んでエッジを切り替えてから横に押していく。
また、去年あたりのテーマにもあったが、角付け⇒荷重⇒回旋(板の性能)で、まず、切り替えて足場を作って横に伸ばしてくってところと重なるので、理解がしやすかった。

全体として、シーズン初めとしていい感じが出た。

良かったよかった。ありがとう。kh氏。

3かめ

きょり 4.7km
下降高度 1000m
12本



posted by ソーレ at 21:46| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

2日目 アサマ ソロ 11・30 土曜日は混む

もともと、私的レッスンがある(受けるほう)ということで、開けて置いた日程。

結局明日のみとなったのだが、まあせっかく昨日タイヤ交換したことだし、行ってきた。
前日になって、湯ノ丸は開かないことになったので、アサマに。

着いたら、えらく寒いなあ。
こりゃ、真冬の格好で行こう。
ゲレンデ着いたら、あらまあほんとにマイナス10度だって。

s-P_20191130_083818_vHDR_Auto.jpg

寒いわけだ。



で、いきなり混んでいる。大回りして当たりかけている人とか何人も見るとまあ小回りでいいや。

s-P_20191130_101919_vHDR_Auto_HP.jpg

基本的には、左外足に乗れるように圧感を感じられるようにぐらいで。

プルークやら、たまに中回りとかしながらだが、自分がいまどうなっているのかは割と感じられた。

左外足もそうそう外れている感はない。ビデオないとわかんないけどね。
あとは、目線とか頭とかやはり右に倒していくことがあって、いかんいかん。遠くを見て真っすぐにしておこう。
これは、結局のところ目線が大きい
。気を抜いたりハードな状況になるとあたまを傾げてしまうんだな。


そうそう、今回はブーツが初である。
レグざむはどうでしょうか。

s-P_20191130_101942_vHDR_Auto.jpg

さいしょ第2バックルがきつくて結構パチンと締まった。いくらかしびれる感じが出たが、まあそこまででなかなかいい感じの締め具合と、ターンの入りでのエッジの噛み具合とか、その辺がブーツでどう違うのかはわかんないんだけどねえ。

さて、ターンの入りで高い姿勢を取れた場合は、板が横を通って前に戻ってくる。

今回なんか、ずいぶんとガガガとなったなあと思ったが、今思えば前に戻ってきて板と体が離れたままだった。
横では離している板を前に戻ってきたときには近寄せないと行けなかった。明日やろう。


ということで、混んでいたので昼を10時半にしたが、そこそこ人はいた。
席とって、ブーツ脱いで来たらもう列が長くなった。

無事いつもの豚キムチドンだっけ?食べたが、なんかぬるいし具が少なくなっている。
オペレーションも初日だからいろいろ難しいところだな。

で、11時半からリスタートしたのだが、けっこう荒れて来て小回りレーンが2ほん。間になんかこぶみたいな。
いくらかこぶっぽく滑ってみた、上部ではあまり回さずにやってみた。
下部では、こぶらーが作ったので忙しくて対応できない。

そうそう、小回りもリズムがまったりしてしまいどうもひゅんひゅん行かない。R18だからあまりはできないだろうが、ウエー出るんなら出来るかなあ?

というとで、脚の終わりが見えて来て、12時半に終了。

前に行けないときは板だけ進んでしまいターンに入れないでバランス取れないで後傾とか。これはたまにやるが、原因がだいぶはっきりした気がする。

今日は、中に入りすぎてコケソウとかはなかった。

で、カスタムフェアでもらったドリンクチケット3枚つづりを使ってコーヒーを頂いたところ、今年からフリードリンく?お替り自由ってのになった。去年はちべたいのしかなかったから使いづらかったが、良かったなあ。
せっかくだから、ガトーショコラ頼んで、席で食べていた。
ウーロン茶とコーヒーとである。でも、硬いなあこれ。あまりおいしくないと思ってほぼ終わりかけたころ、すみません!と声が。
なんでも、温めで出すべきものを忘れたので、もう一つお召し上がりください。
FB_IMG_1575087200760.jpg

ラッキーなのか、カロリーオーバー確定だ。

ということで、二日目終了


距離  6.2km
高度差  2000m にしておこう デバイスでは2300、更生では1700.なんだかなあ

累計 距離 15.7km
高度差  3500m ということで。

まあこれもだいたいでいいか。去年は全部累計したけど、元のデータがどうも今一わからないからなあ。
もうやーめた。適当にたまに書く程度でいいや。

posted by ソーレ at 16:37| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

スキーチューンナップの実際と、ブーツやらヘルメットやらビンディング付け替えたSTやらの

三串仲間のSG氏からお誘いが来た。

SG氏御用達のチューンナップ屋さんが、チューンアップの工程を説明しながら見せてくれるという。
面白そうなので行ってきた。

諏訪のお店で、ちょうどアルペンやモンベルにも近い。アルペンでは、前日に聞いたらチューンナップ上がりのSTから付いているビンディングを外して、別のに付け替えをやっておきますよ、さらにブーツも来てますよ。って感じ。

でお時間にお店にたどり着いた。6名ほどの参加で前振りから始まって、

受け入れ時のチェック内容
コスメ面の傷バリ取り
忘れたけど、リペア、サンディングが荒く、中くらい、細かく。マシンでサイドエッジ調整
ボーダーカット、ベースエッジ、サイドエッジ、ストラクチャー、ワックス掛けと

一通り。

大変勉強になると同時に、お願いしたほうがいいなという結論とともに4時間半が過ぎた。

予定は2時間だったのだ、慌ててモンベルに向かう。
妻が欲しがっていたメリノウールタイツと、自分のcwx代わりになるかのサポートタイツ、靴下、高機能下着買って、さらにメットとゴーグルみた、いいじゃんこれ。でもアルペンに向かう


前述の板とブーツを出してもらいブーツは足入れした。試乗会で乗ったのでその時には特に当たりなかったんである。
自分の物も同様で良かった。

P_20191111_124921_vHDR_Auto.jpg

板は、ビンディングが変わったのとチューンナップ上がりなので、そのまま。

実はこれがいけなかったのは、翌日判明する。

で、板とブーツ買ったら来たおまけの商品券が¥15,500円。見たバイザー付きのメット(しかも HART)が¥15000円くらい(税抜き)

これどう?って聞いたら、支障ないっていうから黒で人と判別つかないがまあいいや。結局千円以内の追い銭で購入。

ずいぶん遅くなってしまったのであまり見れなかったが、最低限の用事完了だ。

ST-SPは、恐らく来週の入荷後、STから今回外したpivotビンディングを取り付けて送って呉れれそうな。



さて、前述の問題とは、

をいをい、この板チューンナップしてねーぞ!
縦の薄い線傷、横の線傷、テール側の傷、ストラクチャーも変わってない。
更にワックスの気配なく、エッジも丸いまま

やれやれ、めんどうなことになったなあ。

理想的にはすすーっと返金してもらい、新たに見学会のお店に出して、そのお金+差額は手出しでどうでしょうか?
posted by ソーレ at 23:08| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

カブ子北海道ツーリング 2019 6日目 5/31 斜里からウトロ

斜里のクリオネキャンプ場にて朝起きたときには、隣のライダーいたけれど、そのうちに出発していった。気を付けてね〜


DSC02107.jpg

で、夕べ発覚したストーブが使えない件について、検討したがやはり昨日見たmontbell 小清水店に行って何とかするしかない。
10時開店だというので、ただ戻っても早すぎてだめだから、一度内陸に入ってサクラマスの遡上するさくらの滝などを見て来よう。
今回は、キャンプの場合連泊しようと思っていたのだが、都合により断念。

朝食の食材は夕食に回ってしまったので、片付けてから出発。

町でいきなりセイコマ。パン食べてるとオジサンが寄ってきた。おそらく10歳くらい先輩だ。
佐久?長野?おれ群馬なんだよ。ほー。
バイクでねえ、すごいねえ。ってあなたも車で来てるんでしょ?大差ない気がするのはライダーだから?

ガソリンも入れてきた道を戻るが、少し道を変えてみた。
駅から曲がればいいかと思ったが、斜めの道もあることに気が付いてそちらを選択。

DSC02127.jpg

迷いながらもサクラの滝到着。
というか、迷うのが不安で交差点の前で地図見て止まって確認してみたいなかんじだったな。

行ったら、若いアウトドア系ですって感じの女性がいて、お話ずいぶんとさせてもらって楽しかった。
これ、サロマニアンでもう時期じゃないかって言っていたが、この女性は午後がいいと。
結果的には、遡上のサクラマスは全く見えず。残念。

DSC02108.jpg

あきらめて、次は 神の子池に向かう。

今度こそ迷ってというか、デカい入口の看板見落として先まで行ってしまった。

うーん、何年振りの神の子池は相変わらずの美しさだ。
カメラのPLフィルター持ってこなかったので、反射が激しくなかなか綺麗には取れなかったなあ。
このくらいメジャーになってくると外国人観光客も増えてくる。

うーん、もう少し動いてくれるといい構図になるんだが・・・
なんてね。

DSC02119.jpg

適度に堪能して、というかこの道カブなら別に何ともないが、以前はCB子で来たのだなあ。上手かったな俺。
けっこうなダートであった。


お次は裏摩周展望台だ。

この時期なので来ている人は一けた台。存分に堪能することが出来た。
ここは多分始めて来た。以前、表の方から見たことはあったなあ。その時には会社の人が大集合って感じに7人ぐらい集まった。懐かしいねえ。

DSC02125.jpg

戻りながら、さっきの女性の話を思い出し、午後に近くなったので(11時ぐらい)もう一回サクラの滝にトライ。
今度は、泳いでいる姿は1匹見かけたが飛ばない。こんどもカメラマンにいろいろ教えてもらった。


さて、やっとモンベルに到着したのは、お昼ぐらいだ。

結局、ストーブというかバーナー イワタニのちょーちっさいのを購入。ついでにナイフと固形燃料も予備に。
モンベルの若い店員さんも、うーんこのタイプは見たことないですって。まあ30年前だからねえ。

DSC02130.jpg

すぐ近くの閉鎖したキャンプ場にてちょっと場所借りて早速さっきのストーブ使って、鮭とウインナーを焼いて頂く。
どうやら、悪くならなかったようでお腹は壊れなかった。しかし、ここも良いところだなあ。閉鎖はもったいないのになあ。
海が見えるんだよ。高台で安全だし。

ところで、今日か明日に知床峠をレンタルロードバイクで登れないかと思っていた。
お店は探してあったのであるが連絡はしていなかった。

これが・・・

ということで、また来た道を通ってウトロに向かう。斜里からは30年ぶりぐらいの道である。

いい気持の道路をずんずん進む。斜里のはずれ東側には、天まで続く道。名もない展望台とマップルにある。
その前に、ほかのライダー止まっていたので後ろに止まって少しお話。



彼は、なんだか沢山走るようだ。おいらのずいぶん後ろから走って、根室まで行くって言っていたかなあ?4〜500kmあるんじゃないの?
おいらの3日分だ。

自信覚えもあるが、最初とかはどうしても全部回りたいって思いが強いから仕方ないよね。事故には気を付けてくださいませ。

で、すごく凝った手すりの柱(トーテムポールになっている)の展望台、その後の天まで続く道を堪能した。
DSC02135.jpg

DSC02141.jpg



まもなく、オシンコシンの滝である。
天まで続く道に居たカップルとおばさんチームもまた会った。北海道あるあるである。

DSC02147.jpg

そういえば、去年?一昨年、チャリで美瑛回った時もお姉さんたちと何度か会ってお話ししたのを思い出す。

さて、すぐにウトロ到着だ。
ここで、レンタル自転車屋さんの前に着いたのだが、なにやら張り紙が。

外出しているので電話くださいだって。
電話してみたが、今日明日はイベントの手伝いだかしゅさいだかで手が回らないので店はお休みですと。
ガビーン、明日もダメってなると今回の知床峠レンタルロードヒルクライムは無理だなあ。


しかたない、ってんで。まずどうしようか。

セイコマにカブのツーリストがいたので少しお話しした。
今日は、ウトロのキャンプ場にしようかな。と、スーパーの営業時間をチェックした後にキャンプ場に行くと、なんか空いている。

大人の事情で割愛するが、テントを張ってから、お風呂のホテルを確認。というか、この辺に巨大ホテルが立ち並んでいる。ウトロってこんなに町だったのか!!というか、町というより観光地だな。

DSC02165.jpg

知床五湖に行こうかな?とおもいつつ進んでいると、まああそこは前に行ったし、全部回ろうとしたら一日仕事だしなあ。ってんで、知床自然センターに入る。

プレぺの滝までトレッキングできるようだ。ただし、本日熊目撃2件。

うーん、下の同じようなところでは、クマ出たからダメだとあったのだが、ここでは行けますという。

じゃあ、行くか。
注意は、周りをよく見ながら音を立てて行ってね。

僕はくま。歌ったり独り言が大きな声だったりであるが、なんとか無事にたどり着く。

プレペの滝はなかなかに見ごたえあるのdが、気が気じゃなくてすぐに引き返す。
DSC02161.jpg

途中エゾシカが沢山いたので、おそらく鹿がいれば熊はいないだろうというか、クマがいれば鹿がいないはず。ってので小一時間掛けてのトレッキングは終了。
DSC02156.jpg

少し自然センターを見てから町まで戻る。

大人の事情により、今日は食事をしていくことにした。
定食屋さん?にてちゃんちゃん焼きを食べた。
昔、ライダーハウスで食べたほうが良かったなあ。

キャンプ場に戻ると場内に鹿がいた。まあそういう事で多分大丈夫と思うことにした。
トイレに行くと、クマ注意の看板。と電気柵がデカいのがある。まあ多分大丈夫と思うことにした。

風呂を探して公共の風呂があるはずだったが、なんだかやっていない。さっきのホテルにお世話になる。
ただし、風呂代が1500円であった。よくわからない状況だがまあいいや。

ホテルのWi-Fiが使えるというので、風呂出た後一度カブに戻って、パソコン持って来ていろんな作業をした。
これも考えたらまあよかったということにしよう。

あとは、戻ってコーヒーぐらいは沸かしてということでおやすみなさいだ。

本日走行 191km
お金 30,000えんのこり。




posted by ソーレ at 19:32| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

2019-20シーズンin

先日今年の分の 私スキ を見た。わかっているのに見られるのはストーリーも良いんだろうね。

さてと、無事儀式も終わった事だし、本日軽井沢でシーズンinした。

P_20191105_093453_vHDR_Auto.jpg

着いて8時20分ぐらいだって、トイレに行ってからと思ったら、結構リフト券が並んでいる。出てきたらさらに長くなった。じゃあ準備するのは券買ってからにしよう。あれ?5600円だって、そんなにしたかなあ?三串仲間のFTさんとは、数人違いだったので後で話せた。
足慣らししてから合流しましょう。

2本足慣らしのあと、奥のゲレンデで少しスピード出してみた。
あ、そうそう今日は基本ひゃっほうって滑れればいいかな、とおもって。

とまあ、その4本ぐらいまでは良かった。舵取りでの圧感、撓みも感じられたよ。

その後、三串仲間のFTさんと合流して、お茶飲んでからさてビデオ撮りますかってはなしになってからだ。
すでに荒れて来て、なんか中途半端に小回りしようとしたところバランス崩し右脚のアウトエッジにのってしまいそのままコースアウト、草の上を10mほど滑った後あえなく転倒。

すぐに立てたが、左肩が痛い。あらら、でもまあ動くし激痛でもない。まあ打撲で済んだかな、運が良かった。で復帰。
因みにその時ビデオ撮ってもらっていたはずだが、あーどこにいたかわからなかったと言うことでチーン。

で、その後は荒れてきた雪に恐怖心とともに、ポジションが後ろになっていたり、右と左が脚の使いかたが違う感じを感じられた。
そうそう、それはビデオ撮ってもらったからねえ。あらまあまたこれだよ。

これというのは、言うまでもなく、左外脚の時にというか、常に上体が右に向きつつ右に傾いている。

変わんねえなあ、毎日(ほぼ)股関節のストレッチしていたのになあ。




お昼、IYさんも会えてお腹満たされた。

そういえば、リフト券がなんか妙に高いなあと思っていたら、シニアだっていうのを忘れていたのだった。
あーあ、しかたないなあ。

で、今日はこぶらーが居ないので、こぶにならないんだと思っていたが、それがまあ午後にはしっかりと出来ていた。ある程度できていたところに自分たちで滑って深くしていくという理想的な展開。

もう、普通のルートは荒れて来て怖いので、こぶが一番セーフティな気がして、ずっとこぶだった。3名でぐるぐる。
午後になったら、どんどん空いてきて、最初の10分待ちが5分になり、場合によってはそのまま滑り込めるようになったりでたくさん滑れてしまい疲れました。

初回から、まあ通せはしたのであるが、このこぶhピッチがだいぶ長い。おかげで通せるのだろうな。
5本目ぐらいに、FTさんが、内脚も使うんだったというのでそうだった!忘れて板。それまでは、遠くを見るだけの意識。から始まって、ストックのリングを前にもっていく。ぐらいまでだったが、膝をくっつけるのと、内脚でも削るを追加したところ、ずいぶん安定した。
ブレーキが良くかかるんだろうね。
最後にビデオ撮りっこしたのだが、おいらのは写真になってしまいなし。あら残念。じゃあもう一回と思ったら、ちょうど前で団体さんがでらがけ始めてしまったのでチーン。まあしかたないね。

無事終了 

ではなかった。

きょり   9.5km
高度差  デバイスでは 1560m
     更生データでは 827m

あらら、この差はいったい何だろう。さすがに24本滑ったし、感じとしては1500mぐらい降りた気がするのだが。
ここは、次の機会に検証してみよう。


解散して、アウトレットに向かう。なにも買わないかもしれないとおもい、無料駐車場に止めて、てくてく歩く。

結果、スニーカーをASICSにて購入。なーんだ、有料駐車場に止めて駐車券もらえばよかった。

で、その後帰宅までの道のりのことである。
ずいぶんと、混んでいた。あ、その前に行きは、高速使ってみた。セブンコーヒー含めて55分で780円ぐらいかかった。
たしか、下道では1時間10分ぐらいはかかっていたので、15分早くはなったが、まあなんだかなあ。780円は15分の対価としてどんなもんでしょうか?多分次回は下道かな。

で、運転始めたころから肩が痛い。あらら、腕を肩までは上がるけどそれ以上は痛い。まあ上がるけど痛いことは痛いので上げないように運転して帰った。重傷感は感じられないのでまあ数日おとなしくしておこう。

ということで、ちょっと味噌はついてしまったが、まあそこそこ無事のうちにシーズンinでした。
今年はクラウンだからなあ。頑張ろうっと。




posted by ソーレ at 21:24| Comment(2) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

台風19号 被害軽微 ありがたいことです。 10/12,13

超大型台風 19号 については報道等でご存じでしょうが、そこらじゅうでえらいことになってしまいました。
特に千曲川では、東御、上田とアパートがある自治体で堤防決壊やら、道路陥没やら、鉄橋崩落やらと。被害にあわれた方お見舞い申し上げます。また、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。



そんな中、自宅は軽微な被害だけで収まりました。
10年以上前に作った木製のフェンスが一部壊れたぐらいで、少し物が飛んだぐらいでした。
停電も断続的に5回ほど計3分ぐらいで収まりました。
ありがたいことです。

近所の鹿曲川(かくまがわ)の水位が午後2時ぐらいにすでにずいぶん上がっていて、堤防の上端まで3mぐらいまで来ました。
この時点で、川からは岩が流される音がゴロンゴロンと聞こえて来て危機感もアップです。

降雨予測では、それからがたくさん降るということで、いよいよ避難しないといけないかと思ったのですが、そうこうしているうちに暗くなり、メインの避難所はその川を渡らないと行けないということもあり、結局2階に避難という選択しました。ペットがいるというのと、いくらか風邪っぽいので、体育館の床に毛布一枚では悪化しそうだなとか。

やはり正常性バイアスでしょうか?夜は良く見えないものの川の水は堤防の上端まで1mぐらいのところまできたようです。決壊しなくて本当に良かったです。自宅は、堤防上端より1.5mぐらい高いのとその間に30mぐらいあるので決壊しても多分大丈夫でしょうが、近所の方の家が浸水してしまわないで本当に良かった。

これを機会に、よく検討したいと思います。





posted by ソーレ at 20:43| Comment(2) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

ゴルフ 人生初の100切り

まだ、北海道に行きっぱなしでさっぱり帰ってこないのは置いておいて。

やっと、ゴルフ100切り達成した。パンパンヒューヒュー!!!


スキー仲間が、実はゴルフチョーうまいと知ってから、しばらくしたらラウンドご一緒できることになった。

コースにても、教えていただいたし、その後練習行こうと誘ってもらい、教えてもらった。
基本は振り切る。当てに行ってる。スイングの途中にたまたまボールが有るということ。などなど。

ということで、二度目のラウンドで100切るよていだったのだが、あれまあ全然届かず。
先生、すまんことです。

で、メンバー変わっていつものスキー仲間と。
できました。

前半、48 後半 48 合計 96で、人生初めての100切り達成できた。

あー良かった。長かったなあ。
長いと言えば、ごるふはアメリカではじめたのである。平らなゴルフ場だったなあ。昼はハンバーガースタンドでスループレイってことだ。
Tシャツ、短パンだった。確か50ドルぐらい。
これが、おそらく28年ほど前のことである。2回やって、135ぐらいだった。

その後は、帰国したら日本ってゴルフ高いんだよ。2万とか3万とか聞くから、めったにやらない。
年に2〜ゼロ回ぐらいの付き合いゴルフが主。これは小中の同級生がほどんど。

で、まあその後、そんな感じだから上手くもならないででも、115ぐらいまで言った気がする。

またさらにその後130ぐらいでいたのだが、3,4年前からやるからにはしっかりやろうと思い立って、数が増えた。
去年が13回ぐらい。おととしが10回ぐらい。今年は、もう14回ぐらい。

今年は、100ってのがあったし、その後108とか104とかでそろそろ切れるころだとは思っていた。
のであるが、実際に切れていなかった。

当日最後の3ホールぐらいから意識しだして、いやーこのドライバー曲げたら切れないなあとか2打目で本来フェアウエイウッドのところ、ユーティリティに逃げたりしながら、ボギーペースで乗り切った。
はードキドキした。

この、失敗しても人生に特に影響ないのだが、緊張するってのはスキーで言えば、ジュンシとか指導員とかの時だな。プライズはそうでもない。ゴルフで次に経験するのは90切るときであろう。


で、先生含めた上手いメンバーで先日ラウンド。

最初に10回はたいてしまい、こりゃあ今日終わったと思ったが、なかなかに持ち直した。
午前52回 

午後になったら、パットもえらく好調。
3打目にガードバンカーからのショットが1mにつけて、これを沈めてパーとれたり、3mぐらいの傾斜の横からのパットが入ったりとなかなかにびっくりが発生して、さらにというか最初にドライバーが飛んだりそんなに曲がらなかったり。OBも何回かあったりしたのだが。

結果、午後46回 合計 98回ということで、2回連続の100切り。パンパンひゅーひゅー。実をいうと、18ホールでまだ最後だと思っていなかったりして緊張せずにいられた。

もう奇跡とは呼ばせない! ラグビーそれほど観ないのだが、それだけ頭にあった。


ということで、調子に乗ってこのまま今年90切るぞ。

なんというか、スキーもまあまあ基本はわかってきてそこそこになってきたので。
ゴルフも90切ればそこそこうまい人ってことになるだろうから、まあそんなことで。

では、そんなことで。



 
posted by ソーレ at 23:15| Comment(0) | ゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

野沢温泉、ピスラボ 3日目 (2回目) 通常板をサイドエッジ86度 さて、水没インナーは

今シーズン?今年3日目のピスラボに行ってきた

また泊りで行きたかったのであるが、体調がいまいちで止めて今日だけにしよう。
ところが、なんと納税を本日中にしないと怒られるようで仕方なく、朝銀行に行ってからにしたら結局半日となった。

以前使っていたHEADのisl 165センチをこれように使用しようと思って前回は2日目に一本滑ってみた。

あらまあ で、話にならずにHART のバルシップ1をレンタルしたら調子よかった。でも、これが5000えん!たけーよ。

ということで、4000円払って前回聞いた、エッジは86度ってのでファイルガイド購入。
ギンギンに砥いでもっていった。

これでも、だめならしかたなくレンタルか、板購入に向けるかってところだ。


さて、もうひとつあった。
ブーツインナーである。

2週間水張ったバケツに入れて置いた、途中で洗剤も投入、2日に一度ぐらい水も変えた。
ただ、水から上げたら、ヌルヌルがついていたので、それはブラシで落とした。
脱水後、1週間陰干し。その後臭いのが抜けてないので、冷凍庫に3日ぐらい入れて置いた。
においも無くなった。

ということで本日実践投入。


滑りに関しては、チェックポイントは 足首の緊張、すねと上体の角度を変えない、山周りまで踏むを意識したのはどれだけかなあ?
あとは、最初のうちは忘れていた、切り替えで高い腰を作るのは、ビデオ見たら意外と出来て
いた。
あ、ビデオはゲレロクをフル活用。



ゲレンデは、上部が今年の新しいマット、下部は古いので固くてエッジが効かない。
実際、そこそこ滑れるのは、上部のみ。下部に来たら怖い怖い。たぶん、専用板だとそのまま行けるというか、前回は行けた。


感じたのは、切り替えで内脚アウトエッジ前方から入ることが出来るとわりといい。山周りまで踏んでいると板が戻ってくると同時にというか少し遅れてクロスしたあと脚が外に出ていく、ということでいろいろと確認できた。

両足荷重の感覚は、外脚が逃げてしまう下部で感じることが出来た。
切り替えで、すぐにリッチのいうロールしてすぐにエッジを立ててその後踏む、もう一声待ってから踏むかでターン弧の調整もできるはずである。そこまでは実際には確認できていないのだが。


ビデオ見たら、例の左外足のターンインで頭が右に入るのがいかん。

さて、こんな感じ。




でブーツだが、足入れしたら お、いいじゃん。と思ったが、すぐに緩さは感じた。
でも、これってパットは全部はがしてあるんだよ。なかなか復活したといってもいいのではないか。
その後半日滑って、まあまあ使える状態である。よしよし。
ということで、皆さん続きの実験行ってくださいね。


posted by ソーレ at 22:24| Comment(0) | 2018-19シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

まあまあ大事なお知らせ https に変更です。そのうち

シーサーブログを利用していますが、シーサーで今までの

 http://soleski.seesaa.net

を、https を使ったセキュリティー向上したタイプに変更できるようになりました。


 しばらくは、このままで行きますが、1か月ぐらいをめどに下記のように変更します。

 https://soleski.seesaa.net

 もしかして、そのまま見れるのかもしれませんが、念のため予告しました。

 以上ご連絡まで

posted by ソーレ at 18:49| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

ブーツインナーのその後

前回の記事で、バケツに突っ込んだインナーの写真を載せた。

その後、無事2週間+アルファ経って、取り出した。

あれ?なんかプレスチック部分がぬるぬるしている。うーん、これはだめだ。
ブラシでこすってぬるぬるを落とす。

その後、脱水してつるした。

4日ほど乾燥させてほぼ乾いた。

この時点で、というかそれまでずっと触った手が臭い。

やっぱなあ、落ちなかったなあ。

だいたいインナーって臭いのである。


ここで、妻が一言、冷凍すればいいんじゃない?


ということで、冷凍庫保存が3日ほど経った。

そろそろ出して、においをかいでみよう。

P_20190911_093729_vHDR_Auto.jpg

出したが、まだ冷たいのでにおわない。


今後は、温まったところでにおいかいで、まあどっちでもいいけど。
ブーツシェルに入れてみてから、足入れしてさあどうだってのだが、まだやってない。
posted by ソーレ at 17:31| Comment(0) | 2018-19シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

野澤温泉 ピスラボ 赤松さんレッスン と 翌日復習 と ブーツインナー

野沢温泉のピスラボで、赤松かおりさんのキャンプが開かれたので、申し込んでいってきた。

今回、ご本人は滑らず下でビデオとっていると。その代わり若い女性の選手がレッスンを午前中2名で交代。
午後は、一緒に滑ったり、後ろをつかせてもらったりそれをビデオ撮って、すぐに見てアドバイスなどということだ。

で、実はもう一人、知り合いの女の子の選手が来るからということが大きくて申し込んだのだがなんと、怪我してブーツはけないのでダメとの。
あらまあ残念、お大事に。

さらには、レンタルもしてくれるというのである。1500円で小賀坂のサマースキー。うーんこちらはお安い、レッスンと合わせてちょうど1万円。

そんなんで、始めたが最初にエッジが引っかかりすぎて怖い怖い。で、プルークで始めたら内脚のアウトエッジが引っかかってさっぱり動かなくなり外脚はまわってくるわでコケタ。くるぶしと腕を擦りむいた。

じゃあってんで、パラレルにすると怖いけどまあ滑れた。これは去年ではエッジが噛まなくて落とされながらなんとかまあ滑走はしたかなというところで気分としては上がってこなかったが、さすが専用板というかそれ用のエッジの砥ぎかたなんだろう。確かに雪と似た感じは出てきた。


 2本滑ってからレッスン開始。
最初のN先生がまたえらい美人。うーん、そんでうまい。参った。ところで、短パンTシャツで良いのかい?焼けるよ。
おじさんの目の保養からすると、まあその方が良いんだけど。でも焼けるよ痛いよ大丈夫かい?

大回りの切り替えで脚が縮んでから伸びていく感じがとてもきれいだ。

指摘事項というか注意事項は、足首を緩めないこと、緊張させれおき、
さらに背中の角度とふくらはぎの角度を合わせましょう。
高い姿勢を取りましょう。
谷周り最後まで踏んでくださいね。

ってところかな。

 1時間ほどでK先生に交代。さらに若くなった、幼さが残る顔立ち。うーんわけーうちからこんなに上手くて、いいなあ。
こちらもしっかりと動いている。



 そんなでお昼。

 なんか、みなさん散ったので一人で食べていると、みくしの仲間のFTさんが来ていることが判明、しかも同じ店でかき氷食べてる。
しばらく談笑。
 そしたら、先生陣も同じ店に。って二つぐらいしか開いてないけどね。


午後は、ビデオどりがメイン

何本も撮ってもらって、ほかにN先生の後ろを滑ったところも撮ってもらえた。
良かったよかった。



ということで、2リットルの飲み物のんでおしっこ100ccで終了のキャンプ、熱中症ならずに無事終了。

皆さんさようなら。9人だったかなそういえば。


で、普通帰るところだが、今回は復習しようと思って宿を取っておいた。
良いところだった、夕飯も朝飯も美味しかった。すまないおいらだけが客であった。

さて、翌日

ヘッドのスラ板を88どで研いで来た。これで滑ってみよう。
あれ?スケーティングが出来ない。そとに流れて行ってしまいエッジが引っかからない。
滑ってみても、もちろん同様で、まったく板が返ってこないので切り替えがえらく動かないと出来ない。
あー無理!

仕方なく、レンタル。高いんだよねえ ハートと小賀坂合ったからハートに。バルシップ1である。
一日 5000円。ひょうー!!!

だが、さすがだ、昨日の小賀坂よりもいくらかエッジは緩いが軽い!昨日は重かった。

何本か滑ってゲレロクがあることに気が付いたので、やってみたが3本トライしてダメだ。取れない。
スタッフがいたので再起動してもらい、動いた。

動いたが、時間の設定を自分でやらないといけないので、ずれると撮れない。

なんどかトライして、良い滑りと撮影がリンクしたのがこれ。
なかなかいいじゃないの。



ということで、午後になったらもう疲労が激しくなってきて怪我の元だからとおもい終了。

その後ジップラインを一度話のネタと思ってやってみた。滑ってるとやってる人がひゃほうってしていたので気になった。
最初出るときはドキドキしたがあとは、ああ高いところにいるなあ、景色もいいかな?ぐらいなでもういいや。

無事帰宅後、もう一つ話が。


某スキースクールの前校長に聞いたのだ。
ブーツのインナーがへたって駄目だと言ったら、そんなの夏に2週間ぐらい水に漬けて置いて、から乾かせば新品と同じように復活すると。

ということで、トライしてみた。
さて、本当かな?
P_20190827_093359_vHDR_Auto.jpg
posted by ソーレ at 13:08| Comment(2) | 2018-19シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

カブ子 北海道ツーリング 5日目 春でも夏でもない季節2019

サロマニアンの朝食は、豪華ということはないのだがとても美味しかった。
昨日濡れたアクションカメラもどうやらドライヤー攻撃で生き返ったようで良かったなあ。


例によって、準備に時間かかって恐縮だがお二人で外に出て来ていただき、お話ししながら準備をする。
ここにもカブがあって、たしかリトルカブかな。

そういえば、ご主人コロプラしていたよ。そうそう、コロプラで思い出したが、紋別でチェックするの忘れて、スルーしてしまった。結果的にはこれが少し悔いは残るようなそうでもないような。

さて、準備完了した。奥さんが旗をもっている。出発だ。うしろで旗を振ってくれている。なんだかありがたいなあ。
お世話になりました。


さて、すぐに左折して、昨夜の温泉施設の前を通り過ぎ、ネイチャーセンター到着。
サロマニアンで聞いた、砂州をレンタサイクルで回れるというのである。


レンタル料650円、コースは90分。だが、まじめに漕げば60分ぐらいでなんとかならんかな?
借り出して、おじさんが調整したサドルの高さをすぐに10センチ以上上げた。まあ、そんなもんだろうね。

s-DSC02004.jpg

T字の縦棒の部分をすぐに海に出た。今日は快晴なので海に手を付けてからなめてみた。

って昨日やったけどねえ。快晴だから。

s-DSC02005.jpg

そんで、右方向に進んだ。竜の背と誰かが言ったらしい
右はサロマ湖、左はオホーツク海が見えているわけだ。15分ぐらいか漕いでUターンのところをいくらか過ぎてから戻る。
今度は逆の景色。戻るときに海の出方が素敵だった。

s-DSC02006.jpg


s-DSC02007.jpg

さっきのなめた場所を過ぎて反対の汽水の橋のところまでいく。
橋はご立派なRCので下も浚渫船かなんだか、風情というものは全くない。

s-DSC02011.jpg
その先の原生花園に行ったが、それほど花も咲いておらずやれやれ。
魚つきとは何でしょうね?聞いてみたがわからんそうだ。

戻ったところで、75分ほどたっていた。

で、ネイチャーセンターの展示を見たり茶を飲んだりしていたら、北見市のポスターが貼ってある。そこには北見工業大学も出ている。
そう、あの鈴木先生だっけ?今は学長。レグざむのブーツとステルステックの開発に噛んでいるかただ。たしか、来たら寄ってくださいって言っていた気がしたが、さすがに社交辞令かな。まあ時間もないし(こういうのを出来るだけ排除したい訳であるが、今のところ復路のフェリーを予約しておかないとだめな身分である)

s-DSC02016.jpg

おとなしく、オジロワしの模型の前で写真撮って出発だ。





海に出たあたりの△の交差点で、お店がある。海産物直売所だ。

魚が多いが、さかなはそのまま食べれない。
聞いたら、うにがあった。箸はあげるが、しょうゆは買ってというので、飯はないのか聞いたがないと。
しかたないので、ウニだけ頂く。
s-DSC02018.jpg

あーーーーーーうまい。今回はあまり北海道らしいのは食べてないからなあ、昨日のサロマニアンのベビーホタテぐらいだったので、うれしい。

堪能した。





ほたてタワーに行き、100段の階段を上るといい景色が広がっている。くだりも疲れるんだよねえ。開村100年を記念して作ったが、予算が足りずにエレベーター付けられなかったとある。正直だなあ。



そうそう、昔BSアンテナの角度がきついなと思ったが、今度は太陽光発電んのパネルの角度がきついのに気が付く。やはり北だから。

さて、今日はとてもいい天気で、海も青いし空も青いし、畑はきれいでもう言うことない。十勝と似ているが、十勝に海なし。こっちのほうが良いかなあ。
s-DSC02028.jpg

s-DSC02033.jpg



能取湖についたのだが、時期によってサンゴ草が真っ赤に染めてくれるようだが、全く時季外れでただの草だ。
食事取るところがなかなかないなあ。

進んでいくと、道の駅がある。

人生の先輩チャリダーがいたので、少しお話。地元の方でいろいろご案内してくれる。
知床峠を茶利で登りたいなあと言ったら、レンタルやがあるからゴジラ岩のそばだよと。まあ長くても2時間もあれば登れるでしょうと。
実は、もともとパンフ手に入れてあって、タイミング会えばいいねえと思っていたが、がぜんやる気なった。

その後、食事。しじみパスタという微妙に北海道かなあ?をおいしくいただく。


s-DSC02031.jpg

この辺りでは特に、道沿いにカメラマークの標識とともに、駐車スペースがある。道の駅出てすぐにあって、いやーいい景色だ。

網走市になった。

まずは、今回何となく気になった北方民族博物館に。JAf割引で450円。
アイヌ民族だけでなく、イヌイットやらなにやらの展示がたくさん。回転式矢じりだっけ?の説明をしてもらった。
なるほど。ぼうこうを使って、いろいろ作っていたり、なるほどねえ。
s-DSC02034.jpg

s-DSC02037.jpg

s-DSC02038.jpg

s-DSC02046.jpg

おっと、これはスキーだなあ。
s-DSC02054.jpg



お次は、テント山いや、天都山の眺望よろしい、流氷記念館?ここについたら、さっきの先輩チャリダーが来ていた。そうそう、ちゃりでもいいんだけど、やはり坂がきつくて、観光しようっていうときに坂のぼるのやだってなって見れないのがつらいので、今回はカブにしたと説明したら同意していただいたのである。だが、ここまで登ってきたのだなあ。

きれいなお姉さんにつられて、流氷はくぶつかんも、まあ本物の流氷に触れるというのが気になったこともある。

ご案内はきれいなお姉さん、動画がもう始まってしまっていて、最初のほうが良いところだからまずは、流氷見てくださいと。素直にしたがう。
マイナス15度だそうで、に冷やした部屋のなかに流氷が展示されている。さわったよ。つめてーよ。

s-DSC02060.jpg

s-DSC02061.jpg

s-DSC02062.jpg



出て来て、動画見る。うーん、確かに最初のほうが、良かった。
クリオネもいっぱいいた。クリオネは頭をぱっくり割って、えさを捕食する。こわよー。

その後、出てさらに屋上に行く。屋上は無料で入れた。
いやー、知床が一望できる。良いところだ。
そうそう、サロマ湖から見て知床かと思ったのがこの天都山だった。なぜわかったかというとテレビなどのアンテナ群が特徴的だったから。


s-DSC02067.jpg

s-DSC02066.jpg


お次は能取岬だ。

ちずを深読みして手前で曲がってしまい、どうも違う。ってんで時間かかる。
行ったら、あらまあ良いところだ。灯台も絵になるし、海もきれいだし、断崖も怖いし。
いろいろロケ地になっているようだ。

s-DSC02078.jpg

s-DSC02080.jpg



そこそこな時間となっているのだが、またモヨロ貝塚によってしまう。
日本のシュリーマンと呼ばれる、なんとかさん。そういえばシュリーマンの伝記読んで考古学者になるぞと思ったことを思い出したが、もちろん一瞬の出来事であった。
s-DSC02089.jpg


s-DSC02093.jpg

s-DSC02092.jpg


わりとこじんまりとして集落だが、熊の頭骨がたくさんあったり、展示も結構楽しかった。

急いでシャリに向かう。シャリではなにかというと初キャンプなのだ。
サロマニアンで聞いてクリオネキャンプ場に行くことに決めた。





ここもまたいい道だ。というか良い景色の道だ。R244 直線だ〜。

s-DSC02099.jpg
途中、小清水ではmont-bell が出来ているというかある。あるんだーと思いながら素通りしたがこの後、事件が発生した。

無事、明るいうちにクリオネキャンプ場に到着。
キタキツネを餌付けしているがいいのか?そんなことして。

s-DSC02100.jpg


2泊って最初申込書に書いたが、修正した。
オクに進むと、デッキが何個か並んでいたので、そこにした。
テントのペグ打ちが難しかったが、平らなのはいいなあ。


s-DSC02102.jpg

とりあえず、テントを立てて荷物を入れたら買い出しに行こう。
斜里の町に出て、道の駅で美人のおねえさんにスーパーの位置を聞いた。
さて、今夜のメニューは、鮭の切り身とウインナーを焼いて、あとはぱんでいいか。

戻ったら、もう一人来ていた。
隣にテント張っているのは、定年退職ライダー。
彼に、MAPSMEというアプリを教えてもらう。オフラインで地図がみれる。電波がないところでも地図見れるのはいいことだ。
広島?からずっと下道できたという。時間を取れるのはいいことだ。250のおふしゃだった。

さて、ストーブ組み立てて、ガス缶と接続    あれ?はまらんし

ストーブは30年ぐらい前のキャンピングガス、ガス缶はイワタニ。

規格みな一緒だと思ってたがちがうんだ。去年同じストーブ使ったときは使えたがガスもキャンピングガスだったのか?

ということで、予備というか本来こちらを使おうと思ったウッドストーブを取り出す。
燃料を歩いて探す。
だが、なんだかしけっている。そういえば、昨日まで一日雨だった。きょうだけでは乾燥しなかった。
結局火はつかず、ということで鮭もウインナーも焼けない。あれまあ。

仕方ないので、翌朝分の食糧で夕食にした。隣の彼と話しながらだったので、結局暗くなってしまったがそこそこの時間で寝ることが出来た。
そうだ、お風呂もあったのだ。なかなかワイルドだったけどね。




距離 146km + 6km 買い出し で152km 2時間ぐらい何か体験をしてこのくらいの距離ってのがまずはいいかな。
そんでもって、実はじゃあ今日は、例えば、カヌー乗る日とかにしてゼロってこともないが、20kmとかそんな感じで過ごす一日が数回あるとなんかリッチな気分に浸れるのではなかろうか。

お金、いくら?



写真乗せました。クリックすると少し大きくなります


posted by ソーレ at 23:12| Comment(2) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

2019春でも夏でもない季節、カブ子北海道ツーリング 4日目

4日目の朝は、雨音で目が覚めた。
おや?そんなこと聞いてないよ。

はい、天気予報見なかっただけです。
もう、焦っても仕方ないので朝ぶろから始めた。

朝食もゆっくりと頂き、じゃあ準備するか。
チェックアウト後一旦バイクに行き、カッパなどを取ってくる。
ロビーで、準備。今回は、靴を新調した。トレッキングブーツのゴアのだから雨は大丈夫なはずであるが、念のためブーツカバーを付ける。
でも、靴の外側のサイズが大きくなるので、ブーツカバーがつけづらい。これは外で雨の中ってのは厳しいかな。

さて、昨日散歩したのだが、糠平湖が見えないので、カブ子にて見に行った。がなんだかみれないままあれ?って感じで戻って、温泉街を低速走行した。見ると、やはりというか一番いい宿に泊まったような気がする。ペンションとか、民宿みたいなのもあったがまあ過ぎたことだ。

少し戻って旭川方向に進む。

雨なので、あまり寄る気はないのだが、廃線になった線路の橋がたくさんあって、観光名所になっているそう。

最初に見たのは、道路の橋と平行のところ。停めて、歩いて渡った橋をもう一度カブ子で、見るために、車の橋で渡り返して見た。

s-DSC01951.jpg

つぎは、タウシュベツ川の橋。
これは、なかなかに雰囲気がある。そんで、いつだか季節によって水に沈むので痛みが多く、そのうち崩れるそうな。
降りて180m歩くが、まあその程度なら余裕だ。
ただ、熊がでそうなので、宇多田ヒカルの僕は熊をうたいながらだ。

結構遠景になっているが、いい感じの橋である。

s-DSC01952.jpg

さて、動画を取るカメラはバッテリーが1時間程度しかもたないので、外付けバッテリー繋げているのだが、そうすると、防水カバーを開けていないといけない。あまり雨が続くものでしかたない、外してカバーしてやろう。

さて、暫く走ると来たかった三国峠だ。
といっても、ずっと雨なので景色の期待はもう無理。

長い橋を渡ると、じきに峠についた。そうか、この橋はあの写真の(まっぷるなど)の橋だったのか。ということで、暫く止まって写真など。
カフェもあったが、かっぱで入る気にならずスルーして進む。

s-DSC01957.jpg

s-DSC01958.jpg



下ってくると大雪山ンが見えてくる。うーん、スキーってもう出来ないのかな?そういえば、ドラム館では明日ゴルフ行こうって誘われたのだった。行ってくれば良かったかなあ。先を急がないといけないような気がしてせいてしまうのだ。まだまだ修行が足りない。


s-DSC01966.jpg


その代わりというか、大雪山の良いところで、Uターンして写真撮った。またきれいな川でもUターン。
Uターンは、何回したかな。よしよし。

更に降りていくと、とうとう層雲峡の近くに。流星と銀河の滝である。
ここは確かたぶん、北海道ツーリング最初の時に来た気がする。なんとなく。

s-DSC01971.jpg

s-DSC01974.jpg


もちろん、すっかり忘れているので始めてきたように見た。
すごいねえ、水の量。音も。ただ、少し遠いなあ。

ここを出たら、層雲峡を通って上川方面に。層雲峡って前も思ったけど、あまり感銘を受けないなあ。
で、給油と食事。ラーメンと揚げ餃子のお昼。なんだかあまり北海道っぽい食べ物に当たらないなあ。

店のおばちゃんが、紋別行くなら無料の道路で行けばいいというので、それは高速かと尋ねると、そうだったかなあ?とか。
一応行ってみたが、やはり高速で、無料だがカブ子は乗れないよ。

さて、紋別方向に曲がる。なんで紋別かっていうとカニのモニュメントがあるから。
ということで、層雲峡あたりで一旦小降りになったが、その後もずっと雨。
朝見たら、紋別方面は午後には止むはずだったが、昼に見たら絶望させてくれた。



淡々と山道を登っていく。カブ子4足ではむりで、3速にて登るが、50kmぐらいは出るからまあ実質支障なく進む。
途中の上川で芝桜の公園による。有料であったが、まあ出来るだけ有料のところも見ようと思っていたので見てみる。
うーん、なんか執念を感じる。すごいぞ!

s-DSC01981.jpg

s-DSC01985.jpg








紋別の市街って看板が直進と左折両方に出て、なんだ?とおもって直進しかけたところで、ガリンコ号だったか看板が左折だったのでほぼUターンでやり直し。
暫く行くと、この雰囲気は あまり良く見えないが、きっと海だ。とおもい、海だーって叫ぶ。
確かに海であったが、まだ遠かった。

徐々に近づいてしっかりと海になった。
流氷センターとかの標識は右折だったが、まず海優先で直進したら、なかなか大変に迷うような。
でも、なんとか海岸に到着。でも、ここは埠頭って感じだと思っていたら、海上保安庁の船が登場した。

s-DSC01987.jpg

とりあえず、オホーツク海を確認できたので、カニモニュメントを探しに、そのまえに防波堤?有名なのとは違うがなかなかかっこいい。
s-DSC01992.jpg

s-DSC01991.jpg



ガリンコ号がいた。そのほかに小さいのがもう一つ
s-DSC01989.jpg

s-DSC01990.jpg



ほどなく、カニに到着。ハハハハハ・・・・笑っちゃう でかい。

s-DSC01994.jpg

s-DSC01996.jpg



その後、海岸を見つけて海に降りて例の水をなめる。しょっぱい。
ま、そんなでサロマ湖に向かう。

s-DSC02000.jpg




向かう景色も結局雨の中で、なんだかよくわからない。
が、それでもサロマ湖になった。あーでかい。
道の駅で休憩して、有名だったらしいホタテバーガーの海産物やサンは素通りして、展望台も素通りというか5kmぐらいずれるらしいのでパス。どうせ、大した展望にならないのだ。雨だから。

少し町っぽくなったところで、そろそろ着くはずなのだが、ないなあ。って結局マップルと実装距離の感覚的な不一致がまだ続いている。
結局スマホ取り出して、ナビにして進む。

ほんの3分ぐらいでとほ宿 サロマニアンにご到着。

ご主人が出て来てくれた。カッパは風除室にかけて、風呂行きますか?と
実は予約したときに5時半までにくれば、温泉の便を出すと。でも着いたのは6時まじか。
なので、うれしい誤算。

というか、実は本日のお客はおいらだけ。せっかくというか、相部屋で申し込んで旅の情報交換などを考えたのだが、まあ一人は一人でよろしい。

着替えもって、温泉へ。本来千円だが、宿パス見せると500円のようで貸してくれた。
温まったー、やはり一日雨は冷えていた。

指定時間にまた来てもらって帰ったらすぐにごはん。
充電祭りをはじめたところで、ちょうどよかった。

奥さんが、自称アニメ声というかわいらしい声で呼んでくれるのである。豪華ってことはないが、とても美味しかった。
ほたての 1年目のものを頂いた。午前中のウニ以来のそれっぽい食事である。

その後9時ぐらいまでご主人とお話し、なんでも外壁を追加で張り付けて窓も2重だかにしたことで、ずいぶんと温かくなった。暖房費がかなり減ったとか。その他、明日の見どころとして、砂州を自転車でなら走れるよとか、サクラマスの遡上を2mぐらいの高さのダムのところを見れるよとか、いろいろ聞いた。

あとは、アクションカメラだが、どうも動作がおかしい、やはり水が入ったなとおもって、ドライヤーを借りてしつこく温めて、水分を飛ばしたらまあまあ動くようになった。実際にあとで不具合があった気がするがそれも気のせいかもしれない。


ということで、充電祭りとアクションカメラデータをノートパソコンつなげて、外付けハードディスクに移動しておやすみなさい。

現金残高 ¥43000円
走行距離 258km  けっこうというか、かなりだな。雨だから寄らないで走ってしまうんだよね

posted by ソーレ at 19:14| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

北海道カブ子ツーリング 3日目 新富町から糠平湖

新富町糠平湖.png

ドラム館のドラムの余韻はなかったが、準備して出発だ。朝食は普通だった。夕食は奥さんがいなかったせいか、焼き肉であった。

さて、先にCB1100の出発である。お見送りしようとしたら、オジサンたち後ろ向いて手を振っている・・・まあ、面白いと言えなくもないが・・・

ドラム館名物 反対がわお見送りだそうで、もちろんおいらにもそうやってくれた。


本日は、帯広でTZさんに会うがその時間が10時ごろなのでまっすぐ行くと余るから少し、回り道してみた。
熊牛ってところ通るとまた景色良いよって言われたのだ。美蔦?峠だ。
なかなかの景色である。

s-DSC01932.jpg

s-DSC01934.jpg

待ち合わせ場所は、しないならどこでもいいといわれていたので駅に近寄っていくと、北海道銀行があったのでそのわきにカブ子停めてしばらく待つ。
s-DSC01936.jpg

電話したら、ほかの銀行で打ち合わせ中だったということで、ちょっとふらふらしてみた。

TZさん登場。
北海道ホテルに行きましょうって事になってあとをついていく。なかなか昔からある感じのいいホテル。
中庭見ながらお茶して、いろいろ情報交換。

s-DSC01937.jpg

1時間ぐらいのつもりだったが、いろいろ聞いたりしていたらお昼時間になり、じゃあってわけでホテル内で移動して豚丼を頂く。
お金持ちなので素直におごってもらう。ごちそうさまでした。

勉強というかモチベーションアップになりました。

結局3時間ほど経って出発。

上士幌町まで行くのに、いろいろと迷ったというか違うルートをトライしたりでぐるぐる回っていたりしてさらに時間は経過。

でも、いい景色だ。十勝っていいなあ。美瑛の丘みたいには少し違うがもっとダイナミックな感じだ。
s-DSC01942.jpg

s-DSC01944.jpg

s-DSC01947.jpg

ナイタイ高原牧場に行こうと思っていたのだが、押せ押せになってしまいやめておいた。
さて、どこまでいけるかなと思ったのだがとりあえずガソリン入れて北上。
と思ったのだが、なぜか市内でスタンドが反対方向にしかなくまいいか、次まとうとおもっていたらあら、もうないよ。
ってんで、入れないと。
でも、ナビではスタンドないっていうから仕方なく5kmぐらい戻ってホクレンに入った。
その後30kmぐらいでスタンドあったから間に合うには間に合ったが、精神衛生上戻ってみた。


然別湖の手前の白樺の山がとても美しい
s-DSC01949.jpg

でまあ、写真の通り曇りだなあ。あまり気にしてなかったけど。

少し疲れもあり、今日も宿で泊まろう。
探したら、つぎの糠平湖畔に宿がある。

楽天トラベルではあまり出てこないので、普通にネットで調べてみたがよくわからんので電話してみた。
糠平館ってところに聞いたら、空いているが1万円超えだって。あらまあ、でもまあ仕方ないか。

s-DSC01950.jpg


ついてみたら、あらご立派。温泉ホテルであり、食事も豪勢。
なるほど、そのくらいしても不思議はないむしろ安いほうだ。さらに露天風呂も良い感じで満足した。

充電祭りとルート検討して本日お休み。


現金残り 52000円
カード利用 9500円宿 他に千円ぐらい支払い
走行 153km 初めてほぼ目標の距離に収まった。0〜150kmぐらいってのが目標なのだ。



posted by ソーレ at 22:56| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

2019 北海道ツーリング 2日目

garmin02.png

奮発して、個室にしたおかげでいびきに悩ませられることもなく良く寝られた。2段ベッドのツーリストAでもこの疲労具合なら寝られただろうけど。
3時半ごろから電気がついて、放送があったりで起きろということだが、しばらくぐずぐずしていた。

4時半入港にともない、車両甲板に降りるがバイクが無い。というかバイク置き場がわからない。おやー?なんだ、この出口両方にあったのか、無事バイクに到着。

s-DSC01884.jpg

荷物の準備完了してしばらく他のライダーとお話。BMWの800tぐらいのは、リアに荷物積んだらバランス悪くなって駄目だこのバイクって言っていた。シャドウ400の人は、みんながビックバイクなのでつらいと言っていた。ふーむ、いろいろだねえ。

今回の時期に来るライダーはやはりまだ少ないのと、後でだがすれ違う人々はソロが圧倒的に多い。2台以上ってあまり見ない。
まあ、そうだよねえ。激しく同意ってところだ。


さあ、いよいよ北海道上陸である。いままでワクワク感が少ないのが気になっていたが、なんのことはないタラップ?降りてるとうほほーいだ。
おりて、すっと足を付けてタッチダウン完了。

すぐに動けというので、誘導に従い先まで進む。

今回メインは道東なのですぐに東に向かおうかと思ったが、ふと思い直して去年近所の人たちと旅行して激込みだった小樽運河を、空いているときに見て来よう。まあ、18~20年前にも同じことしたんだけどね。

いきなり地図みながらだがまあついた。
s-DSC01889.jpg

静寂の小樽運河はやっぱり朝5時が必要なのだろう。

気が済んだので東に向かう。
小樽から坂を上ったらすでに朝日と海が美しい
s-DSC01892.jpg


途中、手稲ステーションホテルに立ち寄るために曲がったら跨線橋がながくてびっくり
まずは今回初のセイコマで朝食
s-DSC01894.jpg

手稲ステーションホテルは、お仲間のTBさんが買ったというので、見に行ったのだ。
SNSで連絡して、今回は札幌パスして合わないけれど引き続きよろしくお願いいたします。というわけだ。

STさんには、この写真載せて連絡したら釧路で会うことになったので、またよろし。
言っておけば、CFさんには、帰りに会いましょう。TZさんには帯広で会いましょうってなって無事いろいろな予定が決まりだした。
あまり予定は決めないほうがイイのだが、人と会うってなるとそこは仕方ない。


石狩平野を抜けて、R337で東に向かう。なかなかいい道だ。北海道感が満載になってきた。
といいながら、途中何度も地図、もちろんツーリングマップル北海道版 しかもR版って大きいやつ。老眼対策だな
を見て確認。地図の指定位置は前のかごの中なので、取り出しやすくてよろしい。走りながら見れないのはつらいところだ。

マップルの距離表示と走った感じがなんか合わなくて、何度も手前でかくにんすることになる。あれ?まだかなあ?って感じだ。

由仁経由で帯広に向かう。この道は恐らく通ったことがないのと、道東に行くのに一番近いのでこれにした。そう、道北とか襟裳岬とか今回はいかないで道東漫喫予定である。

夕張では最初に駅に着くが、立派なホテルと、立派なスキー場がある。でも駅がなんか変。
わきのセイコマで聞いたら廃線になったとここと。あらまあ残念。

つぎは炭鉱博物館に行こうとしたが、なんと4月に火災が起きて、坑道を水浸しにして鎮火させたので、まだ駄目だということでクローズ。立派な旗が立っていたから、こりゃ数年前から閉まっているのかと思ったが意外と最近だった。

さて、黄色いハンカチ思い出広場とか書いてある。これはあれだなあ。行ってみるか。

入館料が500円ぐらいかかったが、入ってみる。
手前のカフェで払って、ロケ地?は少し歩いたとこrだ。

s-DSC01899.jpg

やっぱこれだなあ。
s-DSC01906.jpg

s-DSC01907.jpg

s-DSC01904.jpg

s-DSC01898.jpg

展示を堪能して、カフェに戻ってお茶
s-DSC01915.jpg
メロン味だ!コーヒーとで少し休む。

なにせ、暑いのである。そうそう、昨日だか帯広で全国最高気温39度だかであった。なんだかなあ。きょうはそれほどでもないが十分暑い。


さて、その帯広方面に向かう。
日高で昼頃給油、沙流川キャンプ場ってのを下見する
ルート検討ちゅう
s-DSC01918.jpg


帰るときには、ここでキャンプして翌日小樽に向かうと距離がちょうどいいかと思い様子を見てきた。まあいいじゃん。でも雨だと困るなあ。
R237で北上して占冠村の道の駅でメンチカツ定食。うーん、なんだからしいものを食べてないなあと思うが、内陸だからなあ。


レンタル自転車がなんと無料だというが、暑くて無理。さて、ここから道道(以下D)136でトマムに向かう。早朝の山頂カフェで雲海見ながらってのが行けるらしいが、すっきり山頂が見えている。雲海などありようがないので、パス。
しかし、デカいホテルだ

s-DSC01919.jpg


その後、北上してR38に合流。狩勝峠から十勝平野を一望だ
s-DSC01925.jpg

本日は帯広手前のとほ宿 ドラム館 に泊まる。
ずいぶん走ったし、キャンプするときは連泊にしたいなあと思っていたし、暑くて疲れたので宿に決定。
そんでも、せっかくだから とほ宿にした。
s-DSC01929.jpg

ドラムだ。

s-DSC01930.jpg

相部屋の方は、CB1100でのリタイヤ記念ツーリングの方である。いろいろ遊んできたひとであった。
s-DSC01930.jpg

ドラム館は、音楽とほ宿であった。

CB1100のかたはギターを弾く、宿主とその兄がドラムやらギターやらエレキやらリード、ベースとくるので、何もできないおいらは歌を歌う事になる。
最初に、ベンチャーズの曲を宿の二人、フォークをCB1100

みなさん、年上で曲の世代がちがうからなんとかかんとか合わせていわゆる生バンド演奏による歌ってことだ。
おいらのお歌は、サボテンの花、中島みゆき、大空と大地の中で、探し物は何ですか?ってなんだっけ?
なかなか楽しい。5曲ぐらいの演奏の後6曲ぐらい歌ってお開きになった。

前半


後半



本日の走行 281km
お金不明 
ドラム館 5500円だっけ?
posted by ソーレ at 16:29| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MTB で岩岳ダウンヒル デビュー

MTBは先日買ったものの、納期が遅れてカブ北海道ツーリングに近くなってしまったので、近所を1日走っただけだった。

s-DSC01839.jpg

s-DSC01843.jpg

s-DSC01849.jpg

s-DSC01848.jpg

s-DSC01841.jpg



ショップのイベントで岩岳、そうもちろん学生スキーの甲子園の岩岳である。にて、マウンテンバイクダウンヒルに行くというので、参加した。

またまた初体験できるってのは良いことだねえ。人生の刺激としては。

5名様でのツアーで、朝早かったからと、眠りが浅かったのと、北海道疲れで今一なれど、上田の店からは乗せていってもらったのでありがたい。眠気とは一応戦って、ほぼ勝利した。

s-P_20190609_092709_vHDR_Auto.jpg

s-P_20190609_092645_vHDR_Auto.jpg

s-P_20190609_092700_vHDR_Auto.jpg

今回、皆さんバックパックというかデイバックを背負っての登場だったが、おいら忘れたので荷物を減らすためにスマホは車に置いておいた。
このため、写真は最初だけ。

さらに、動画もカメラセットしたが、充電したつもりが出来てなくて2分ほどで終了。幾らかとれたかな?


まあ、いずれにしろ。楽しかったよ。

怖いのと、楽しいのがやはり紙一重なのだが、今回は怖くなるまではスピード出さないように自重した。いきなり転んでけがしてもつまらないのと、初心者は初心者なりの楽しみ方があるわけだ。

でも、バンクをどうやって曲がるかとか何百回も出来たので、ってスキーのターンのほうが多いけど。いろいろ試して、人のを見たりしながらだんだん安定して曲がれるようになってきた。

バンクは、手前で坂に登っておき、出口では下に降りるが基本のようだ。
ラインどりだねえ重用なのは。
目線も遠くへ遠くへ。
まだまだ、ずらすとかジャンプとかさっぱりだが、また行きたいなと思うように楽しかったので何よりだ。


ただ、森の中に入るとサングラスが光量減らしてしまい厳しい。
恐怖感はあるよねえ、行けるってなると行けるんだが、ビビると駄目ってのはこぶに似ている。

結局午後になり、天気が怪しくなったのと疲労で3本で終了した。
走る人は7本ぐらい行くらしいが、初心者にはこんなものだろう。

その疲労もいわゆる脚売り切れというのと同じ状態だ。
初ってのは疲れるものだが、下降標高 1800mでこれだとどんなもんでしょう?






posted by ソーレ at 12:34| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

2019 春でも夏でもない季節 北海道カブ子でツーリング その1

2019年春でも夏でもない季節 北海道ツーリング with カブ子


期間 2019/5/26−6/6
方面 道東メイン
この時期は行ったことが無かった。今までは、夏の時期7月末から8月頭ごろが4回、GWが1回。
今回は、この5月末から6月頭という春でも夏でもない季節である。

まあ、この振りでわかる人はあまりいないだろうが、石川優子の曲から取った。
人のアップでなんだが、
https://youtu.be/NagL2ZwotfA
ということで始まり。


5/26 日 初日

前日までに準備は完了。一部の荷物を積むだけにしてあった。
今日は3時に出発してお昼12時出航のフェリーに乗る予定だ。新潟港から小樽につくのは明日の朝4時半。

なのであるが、夜になって寝つきが悪い。
やはり、あれか?

遠足の前にワクワクして寝られない小学生といったところだろうか?ただ、そのワクワク感を抑えていたものはある。まあ、なにせ一人で12日でかけるってわけだから、あまりワクワク感を出していると不機嫌になりそうな人がいるので意図的に抑えていたのが良くなかったかもしれない。

いずれにしろ、明らかに寝たなと思ったのは1時から2時15分の間だけであった。暗い部屋で横になっていれば、だいぶ寝るに近いものはあるのだが、正直これはまずいなあ。

そんで、この数日えらく暑い。さらに、本日の予想は新潟では32度とか言っている。おいおい、5月は25度までにしてくれって言ってるじゃないか。

まあ、2時半起きの予定だったが、目が覚めたのでそのまま準備。
積み込み、身支度完了して一旦スタート。
少し行ったところで、アクションカメラも動かして動画撮影も開始。3時からのスタートかな。
今回も基本的にドライブレコーダーとして使おうということで、ずーっと撮影しておく。だからファイルが大きくなるのでVGAの画質にしておく。
s-DSC01863.jpg

s-DSC01865.jpg



いつものセブンでコーヒーかと思ったが、この涼しいというか寒い時間帯には出来るだけ走っておこうとおもうのであったが、結局上田でコーヒーのみにファミマに入ったら、マシンが掃除時間帯で結局缶コーヒー。

時間帯もあって、ずんずん進む。すぐに更埴、長野となる。ここで2度目の休憩。といってもちょっとお茶飲むだけ。

ペースは40km/h程度出ている感じだ。ずいぶんと快調である。カブ子だとというか、車でもだが下道で35km出れば上等なかんじだが、なにせ夜中は快調だ。

ところで、装備だが荷物は写真の感じで、箱には、工具やらチューブやらガソリン1Lに加えて、シュラフを入れてある。それに追加で着替えは4セット4日分の下着とミドラーが2枚、それにお泊りセット、電源セット、パソコン、外付けHDDは2TBの。なまら蝦夷と、文庫本を入れた。

そこに入らない分の着替えとして、防水バックにも薄いズボンやらをいれて、さらにデイバックにはなんも入っていない。
これは、トレッキングをするかも?その時に使おう。まあ荷物が増えたらそこにいれといてもいいし。

振り分けバックにh、キャンプ用品、調理用具、テント、タープなどを両方使って入れた。
カッパと、シューズカバー、椅子も入っている。チェアワン買ったのである。

フロントのキャリアには、タープの骨と、テントマットぐらいにしておいた。ここ重くすると、主に発信するときにフラフラするので危ない。


で、自分は、速乾のTシャツまたは長Tにミドラーを着ておいて、そこに冬用のジャケット(インナー取り外し可能のタイプ)パンツも綿入りの防水ワークマン。
靴はモンベルのトレッキングブーツ タイオガ。グローブはなぜか夏にも使うやつにしてしまった。

ということで、基本的に冬の装備にしたのである。だって5月の北海道は2度だったことがあるんだよ。

であるが、5月として記録的な高温が北海道にも昨日あたりからやってきているらしい。
その情報をもとに、薄いズボンは追加したのである。



戻るが、長野の北部で旧海こっち山こっち交差点をすぎてR18は続くが、この道もずーっとご無沙汰だった。記憶が欠落している。黒姫あたりでは、ジュンシの試験で会場だったから少しなじみがあるけど。



あとは、下りだ。当初12度だったが、じょじょに15度ぐらいになっていたのであるが、下り始めたらすかさず20度超えて来て、新潟にずんずん進むにつれてドンドン上がる。
新井の道の駅で朝食はスキや。牛丼たべてしまったなあ。パンだけだとなんかなあとおもって待っていたのだ。
SHIM0747.JPG

28度ぐらいの時に休憩して、ジャケットのインナー外して、ズボンも薄いのに交換。

長岡で給油して、少し休憩。7時半から8時の間。

とうとう、新潟市街にはいったら、コメリの巨大なのがある。倉庫やら事務所やらかなあ、本社かなあ?
気温は32度。フェリーターミナルを目指すが、ナビにしたスマホは意外と変な道を案内する。でもターミナルの看板が見えたところでスタンドがある。セルフなので念のため入れておく。0.95L入った。。。

その手前でお昼を食べようと思っていたが、もう暑くていいや。フェリーターミナルで食べよう。

s-DSC01866.jpg
そうそう、ねぶそくの上にこの暑さでフラフラになって危ないのではないかと懸念していたが、寝るまでは至らずにたまに頭を振ったりすることで対応可能範囲で会った。

昔と違ってネットで予約して予約票プリントしてあるので、本来はそれでそのまま入ればいいはずだ。ちとちがった。

まあ、その前にターミナルにご到着だ。10時半ごろ。1時間前には来てねと書いてあるのであまり余裕はなかったなあ。やはり3時に出てこないといけないようだな。

バイクは15台ぐらい居た。とりあえず最後に並ぶ。カブはいないがベンリーの新しいタイプ荷台付きのがいた。11時ぐらいには戻ってくださいというので急いでご飯食べた。
ふのりそばと、ヒレカツセット。

s-DSC01866.jpg

窓口に行き、部屋の鍵を受け取る。カードキーだ。そう、今回はツーリストSという個室のタイプにした。ツーリストAだと、2段ベットで、上と下では互い違いに入るタイプ。
いびきを懸念して寝られないといけないから3千円奮発だ。

バイクに戻ったら、割とすぐにエンジン掛けてヘルメット被ってと。徐々に乗船だ。
ここでも、うーん、なんかワクワク感が少ないんだよねえ。
このワクワク感のなさはどうしたものか、ってどうしようもない。なるようにしかならないねえ。

ヘルメットと振り分けバックはカブ子から降ろして、棚と下に置いた。転倒防止のためだ。いるものだけもって船室へ。


つーりすとSは1間四方つまり2畳程度の空間だ。ベットと机という設備テレビもあった。電源もあるので、充電祭り始めてから、コーヒー飲みに出た。
s-DSC01873.jpg
30分ぐらい出航を待つ。

 外に出ていたら、あれ?もう動いているじゃんかと。直後に汽笛がまじかでなる。チョービビった。
その後、風呂に入ってあれ露天風呂もあるよ。そこで、去年はライダーだったおじさんと話し。出てからは仮眠だ。


DSC01872.JPG
その後は、ようつべのために初日ダイジェスト版を編集した。アップは電波が悪くてできずに、結局翌朝小樽付近で行った。
編集しなおしたので、新しいほうで。





相撲見た、御嶽海勝って9勝だ。とらんぷが相撲見にきてたいへんそうだった。

DSC01874.JPG

こういう景色を見ていると、まことにありがたいことで。さて、今後はおいらどうしようかなあとか考えるのだが、結局あまりまとまらずだが。


そんなことで、夜も良く寝た。

初日終了。


速報版ではチョーはしょったが、まあそれでも良かったような気はするのだが・・・
一応作った。

初日 

距離  オドメーター 3850kmでスタート
本日   4116km  走行 268km
ガソリン 4046km 4115kmで
おかね  現金 7万円でスタートして、 65000円残り 5千円使用
フェリー代金は事前支払い  5040円カブ子 人 ツーリストS 個室 10340円 片道 復路は ツーリストS 9756円 カブ子5040円
フェリー代往復合計  30,176円




posted by ソーレ at 18:30| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする