2016年01月20日

23,24のはずが23日目の大会週間の手伝い。1/18-19

今年はクラブで受験者がいないのでまたお鉢が回ってきた。
でも、二日までしかいけないので、この日程。

午後1時までに会場に受付と食事してから集まれというので、雪不足で会場移動も
考えて、結局8時過ぎに出た。今日は大雪である。20センチぐらいだな。

坂城ぐらいまでは路面が白かったが、その後雪がなくなってとがりの戸ピアホールで受付したときには雨である。
途中で、今日は中止だから宿で待機という連絡はいり、どこもやつたや、ガソリンと寄り道していたらTEさんと、OG君に抜かされていた。

電話情報は正しく、飯山の宿にはいるも、雨だ。少し雪になった。
昼食べてからごろごろ昼寝のあと読書。
昨日買った、丸山庄司先生の著書(サイン入り)を読んだり、久々に買ったトランジスタ技術のGPS特集を読む。でも寝る。

ということで、結局夕食で少しほかの人とお話のあとはまた読書とごろごろ。
みんな、思いがけない休日を体力回復に努めていた。

二日目はいちおうスキーに入れよう。
バスが宿に来て(何の話も無いままだった)妙高高原に乗せていってもらってジャンプ台まで行く。
係員のいないリフト、急斜面のランディングバーんの整備
ランディングバーンをすたんぱーということで、でらかけではなく、パタパタしながら降りていく。汗だくだった。
うわさのあった、直滑降は直前の人で終了となって結局できなかった。板が短かったので少し不安もあったが話のねたに行って見たかったなあ。

選手が練習をして飛んでいる。写真やビデオに収める。
そのご、昼飯

で、さらに待機。

その後、水まいて助走路を固める。バケツリレーで水を運ぶ係り。
足場が悪くて、4回ぐらい転んだ。水はタンクに50杯ぐらい運んだのではないか。
これで、3時ごろ終了となった。

自衛隊の高田の人たちがメインとしてやってくれている。こちらはその手伝いという感じだな。
人数もあちらは30名、こちらは15名というところか。

2kmぐらいの滑走距離だが、まあ雪上にいたということで23日目終了。
宿に戻ってから荷物を積んで帰路。
今回は、トヨタいい山からだからずっと高速のままである。

posted by ソーレ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八方 忍者 ほうのき振り替え 21−22日目 1/16,17日

忍者寺、ほうの木で練習するはずであったが、今年の雪不足により八方に振り替え
そうそう、愛知県の技術せんにオープン参加するので。

さっちん、ちえみさん、ねるちゃん、れんちゃんとで6名体制

忘れてるなあ・・・
午前中は大回り
谷周りで脚を外に出しながらエッジをかましてくる動きが足りない。
足首ひざ、ポジション低く
今日は、前回よりもよい。
股関節を緩めることを意識したらよくなってきたかな
イメージトレーニングをしてきた甲斐があったような。

ビデオ 1,2,3と徐々によくなったかな。
いや、3本目はパノラマの下から見て右手のほうで撮ったのはエッジがかんでしまい暴走気味

1本目は引っ張りすぎ
2本目はひっぱるのは辞めたかんじ
3本目は押し出すができずエッジがかかってしまいカー便具
4本目は押し出すことはできたがスライドが大きすぎる。もっと角を立てて押し出すように真ん中で。

おや、大回りは3本しかないぞ!

たわみは1ターン目からは出ない。2,3ときてやっと出てくる


小回りは午後

とてもいいのが出た。
低くしてエッジを立ててというのをひざ下、足首つかって。
1本目だが、ミーティングでよく見ると最初の3ターンほどはとてもよかったが、その後はスローにすると顕著に腰が外れている、板の返りのスピードも切れがなくなっている。
結局スピードに負けているわけだ。加速してくるにしたがって、もっと低くもっと押し出す操作が必要なのか

2本目はなんだか調子に乗ろうとして乗れなくすっかり忘れてしまった

三一前めは散々。
最後の小回りパノラマではOK このスピードならという条件付だけどね。
テールを意識して、上のほうでテールがはけないようにセンターからテールに乗って腰の上で操作する。

ミーでは
上でトップにのってテールが捌けてしまうので、それに腰が追いつかずに腰が板の上かは外れてしまう。
センター、テール、センター、テールぐらいの意識で行きましょう。


どうしても前に乗ってテールが掃けるのが癖になっているので、特に大回りだが。
大回りでは、あまり前に行かなくても滑ってこれることを頭にしみこませないといかん。

ひざが少し悪化した。ピポットの動きでやろうとするのが負担かかるしえぐるのはやっぱり疲れるんだな。

距離 13km、 高さ 2500m
あーそういえば、ブーツの下につける歩く用のものをうさぎてらすに忘れてきてしまった。

二日目は1/17
れんちゃんのみ。

なんか、板はIraceに変えてみたのだが(ひざを考えて初日はエッジグリップの少ないJoyにした)なき山のリフト降りて、リー全に向かうのでなんか変って感じ。
地に脚がついていない感が・・・
うーん、案の定調子悪いなあ。

 本日は大回り中心。
よかった、えぐる小回りはやはりひざに負担がかかる。少しだが悪化したきがしたので。

パノラマと黒ビシでまわすことになる。

さて、大回りのまえにまずは、ポジションチェックだ。

山周りからの線を細くしていく。エッジ角度を固定しないで動かしっぱなしにして深くしていき、シュプールを細くする。ここで、前に行き過ぎてはテールが捌けてしまう。
谷周りからだが、谷周りではピポットの動きかな?

軸がはずれるよ
しゃがんだ状態から脚を伸ばしていくとか
エッジ立てながら押し込んでいく、これがひざを伸ばしていく動きだが。


どれか一つしかできない。イメージではいいの合ったんだけどなあ。さっぱり躍動感を感じられない。
スピード出すと腰が外れる。このあたりは、午後になって腰のはずれは治ってきた。
結局中に生きすぎなのである。だから、谷周りの入りで外脚が浮くのだ。

ポジションが前過ぎる。立ち上がるときに前に行きすぎなんだ。ほぼ真横に立ち上がる意識でよさそうだ。


まずは、外脚に乗った幹事が出るまで0.5秒ぐらい待ってその後ターンに入っていくべし。
あとは、目線。
下向きすぎるとターンが落とされてしまう。少し中を見ていくべし。
これは谷周りでも出ていたので修正、外股関節にて圧感を得ていないといかん。
どうも、外向が大きく出ているのが腰のはずれの原因で、こうなると板を撓ませられない。すると帰りもなく走りも出ない。
徐々に腰のはずれはなくなってきたが、脚の伸展はまだすくないし、屈曲もすくないんだな。ビデオ確認すると。それでももう少しよかった気がするのだが・・・残念だ。

山周りで入るときにフラットで入ってはだめだね。エッジ立てておいてからだ。

アイサンの後ろついたときには、ひざ下が入ってエッジたっていくのがわかった。
外脚のブーツのパワーベルトの金具が内脚に当たってくるので、金具の取り付けを反対にしているとな。
載るディかで今シーズン変えた部分だ。反対にだけど。


パノラマの下から見て左側で撮ったハイスピードの大回り

1っポン目;左外足でチョー中に入りすぎて腰が外れて板を撓ませられない
午後二本目の大回りは、やっとこ載れてきた。股関節に圧感が現れる。少し待っている間に角付けしてグリップしてから入っていく。
しゃがんでいるときでもグリップしながらだよ。

グリップしてからまわす。グリップしてから押し込む。すると撓むよ。


ということで、なかなかつらい一日であったが、最後のほうは何とかなっては来た。でも、レベル低いなあ。
昔のハンドタッチのイメージで斜め前に体を落とすのが染み付いているのかな?
横に落とそう。少しでいいので。

れんちゃんも切り替えで上体を回すのが癖になっているのがなかなか修正できない。

おいらも、がんばろうというかイメージを変えるためにがんばろう。

あ、ブーツの下につけるのは、探しに行ったら無くってあれまあだったが、インフォメーションに行ったらあった。ありがとう皆様。

れんちゃんにインナーのお礼の昼飯。
また新たにもらったが、帰ってみたら明らかにでかい。これも無理だなあ。屋不億息か。

高度2000m 距離11km

2240だっけ4220だっけですいー津食べてゆっくりしてから宿で風呂いれてもらい帰った。
そういえば、翌日また高速とおるんだ。

ルートについて、更埴で下りたり、更埴で乗ったりするのでも裏道使えばだいたいよさそうだ。
旧道のR18丹波島橋方面に行くとなんかいつも時間かかっていたんだが、6辻から左に入っていくのでもルートがわかってきた。トンネルの手前に出ればOKだな。



posted by ソーレ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015-16シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする