2018年08月08日

2018 東北カブ子ツーリング 1-2日目 新発田と「にかほ」泊まり

2018 東北カブツーリング


計画
7/29 AM7:30 町内草刈りの後出発⇒地蔵峠⇒須坂⇒R177飯山⇒R117新潟県津南⇒R8長岡R8予板中村コーヒーPM5:00⇒新潟市 PM7:00  300km走行 宿泊

7/30 新潟市内⇒R113村上⇒R345,R7鶴岡⇒R112酒田土門拳記念館に⇒R7にかほ⇒R345由利本荘⇒R7秋田市  260km走行 テントor宿


計画はこの通りだった。書いた時点でどうかなあと思っていた。
一日300kmとか走れるのか?それでは何も見れないのではないか?
確か、150kmぐらいに抑えた方が良かった気がするが。

といった、疑念はあったが、まあ行ってみようということで。


7/29(日)初日 出発から新発田まで

昨夜のうちに積み込みは終了していた。
今年の草刈りは時間早く終わるとの予想だったが、まあそうでもない。
戻って、朝食べて身の回りのものをもって、出発だ。
DSC00912.jpg

DSC00914.jpg

ところで、本日というか昨日まで台風である。あの、変なルールを通るという12号だっけ?一応、台風一過になるはずであったが行く手を見るとあれれ?暗い空だ。

出発したのは、7時半ごろ。オドメーター1515km。
後ろを見ると晴れているのだが、前が暗い。うーん、10分で雨降りだした。仕方ないのでカッパとブーツカバーとレインカバーを付けて再出発。
早速、計画を間違って書いていたことを発見。地蔵峠ではなく菅平超えであった。天気アプリで雨雲の状態を確認する。山ってたいてい降るから、R18で行こうかなと思ったのだ。

ところが、R18沿いは激しい雨と出ていて、菅平超えは弱雨の予報。まあ信じて行ってみたら弱雨で済んだ。須坂まで降りたらほぼ大丈夫な感じでセブンで休憩がてらカッパの上だけは脱いでみた。暑いのだ、日が出たから。

R117に向かうも、七瀬交差点で直進してしまう。これ直進は志賀高原方面だ。あれ?と思ってUターンしたのは、5分も走ってから。やれやれ先が思いやられる。

入ったら淡々と進んでいく。これ、ほんとに淡々と行かないといけない。後でも思うが高速乗れないということはなかなか凄いことだ。

小谷村の道の駅で休憩。
立ち食いみたいなそばを食べる。椅子あるけど。
なんだかなあ、もっといいの食べてもいいのだが。と思っていたら、奥に行くとクジラ汁とある。しかも200円。食べました。
DSC00919.jpg

DSC00921.jpg




瓜の汁に似ていて、黒いのに白いのが付いているのがクジラらしい。アジは普通だが、夏に食べて滋養強壮だそう。ところで暑い。今回は、ワークマンに行って長袖のアンダーシャツとタイツを買った。冷感とか書いてある。効いているのかどうなんでしょう?


DSC00922.jpg
長岡付近の道の駅でライダー3名様とお話。

PCX125とVT1200とハーレー。長野の方たち。PCXは早くて、最高もぬふわkmぐらい出るとのこと。ほえー、カブは70kmまでしか出したことないなあ。
ただ、この方たち暑い暑いと玉のような汗。おいらはそこまででない。ワークマン効いているのかな?

長岡は与板の商店街に中村コーヒーロースターを訪ねる。PM2時ごろ到着。
妻の友だちの奥さんが、丸山コーヒーの焙煎していた旦那と一緒に独立したのである。
前に一度行ったが、今回通り道なので寄ってみた。

3年ぶりぐらいだが元気そうで何より、繁盛していてよかった。小一時間休憩がてらコーヒーとお菓子で元気をもらった。

三条市の物産館。立派なビルの1Fにて休憩しながら宿を決める。新発田市ホテル丸山に決定。その後見学。いろいろあるなあ。そういえば、風呂に使うゴミ受けを買ってみた。

午後6時半ごろ新発田到着した。285km走行

天井のある場所にカブ止めさせてもらえたので、前に積んだキャンプマットやら、サイドバックはそのまま。箱の中からいるものを出して袋に入れてチェックインというスタイルがホテルでは確定。

荷物夜に外に出して置くってのはいまいちなれど、もう一往復と取り付けが面倒。
いや、この晩はたしか、サイドバックは外して持って行ったか。その後適当。

 この行程は、いつか北海道に行くために新潟フェリー乗り場まで下道カブでどれくらいかかるかのシミュレーションでもあった。

あらまあ約10時間って事でしょうか。高速だったら、4時間はかからないなあ。

夕食は、少し歩いてホテルおすすめの寿司屋さん。うまかった。2400円ぐらいでこれだけうまければ上等である。
宿は部屋は良いし、隣の旅館の大浴場を使わせてもらえるので良かった。ただ、エアコンかな?動作音がそこそこやかましい。疲れるので寝たけど。
DSC00926.jpg


https://youtu.be/VujYDXructU


7/30(月) 6:00起床

暑いので、少しでも早く動き出そうということで、6:45の朝食まえに準備をしてと思ったら、この宿の場所意外といい場所でちょっと散歩しよう。

足軽長屋とか、諏訪神社とかいろいろあるなあ。

ってんで、回っていてから、朝食で、昔のお姉さんと少しお話。なかなかいいところですと褒めたら住めば都ですねとそつがない。
出発は7時半か。

この辺りで地元では見かけない形の信号機があったので。
DSC00928.jpg
なんか、カッコいい

新発田城を見に行った、天守なのかどうか、後年立て直した感がでていたので、まあ先もあるし写真のみで出発。
DSC00930.jpg

彩雲寺祈念公園ってところ目安に海岸に出る。ここの講演デカいなあ。そして、海沿いに出たところにはキャンプ場があった。なんだ、ここでも良かったかもと思ったが、受付で話を聞こうとするもお客さんがいてなかなか話にならないのでまあいいや。写真撮って出発。

海岸沿いに出てからはもうひたすらR113北上。胎内市では暑いところだと聞いたために更に暑くかんじられる。塩工場というか、薪を沢山積み上げて昔ながらの作り方だそう。
この塩そういえばこの前の山形ツーリングwith CB子ちゃんの時に通って買った気がする。ここは通ったんだろうか?去年だっけ?いや一昨年でした。この時は、久しぶりに海で泳いだんだよなあと思ったら、あ、しまった海パン持ってこなかった。短パンでいけるかな?

なんて考えながら後で地図見たら、日本海東北道が朝日から南のみの開通なので、この辺りは確かに通ったのである。ただ、道路だんだん開通エリアが増えていくので目安にしているとわからなくなるなあ。


笹川流れの岩船にて、ちょっと休憩。遊覧船も出ているのだが、気がせいてそういうのに乗ろうって感じがない。1000円だ。うーん、この辺りでなんか違うぞと感じ始める。違うってのは、説明しずらいが、行った先で気の向くままに観光したりできないで、先を急がないとスケジュールに合わないとか感じてしまうことで。これだとなんだか楽しくないなあ。という感じのことである。

でもまあ、岩ガキあるというので頂く。2個で1200円。大きいけど、そうえらくうまいというわけでもないか。並みだな。
DSC00941.jpg


R345はとてもいいシーサイドライン。特に反時計回りというか海に近いほうの車線を走っているので宜しい。
鼠が関付近のこの国道と言えば、あの水曜どうでしょうで、大泉洋さんがだるまやカブウイリー事件を起こした場所である。
ただ、思い出したのだがどこだろうねと調べもせずに通り過ぎてしまった。残念だ。



道はR7になる。山形県突入である。そうだよカブ子ちゃん初山形県だよ。って新潟も初だったけど。
DSC00943.jpg


2年前だと判明した山形ツーリングで泊まったところは湯浜温泉のホテル福住さん。
目の前にカブ子置いて、海水浴客を眺める。あー泳ぎテー。R112である。
DSC00948.jpg

DSC00949.jpg

DSC00950.jpg

が、先に進む。ほんとはここで昼を食べたかったがどうもない。人に聞けばいいのだが、なんかそういう気になれない。まだまだツーリスト復帰に至らず。

酒田方面に行くが、うまそうな飯屋がないなあと言っているうちに、なんと目的の一つ土門拳記念館についてしまう。
うーん、お昼だけど他でお昼食べてからゆっくり見たいなと思って市内に向かう。

なれどさっぱりないお昼ばしょ。港にいってもないし、(見逃したらしい)駅に行っても見当たらない。仕方なく交番で聞くと、そこのホテル(高層)の2階にラーメン屋があるよと。まあいいか、って入ったらまあ。
DSC00958.jpg
これが美味しいこと。よかったよかった。

そんなこんなで、土門拳記念館に戻ってゆっくりとみる。
DSC00959.jpg

DSC00963.jpg

DSC00961.jpg

DSC00965.jpg


なぜかというと、ここは初回のみちのく二人旅(21歳)のあとに、多分一度20台のころに来て、えらく感銘した記憶がある。
その同じところを見て、おじさんになった私がどう感じるのかをじっくりと感じてみたいなあと思っていたために、わざわざ食事を先にしてきた訳である。

古寺巡礼のテーマのものは合った。たぶん以前もそうだった。あとは炭鉱の子供たちというのがあるが、さすがに昭和20年代なのかなあ?感情移入が難しい。

おー、こう切り取るのか、すごいなあとかは思うのであるが、20代のころ何を思ったのか覚えていないことに気が付いて、結局普通に感銘を受けただけで終了。

写真撮って良くなっていたのがびっくりしたところかな。

結局酒田に2時間半ぐらいいた。結果的には時間を気にせず観光したということになるだろうが、慌てて先を急ぐ。

R7でしばらく北上すると、鳥海山がだんだん大きくなる。雪あるよ。
ということで、鳥海山に登る。

カブ子頑張る。20kmほど2速と3速を織り交ぜて、展望台へ。
DSC00990.jpg

ここは、まだ県境ではないが、いい景色だ。素晴らしい。

車の人とお話しした。

もうこの時点で4時近いのかな。宿か泊まるところを決めないと。検討は降りたところか、由利本荘のキャンプ場だが、なんとなくそのまま県境まで進む。おっと秋田県だよカブ子ちゃん。

あ、疲れた。暑い、ダメだ。
電池切れた。

もう降りたところにかほ市の象潟キャンプ場に決定。
ナビでは到着したがどれだかわからない。
しばらくウロウロしていたら、あ、これのことか。でも人はいないし、水場でも水でないし。じゃあ、隣の海水浴場の砂浜から一段登ったところでテント張ればいいか。隣に東屋があるなあ。海水浴場のトイレもあるし。飯はどこかで食べて寝るだけにしよう。

テント張ってるとオジサン出てきた。怒るのかと思えばそんなこともなく、雑談。おれはそこの宿に泊まってるんだよと、旅人でした。
小さくっていいねえ、このくらいの車に積んでおくかと感心していた。
ところで、タープも持って行ったのだが、今回はキャンプ場でないし、料理ってのでもないから張らなかった。面倒ってのがデカいけど。

さて、暑いし温泉だ。オジサンが教えてくれた。すぐ近くにあった。カブ子で5分かからないなあ。
大浴場で夕日が沈みかけている。これから早いなあ。普通にゆっくり浸かってから、フロントで飯は食えないか聞いたが残念。この先の道の駅でいいんじゃないかと。

まずは、上がってテントに戻る。
テントから日本海に沈むゆうひを見た。10分ぐらいで完全に沈み切った。
DSC01002.jpg

DSC01006.jpg



その後、道の駅で海鮮丼。これはまあちょっとねえ。

DSC01008.jpg
暗くなってテントに戻る。
いろいろすることがあるんだよね。
ホテルの時は、洗濯。
テントでも動画データをパソ使って外付けHDDに移動。ルート検討。モバイルバッテリーから充電。などしながら翌日のルート検討。

とりあえず、この2日目ですでに予定から遅れた。秋田市まではまだ50km以上ある。このあたりで、まあいいや。予定は未定だと開き直ったのでこの後は楽しくなってくる。
278km走行。あれ?秋田まで260kmだって計算だったが、酒田でぐるぐるしたけど、そこまで違うのかなあ?

いやー暑い。テント暑いよ。メッシュではあるけど、フライシートでだいぶ隠れているからなあ。クロノスドーム君、君暑いよ。フライをひもで少しだけでも離して、張り、入口は開けて置いたが、まだ風の通りがいまいち。うーん、montbell盲信してはいけないかな。
寝入りは悪いがそれなりに寝た。あとは、グランドシート敷いた時点で寝てみるというのをやらなかったのがいけないな。少し斜めになっていた。


二日目終了


https://youtu.be/8FxuQMDXhsU
続く
posted by ソーレ at 13:08| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする