2018年10月15日

大学寮の同窓会

大学では、って35年ほど前の話しだが。

1,2年は大宮にいた。そこでは、寮に住んでいた。
そんで、寮の同窓会が先日鹿児島で開催されたのであった。

大学だからほぼ日本全国からという事になるので、大変だから5年に一度にしようとなったのが、15年前の名古屋で開かれた最初の同窓会のとき。

その後、滋賀、山口ときて、鹿児島である。

5年前に決まっていたので、西郷どんは後付けでぴったりはまった事になる。

21人いて、うち連絡取れないのが3名。で、今回はなんと16人集まった。すごい出席率だ。

1泊じゃなあという事で、移動して少し観光して、前祝いを設けて、翌日にゴルフ、正式宴会、翌々日に観光してから帰るという大まかな流れである。

前回は、台風ではないモノの二つだま低気圧とかで気をもんだが、今回も台風25号で前日まで気をもんでいた。
なんとか、早く通り過ぎてくれて飛行機は予定通り飛んだ。
同じ機で4名。鹿児島では他に数名集まり、さらに新幹線先乗り組と地元組が合流。
さっそく、昔話やら近況やらに花が咲いた。

地元のお家に寄せてもらい、家族ぐるみの同級会シフトに感謝。

初回の宴会の会場ではなんか、えらく美味しい。料理も焼酎も。
3時間以上いた気がする。

ビジネスホテルにて良く寝た。


翌日は朝食を地元組のお家で頂く。色々と準備頂いた、ありがとう。

ゴルフ場まで送ってもらって、6名でプレイ。
スコアは、残念であったが楽しいひと時である。新燃岳かなあ良く見える。霧島のゴルフ場で会った。
スコア120だったなあ。やれやれ相変わらず上手くならないというかギリギリ110台だったのが途切れてしまった。

惜しむらくはゴルフ組が中々増えない。16人いたら10人ぐらいやっても良さそうな気がするがそうでもないか?

さて、リゾートホテルについてひとっぷろ。
その後宴会突入だ。

途中から、各自近況やら寮のおもいでやら写真など使ってお話し。
あーそうだったとか、バイトの事やら、合コンのことやら話は尽きない。近況でもみなさん、ご立派な事である。
鹿児島まで同級会に来れているという事でもう、ご立派な事である。

翌日は、すでに最終日。

まぐろ料理のお店に連れて行ってもらう。それも高速使って1時間以上だ。
ずいぶん、乗せてもらったなあ。

上手いマグロドンを堪能した。お土産買って空港に。

徐々に人数が減っていく、さみしいもんだ。

最終的に同じ機に乗ったのが5名。
荷物で一人去り、京成の向きで一人になった。

池袋経由の高速バスで無事帰宅したが、すっかり夜だった。

夢のような時間はあっという間であった。

次回は、四国か広島ぐらいという事に決まった。

また五年後。そして、結構皆さん定年という事だ。ほー Time flys.

またも、美味しい焼酎を用意してもらった。
posted by ソーレ at 20:36| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車の合宿

お店のチームで合宿するというので参加した。
走り、泊まり(宴会)走りという二日間にわたるイベントだ。

集合して参加費を払ってから、自転車の用意。
しばらくして、出発だが、予定の第三チームは、緩いコースのはずであったが引率者が遅刻しているので、ほかのチームのコースをゆっくりとついていくことに成った。

これが、またゆっくりなんだろうけどね、おいらには超早いのですよ。早速へばった。

何回も坂を下ったり登ったりしながら、大体合流した。もうすぐお昼なのだが、我々第三チームは直接お店に行く。でも第一チームはもうひとつ坂を下って登ってくるそうな。はーすげー。

ご飯は美味しく頂きました、途中で第一チームも合流。

午後は、宿泊のコテージに直行するという第三チーム。あれ?もっと走るんではなかったか?地元を通るというので少しコースを練っていたので第二チームに合流してそちらから、激坂その1と自宅と激坂その2と、城跡のご案内などしながらコテージに戻るが、最後にまた坂でほぼ終了状態だ。

走行43km、獲得標高910m やはり結構登ったなあ。信越五高原の時は2500mとか登ったんだが、まだできるのかなあ?

温泉には徒歩で向かう。

実は、この前日ゴルフでそこそこ疲れていた。睡眠もあまりよくは取れなかった。
ということで、楽しい宴会ではあるが、9時前にリタイアして寝た。案の定途中で起きてしばらく起きていたがそのうち寝た。


翌日は朝のラジオ体操から一日は始まる。
昨日のうちに用意していただいた朝食を美味しく頂く。ごちそうさまでした。

車を移動させてから、まずは坂を上る。
これで、またへばる。

その後、1周コースでタイムトライアルを行う。まずは、試走だ。
1周した。終了ちーん。

まだうをーむアップで走りますか?と聞かれて、ばかいってんじゃねえよと即答。

本番スタートだ。

ストップウォッチの都合か測り方の都合か3名が30秒ずつ差をつけてスタート。その3名が帰ってくるまで次はスタートしない。

ということで、第3チームだったっけ?

3番目のスタート。ということで、車がすぐに追いついてきて、テレビのレース並みに応援してくれる。
だが、すでに終わっているのに、応援されてがんばってしまい、車が行った後はヘロヘロだ。頭がくらくらしている。酸欠だな。

最初は下り基調なのでいいが、のこりは登りだ。
遅いなあと思いながら、もう限界と思う心拍150台をキープしながら登る。

最後の方ではまた車がから応援が。仕方ないのでない体力振り絞ってこぐ。
ゴールしたらもう息も絶え絶えだ。

皆がレース完了。

車まで降りていく。

表彰式があった。
案の定びりであった。12人ぐらい?75歳の方にも1分以上差を付けれれていた。やれやれ。
まあ、乗っていないというのはあるが、完全に実力不足。

って、これで終了したのだ。本日は 走行30km、 獲得標高 600m

無事賞品の余りを頂いて、解散。

はー疲れたけど楽しかった。またよろしくお願いします。
posted by ソーレ at 00:00| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする