2020年03月23日

55日目 あさま アルペン試乗会 3/23

昨日温存した膝は果たして持ってくれるであろうか?

朝の状態は良い。今回は、りそびーむ、プロのマッサージ後にセルフマッサージずいぶん、加えて装具を久しぶりに使用してみた。


さて、受け付け開始の9時より、20分ぐらい前に到着、準備していたら、すでに並び始めている。
ならんで、説明を受けた。
免許も提示。
今日はbてぃから10人ぐらい来たのである。アサマのチケット前売りあまっていた4枚を売って完全終了した。
だって、技術戦はなくなるし、シーズン初めは練習できなかったし、クラウンも中止だし、使う機会がなかったのだ。

板はisupeed持って行ったが、いきなり試乗板を使うことになった。

ゲレンデは、思い切りカリカリで、朝カリカリ、1時間ぐらいが一番柔らかく、その後ずーっとさらにカリカリという状況であった。
実際のところもう良くわからないなかで、板を外に出してしまうのでうまくいかない。途中で気が付いて板を腰の下で操作するようにしてみたが、半分以上終わった後で、失敗でしたなあ。

でも、まあどうしても欲しいなってのはなかった。
それが感想ってことかな。


まずは現在機種の後継。HART ST-SP

後で聞いたが、芯材をアッシュから、ポプラと何かのブレンドに変えたそうな。
P_20200323_091500_vHDR_Auto_HP.jpg

P_20200323_091504_vHDR_Auto.jpg



最初だからか、3本滑った。
まずは、エッジがギンギンだなあおい。でもまあずらせないわけではない。板は外に出しつつひっかりつつ回ってくるのと、エッジ切り替えがいくらかスムーズな感じはあった。走りとかは出る。

大回りは、山周りで落とされることはなかったかな、ただ上手く滑れたかというと心もとない。



今回は、サロモンのなんとかプロってのとLINEの黒いbrade Wを乗ってみようと思ってきたのだが、サロモン履けずじまい。


つぎはLINEのBrade W である。思い切り倒してきてくださいと言われた。

P_20200323_094415_vHDR_Auto.jpg

スペックシートは間違えて動画でとってしまいパス


やはり、小回りで谷周りで外に出した時に引っ掛かりが弱くて脚が外に行き過ぎた。
大回りは、カービングで回れた、この感じはIDおねで大回りする感じ。じっくりと乗って徐々にエッジ立てていくと倒れていく。
ただ、山周りでST-SPよりは落とされる感じはあった。まあでもカービング出来つつ深雪に入れるってのはいいかもね。TOP140 センター92 テール110
果たしてセンター92で深雪性能が良いのかはわからん。
小回りは、腰の下で操作しようとすれば特に支障なく出来た。



次はなぜかおすすめされたのでK2 でぃすらぶしょん ST
小回り、エッジ立てられればいい感じで帰ってくるが、後ろに乗れと言われたのにやってなかった。
まあ、悪くはないけど買うまではない。
P_20200323_100243_vHDR_Auto.jpg

P_20200323_100248_vHDR_Auto_HP.jpg

次はHARTの長板 インフィニティG 177センチ R23ぐらい
これはロングターン最高だ。良く曲がるしエッジの捉えもいいしなにも言うことが無い。
ただ、長板は今年初使いのフォルクルでもこれよりはいくらか落ちるかもしれないg、問題はそれほどない。
買うかというとまだいいか。

P_20200323_102318_vHDR_Auto.jpg

P_20200323_102323_vHDR_Auto.jpg


次は変わったというヘッド 白いSLにしてみた。ほかの人がエースピードで柔らかくなったと言っていたが、これはどうでしょう。

あら、小回り谷周りでエッジの引っ掛かりがなくつるつると外に出て行ってしまい上手くできない。やわらかいのかなあ?
しかたないので、大回りしてみたりして1回でパスしそうになった、今回で一番いらない感じ
まあ雪が雪なのでわからんですが。

P_20200323_104421_vHDR_Auto.jpg

P_20200323_104416_vHDR_Auto.jpg

アトミック S9  赤いの
ヨーロッパモデルで、S9Iよりは固いというので、空いているこれに乗ってみた。
まあ、安定しているよね。
小回りも相変わらず外に出そうしているが結構大丈夫。
大回りも行けるし、でもPROが良いらしいがなにせ、出てしまっていてない。

P_20200323_110705_vHDR_Auto_HP.jpg

P_20200323_110714_vHDR_Auto_HP.jpg


なかなかお目当てはないので、こんどはフィッシャー フュージョン
のデモかレース化の小回り系

これは、なかなかに良かった。良い感じである。でもまあ買うかっていうとそうでもない。
プレートがやわらかいほうだっけ?あとは、コネがなくて安くならないという問題がある。

P_20200323_112854_vHDR_Auto.jpg

P_20200323_112858_vHDR_Auto_HP.jpg

P_20200323_112847_vHDR_Auto_HP.jpg

ロッシのスーパーびらーじゅ プレートが付いたやつ

昔持っていたんだよねえ。でもこんな色だっけ?派手だなあ
P_20200323_114844_vHDR_Auto_HP.jpg

P_20200323_114847_vHDR_Auto.jpg

エッジ立てた小回りするとひゅんひゅん帰ってきた。悪くない。



ブリザードの小回り系

P_20200323_133412_vHDR_Auto.jpg

P_20200323_133419_vHDR_Auto_HP.jpg

これは、板の性能以前にエッジがギンギンすぎてまったくずらせられない。逆にカービングしかできないのであるが、カービングさせようとしてもやはり少しずらしているのだなと教えていただいた。ありがとう。でもいらないというか仕上げなんとかしなよ。わかんないでしょこれじゃ一本で終了



オガサカ ケオッズGPなんとか。
これは、腰の下で操作したら上手くできた。なかなかに良い板であるが、帰りとかあるかどうかわからなくなってきた。
P_20200323_134837_vHDR_Auto_HP.jpg

P_20200323_134852_vHDR_Auto.jpg


途中お昼休憩をはさんで、午後は緩むかと思ったがさっぱり。

で、終わってispeedで滑ったが、普通にいい感じに滑れた。さすが良い板だ。

一度奥のゲレンデに行って大回り。外腰が回ってこないのかどうも板の帰りが良くない。まあ固いんだけどねえ。
でも、前に行くのをというか足を後ろにするのをかも?早くしたので、雰囲気はいい感じになった。


終了して、帰ろうとしていたら、tgちゃんがねえねえと。ほかのゲレンデに行ってみたいよ。教えてというので、仕方なくもう一度ブーツ履いて、一周してほんとに終了。


距離 18km
高度差 4000mくらい

さて、膝だがもともと固いところを滑っていても特に痛くなかった。違和感はおまけのときに少し出た

posted by ソーレ at 23:43| Comment(0) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

52日目 3/14 bてぃ おけら 53日目 3・18bてぃ 54日目 3/21 bてぃおけら

土曜日なので、その前日、前々日に受けたレッスンも復習しながらお仕事あるかな?

コロナでお客さん自体は2−3割ダウンという感じだろうか?
まあほら、車で来て外で滑って、リスクはレストランぐらいだからなあ、疎開する子供もいることだし混んでもいいくらいだと思うよ。

ところで、昨日のレッスンのあとは、体幹がすごく疲れた。普段使っていない感じ満載だ。
これは、まあ自分でというか脚ではなく、体幹を使って板を動かしていくので、疲れるのも当たり前だが、今後はいつもここを使うようにしたいところである。

ただ、残念ながら左ひざが痛い。ここ数回のスキーで痛く、10日には、やちほにこぶ練習に行こうと思っていがが、それはまあ雨で中止。そこで4日空いたのだが、12,13日のレッスン受けたのでなかなかに痛い。
今までは、お皿の裏側というかが痛くなっていたが、マッサージなどで何とかなっていた。

この頃のは、2年前に痛めた左膝内側腹側靱帯の治りかけだが痛いって感じである。
なのでなんか嫌な感じで、休憩を多めにしてみたのだが痛くなるなあ。
で、鍼治療やらマッサージ屋らの頻度を上げてみたが、どうも芳しくない。ということで、今後はどうも週に2日ぐらいな感じかなあ。


さて、あれまあレッスンが無い。
これは、どうもテクくらもそうだが、バッジテスト自体をやるなという通達がsajから出ているということで、そんなの上記のように、外なんだからいいんじゃないのと思うが。
なにせ、無い。すると検定に合格するためにレッスン受ける人々がいなくなるという構図。


朝の練習は膝を返すのと足首をぎゅっと使うのはすぐにターンに入る。捉えが早くなってリズムがとれて、膝下の支点な感じで滑れた。
これは下で見た板仲間に褒められた。



で、本日は降雪である。結構降っていて20センチぐらい積もった。
朝は、固い雪の上に少し新雪が乗っていたので、とても滑りやすかったが、10時すぎには積もったのがもさもさしてきて辛いパターンで会った。
朝のうちはNGさんに小回り教えてと言われて、気持ちよく滑っていたのだが、これでいまいち。

これを見たkS氏が教えてくれたのである。

こういう時は、すぐにエッジングするのでなく、谷周りからすこし待って圧をもらってから抜く感じで行くというといいよとNGさん言っていたが、そりゃ当たり前だ。
それに加えて、

こういう雪では、降りながら捻りこんで回しこんでいきながら最後までやらないで、フォールライン過ぎたらたらーっと少し待っていて長い距離使って圧を貯めていく。その時点で、右外足だったら、左の肩を前に準備して出しておくとひねりが出来る。

テールジャンプするようにして、行くと雪があまり滑らないのに加えて詰まらせてさらにスピード出さないように。圧が溜まってきて、ふっとジャンプする。その時に息も吐く。
ストックは、ブーツの横に突く。前はだめよ。前に出して準備はするけど突くのは横から後ろで板の動きが阻害されない。
これで、ひねりがキープできる。


なんか怖くない、楽しい。もさもさ雪では、トップから入ってくが前転しそうなっ気がするけどねえ。そうでもない。

それで、午前中終了。


午後も同じようなことだっけ?
だね、それで楽しかったのだが、膝が痛くて終了。
で、次は日曜日パス。

距離  15km
高度差 3200m



18日

朝の練習したっけ?したなあ。でも膝が痛い感じが出た。

本日は午前はジュニア午後はペアレッスン ということであるが膝が曲げた時だけでなく、伸ばした時も違和感ではなく痛くなってきたので終了

きょり 19km
高度差 4000m あら、意外と多い



21日 土曜

きょうもおけら。
マッサージ受けたにもかかわらず、今一のままで痛い。
なので、膝を使わない滑りにしようと思い。小回りも股関節支点にしておいた。
でも、少し圧かかると痛いのはあった。
朝でも、歩くのに痛いかなあ。滑ったらもっと痛くなった。
なので、股関節支点でたらたらと滑っても、膝は痛みが悪化したので、帰りにHRさんにマッサージしてもらったがどうも治った感じがなかった。




yt氏  上体残しながら外腰を前に出してくる。前に出してくると足のなかで前に来るよと。もっと外腰を前に出してくればよいと。
出している気はしているのだが、やはり出ていないのだなあ。

基本的には、股関節で押さえて、後ろから横通って前にってのをやっていたら、みんなから良いね良いねとは言われたが本人は今一どうも失敗だなあぐらいな感じ。
良いときはあるが、悪いときもあってこれでいいっていうの?
すこし、板が谷側にいるときが長い感じだったのでいやだった。

明日の日曜はお休みして、月曜日の試乗会に備える。

このために、マッサージガンを購入したが、まだ来ない。
自分で膝の内側の上のほうをマッサージしたいたら、ここだってのがあってそれと、いつぞやかって、きかないなあで終わったriそびーむ張ってみたが、変わらず。でもそこそこ良いかな。

距離  16km
高度差 4300m  痛い割に滑るなおい。
posted by ソーレ at 22:29| Comment(2) | 2019-20シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする