2024年03月05日

2/26-29 40-42日目 キロロ 不動産系RC友の会 スキー部 ツアー

日程決めてから、そういえば戸建ての完成時期に重なるなあと思ったが、もうしょうがない。

今回は、スキーオールインワンのケースを買った、そんで送った。送料は北海道で、450円のカバーつけて3200円ぐらいだった。


前回ラジコンツアーのときにスキーで盛り上がって、ブランシュで練習して北海道に行こうって話になった。

GSさんが、アテンドしてくれる。SWさんもチューンアップしたり、ごーしさんは板買ってる。相変わらず沼にハマりやすい人々で有る。

で、前日の家は終日雪降り。
妻が、朝送ってくれる事になってたが大雪だと嫌だと言う。その際は自車で現場に車置いておくか。

夜には止んだので、無事送ってもらい駅に6:45に着いた。

10分待たないと売店か開かない、でここでJALアプリいやメール見ると、なにやら情報が。

えー

511便10:25発12:00新千歳空港着は、空港雪の為引き返すか成田空港に向かう事がある。

ひー

これは前回待ちに待った赤ポチである、うーん今日ほ要らないんだけど。


でもまあ、仕方ないのでとりあえず空港に行こう。
参加者にはその旨連絡した。

8:30の東京駅は混んでるねー、電車一本やり過ごす。
モノレールで、大学をチラ見して無事第一ターミナル到着。

もう、仕方ないので乗るしかないよなあ、一応聞いてみるか。

空港着くと、窓から富士山と飛行機。
良いね😊
IMG_3978.JPG



聞くまでも無く20分遅れの出発、と思ったらまた遅れた。
その後乗ってからも30分待ち

IMG_3980.JPG

IMG_3979.JPG

IMG_3981.JPG

IMG_3982.JPG

飛んでも千歳混んでまた待ち。
結局ほぼ1時間遅れ。

恐縮しながら、swさんgsさんと合流したら、swさんのFDAも15分前到着とのこと。

この1時間の遅れで、予約して頂いたニッカウヰスキー工場見学が流れ、昼飯に。空港内で、エビ元の横の所。醤油ラーメンは、チャーシューは美味かった。

まあ、代わりに少しお茶でもしますかと、小樽築港から坂を上りカフェについた。
なんか、おもしろいところだ。

IMG_3983.JPG

スターウォーズがたくさん、ここでgsさんが版画を発見。
歌舞伎の絵を描く人が書いたスターウォーズシリーズの絵を版画にしたものだ。
200枚の刷り中130番ぐらいので、オーナーが裏も見せてくれる。
まあまあ、そんなくらいの値段はするよねというのであるGSさんご購入。うーんいい買い物だなあ。

生頼範義さんの画集もたくさん。平井和正さんや、小松左京さんの表紙や挿絵でおなじみで、買おうとしたら展示ですと言われて、バイク駐車場のサインだけを購入。

せっかく温泉だから、直接朝里川温泉ホテルに向かう。良い湯だな、部屋もゆったりして良かった。
2食付き14500円ぐらいは、ご納得。
朝里川温泉スキー場の道向かいであった。良い斜面に見えたが行かないので不明

IMG_3986.JPG

IMG_3985.JPG


夕食もコースで出てきたので、例によってあまりたべては居ないがお腹いっぱいだ。

IMG_3988.JPG

IMG_3987.JPG


明日に備えて寝た。

2/27

車に雪が15センチぐらい積もった。
でもまあ、ガッツリスキーヤーでは無いのでゆったり朝食。


IMG_3990.JPG

エレベータに貼ってある、中国人向きレッスンの金額にびっくらこいた

8:45に出発して、朝里川駅に向かう。ここで、GSさんの長男SJ君、MWちゃんと合流。

海沿いの駅は、ザザーンで有る。
IMG_3995.JPG


10時頃キロロに到着。

IMG_3996.JPG


前回のキロロは、長嶺が強風により止まっていて、なんかもうって感じだったので、電光掲示板で、動いてるのを見たら嬉しかった。
https://merge.up.seesaa.net/image/IMG_4001-thumbnail2.JPG?1709636570953

最初は、ゴンドラで初心者コース。
これが長いもんで降って来たら1時間経ってた!
次は、初級者班と別れて経験班のGSさん、SJ君の三人で中急斜面コース。

ここで合流して、お昼はピザ。
SWさんご馳走様でした。

後半は、いよいよ長嶺。
と言っても、今まで滑ってパフパフは無いのがわかったので少し荒れた整地。そうそう板は、また中太。

上から見て左のコースをヒャッホウだ。
少し急で大変では有るが、結構長い距離楽しめた。

次は真ん中のコース。
ここが非圧雪なんだろ。コブだ。

今回、コブの裏にてつま先を下げて当てるのと、同時に切り替えるので内足の外はん、外足のないはんさせるのを意識してみた。多分ブーツの脛を押し続けるも。

なかなか調子良く滑れた。
板が着いているから、スピード上がらず余裕持って滑れる。視線は二つ先。

二人にえらく褒められた。

あとは、右側のコースと、また左のコースで4本一気。

そしたら、もう脚売り切れ近い。

もっと休めばよかった。

で、終了。

SWさんたちの方が長く滑っていた。

今日明日のやどほ、ホテルトリフィート小樽運河。

前回のノルドから程近い。

今回の方が高いが、普通のツインだからそんなもんか。同様に快適に過ごせた。食事無しで一泊12500円くらい。

一風呂浴びて!寿司屋に向かう。
相変わらず滑る靴だ、五回くらい転びそうになった。
お寿司と、つまみはとても美味しい。
いやーさすが北海道民のGSさんお勧めだ。

IMG_4004.JPG

IMG_4006.JPG

IMG_4003.JPG

IMG_4002.JPG

IMG_4005.JPG

IMG_4008.JPG

IMG_4009.JPG

IMG_4007.JPG



あ、ここでGSさんおすすめのスキーショップ

パドルクラブ  

お勧めスキーショップ



 すごくおいしく頂きました。しかもいつの間にかSWさんが支払いを済ませている。あらまあごちそうさまです。

ということで、これでお休み。
明日は、MWちゃんは会社、SJくんも会社ということである。


翌日 2/28

朝食を小樽駅横の△市場にしようとなっている。
そのまえに、徒歩でみんなで小樽運河を観光。
やはり、冬の朝は人がいなくてよろしい。

IMG_4013.JPG

寒いのですぐに退散

三角市場を少し見てから、すぐに入口近くの店に入る。ここも下見してくれたそうな。ありがとうございますGSさん

二色丼 サーモンいくらで。
IMG_4014.JPG
ああ、うまい。


ここで、MWちゃんをSJ君が札幌まで送ってくれるということでお二人とお別れ。楽しかったですありがとうございまます。


さて、二日目のキロロに向かう。


最初はゴンドラで一緒に滑る。すると昨日より早くなっているSWさん。
進歩が速いなあ。
林道を進んで降りる。でも昨日の1時間がたぶん40分ぐらいだ。

2本目のゴンドラで中間地点でお別れ。
GSさんとまっすぐ進む。

撮影をしてもらった、中斜面で気持ちよく滑る。相変わらずいい雪だ。
まあ今回もぱふぱふは駄目そうであるが気持ちいい。



意外と急斜面もあって高速のまま危なく横に突っ込むところであった。よかった。
あまりはしゃいではいけません。



次はまたまた長峰へ
このこぶの左側をすべることになる

IMG_4016.JPG


昨日の反省を踏まえ、いきなりバンバンいかないで体力をもたせようとごーしさんと打ち合わせ。


また、上から見て左、右、中のこぶの順番だったかな

ということで、またへたれた。

気持ちいいんだよ。板もサイドカーブあまりないと思うので、ショートよりもロングになるので、まあこれがついスピードが出る。
そんで、つい倒したい。するとつい体への負担が・・・

こぶは、ちょっと気持ちが乗らなかったのもありどうもあまりうまくいかない。
これはやはりポジションが遅れているのである。もっとも今日は上から見て右側の長いコブを探して入っていったのである。
最後がんばって滑った。だいたいここのこぶ200個ぐらいあるんじゃないの?大げさかなあ、そうでもないかんじ。

IMG_4020.JPG

IMG_4021.JPG

IMG_4023.JPG

IMG_4022.JPG

IMG_4024.JPG



最後おわって、うしろをみるとGSさんこけてもがいている。
お疲れさまでした。

お茶のんだ。

あと4本ぐらい滑ってやめますか→現実には2本。

うーむ、3時間だなあ。終了して、ベースに戻りケーキ食べる。やっぱりこぶが効く。

しばらくしてSWさん戻ってくる。
SWさんはこれでスキー終了。
結局SWさんのほうが長い時間滑っている。




ということで、宿に戻る。
ひとっプロ浴びてから夕食に向かう。

タクシーにしましょうと言うGSさんを制してSWさん歩きましょう!
ひー、まあ仕方ない。すべる靴で歩いた。
20分ぐらい、途中住宅街でここにはないよなあと居酒や。
最後になって、そんな雰囲気出てきた。

すぐにお店があって入る。


うーむ、うまそうなメニューが並んでいる。

宴会だ。
IMG_4032.JPG

IMG_4033.JPG


うまい

IMG_4031.JPG
うまい

IMG_4028.JPG

うまい
IMG_4029.JPG
うまい
IMG_4030.JPG

IMG_4027.JPG

ごちそうさまでした。

帰りはタクシーにした。


翌朝8:45発でSWさんを小樽駅まで送る。その後朝市食堂を目指して朝食。

焼き物を食べようと思っていたのに、ついまた うにいくら丼みたいなの
朝市もある裏のこじんまりとしたところがいいねえ。
魚はお安くておいしそうであるがなかなか大変なので買わない。

IMG_4037.JPG

IMG_4036.JPG

IMG_4035.JPG


キロロについて滑り出しは10:40ぐらいだ。今日はGSさんと二人になった。

今日は、前回楽しかった与一に行こうと思っていたのだが、時間がなかったのでやめて、ゴンドラにのってほかのルートを滑りたい。

降りて、上から見てゴンドラの右のルートに向かう。
エキスパートのみ滑れるというこーすである。

入ってびっくり、急だ。
これは35度ぐらいな感じ。
雪が柔らかいからいくらかターンして降りていけるけどこれが、もさもさしていたら大変だったろうな。
いい経験でした。
ここにパフパフも超絶楽しいだろうなあ。滑れたら。


そこからは朝里に向かう。
ここもなかなかに気持ちの良い大きな起伏のある中斜面。
あー気持ちよかった。ところが、朝里のリフトが一つ動いていない、そんでこの風景は明らかに余市だ。

そんで、前回パフパフが楽しかった場所である。
ついパフパフ期待してもう一本子のリフト乗って、パフパフ場所へ

でこれだ。

うーむ、さっぱり面白くない。
そりゃそうだ、この雪は4日ぐらい前のだからなあ。
反省して、付きあわせてしまったGSさんにごめんなさい。



さあ、あとは長峰で仕上げだな。

移動後1っ本は撮影で上から左のコースで。お互いに撮りっこ。

気持ちいいねえ相変わらず。
足首回旋とエッジ角を最後のひと押しで斜めいれることで、ひゅんっていたが帰ってくる。とても調子よいではないか。



ここで、お茶

IMG_4039.JPG


2本目は、右のコース。景色に歓声が上がる。いやーありがとうございます。

ここもGSさんの滑りを撮影。よくリズム変化にはいれるので、聞いてみた。
すこしずつポンポンはねて押し返してくるのが出てきてから入っていくと。
なるほど、勉強になります。

3本目は、こぶ

これは撮影してもらった。インスタは広角なので、離れると豆粒になってしまうので、先に少し下がってもらい、立っていてもらう。そこを通り過ぎてやめるというスタイルで。
あとで、編集して分かったが、10コブぐらい先に行ってもらい、10コブ先に行くぐらいで何とかなるかな。
今回は5+10ぐらい。もうすこし継続したほうがよかったなあ。っていうのは今回とても調子よいのである。

板のトップを落とすのにつま先踏む、同時に切り替えしていくので斜めにトップを刺していくと、張り付いてスピードが抑えられて恐怖感ゼロコントロール感がマックス。

あまりはーはーしないで長いコブを3回ぐらい自分の意志で出ただけできれいに追われた。


ちょっと降りてもらうのが短すぎてコブが上部になかった













緩斜面はGSさんの撮影。


あらまあ、ちょうどコケタところで、予期せぬエラーが発生してインスタ停止。ざんねんだが、こけているところを撮影はできた。
その後は通して行けたさすが。

ということで、二人して。
もういいよね。

13時15分ぐらいに終了となった。

板のパッキングをオールインワンケースに入れて千歳空港で発送することにした。しばらく待ってもらいパック完了。
汚れ衣類を一緒に入れたことで、バックが空いたよ。あとはプロテクターも入れた。でも、カバーないのに3200円ぐらいだった。なんで?


食事はなしで、空港まで送ってもらう。
いろんな不動産の話や今後のスタンス、いろいろ話出来て勉強になる。


やはり、売ろう。


空港でお別れ。2時間半ぐらい前だ。今日は天気もいいので飛行機も順調だろう。

おなかすいたので、天やで天丼。この辺からどんどん飯がしょぼくなる。

まあいいや、保安検査済ませよう。
そしたら千歳は中にカードラウンジがない。あれまあ。

仕方ないので、カフェでお茶のあとに今回のインスタ動画の編集をスタンドで行う。

あれ、もう時間だ。

今回は、CAさんと向き合いの足がのびのび席が取れた。
飛行中はお話しできなかったが、降りる段になって会話出来てうれしいおじさん。
IMG_4046.JPG

無事というか新幹線40分ぐらい待って帰宅したころは、なんか大雪。

迎えに来てくれた妻ありがとう。でも帰りの運転はおいらだった。

     距離   高度差
27日  15km  2900m
28日  14km  2600m
29日  10km  2000m

ありがとうございました。楽しく勉強になる出張でした。

あ、出張旅費の規定集もありがとうございます。





posted by ソーレ at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 2023-24シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする