2006年01月20日

ブランシュ鷹山 シーズン13日目

 昨日に引き続き、奥さんとその友達とですべりに行った。
 今日はブランシュ鷹山。昨日からの小回りの延長でやってみました。
そんで、直滑降からブレーキで、きちっと止るか。お友達は腰が回るタイプのすべりをしているので、きちっと止らず、前に進んでしまう。奥さんはこういうの得意なタイプ。まあ両方できないといけませんということで、とりあえずは腰をフォールラインに向けておくタイプのすべりでやりましょう。

 切り替えの後、板のトップが落ちてこないで引っかかっている。体重を谷に落としていくことが苦手だからなのだろうね。なんでトップが落ちるのかをよく説明してからだんだん二人とも、体が動くようになり、よかった。

 さて、自分のでは腰をつけていくタイプで中斜面でいい動きが出てきた。外足を回しこむ感覚でやってみるとけっこういい感じ。
 これを急斜面で使えるようになると、テクの小回りっぽくなるだろうな。ということで、急斜面に行くと、落とされたり、引っかからずにそのまますっぽ抜けたりでどうも調子よろしくない。

 だいたい、人にあーだこーだ行っていることは自分でも急斜面になるとできないことが多いなーと妙に納得してしまう。

ということで、このスキーは明日に続く。あすはどこにしようかな?
posted by ソーレ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005-6シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック