2011年07月29日

アノ暑さが懐かしい



 アノ暑い日々はどうなったのだ。
 まったく、人が太陽光発電はじめたら、天気悪くなって涼しい。

もっとも、暑くなればまた文句言うのだろうが。

前回の出力は適当に書いてしまった。
大きい方が、9.36kw。
小さい方が、5.304kw

の公称出力となる。それで、1時間ずーっとこの出力が出たらkwにhが付いてkwhとなり、電力量の単位になるわけだ。
これが、売電の単位となる。

 公称出力のまま、ずーっと出力するのはありえないので、1日で3倍したら大体シミュレーションの値になる。それで1年間平均で出るという事になる。

つまり

大きい方  9.36*3=28.08kwh/日    *365=10249kwh/年
小さい方  5.304*3=15.912kwh/日   *365=5808kwh/年

今は夏なので、この1日の平均よりも沢山出力してもらわないと困る。
だが、なにせ天気が悪い。
取り付けた日は、25日だが、その日は午後3時過ぎからの稼動、しかも雨まじりの曇りということで、さっぱり。
その後も曇り時々晴れ、曇り時々雨みたいに、晴れが最初に来た日が無い。

なのだが、本日曇りのち晴れのその晴れを目掛けてちょっとモニターのデータを見に行った。ネット繋がっているとネットでも見れるらしいが、残念でしただ。


2時半ぐらいだったのだが、最高瞬間の出力は
大きい方  7.27kw
小さい方  4.26kw

さらに、25日よりの出力電力量は

      25 26 27 28 29(3時まで)
大きい方 3 42 23 23 28
小さい方 2 23 13 13 16

ということで、26日は平均を越えた、今日もこの後の分で多分超えた。
曇り時々小雨でもそこそこは出るようだが、丸一日晴れというデータが取れないなあ。

来週の火曜日以降らしい。

暑くならんでもいいが、晴れてくれ。

って言っても無理だな。
ま、なるようにしかなるまい。


きっと、まだ飽きていないの一日ピーカンのあと見に行くことであろう。

posted by ソーレ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック