2012年02月24日

38日目 BT自己研修 2/23

昨日に引き続き

谷回りから内脚アウトエッジテール側で雪を掻き出す

これを染み込ませる。
YSさん引き続き見てもらえた、一度意識がなく滑った時にこけたり、内側に入り過ぎたけど、それ以外は大丈夫OK。

あとは、つま先を上げることを忘れないで

スタート時にはローテーションさせておいて、ひねり戻しを使いながら板をフラット、でトップ落ち始めたら内脚のアウトエッジテール側で雪を削り出すように。

つま先上げておく つま先忘れると体が遅れてだめ

目線はわりと変わらず、下(前というか斜面下方)を見っぱなし。動かさないかな。
これで、うまく滑れる。
YSさん、これならいいんじゃないと。



さて、今度はYSさんと一緒に人を見た。
1級受験のOSさん、外向傾ばりばりで、すごく角が立っている。
うーん、なんか似ているなあ、おいらと。角が立つところと、ターン後半まで引っ張り過ぎのところなんか。

で、似ているということは効果があるかと思って、内脚アウトエッジの意識を伝えたら、まあばっちりはまる事!格段に良くなった。
すごいぞ、校長!

内脚とんとん、外脚とんとん、内脚ターンのバリエーションも交えて研修生も見た。
わりと、上級レベルの人に教えるのはほとんどないのであったが、それっぽくできているではないか。準指の勉強が生きているなあ。

雨の中行ってよかったなあ。
posted by ソーレ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011-12シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック