2012年02月28日

2/28 BT 40日目

修旅レベルアップ研修ということで行ってきた。

KI講師がよくてよかったなあ。

朝2本ほど小回りしてみた、先日ヘロヘロだったが、腰を落として多少無理やりにでも外に出していけばずれて、内脚アウトエッジが使えるポジションになるかと推測して。

いいじゃない。

でも、あとでまただめだけど。


さて、研修では
バリエーションで、外脚にステップして外脚に乗ってターンイン。
外腰を伸ばしてくる。

もっと壁を感じる???
外脚は最後踏んでくるのだが、角を外しながら踏んでくれ
上にぬいているからやめましょう

ストック引きずるのを早めから始めるといい。
意識してみたら、全然違う。見てもらってもいいということ。

小回りはストックワーク手首のみ、外腰をリードするようにストックのリングを動かす。切り替えたら突く。

小回り引っ張り過ぎで、つまる。もっと早くやめて制動要素がないように。


ビデオミーティング

ファンタジーで2回撮った。
1回目、外脚踏んできてその圧を次の外脚に伝えるんです。
エッジで引きずってきてしまっている。面で!
ストック引きずるバリエーションやったが、突くところで引きずり始めている。もっと早くして、ターンをやめる手助けにしたいわけだ。

2回目さっきよりいい
エッジで引っ張るのが無くなった。ストックひきずりのタイミングがよくなったのかな。


2時から滑ったが、KI講師いたので、引き寄せられる。
カットんでいくのでついつられてしまい練習にならなかったような。
でも、ストック引きずりタイミングを練習した。

外腰を伸ばしていく、でもそういえば外足を伸ばしていく。ようにしていたなあ。でもいいのかな?
谷腰を緩めるのと山腰を伸ばすのは2軸運動の同じこと意識をどちらにもっていくかぐらいの違い。
外々ってやってても、内主導と同じことをやっている。

大回りはターンインで外脚を伸ばしていくのを調整しながら行う。一気はだめだ。対話しながら。
そんで、内脚のアウトエッジの感覚も入れながらずらして弧を調整しよう。これでよさそうだ。


小回り、またできなかった。
ここでも、外脚伸ばしていくのをプルークでやってみたらいい動きになる。
急斜面でもう一度次回トライだ。ターンインで外脚伸ばせば体が落ちるから内脚のアウトエッジ使いやすくなる。


ということで、明後日が準指検定前最後の練習日だ。明後日までは頑張ろう。本番はあまり頑張らない。
posted by ソーレ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011-12シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック