2012年03月27日

46日目 ゆの○ 3/27

久々に、妻とレジャースキー。

今回は、知人のMTIさん夫妻もいっしょだ。

リフト券が地元FMで当たって、今まで使えてなかったので今日はメンズデーで2000円だけど、無料券を使ってしまおうということで、使用。

MTIさんたちは二人とも1級ホルダーのようであった。さすがに上手い。

今回は、妻がいちばん、あん、待って〜 というポジションに居た。

昨夜の冷え込みの所為で、ハイシーズンの雪であった。
気持ちよく大回りで何本か滑る。

MTIさんたちが入れ替わりおいらの後ろを滑った。


その後、少しポジションを入れ替わって見たら、良くあるパターンではあるが、奥さんは腰が回ってこない、あとはX脚。

 腰を回す為に、内脚上げてプルークでたーんとか、内脚トントン又は外脚トントンターンなどと少しレッスンぽいことしてでも、すぐにやめて気持ちよく滑ってしまう。


このスキー場、中斜面のみっていう印象であるのでどうも物足りない。
そんな中、切り替え後から外脚を伸ばしていくイメージ、ペダル運動の確認。さすがに、この斜度とこの雪ならいつも出来る。

ご飯は、普通のお味とスキー場値段。

途中で飽きたので、また低速のレッスン。
内脚主導ってあたりをやってみたが、やっぱりすぐには出来ないかなあ。とくに妻は、あまりレッスンぽいことすると怒り出すので大体にしておいた。
股関節ってなかなか感覚がつかめなかったなあと思い出した次第である。

その1本だけにして、今度は道向かいの急斜面。
なのだが、それほど急ではないのと、さすがに午後になり緩んできたのでいまいち。
小回りをしたのだが、抑えすぎてしまったというか抑えられてしまった。

その後はコブコースを3本

これが、1本目はさっぱり脚が動かない、ずどんずどんであった。
2本目からは、バンクラインの滑り方が出来てきた。3本目は一番上手く行ったが、長いコブラインを滑りきる前に体力が尽きた。

MTIさん夫婦は好きそうで上手く滑っていたが、なぜかスタンスが広い。
その辺だけ言って、元のゲレンデに戻った。

疲れたので、このへんでと言ったが、まだ滑ると言うので山頂でお別れした。

帰り道のチーズやでケーキかってウチでミルクティーにてお茶タイム。眠かった。
posted by ソーレ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011-12シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック