2014年04月12日

62,63日目 野沢 4/12,13 くらぶ合宿

車山で左足のスネの辺りの筋肉を傷めてしまった。
その後も数日間は歩くのにも痛かった。それで、ちょっと出鼻をくじかれたと思っていたら、風邪ひいた。
車の中で眠くなり、昼寝したのがいけなかった。

そしたら、ひどい風邪になってしまった。
たぶん、スキー疲れが出たのであろう、スクールも終わってほっとしていたので。

ということで、その後2週間滑らないことになった。
滑らないだけならまだしも、ずいぶんと安静が必要な状況であった。

そしたら、まあ乗れないし、疲れるしでたいへんなことになった。

初日は、あれー、なんかおかしいなという気がしたのだが、最後になってあれ、やっぱりポジションが後ろになっていたことに気が付く。
その頃には、太腿が終わっていた。
だって、病み上がりなのに3500m垂直距離って多くない!

というか、最初がユートピアを下りてしまい、がりがりの急斜面、漣がそのまま固まってしまったようで、もういきなり足が痛い。
その前のゲレンデでは、気持ちよく滑れたのだが結局この日はうまく乗れなかった。
日影ゲレンデに下りたら、リフトが動いていないでシャトルバスに乗って、長さかまで戻ったり、スカイラインの途中で雪が終わって、歩いて30mぐらい下ったり。

でも、mkさんがバーベキューの準備をしてきてくれて、昼には駐車場でおいしいおいしいBBQとなった。
ありがたや。

ところで、最高速更新してしまった。
97kmだ。

もっとも、これはチョッカリ。スカイラインの尾根で、その先が登り基調のところなので、加速してチョッカらないと後がつらいというわけで、ちょっと上から行きすぎたら、97km出てしまった。
おーこわ

二日目はメンバーが増減したけど、学習のおかげでいきなり激しいところは行かなかった。
しかも、バスに乗らずに済んだし、板を脱ぐこともなかった。
あ、ゴンドラ以外。

ところで、試乗会があっていろいろ乗った。

Volkl SD ロッカーでぐさぐさ雪でもターン導入がとてもやりやすい。いいのかもしれないなあ。

オガサカ keos うーん、特徴が余り感じられなかった。

Head isl なかなか坪にはまったら、いい感じが出た。

Head isl rd  小回り廊下でこの板だけは暴走気味にならずにしっかり抑えてこれた。意外とコブも滑れたし。評価高し。

さて、上野平やらで、腰下の前後動を利用しての滑りの練習はたくさんやった。
脚が痛くなるほどやった。
すると、乗れるようになって滑れる。
ぐさぐさ雪でも、普通に滑れるのだが、なにせ疲れるなあ。



なんてやっていたら、みんな疲労コンバイ。
その後、下っていくのでまた大騒ぎ。

バーチカルで3800mぐらいいった。

いやー、疲れたけど楽しいスキーは終わった。

来週に続く。

posted by ソーレ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013-14シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック