2014年07月04日

来期ブーツ着地

ブーツはヘッドのrapter B3 を3年間使用した。

師匠が使っていることだしということで、HEADを2機種はいてきた。
赤いその前のブーツは、しゅうりょ用に使用していた。

今年は更新にあたって、ヘッドでなくてもいいかということで、東京の展示会に行ったときには、3つに絞った。

1.テクニカ r9,3 ワールドカップ
2.ラング ラスト95 zj+
3.レグザム なんだっけ?

それぞれ、いろいろあるがとりあえず足入れしての感触でしか判断できないのではある。
ただ、それ以外のメーカーは

さっぱり合わない。痛かったりゆるゆるな場所があったり。

テクニカは、甲の部分がきっちりとする。 デザインがちょっと
レグザムはすっくと立てる気がする。 かっこいい
ラングは、物がいい。でも、合わない部分もあり。

ということで、なやむじかんをとるために東京では素通り。


で長野にて
あ、ICIのカスタムフェアを前提に話してます。

これで、悩んでいたのだが結局ノルディカのドーベルマンにした。

テクニカと型は同じなので、はかないでいたのだがedtという冷たくて不評っていうシステムがカーボンシートに変わり、さらにフットベッドの中に仕込まれただけの差だという。

デザインもこっちのほうが好み。
色使いはテクニカのほうがいいはずなのだが、今回は、こちらに。

なお、脊椎ぱっとも購入。

さらに板は別ルートから ぐらふぃん使用の ヘッド SUPERJOY 158センチ

これは、しゅうりょ用と春用だけど、意外と使うかもね。

ということで、決定しております。

posted by ソーレ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック