2015年04月15日

甲府の田中関節矯正院へ初のお出かけ

このところ書いていなかったのだが、腰の調子はおおむねいい。
だが、やはり疲れたりするとふとしたときに痛いなあってのはあるし、前屈系のうごきはちょっといやだ。
夜寝るときに、仰向けになると腰が伸びて1分ほどなんか変な感じである。

また膝についても、一時痛かったが、シーズンも終盤になってからは間が空いたこともあり悪化しないですんでいる。お皿周りのマッサージも効いているのかもしれない。


で、この間は、2月下旬に交換留学生制度で! キッズに行ったときに、パークレッスンということでさんちゃいのこにレッスンしたら、中腰で大変で、翌日にマッサージ、その翌日にまだだめだということで、尾見鍼灸院に行って針打ってもらった。
 この時点でシーズンたけなわの疲労がたまっていたようで、つぼに入ったときにズキーンと来ることが何回も激しくあって大変だったなあ。

 でも、まあこれでほぼシーズン終盤まで乗り切れていた。


 ひどくないけど、いまいちが続くのでAKAに行ったのは、4月8日。
この時点で、意外と痛んでいたのだなあ。センチョウ関節はそれほどでもないが、背中のほうが結構施術中に痛かった。
 結果的には、そのときは良かったが、意外と調子悪い。

あれ?ということで、今度はまた尾見鍼灸院4/13のこと。今回はそれほど疲れはたまっていないが、そこそこズキーンはあった。これも結構疲れて終わってお昼食べてから帰ると寝てしまう。

で、それでもなんだかいまいち。くしゃみすると背中が痛いのである。
斜め前にかがむといたいのだ。


何せ天気が悪いので、いろいろ予定しても出来ないことがあったので、この時期に行ってみようと昨日電話。
そんなにすぐに出来るかどうかさっぱりわからなかったが本日の予約が取れた。

8時半のつもりが10分ほど遅れてさらにガソリン入れたりコンビに休憩いれて、11時に到着。
2時間20分か。

さて、最初は、不思議な形をしたベッドにてマッサージみたいな感じであるが、痛いところを確実についてくる。腰と首をやってくれる。首も結構いたいなあ。腰もだが、膝裏やらふくらはぎなども。

その後ベッドを移動して、電気治療機を下に敷いてさらに温熱で暖めているうちにほかの患者さんをマッサージする先生。

足を持って胡坐各みたいな形で動かす先生。左脚は動かすことで、股関節にずいぶんと痛気持ち良い感じがする。右脚はそうでもない。

スキーでは左脚に乗れないでしょうねと。
ををを、そのとおりです。
これは、技術の問題ではなく体の問題。腰が原因で左脚がに悪さしている

さて、ということで何するかと思ったら、首を楽にしててねといわれてたら、エイっとばかりにひねる先生。
ボキボキボキと音がするおいらの首の骨。

そう来たか!

次は左ねみたいに。

次は腰。楽にしてねといわれたが少し力が入っていたらしい、もう一度ということでした。
基本的にはこれで終了。

ずいぶんすっきりした気がする。
ただ、運転していて1時間ぐらい立ったところでなんだかいまいちな気もする。
くしゃみでは痛くない。ちょうど風邪気味で良い判断基準が出来ている。
あとは、ぶら下がって伸ばしましょうと。ストレッチもしましょうねということでした。

腰はずいぶん長いあいだ傷んでいるし、つぶれていると。
首もけっこう痛んでいたのですよと。

で、つい同じ道がいやで諏訪経由。モンベル経由となった。
ライトシェルアウタージャケットご購入。

白樺湖経由で帰ったら、雪が積もっていた。
やはり帰って寝てしまった。

うたたね。

さて、これで、よくなれば左外脚に乗れるようになるということはスキーが上手くなるということかな!

posted by ソーレ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛・膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック