2016年12月30日

11日目、尾瀬岩倉 忍者

トータル9名 大所帯だった。藍さん、めえ、ながいくん、ポテチ、わっか、ちえみさん、さっちん、まいちゃん、おいら。板はiSL 165

最初に、重心は切り替えのときに15センチほど体の前に出てくるので、それほど前に行かなくてよい。
骨盤を前傾しながら切り替えで腰を立てる、その後谷周りからフォールライン、山回りにかけて腰を下げつつ、脚は前方向に回転させながら腰は止めておく。これが丸○貴○のドローン画像を解析した結果とのこと。

ヴィデオ

1 ぜんぜんだめ、すーっと谷周りするのでいかんぜ。なんか、ポジション前にいけていないよ。後ろ過ぎた。切り替えのとき。谷周り抑えられないのですーっと落ちている。

2 谷周りですーっと落ちている。外に出す動きがないなあ

3 急斜面になってぼろが出る。山周りの終わりで前に体が来ている。ここでは、後ろになるべき。

4 エッジ角が増えていかない、固まったまま。ポジションはまあまあかな

5 エッジ角は意識せず、脚を外に出す。谷周りで外に出していくように。これにエッジ角を増やしていくといいのであろう。

6 板の動きがよくなっているが、まだエッジ角度を深くするのが遅い。イメージでは山周りでやろうとしていた、もっと前から、フォールライン前程度から始めていくべし。
 

どっかのビデオでは、内脚に乗っているぞと。もっと外に板を出して体を付いて行かせて。

ということで、まあいろいろあるが、なかなか大変である。でも、基本的な考え方はだいたい同じだな。
混乱しなくていいので、よかった。


posted by ソーレ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック