2017年01月03日

13日目 丸沼 忍者 1/1

夕べは初のお年とりを群馬でということになった。
なのだが、通常に終わって、風呂、板のワックス、ミーティングとして終わったら、9時ぐらいか。
紅白見るかとなったが、2曲 君の名はのと乃木坂をみたところでちからづきた。

朝になった。本来、12時前に一度おきて、花火みて二年参りに行くはずでも会ったが、花火の音でおきたけど、そこまで活動的になれずにまたねた。

ということで、朝食のお雑煮がまあお正月っぽい。

スキー場についてから、神社があったのでおまいりした。初詣できた。

さて、この合宿最終日である。がんばるべー。

本日は小回りをするというのでislに復帰。

午後にゴールドコースの急斜面を多く取ったので、中斜面と急斜面の滑り方の違い。
中斜面では、ハイスピード系の板を下に落していく滑り方。
急斜面では、回旋を入れてテール側で削りながらスピードコントロール。
どのくらいの斜面から切り替えるかなども渡来アンドえらーで。

本日の課題
左外足のときにぐっと体を中に向けてしまう。
ハートの動きをするのを高速になったらわすれてしまう。

この2点はなんとか。

切り替えのところでは、伸ばしてから捉えるのではなく、伸ばしながら捉えていくとぴょこんという動きがなくなる。

ビデオ
1.なんだかなあ、その前の練習ではよかったのに。

2.後ろから取ったのは、意外とまともになっているが前から取ったのは、なんだかなという感じであったが、それは角付けが浅いからであって、それはポジションが高いので脚が外に出て行かないからであり、戻りも悪いし引っかかりも少ないしということで、もっと小さくなっておこう。

3.ゴールド急斜面 
かなり低くしたつもりであるが、見れば普通だなという感じ。まだ足りない。

4、ゴールド二本目 
だいぶ低くなったけど、頭が前だと。膝はそのままでいいから、頭を後ろというか真ん中に。
引っ掛けて谷周りの入り口からぐわっと持ってくるようにと。

5.ゴールド3本目
へろへろ、ちかれた。脚が動かずに左右においているだけ。
上部は、ゆっくりに下のであるが、途中で変えるのがむずかしいこともありだめだったなあ。

と、まあ3日間良く滑りました。
課題も、新感覚も出たし、まとめられるか?

回旋しなくても、板は回る。そとに押し出すと撓んでくるからね。
どの斜度ですべりを切り替えるか、それともアナログで徐々に変えていくのか。
左外足は、右腰を上に引き上げて谷周り。

うーん、あとなんだ?

戻って、温泉のあと片付けして、5時に出発。
沼田でひれかつ定食食べて高速で8時半ごろ帰宅した。
年末年始であった。

高度下降 2531m
距離 11.9km
posted by ソーレ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック