2017年03月01日

42日目 2/26 Bティー大回りよし 43日目 2/27 プライズ手伝い

土曜日は、仕事でいけず。
日曜に行くと、まだあっていない人から、またひとしきりテクの話題でいじられる。
あー、そろそろ一周したかな。もういいでしょう。

レッスンは、午前午後とも1級受験目標という方たち。

一名は通し、あと2名さまが午前と午後で入れ替わり。
種目一通り行ったが、結構皆さん横滑りって調子いい。
こぶもまあまあいける。
ところが、自分がいけないなあ。まだ体調が戻っていないようで、体が動かないではじかれる。
あとで、吐き気もあったりでやれやれである。

うーん、このレベルまで来るとすぐに直るようなことがなかなか難しいというのはあるが、自分のもくろみどおりの上達を感じられなかった、申し訳ない。


ということで、体調不良もあり、レッスン終わったら滑らずに終了とした。
といっても、
距離 17km
高度さ 4050m
ずいぶん滑ったのである。

で、練習であるが、朝GS板で一本滑ってみた。
なんと、初めてすらでコリャうまくいったという滑りがこの板でできた。
山周りで切って、切り替えてから谷周りでずらしつつブレーキ掛けて山周りに切ってさらにエッジ立てて抜くというのが繰り返せたのである。


今までは、山回りでブレーキ掛けたのかなあ?2−3ターンでブレーキが弱くなり、スピードが出てしまい山周りではただ耐えているだけで、もうスペースがなくなるから仕方なくターンしてというのであったのだが、ずいぶん違って脚も動いていた。
YDさんにも、捕らえがすごく早くなって、脚の動きが別人だと。

その後も最初ほどではないけど、結構いい感じでやたら大きなターンではなくターン数がたぶん2ターンぐらい今までより多い。うーんうれしいぞ。
大回りがこれで安定してきたらいいなあ。

小回りは、このごろやっているあまりエッジに頼らない滑り方、回旋系で。
これも、自分ではなんだか物足りない感がありありなのだが、それに回旋と、足首使ったえぐる小回りなどを組み合わせて、うまくマッチしたら1ランクアップできるなあ。
あ、でもGS板でやったのであった。意外とこれ小回りやりやすい。RN氏にとてもうまいですと。
彼女のレベルでは、うまいととてもうまいは区別があまりつかないような。まあいいや。



で、翌日はプライズテストの月曜日である。
某スクールの人が受けるし、クラウン受ける人を見ようかと思い、出かけた。

お客様誘導係りというのになっていた。
ん?なんだこれ?

あ、一般のお客様を誘導するのか、規制するためにか。
ということで、分岐で誘導したので、検定はさっぱり見えず残念。

あとで、ビデオで見せてもらったが(某いんとら)点数なりのもしくは若干甘いかなぐらいな感じであった。おお
クラウン受験者のビデオはなかったなあ。

さて、練習ではIspeedで、上野たいらを滑ったが、いい動きしてるね、板がいいんじゃないってKS氏
そう、確かにいたがいいですなあ。まあほめられたということで。

 検定はなんと17名のテク受験者に対して3名合格という破格の合格率。クラウンは5人でゼロ。

 早く終わったので2時くらいから練習。急斜面小回りのビデオ撮り。
あまりエッジを立てないタイプの滑りをしたが、見た目は大違い。忍者寺で何もしないって言う外に出たときに一瞬踏んですーーっと抜くタイプのすべりに似ている。
うーん、なかなかぶっく利だ。

距離 11km
高度さ 2200m
posted by ソーレ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016-17シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック