2018年08月08日

2018 東北カブ子ツーリング 1-2日目 新発田と「にかほ」泊まり

2018 東北カブツーリング


計画
7/29 AM7:30 町内草刈りの後出発⇒地蔵峠⇒須坂⇒R177飯山⇒R117新潟県津南⇒R8長岡R8予板中村コーヒーPM5:00⇒新潟市 PM7:00  300km走行 宿泊

7/30 新潟市内⇒R113村上⇒R345,R7鶴岡⇒R112酒田土門拳記念館に⇒R7にかほ⇒R345由利本荘⇒R7秋田市  260km走行 テントor宿


計画はこの通りだった。書いた時点でどうかなあと思っていた。
一日300kmとか走れるのか?それでは何も見れないのではないか?
確か、150kmぐらいに抑えた方が良かった気がするが。

といった、疑念はあったが、まあ行ってみようということで。


7/29(日)初日 出発から新発田まで

昨夜のうちに積み込みは終了していた。
今年の草刈りは時間早く終わるとの予想だったが、まあそうでもない。
戻って、朝食べて身の回りのものをもって、出発だ。
DSC00912.jpg

DSC00914.jpg

ところで、本日というか昨日まで台風である。あの、変なルールを通るという12号だっけ?一応、台風一過になるはずであったが行く手を見るとあれれ?暗い空だ。

出発したのは、7時半ごろ。オドメーター1515km。
後ろを見ると晴れているのだが、前が暗い。うーん、10分で雨降りだした。仕方ないのでカッパとブーツカバーとレインカバーを付けて再出発。
早速、計画を間違って書いていたことを発見。地蔵峠ではなく菅平超えであった。天気アプリで雨雲の状態を確認する。山ってたいてい降るから、R18で行こうかなと思ったのだ。

ところが、R18沿いは激しい雨と出ていて、菅平超えは弱雨の予報。まあ信じて行ってみたら弱雨で済んだ。須坂まで降りたらほぼ大丈夫な感じでセブンで休憩がてらカッパの上だけは脱いでみた。暑いのだ、日が出たから。

R117に向かうも、七瀬交差点で直進してしまう。これ直進は志賀高原方面だ。あれ?と思ってUターンしたのは、5分も走ってから。やれやれ先が思いやられる。

入ったら淡々と進んでいく。これ、ほんとに淡々と行かないといけない。後でも思うが高速乗れないということはなかなか凄いことだ。

小谷村の道の駅で休憩。
立ち食いみたいなそばを食べる。椅子あるけど。
なんだかなあ、もっといいの食べてもいいのだが。と思っていたら、奥に行くとクジラ汁とある。しかも200円。食べました。
DSC00919.jpg

DSC00921.jpg




瓜の汁に似ていて、黒いのに白いのが付いているのがクジラらしい。アジは普通だが、夏に食べて滋養強壮だそう。ところで暑い。今回は、ワークマンに行って長袖のアンダーシャツとタイツを買った。冷感とか書いてある。効いているのかどうなんでしょう?


DSC00922.jpg
長岡付近の道の駅でライダー3名様とお話。

PCX125とVT1200とハーレー。長野の方たち。PCXは早くて、最高もぬふわkmぐらい出るとのこと。ほえー、カブは70kmまでしか出したことないなあ。
ただ、この方たち暑い暑いと玉のような汗。おいらはそこまででない。ワークマン効いているのかな?

長岡は与板の商店街に中村コーヒーロースターを訪ねる。PM2時ごろ到着。
妻の友だちの奥さんが、丸山コーヒーの焙煎していた旦那と一緒に独立したのである。
前に一度行ったが、今回通り道なので寄ってみた。

3年ぶりぐらいだが元気そうで何より、繁盛していてよかった。小一時間休憩がてらコーヒーとお菓子で元気をもらった。

三条市の物産館。立派なビルの1Fにて休憩しながら宿を決める。新発田市ホテル丸山に決定。その後見学。いろいろあるなあ。そういえば、風呂に使うゴミ受けを買ってみた。

午後6時半ごろ新発田到着した。285km走行

天井のある場所にカブ止めさせてもらえたので、前に積んだキャンプマットやら、サイドバックはそのまま。箱の中からいるものを出して袋に入れてチェックインというスタイルがホテルでは確定。

荷物夜に外に出して置くってのはいまいちなれど、もう一往復と取り付けが面倒。
いや、この晩はたしか、サイドバックは外して持って行ったか。その後適当。

 この行程は、いつか北海道に行くために新潟フェリー乗り場まで下道カブでどれくらいかかるかのシミュレーションでもあった。

あらまあ約10時間って事でしょうか。高速だったら、4時間はかからないなあ。

夕食は、少し歩いてホテルおすすめの寿司屋さん。うまかった。2400円ぐらいでこれだけうまければ上等である。
宿は部屋は良いし、隣の旅館の大浴場を使わせてもらえるので良かった。ただ、エアコンかな?動作音がそこそこやかましい。疲れるので寝たけど。
DSC00926.jpg


https://youtu.be/VujYDXructU


7/30(月) 6:00起床

暑いので、少しでも早く動き出そうということで、6:45の朝食まえに準備をしてと思ったら、この宿の場所意外といい場所でちょっと散歩しよう。

足軽長屋とか、諏訪神社とかいろいろあるなあ。

ってんで、回っていてから、朝食で、昔のお姉さんと少しお話。なかなかいいところですと褒めたら住めば都ですねとそつがない。
出発は7時半か。

この辺りで地元では見かけない形の信号機があったので。
DSC00928.jpg
なんか、カッコいい

新発田城を見に行った、天守なのかどうか、後年立て直した感がでていたので、まあ先もあるし写真のみで出発。
DSC00930.jpg

彩雲寺祈念公園ってところ目安に海岸に出る。ここの講演デカいなあ。そして、海沿いに出たところにはキャンプ場があった。なんだ、ここでも良かったかもと思ったが、受付で話を聞こうとするもお客さんがいてなかなか話にならないのでまあいいや。写真撮って出発。

海岸沿いに出てからはもうひたすらR113北上。胎内市では暑いところだと聞いたために更に暑くかんじられる。塩工場というか、薪を沢山積み上げて昔ながらの作り方だそう。
この塩そういえばこの前の山形ツーリングwith CB子ちゃんの時に通って買った気がする。ここは通ったんだろうか?去年だっけ?いや一昨年でした。この時は、久しぶりに海で泳いだんだよなあと思ったら、あ、しまった海パン持ってこなかった。短パンでいけるかな?

なんて考えながら後で地図見たら、日本海東北道が朝日から南のみの開通なので、この辺りは確かに通ったのである。ただ、道路だんだん開通エリアが増えていくので目安にしているとわからなくなるなあ。


笹川流れの岩船にて、ちょっと休憩。遊覧船も出ているのだが、気がせいてそういうのに乗ろうって感じがない。1000円だ。うーん、この辺りでなんか違うぞと感じ始める。違うってのは、説明しずらいが、行った先で気の向くままに観光したりできないで、先を急がないとスケジュールに合わないとか感じてしまうことで。これだとなんだか楽しくないなあ。という感じのことである。

でもまあ、岩ガキあるというので頂く。2個で1200円。大きいけど、そうえらくうまいというわけでもないか。並みだな。
DSC00941.jpg


R345はとてもいいシーサイドライン。特に反時計回りというか海に近いほうの車線を走っているので宜しい。
鼠が関付近のこの国道と言えば、あの水曜どうでしょうで、大泉洋さんがだるまやカブウイリー事件を起こした場所である。
ただ、思い出したのだがどこだろうねと調べもせずに通り過ぎてしまった。残念だ。



道はR7になる。山形県突入である。そうだよカブ子ちゃん初山形県だよ。って新潟も初だったけど。
DSC00943.jpg


2年前だと判明した山形ツーリングで泊まったところは湯浜温泉のホテル福住さん。
目の前にカブ子置いて、海水浴客を眺める。あー泳ぎテー。R112である。
DSC00948.jpg

DSC00949.jpg

DSC00950.jpg

が、先に進む。ほんとはここで昼を食べたかったがどうもない。人に聞けばいいのだが、なんかそういう気になれない。まだまだツーリスト復帰に至らず。

酒田方面に行くが、うまそうな飯屋がないなあと言っているうちに、なんと目的の一つ土門拳記念館についてしまう。
うーん、お昼だけど他でお昼食べてからゆっくり見たいなと思って市内に向かう。

なれどさっぱりないお昼ばしょ。港にいってもないし、(見逃したらしい)駅に行っても見当たらない。仕方なく交番で聞くと、そこのホテル(高層)の2階にラーメン屋があるよと。まあいいか、って入ったらまあ。
DSC00958.jpg
これが美味しいこと。よかったよかった。

そんなこんなで、土門拳記念館に戻ってゆっくりとみる。
DSC00959.jpg

DSC00963.jpg

DSC00961.jpg

DSC00965.jpg


なぜかというと、ここは初回のみちのく二人旅(21歳)のあとに、多分一度20台のころに来て、えらく感銘した記憶がある。
その同じところを見て、おじさんになった私がどう感じるのかをじっくりと感じてみたいなあと思っていたために、わざわざ食事を先にしてきた訳である。

古寺巡礼のテーマのものは合った。たぶん以前もそうだった。あとは炭鉱の子供たちというのがあるが、さすがに昭和20年代なのかなあ?感情移入が難しい。

おー、こう切り取るのか、すごいなあとかは思うのであるが、20代のころ何を思ったのか覚えていないことに気が付いて、結局普通に感銘を受けただけで終了。

写真撮って良くなっていたのがびっくりしたところかな。

結局酒田に2時間半ぐらいいた。結果的には時間を気にせず観光したということになるだろうが、慌てて先を急ぐ。

R7でしばらく北上すると、鳥海山がだんだん大きくなる。雪あるよ。
ということで、鳥海山に登る。

カブ子頑張る。20kmほど2速と3速を織り交ぜて、展望台へ。
DSC00990.jpg

ここは、まだ県境ではないが、いい景色だ。素晴らしい。

車の人とお話しした。

もうこの時点で4時近いのかな。宿か泊まるところを決めないと。検討は降りたところか、由利本荘のキャンプ場だが、なんとなくそのまま県境まで進む。おっと秋田県だよカブ子ちゃん。

あ、疲れた。暑い、ダメだ。
電池切れた。

もう降りたところにかほ市の象潟キャンプ場に決定。
ナビでは到着したがどれだかわからない。
しばらくウロウロしていたら、あ、これのことか。でも人はいないし、水場でも水でないし。じゃあ、隣の海水浴場の砂浜から一段登ったところでテント張ればいいか。隣に東屋があるなあ。海水浴場のトイレもあるし。飯はどこかで食べて寝るだけにしよう。

テント張ってるとオジサン出てきた。怒るのかと思えばそんなこともなく、雑談。おれはそこの宿に泊まってるんだよと、旅人でした。
小さくっていいねえ、このくらいの車に積んでおくかと感心していた。
ところで、タープも持って行ったのだが、今回はキャンプ場でないし、料理ってのでもないから張らなかった。面倒ってのがデカいけど。

さて、暑いし温泉だ。オジサンが教えてくれた。すぐ近くにあった。カブ子で5分かからないなあ。
大浴場で夕日が沈みかけている。これから早いなあ。普通にゆっくり浸かってから、フロントで飯は食えないか聞いたが残念。この先の道の駅でいいんじゃないかと。

まずは、上がってテントに戻る。
テントから日本海に沈むゆうひを見た。10分ぐらいで完全に沈み切った。
DSC01002.jpg

DSC01006.jpg



その後、道の駅で海鮮丼。これはまあちょっとねえ。

DSC01008.jpg
暗くなってテントに戻る。
いろいろすることがあるんだよね。
ホテルの時は、洗濯。
テントでも動画データをパソ使って外付けHDDに移動。ルート検討。モバイルバッテリーから充電。などしながら翌日のルート検討。

とりあえず、この2日目ですでに予定から遅れた。秋田市まではまだ50km以上ある。このあたりで、まあいいや。予定は未定だと開き直ったのでこの後は楽しくなってくる。
278km走行。あれ?秋田まで260kmだって計算だったが、酒田でぐるぐるしたけど、そこまで違うのかなあ?

いやー暑い。テント暑いよ。メッシュではあるけど、フライシートでだいぶ隠れているからなあ。クロノスドーム君、君暑いよ。フライをひもで少しだけでも離して、張り、入口は開けて置いたが、まだ風の通りがいまいち。うーん、montbell盲信してはいけないかな。
寝入りは悪いがそれなりに寝た。あとは、グランドシート敷いた時点で寝てみるというのをやらなかったのがいけないな。少し斜めになっていた。


二日目終了


https://youtu.be/8FxuQMDXhsU
続く
posted by ソーレ at 13:08| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

山梨ツーリング二日目 キャンプ明けて

夜の寝つきがよろしくなく寝坊してしまった。
起きたら8時ごろか。

まずは、シュラフを乾燥させるためにカブの上に広げる。

トイレに行ったら朝食だ。
昨日買ったパンとコーヒーを沸かす。といっても、豆が売ってなかったので、1L入りのブラックコーヒーを温めるだけだ。
撤収が大変になるので、ここはガスストーブ。これもずいぶん昔のだよなあ。しっかりと動きました。

さて、撤収開始。
1時間後出発だ。バールを返却してから下っていくと、すでにおじさんおばさんペアが出勤していた。
ごみは、缶と燃えるものは出していいよと言われていたのに、全部まとめて引き取ってくれた。ありがとうございます。

下って道に出るもまだまだ山の中。本日のルートは相模湖に出てから、コロプラで相模地方、そんで、大月、山梨市、甲州市など通って、コロプラして、山梨県制覇を狙う。

少し子じゃれた店が出てきたと思ったら程なく相模湖だ。
橋の上でカブ子止めて撮影タイム。朝のうちだし、交通量少ないので出来たな。

R20に出たら、あとは淡々と進む。暑いけど。
主要国道ではあるが、中央道が早い段階で出来たためか、意外と狭い道幅で町の中を通っているところもある。
県道っぽい。こういうのがいいんだよね。

長いトンネルを抜けて、道の駅。ももを買う。ひとつ売りだったので、中で買ったが、外のももうりのおばさんに話しかけられてしばらく桃談義。味は、ちょっと甘みが少ないなあ。まだ次期が早いのかも。

その後も20号淡々。途中で、山梨市方面にまがり、R140なんてのも通った。
さらに、武田神社の看板見つけて右折。
山梨大学(なしだい)もあった。武田神社はもちろん、武田家の躑躅が館跡だが、どうして負けた人のが建物は仕方ないにしろ、土地が残っているのであろう?不思議だなあ。

おいらの望月氏は武田に攻められて逃げていったのになあ。

ところで、暑い。
あまり暑くて、カフェ、喫茶店で涼もうとしていたのだが、さっぱり見当たらない。
アピタがあったので、ここにもあるだろうと入店。

入り口にコーヒー100円と書いたパンやがある。
これでいいや、並ぼうとすると後ろに座っていたおじいさんが手招き。
買った後に寄っていくと、まあお座り。
私もバイク乗っていたのだよ。BMWばっかりだけど。と始まる。

なるほど、いろいろお話して、最後には名刺まで頂いた。これはどうも痛み入ります。

ところで、コロプラ順調に位置登録の新スタンプゲットしてとうとう、山梨県制覇です。
長野、群馬、栃木に続いてかな。よしよし。

その後は、来た道に入って淡々と進む。

清里手前で雨に降られたので、合羽とちょっと進んでからカブのレッグシールドでブーツがどうなるか確認していたのdが、意外と濡れるのがわかったので、ブーツカバーモンベルをこれも初使いかな?5年ぐらいは前に買っていたのだが。

そのまま、市場坂を下るときに前のTW200かな、追いついてしまい、先に生かせてくれた。ありがとう。
このTWとは30kmぐらいデットヒートを繰り返して(うそです。ただ、停まるタイミングが違うので行ったりきたりしているだけ)
最後どこかで、一緒に富まれればよかったのだが、いつの間にか居なくなってしまった。

ということで、無事帰宅したのは午後6時ごろだったか。
一体何キロはしったのだろう?

ガーミンによると、行きの初日が 230km
帰りのこの日が、185km だそう。

下道だけなので、230kmは観光要素がだいぶ無い。
185kmも何したというほどの事はないなあ。観光するには一日150kmぐらいがいいのかな。
移動日で 200km、程度の計算にしておこう。

今までは、というかCBでは高速つかうと300km以上いけたし、下道メインでも200kmは簡単だった。
そのへんは、まあさすがに。

そういえば燃費。
さすがだ、 70kmとか68kmとかバンバン出る。

今回は、カブにキャンプ道具を積んでいったわけだが、フロントキャリアに軽くて嵩張るものと思ったが、軽いはずだが操縦安定性にかける。
注意しないとふらふらしている。このへんはカブプロだったら、フレームマウントキャリアだからいいのだろうな。
14インチと小さいタイヤのためにやめたと思ったのである。

あとは、箱アイリス大山と、デイバックを箱の上、箱の前に椅子という仕様だったが、着替えはほとんど少ないので何とか入ったが、少し容量が足りない。次回は振り分けバックを使えるようにしてみよう。

posted by ソーレ at 01:23| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リターンキャンパー カブ子に見いだされる

先日来、タープを始めて買ってみて、張る練習してみたり、その場で金属メッシュのコーヒーフィルターで沸かしてみたり、お湯はウッドストーブで沸かしたり、とうとうテントを購入した。

テントは、もう使わないかな?重いしでかいのでする様になったら買えばいいと思って処分してあった。

で、買おうと思ってからずいぶん迷っていたが先日お店で聞いたら、前室の大きなクロノスキャビンが出ている。ただ、これが意外と重い。
4.3kgある。クロノスドーム2型は2.4キロ台。ほぼ2kgに近い差がある。また、梱包サイズがでかい。

だいたい、その前にタープ買ってあるし、前室をそんなに必要なことは無いかな。
タープとポール追加して持っていっても、1kgぐらいだし、あとは色がオレンジあるのはクロノスドームだけ。

ということで、クロノスドームの2型をネットで注文、グランドシートも買ってみた。今までは、ブルーシートだったが、収納サイズがでかいので買ってみた。


ということで、準備はほぼ出来ていたのであるが、雨だし、いろいろ予定がつかなかったりでうずうずしていた。

ちょうど、条件がそろったので前日に決定した。

ルートは、山梨県のコロプラを制覇する目標で、韮崎から身延山、そして富士五湖を回って都留と大月にいけばだいぶ進む。山梨と笛吹きとかも行ければいいなあ。

準備編の動画



なにせ、初めてなので時間がかかる。本来前日にシミュレーションしておけばいいが、前述のごとく前日はまだ決まっていなかった。
なんとか、パッキング完了して出発したのは初めてから30分後であった。

6時40分スタート 距離は 979kmほど
あ、カブです。

特に待ち合わせは無いのだが、佐久南ヘルシーテラスにてコーヒーとトイレ。
先着のバイクがちょうど、出発するところで手だけ振ってご挨拶。

その後、制限速度以上ではしるおいらの横を1m以下のスペースで追い越していく軽。なんだかなあ。
もちろん、前車がいるので、その後しばらく後ろをついていく。ほとんど意味の無い追い抜き。抜いてもいいんだよ、でももっと離れてくれよ。まったく。

その後は順調に途中1000kmで停止して写真。南佐久、野辺山、韮崎と淡々と進む。

須玉インターにも乗らずに、R52に久しぶりに入る。
道の駅ぎんがで休憩。富士山が見えているが、山頂ぐらいであった下は雲の中。

身延山までは、暑い中大変であった、意外とそれっぽいところまできているのに着かない。
ロープウエイに乗ろうかと思ったが、どうも時間が合わないのとまあいいやってんで、日蓮様の庵跡と、その関係の参拝をして終了。



一度北に戻ってからR300にて本栖湖に向かう。
もともと、西湖のキャンプ場で停まろうと思っていたが、時間がまだまだ早い。昼になったかならないか。
ということで、道の駅で見た、秋山川渓谷のキャンプ場に変更するつもりで、途中の しもべ っていう道の駅にてそばいただきながら検討して電話してキャンプ場さかがわ を予約。





千円札の逆さ富士のポイントに着いたが、富士山はさっぱり見えない。南側の半周コースにて進む。

途中自転車のおじさんがいたので、停まってお話。
なんでもロードバイク乗っていたけど、心臓悪くして負荷の少ない電気チャリにしたと。なるほど、その手があったか。
80kmぐらいは乗れるとのこと。
やはり、裏側は人が少なくていいね。

そのまま進むとだんだん賑やかに。キャンプ場には結構人がいた。月曜だけどねえ。

西湖パスして河口湖過ぎて、雲行きが怪しくなるがなんとかやり過ごせた。良かった。

3時には着くかと思っていたが、なんだかんだと4時過ぎた。
近所の商店で食材を仕入れる。
といっても、たいした事はしない。ごはん暖めてカレー温めてってところかな。だいたい、スーパーでなく個人商店だからそんなにいろいろは無いが必要最小限のものはそろったので良かった。

キャンプ場はすぐだった。ついたら電話でたおばさん、今日はあなた一人だからどこでも適当に張っていいよと。
ひょー

料金、1600円だそうな。昔は1000円って聞いた瞬間にじゃあやめますっていう相場だったが、このごろはお高いようです。本州は特に。
たまに、3500円とか書いてある、またキャンプ専用の予約サイトとかあったりして。時代は変わりました。

キャンプ場に一人ってのはあまり記憶無いなあ。野宿の場合はあるけど。
あとは、風呂あるけど、沸かし湯なので、1時間後にと。500円。

真ん中に陣取って、テント、タープの設営。タープは今回ネットで見た小川張りというのにトライしてみた。
基本的にはうまく言ったが、場所が今一だった。重なりがすくなくて、あまり意味がないというか前室が広すぎて中腰でテント入り口に入っていくのがつらい。

風呂は、露天だったが横で給湯器が動いていて音を聞かなければよい感じである。

風呂上りに早速虫に食われて、やはり短パンはだめだ。

ウッドストーブで燃料を拾ってきて火を焚いてご飯など温める。燃料がいまいちですっきりと沸かないがまあいいや。
食べながらビールでと。

少しネット見たりしたが、眠くなってお休み。

ただ、夜に起きてしまったので読書したり、考え事したり。
3時ぐらいにまた寝た。


翌日は別記事で。
posted by ソーレ at 00:32| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

リターンキャンパー カブ子に見いだされる

先日来、タープを始めて買ってみて、張る練習してみたり、その場で金属メッシュのコーヒーフィルターで沸かしてみたり、お湯はウッドストーブで沸かしたり、とうとうテントを購入した。

テントは、もう使わないかな?重いしでかいのでする様になったら買えばいいと思って処分してあった。

で、買おうと思ってからずいぶん迷っていたが先日お店で聞いたら、前室の大きなクロノスキャビンが出ている。ただ、これが意外と重い。
4.3kgある。クロノスドーム2型は2.4キロ台。ほぼ2kgに近い差がある。また、梱包サイズがでかい。

だいたい、その前にタープ買ってあるし、前室をそんなに必要なことは無いかな。
タープとポール追加して持っていっても、1kgぐらいだし、あとは色がオレンジあるのはクロノスドームだけ。

ということで、クロノスドームの2型をネットで注文、グランドシートも買ってみた。今までは、ブルーシートだったが、収納サイズがでかいので買ってみた。


ということで、準備はほぼ出来ていたのであるが、雨だし、いろいろ予定がつかなかったりでうずうずしていた。

ちょうど、条件がそろったので前日に決定した。

ルートは、山梨県のコロプラを制覇する目標で、韮崎から身延山、そして富士五湖を回って都留と大月にいけばだいぶ進む。山梨と笛吹きとかも行ければいいなあ。

準備編の動画



なにせ、初めてなので時間がかかる。本来前日にシミュレーションしておけばいいが、前述のごとく前日はまだ決まっていなかった。
なんとか、パッキング完了して出発したのは初めてから30分後であった。

6時40分スタート 距離は 979kmほど
あ、カブです。

特に待ち合わせは無いのだが、佐久南ヘルシーテラスにてコーヒーとトイレ。
先着のバイクがちょうど、出発するところで手だけ振ってご挨拶。

その後、制限速度以上ではしるおいらの横を1m以下のスペースで追い越していく軽。なんだかなあ。
もちろん、前車がいるので、その後しばらく後ろをついていく。ほとんど意味の無い追い抜き。抜いてもいいんだよ、でももっと離れてくれよ。まったく。

その後は順調に途中1000kmで停止して写真。南佐久、野辺山、韮崎と淡々と進む。

須玉インターにも乗らずに、R52に久しぶりに入る。
道の駅ぎんがで休憩。富士山が見えているが、山頂ぐらいであった下は雲の中。

身延山までは、暑い中大変であった、意外とそれっぽいところまできているのに着かない。
ロープウエイに乗ろうかと思ったが、どうも時間が合わないのとまあいいやってんで、日蓮様の庵跡と、その関係の参拝をして終了。



一度北に戻ってからR300にて本栖湖に向かう。
もともと、西湖のキャンプ場で停まろうと思っていたが、時間がまだまだ早い。昼になったかならないか。
ということで、道の駅で見た、秋山川渓谷のキャンプ場に変更するつもりで、途中の しもべ っていう道の駅にてそばいただきながら検討して電話してキャンプ場さかがわ を予約。





千円札の逆さ富士のポイントに着いたが、富士山はさっぱり見えない。南側の半周コースにて進む。

途中自転車のおじさんがいたので、停まってお話。
なんでもロードバイク乗っていたけど、心臓悪くして負荷の少ない電気チャリにしたと。なるほど、その手があったか。
80kmぐらいは乗れるとのこと。
やはり、裏側は人が少なくていいね。

そのまま進むとだんだん賑やかに。キャンプ場には結構人がいた。月曜だけどねえ。

西湖パスして河口湖過ぎて、雲行きが怪しくなるがなんとかやり過ごせた。良かった。

3時には着くかと思っていたが、なんだかんだと4時過ぎた。
近所の商店で食材を仕入れる。
といっても、たいした事はしない。ごはん暖めてカレー温めてってところかな。だいたい、スーパーでなく個人商店だからそんなにいろいろは無いが必要最小限のものはそろったので良かった。

キャンプ場はすぐだった。ついたら電話でたおばさん、今日はあなた一人だからどこでも適当に張っていいよと。
ひょー

料金、1600円だそうな。昔は1000円って聞いた瞬間にじゃあやめますっていう相場だったが、このごろはお高いようです。本州は特に。
たまに、3500円とか書いてある、またキャンプ専用の予約サイトとかあったりして。時代は変わりました。

キャンプ場に一人ってのはあまり記憶無いなあ。野宿の場合はあるけど。
あとは、風呂あるけど、沸かし湯なので、1時間後にと。500円。

真ん中に陣取って、テント、タープの設営。タープは今回ネットで見た小川張りというのにトライしてみた。
基本的にはうまく言ったが、場所が今一だった。重なりがすくなくて、あまり意味がないというか前室が広すぎて中腰でテント入り口に入っていくのがつらい。

風呂は、露天だったが横で給湯器が動いていて音を聞かなければよい感じである。

風呂上りに早速虫に食われて、やはり短パンはだめだ。

ウッドストーブで燃料を拾ってきて火を焚いてご飯など温める。燃料がいまいちですっきりと沸かないがまあいいや。
食べながらビールでと。

少しネット見たりしたが、眠くなってお休み。

ただ、夜に起きてしまったので読書したり、考え事したり。
3時ぐらいにまた寝た。


翌日は別記事で。
posted by ソーレ at 22:56| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

スーパーカブ110、納車千キロ点検してもらった。

スーパーカブ110、実は2か月経っていた。だが、やっとまあ千キロかな。

ということで、やっとこ千キロ点検してもらった。

オイル交換したわけだが、オイルフィルターも交換となる。

そこで、メカニックさま曰く、この前の前の型は日本製で、オイルフィルターなんて付いていなかった。
クランクケースを割るときに、交換してねと。
つまり、それだけ精度が良く、ごみが出てこないから必要がなかったんだと。

この前の型の中国製は、いろいろトラブルが起こって、その対策として今回オイルフィルターが登場になった。
でも、対策ってんなら精度上げて、必要なくするのがほんとの対策だよねえ。こんなの対症療法だし。

うーん、そうなの。

しかも、エンジン中国でくみ上げて、熊本では車体にマウントするだけって噂やら。うーん、国産といってもどうもぴんと来ないなあ。
これでは。

まあ、正確なところはわからないけれどと濁していたけどねえ。


いずれにしろ、これで全開まで、解放されたのでまた乗ってみよう。


https://youtu.be/wB-upriq6ic

動画アップしておいた。
posted by ソーレ at 16:28| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

久々のCB子ちゃんで、白樺湖まで

左ひざを怪我して以来CB子ちゃんの重量を支えることは多分できたが、その状態で動かすとか力を込めるとかは多分無理。

ということで、カブ子にずーっと乗っていた。マイブームはカブ子ってことであったので、ナナハンとのツーリングにもカブ子で行ったりしていた。

膝の状態も、だいぶ良くなり多分多少のことには耐えられる自信が出てきた、そんで今日の午前中にお仕事に区切りがついた。

で、満を持してCB子ちゃん。

DSC00506.JPG
午前中に雨降ったが、どうも止んでしばらくたつし大丈夫かと思ったので。


やはり、目覚めはちょっと悪い。仕方ないよね。一度冬にエンジン掛けたけど、3か月は経っている。

ガソリンは、まだあると思ったが、走りだしてすぐに。

あー、タイヤの空気が減ってるなこれ。
だって、曲がらないんだもん。

さっそく、スタンドにより、ガソリンと空気を入れてもらう。
さて、これでよかろうと思ったが、あら、曲がらない。

ということは、乗り方を忘れているということだ。カブ子はもうどうにでもなるので適当に乗っていたということか。
あとは、ウインカーつけようとしてホーン鳴らしたり、シフトアップしようとしてシフトダウンしそうになるとか、だいぶカブ子に慣れている。


ま、でもビックバイクの加速は楽しい。使い切れていないのだけど。

途中で、ガスった景色が素敵だったので止まった。
そう、ガスっているし、路面は濡れているしで、どうも曲がるきっかけがつかめないというか操作がいまいち。
DSC00507.JPG

DSC00508.JPG


また、写真は撮らなかったが、女神湖から蓼科方面の道の途中の景色も天気のわりによく見えた。

次は、目的地の白樺湖を上から見る休憩用駐車場。

蓼科山が見えてないが、この天気にしてはきれいな景色に満足。
DSC00509.JPG

DSC00510.JPG


さて、天気も怪しいし戻るか。

白樺第二牧場まで来て、天気は怪しいが少し休憩がてらホットミルクを頂こう。

頼んでいるうちに、バイクが来た。
5台ほど、なかなかバラエティーに富んでいる。

少しお話、東京からだそう。雨降らないといいですねということで、お別れして無事帰宅。


トータル1時間半ほどだが、楽しいライディングになった。

posted by ソーレ at 18:26| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

メインは友達の結婚式だが、バイク乗って、シュノーケリングして、海ボート乗ってSUP少々、さらにゴルフまで それは沖縄

タイトルどおり盛りだくさんの沖縄ツアーであった。

きっかけというか、メインはイントラ仲間のKMちゃんが、めでたく結婚していたのだが、式を沖縄でやるから来ますか?ってことである。
ここKMちゃんは、イントラ同期であるが、当初はそれほどまでの付き合いはなかった。ここ5年ぐらい仲良くなっていたので。ご主人とも何回も会っていた。

さて、なかなかにいろいろ詰め込んで忙しい内容になった。

簡単に日程を
5/11(金)
 自宅出発 高速バスで池袋 羽田に移動 JALで那覇空港着が15時ごろ。ホテルにチェックイン後、国際通りふらふら。
5/12(土)
 10時からレンタル819那覇空港店(ウイリーってバイク屋)にてXSR900レンタルして恩名村あたりまでツーリング昼後戻って、糸満まで。
 15:30ごろホテルチェックイン。16:30ごろより式場に移動。そして結婚式出席。2次会終わったら11時半かな。
5/13(日)
 11時ごろから恩名村のホテルプライベートビーチでマリンスポーツ、アクティビティ、16時ごろよりドライブがてらゴルフ場の糸満まで移動
5/14(月)
 8時より、ゴルフスループレイ。14時半ごろ那覇空港着。15:50JALにて那覇出発、18:00羽田から池袋、20:10池袋から高速バス
11時半帰宅。


10日は、さすがに夕方からパッキング。
その前日には、ゴルフバックをJALの便で送った。沖縄往復で4000円+袋540円
パッキングでは、機内持ち込みだけで済ますように荷物はある程度減らしてその中にもバイク用、ゴルフ用、マリン用といろいろ必要なので着替えにしわ寄せ。なお、結婚式は平服というか、アロハでいいよというので真に受けた。そうそう、このごろのマイブームである、動画撮影もするのでその機材が結構重たい。といっても2kgぐらいだろうが。

持ってみると、そこそこの重量感。これをずって持ち歩くにはちょっときついかな。
でも、減らないなあ。と思ったがジャージは使わなかった。インナーバックが数多すぎたかな。ショルダーバック、貴重品バック、温泉バック、小物バック、ビデオカメラ系バック、携帯系バック。

まあ。、しょうがない、これで行こう。

朝、浅間山を見れば、冠雪だ。気温は5度。沖縄はどんなもんでしょう?

DSC00215.jpg


当日朝は、余裕があったはずだが、余分にコンビ二でのトイレに行ったためにバス停に着いたのは3分前。バスはいつも15分ぐらいは遅れるのに荷物を出していたらもう来た。
無事池袋駅に着いたが、少し遅れた。いつも思うがJRの入り口がわからん。
品川から京急で空港に移動。チェックインはしなくていいので、特にやることも無いので保安検査では、かごに出すものがなんだか多かった。抜けて中にはいりカードラウンジに直行。
少し使った電気物を充電しながらスマホ(パソコンやタブレット持ってこなかった)でようつべの動画視聴数などチェック。他のメンバーの動向など確認。

 そう、今回は、式に参列だけしてもらえれば、前だろうが後だろうが、式だけだろうが勝手に来て勝手に帰る方式。ということでおいらはひとりでの飛行機となった。
 すでに、沖縄3日目という組もいるし、多くは明日のエアー。

DSC00221.jpg
10分ほど遅れて飛び立つJAL915便。K列は窓際だった。
予約したのだがさっぱり覚えていなかった。

おかげで、とてもクリアーな視界の中いい景色が見れた。
江の島?
DSC00229.jpg

近くの富士山
DSC00232.jpg


おそらく、南紀白浜の川から出てくる土砂で色が変わった浜辺

などなど、きれいである。

さすが、沖縄は遠く、2時間ぐらい飛んでいた。無事着陸して3度目の那覇空港。前回は確か会社退職後2度目の旅行で、鹿児島屋久島沖縄本島、石垣と来た、16年前。その前はさらに10年ほど前の社員旅行。なので、空港もさっぱり記憶に無い。

そうそう、ゆいレールも作り始めだったかな。
まずは、県庁前駅に。スイカはモノレールに使えないが、コンビ二では使える。なんだかなあ。ああ、やはりバックが重い。
スマホのおかげでするするとたどり着く。きれいなコンフォーとホテル那覇県庁前であった。アップグレードしてくれてツインになっていたが、特に用は無い。

少し、休んでから国際通りに繰り出す。ってほどでもなかったが意外といろいろこまごま買っているおいら。カブ子にシールとか、スーツケースの目印シールとか、妻への引け目解消用にお土産とか。
3丁目そばにて、生めんの沖縄そばを食す。
これが、おいしい。
DSC00251.jpg

だが、眠くなってきたのでホテルで休むが案の定寝てしまう。

あまり寝てはいけなかったのだが、仕方ない。おきてからもう一度国際通り。暗くなってからのほうがそれっぽい。1っポン裏どおりはいってみても、健全な感じしか見受けられなかった。まあいいんだけど。
DSC00282.jpg

DSC00285.jpg


さて寝るかと思ったがさすがに寝付けない。
一時間ぐらいであきらめてコンビニに酒を買いに行く。効用あったとまあいえるか。
そこそこ寝た。


なかなかに沢山種類のあるバイキングでの朝食を頂きとおもったが、その前に。
あれ?雨か?窓を開けると路面が濡れている。
沖縄の道路はさんごを骨材にしているので、エッジが立ってなくて滑りやすいとのこと。そんで、雨だとさらに滑る。
と聞いてはいたが、少し外に出て靴で試すと、まあ滑ること。

また、レンタルバイクの条件として、雨だとキャンセル可能ということである。

最初からブルーでまあとりあえず、行ってみるかと県庁前駅から赤嶺駅に結いレール。お店はわりとスムーズにたどり着いた。
すでに店先に用意してある。ブルーだってこれは色。
DSC00291.jpg

お店では、わりと霧雨程度で、まあせっかくだから借りるか。
で、ここで説明をさらに聞いた。滑るよと。

XSR900は、モード設定が B、STD、Aの順でパワーが上がる。雨なのでBがいいですねと。
さらに、トラクションコントロールがなし、1、2と介入度が高まる。2がいいですねと。

最後の書類を用意してもらい、いよいよスタート。

アクションカメラと、ガーミンedge510をセットしてからスタートだ。
DSC00300.jpg

道は、お店の前を出て直進するだけで北部方面に行くR56に繋がる。
とりあえず、島の中部ぐらいまでは行くかなと思っていたのだが、あわよくば北部までもと思ったのではあるが。

なにせ、雨で出足が鈍い、そうそう、今回は午後3時半ぐらいがタイムリミットなのに、出遅れ。
そして、混んでいる。
渋滞というほどではないが、信号が多くさっぱり進まない。さらに、バイクと、滑る路面に慣れていないので、すりぬけもまったくせずにいたらいつまでたっても国際通りとか看板が出てくる。

うーん、つまんねー

なんだかなあ、もういいか?とも思うような。海もまったく見えないし、きれいだと思えば基地だし。

途中で国道から離れてみたが、どうもいまいち。

やっといくらか空いてきたが、それでも気持ちいいとは言えない。
また、離れてみたが海見えないし、どうも基地の人の住まいがあってというのが面白い景色と言えなくもない。

結局国道で北上、一度上を輸送機が横切ったが、よこを見たら基地だった。


なんども、もういいか。帰るかと。

やれやれ、ほんとに面白くない。

やっとこ、浜辺に出た
DSC00295.jpg


ああ、きれいではあるが何せどんより雲。

ご飯食べて帰るか。

DSC00299.jpg
てびちそば頂きました。


帰りは高速で、そういえばコロプラをしておいた。沖縄で5箇所ぐらい踏んだ。本島ではあと2か所になっている。
また次回だな。

高速のるのに間違えて基地に入りそうになってしまった。Uターンだ。



高速乗っているうちに、天気が回復してきた。よーしいいぞー。
高いところから見ると、海が見えてきれいだ。

乗る前に確認しなかったが、ジャンクションがあって、まあたぶん空港方面に行くのがよかろう。ってんで、空港の一つ手前で降りたら、どうやら正解。

その後は、そこそこ混む中ではあるが、気持ち良い空気でご機嫌に進む。


ひめゆりの塔には、観光バスがすごくたくさんいた。
以前来たので、スルーしたが、これだけ人が来るってのはいいことだな。合掌。

隣の平和祈念公園に到着。

献花一束300円と書いてあるので、そのくらいしようかとおばあに近寄ると、いきなり対で二束600円ねと。
うーん、まあそうなんだけどなあ。だが、ちょうど細かいのがない、おばあはじゃあ後でなんか買って崩してと、線香とお花二束渡してくれました。

どこに?ときくと、あの緑の屋根の向こうに石碑が何県何県って書いてあるからそこにどうぞと。

そこそこ歩いて石碑に到着。沢山亡くなった方の名前が書いてある。
長野県でみたら、一文字違いの方のお名前が。
じゃあ、その前に花束。あら、線香に火がつかないなあ。そのままで。

DSC00309.jpg

その先に行くと、高校生が宣誓している。
曰く、戦争しません、平和を守りますと。

えらいねえ、思わず拍手。
その先には、いい海。
DSC00312.jpg

これぞ沖縄って感じだなあ。

ところで、あっちい。DSC00319.jpg

これで、崩して無事お花代金も払えた。

DSC00321.jpg

ということで、これでバイク屋さんに戻る。



道が乾いているので、モードをSTDやAにしてみる。

うーん、早。

あ、そうだ、インプレ。次期のバイクとして考えているわけだ。

まずは、見た目。
カッコいい。でも、ぐいぐい惹きつけられるものはなかった。色があまり好みでないのは大きいかな。

サイズ感、は手ごろな。

重さは軽い。簡単に動く。

足つきはCBよりはずいぶんといいが、両足べったりというわけにはいかない。
つま先ではないが、真ん中あたりまでというところか。

パワー 
Bモードでは、発進に気を使う。最初セカンド発進かと思った。その後もエンストしそうな気がする。
だが、STDやAモードでは問題ない。

Bモードでも、雨のスリッピーな路面ではあるが、少し開けたらすぐに加速。はえー。

Aモードは、音が変わってどこからでも加速する感じ。高速なんかはどうすんだこれ。あっというまに制限速度。


3気筒だからなのか、なんか面白い音だ。不快ではないのでOK

ハンドリング
雨で滑るとさんざん脅かされて、曲がりずらかった。Uターンなんかがやりずらい。
交差点で、ふくらんでしまう。
この辺は、慣れるだろうが。

シート
固い。けつというより太ももの付け根ぐらいが痛くなるかもね。もっと乗れば。


で、全体として
これは、ちょっと早すぎるかな。Bモードならそれほどでもないのだが、それだと発進がつらい。パワーはあって悪いこともないのだが、フル加速とか怖くて出来ない気がする。峠道でアクセル開けられないだろうなあ、まあトラクションコントロールに任せて開けてしまうという手もあるのだろうが、どうかなあ。

ということで、保留。ってすぐに買う状態が整っているわけではないのだが。
次回機会を見て、XSR700を乗ってみたい。


最後迷ったが、無事返却できた。

最初はどうかとおもったが、最後は楽しかった。ありがとう。
Book1.pdf

さて、ブログ的には、沖縄編まだ続きます。


posted by ソーレ at 17:02| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

原村へカブツーリングというか、まあそうかなあ

まあ、そうなんだろう。きっと。

カブで、原村に出かけた。
目的は、残念ながらお墓参りとお別れの会。

年下の女性のスキー仲間です。今月初めに帰らぬ人となりました。

ほかのスキー仲間が企画してくれて、行ってきた。ただ、彼女はバイクに乗っていた。
ハーレーダビッドソンだった。そういうことで、ツーリング行こうよと言っていたのだが、結局実現しないままこうなった。

楽しいことが大好きな彼女のお別れ会。カブで行くのも一興だろう。

ということで、カブツーリングの中にお墓参りとお別れ会が入った。

集合時間に合わせ、普通なら1時間半前に出るところ、カブの登坂能力から1時間50分前に出発。
きもち余裕があるかとおもって、寒いこともあり着々と休憩をはさんでいたらあらまあギリギリだ。

牧場ではホットミルク、景色のいいところでカブ写真、なーんてしていた。


DSC00163.jpg

DSC00168.jpg


集合地点では、皆さん大体お集まり。
そこにトコトコ行ったものだから、なかなかの注目度である。
燃費は? 力あるの? 軽いねえ いくら?

まあ、無事集まってお墓に移動。

いいところにお墓あります。
DSC00170.jpg
墓前では、直近の会話で クラウン 頑張ってねと言われたのを思い出し、よーしと思いを新たにした。



お店に移動して、お昼とりながら思い出話。写真が沢山用意してくださってあった。お父様ありがとうございます。

と言いながら、後半はよもやま話になってしまったが、彼女の生き方さながらに楽しい時を過ごした。


さて、帰る時間となったが数人から麦草峠で行けば?みたいなの。

あー、まあそれもいいかと思い、麦草峠に向かう。
カブ2速で40kmでないこともないが、3速がいいかな。2速だと30kmぐらいにしておきたい。
ということで、急坂では2速も使ってゆっくりと登っていく。

ところで、ガソリンがあまりない状態であったが、おそらく大丈夫だろうと思い、無給油のまま山に入る。


2000mぐらいかなと思っていたらずいぶんと登ったものだ。登りなのでさすがに燃料の減りが早くてドキドキした。
まあ何とか、最後の赤いラインには届かないところで峠に到着。

先に止まっていたライダー二人としばらくお話。

さすがに寒い。標高2127mで、道の横には随所に雪。


下りに入る。
意外とすぐに白駒の池入口だった。久しぶりに通ったのでどうも感が悪い。また、いつもと逆コースなのもあるかな。

しばらく下ってそこそこ暖かさが出てきたところで、休憩。
DSC00179.jpg

250ccのオフ車と比べてもこのサイズ。

無事坂を折り切ったあたりで、おっと中部横断道 佐久穂インターが出てきた。
でも、まだ通れない。どうも今日の夕方6時から?

ほんと?

まあ、もうじきということだ。

さて、無事スタンド到着。
DSC00180.jpg

383kmで、燃料計は最後の赤いラインをオーバーしてましたなあ。
でも、これで 3.2L 前回給油が174kmだったので、209km/3.2l=65.3Km/L

うーん、素晴らしい。

臼田のあたりで、中部横断道開通記念式典会場という看板を見た。
皆様沢山の方々いろいろ長いことお疲れさまでした。

ということで、無事帰宅。
行きには、1時間45分だったが、帰りはどうも2時間半ぐらいかかった。そりゃそうだ。遠回りのすごい登りを行ってくるのだから。

でもまあ、カブほんとに高速使えないだけでどこでも行けそうである。
よしよし。またいろいろ考えようっと。
ワクワク

あ、また動画を撮ってある。
編集したら追加だな。

posted by ソーレ at 22:14| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

初カブツー は 南牧村と上野村

前日に納車されたカブであるが、そりゃ来れば乗りたいって物でしょう。
ちょうど天気もよく予定を空けておいたので早速ツーリングだ。
DSC00101.jpg

DSC00102.jpg

早速買ってあったアクセサリー取り付け用の棒をミラーステーに共締めで取り付けしてそこに、スマホホルダーとガーミン(サイクルコンピュータ)用のマウントを取り付けておいた。
ところが、スマホホルダーの幅が広くて、ガーミンの取り付けが厳しい。しかたないので、スマホホルダーにガーミンを入れていこう。
まあ、今日はこれでいいや。
DSC00103.jpg



目的地は群馬県南牧村にした。なぜかというと、R254を通って関東方面に行くときに、下仁田を通ったとき看板が出ているのである。
であるが、いつもまっすぐに行くので素通りしているからここって数十回は通っているとおもうが。

というわけで、行ったことがないので。

ルートを考えたところ恐らく4時間程度の工程。だが、カブツーである。
巡航速度、加減速、慣らしなどとそれ以上に、ゆっくりとゆったりとツーリングしたいのである。

なので、妻が聞いたときに、7時間と言った。そんなにかかるのかと聞かれて、掛けるのだと答えた。

朝から行こうかと思ったが、天気が曇りだ。イコール寒い。ので晴れるまで待っていたら結局10時半ごろの出発。



普通に、出かけたが動力性能はこんな感じ。

まずは、加速感について
まあ、とくにがんばっていない車と同じように加速できる。

巡航速度は、慣らしを考えると60km/hくらいが最高速度。
たまには急いでる車に抜かれるかな。

さかのぼり
少し坂だと感じる程度では4速のまま速度キープできるのだが、普通に坂だと思うようでは3速で45kmぐらい。
急坂では2速で35kmぐらい

とても細かいカーブの下り。楽しい、早い。
中速カーブの下り、そこそこいける。
50km以上の下りは苦手だな。


ということで、順調に良く停まりながら進む。
10kmの佐久南ヘルシーテラスにて、ホットコーヒー休憩。
昨日降った浅間の雪をバックに。


コーヒー買って戻りながら見る、いやーカブかっこいいなあと思い始める。
DSC00104.jpg

時間も余裕あるしと思い、内山峠手前で右行くと高津牧場とある。久しぶりに通ってみよう。
しばらく山道を行くと、道端で何かが動いている。 あ、たぬだ。たぶん。

上では、とんびが旋回中だ。うーん、カブの音が静かだから色々周りのものが気になる。
狭い道は得意だよね、これは。登りは2速を駆使してなかなか着かない牧場を目指す。

途中、荒船風穴というのが世界遺産に登録されているというのでそちらを目指すが何のことは無い、牧場を抜けたその先にある。
DSC00112.jpg

駐車場まで行ってみたが、往復の徒歩が急な上り下りで45分かかる、料金が500円だっけ?かかるという。
両方のご案内にびびって即Uターン。

牧場では、ソフトクリームがおいしいのであるが、寒くて食べられないのでスルー。
そう、もう一枚着てくれば良かったと走り出してすぐに後悔したのであった。

来るときに見た、いい景色のところで缶コーヒーの最後を飲んで休憩とした。
DSC00113.jpg

うーん、かぶかっこいいぞ。


だいぶ、ゆっくりしたが今度は、すげーヘアピンだらけの急な下りのワインディんぐの狭い道。
路面が、濡れていたりごみが落ちていたりでちょっと厳しいが、カブだから面白く下っていけた。
これCBとかなら、びびりながらだなあ。

途中からR254って表示は出ているが、ずいぶんせまいぞおい、旧道ってことだな。
確かに、いまのバイパスが出来る前は、254といえば狭くて曲がりくねってとても時間かかった記憶がある。

バイパスにでて、ハイスピードの下りカーブはまあ、そこそこ。
下り終わったあたりで、60kmぐらいに押さえて後ろの車が抜きたそうなときはすっと抜いてもらう。

お昼時間となったので、ドライブインにて食事だ。
味噌こんにゃくとねぎラーメンとおもったら、定食頼んでいた。
量が多いなあ。ご飯落としてもらう。
DSC00118.jpg

DSC00120.jpg



ねぎって下仁田ネギかとおもったら、普通の緑の刻んだのであった。ざんねん。

このドライブイン床が足場板っぽい。黒光している。
さらに、富岡製糸場のビデオをずっと流している、世界遺産登録前に行っておいてよかった。

さて、そういえばヘルメットホルダーがとても使いづらい。場所が低い上に、フルフェイスだとそこらじゅうに干渉して、Dリングが届かない。
難儀なことだ。5mmぐらいスペーサー入れて外に出したいなあ。


出てすぐに目的の南牧(なんもく)村の標識あり。
DSC00121.jpg

長野県では、南牧(みなみまき)村である。
とうとう、初のルートであるが、どうもちょっとぐらい来たことがあるようだ。記憶がある。

さて、進んでいくと気持ちよいみちである。あ、サルがいる。切りとおしの斜面を少し登ってこっちを見ている。

もう南牧村にはいったころか、上野村って標識をみて停まる。

徒歩のおじさんと話が弾んでしまった。地図を見せてもらう。紙じゃないので破れないなあ、これいいな。
ここで、いちおう考えてはいたが、上野村まで行って、ぶどう峠で長野県に戻るルートにした。

しばらく進むと、あらこれは。
御巣鷹の尾根っていう標識。
DSC00132.jpg

ちょっと曲がって進んでみたが、駐車場まで15km、現在は山道通行止め 雪か?というので、遠くから拝んでおいた。
坂本九さんと、お仲間のお父上も亡くなっているのだもの。

Uターンして、温泉に向かう。さっき見えていたのであった。
そうそう、Uターンは、まったく苦にならないしので、停まる勇気と戻る勇気が遺憾なく発揮される。
いい写真が撮れそうだ。


500円の立ち寄り湯で気持ちよく風呂につかる。
やっぱり、このくらいの余裕を持ってツーリングしないとだめだよね。
DSC00133.jpg

昔の記憶よりもとてもいい道であるぶどう峠に向かう。
峠では、なんか記憶あり。景色は本来良いはずだが、木が伸びているのと、ガスって居てというか春霞かな。
DSC00135.jpg

あとは、ずんずん進む。快調だ。

途中桜満開のところで写真
DSC00140.jpg

行くときにも桜満開ポイントはあったがスルーしてしまった。

無事小海の町に到着。国道やめて県道2号で北上。コンビ二で休憩を取ったら、もう生活圏だ。

無事予想時間と15分違いぐらいの5:15ごろ帰宅した。
DSC00145.jpg

オドメーター 159kmで燃料計は残り1/4 4.3ℓのタンク容量なので、50km/Lは行っているだろうな燃費。


全般的な印象として、カブはツーリングに十分使える。
60km/hぐらいに押さえておくと、気持ちよく楽しい。
わいんでぃんぐはのぼりがちょっと厳しい。
書いたが、Uターンとか停まることが簡単である。写真撮影にもってこいの資質である。
チャリも良かったけどね。
ヘルメットホルダーが使いづらい

初ツーリング完了!


あとで、動画をようつべにアップしてみよう。というかこれから編集だからまだ先か。



出来ました。でも、ブログ見てれば同じか?


posted by ソーレ at 20:20| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

ビーナスラインツーリング

とある事情によりストレス解消が必要で、何度もツーリングに出た。

今回はビーナスラインである。
今日も天気が良かったが思い立ったが遅かったので、昼付近からスタート。
近くで昼食を済ませて、進むがちょっと寒いなあ。中に一枚着てくるのを忘れてしまった。

仕方ないので、山の入り口のローソンで新聞を購入。気持ち写真を眺めてからジャケットの中に突っ込む。

ずいぶん風当たりが弱くなった。これで行ける!

登って、最初のスポットは白樺平
IMGP3565-s.jpg

IMGP3569-s.jpg

その後、美術館付近で
IMGP3582-s.jpg

ぐるっとビーナスラインを走るって、途中キノコ汁で休憩。
ところで、今日は平日なのに結構バイクを見た。50台ぐらいかなあ?

キノコ汁ポイントでは、集団がじゃんけんして勝った人の行きたいほうに行こうとか言っている。
なかなかに自由だなあ。

これは、白樺湖湖畔より
IMGP3591-s.jpg

ま、そんなことで無事終了。

あー気持ちよかった。少しストレス解消できたが、まだ足りないなあ。
posted by ソーレ at 00:00| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

夏の終わりの浅間志賀ツーリング

いろいろあった法事も終わったので、いい天気で、ツーリングに。

まずは、浅間山 これは通常の景色
IMGP3525-s.jpg

次には、浅間山の東からだな。有料道路
IMGP3528-s.jpg

途中でなんだこれ?
浅間記念館 二輪車展示館と出ているので、行ってみた。

CR50だなあ、すごいな。
IMGP3537-s.jpg

TZ、タイヤはTT100だ
IMGP3541-s.jpg

お約束の刀
IMGP3545-s.jpg

Z2も捨てがたい
IMGP3547-s.jpg


ちちやでまんじゅうを二つ買ってその場で購入。
その後、不動産屋で外から情報を仕入れる。

さて、志賀の入口だ。
IMGP3551-s.jpg

IMGP3557-s.jpg

ここまで来たら曇ってきて、すぐにガスに包まれた。ここまではいい天気だったのに残念だ。
結局山を下りるまでてんでダメ。

志賀の下のほうまできたら視界は回復

バスターミナルから近くの山の食堂でカレー。瞬時に出てきた。
まあ、カレーだからなあ。

ここは、ジャイアントだね、なかなかここ来ないなあ。
これは、おっかないけど、気持ちいいだろうな。大回り。
IMGP3561-s.jpg

ということで、そうだ終わりじゃない。
上林温泉にいってお風呂入った。ことぶき 
おかみさん?が美人だ。
残念ながら前日の強風で露天風呂がゴミだらけで掃除後の湯張り中とのことであったが、見ることはできた。

その後、猿カフェ?でお茶して無事帰宅した。
良い一日であった。



posted by ソーレ at 00:00| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

ナビカフェin BT 2年目

去年に続いてナビカフェがあった。
最初のうち告知では、元AKBのなんとかさんが来るとか、ステージではこんなことするとか、モトカノっていう女性がくるとかそんなんであった。

あれ?去年のライディングレッスンや試乗は?


2週ぐらい前にやっと両方あることが分かって参加の意思が固まった。

さて、9時すこし前に到着したら、駐車場がこくようのほうだった。
IMG_20170528_095604-s.jpg


早速試乗の予約と思ったが、すでに初回はハーレーのみが空いていて他は埋まっていた。他はKTMアドベンチャー3台ぐらい、モトグッチ2台、スズキgsxs-750 同1000など。

10時からレッスンなので、初回はハーレーのそれっぽくない750。
IMG_20170528_093233-s.jpg

うーん、なんかポジションが変なだけが特徴で、どうってことない。

で、レッスンは今回3名。去年は10人ぐらい、スキーも同様だが、密度が濃い。
まずは、八の字やらでウォーミングアップ。ポジションの確認、加速時には前傾を先にしておき、スロットルオン。減速時には骨盤寝せてニーグリップ。

ぶれーキング 1、リアブレーキ  2、フロント弱く  3、フロント強く

加速して停止線で止まる。なかなかうまくいかない、1mぐらい手前で止まってしまう。
10回ぐらいでやっと合格。

コントロール3種のじんき
半クラッチ  アイドリング発進、つなぎ始めて3秒ですべて繋げる。
リアブレーキ スロットルすこし開けてクラッチつなげたままリアブレーキでスピードコントロール、1,2,3と断続的に
スロットル 二本がけで小指がわで握る、スロットルと半クラとブレーキで制御

その後Uターン 寝せないでハンドルフルロックまで行う。
なんとか出来た。寝せたほうが小さくは回れるがリスクがでかくなるので立ててやりましょう。

ところで、途中でこけそうになったというか本来こけていた。
先生(ケニー佐竹さん)が予期して支えてくれたからこらえられたのではあるが、そのときに右ひざに痛みが発生。たいしたこと無いと思ったが、実は2日後に大変になる。


というこおとで、終了。
質問にXSR と SV とNX どれがいいかと聞いてもまあどれって言うことはないし、実際はどれ買ってもいいんだろうなと思う。ところで、このごろの車重って装備重量なのだな。どうやら。CBは多分250kgぐらい。今回のGSXが200kg以下かな、まあどうもこのごろ重たくなってきたというかバイクは変わらんな。自分の筋力が落ちたんだろう。
21歳になっているし、そろそろ検討しているのである。
軽いバイクに。さすがに50kgとか違えばだいぶよかろう。

話がずれた。

次は、車 ロータスエリーゼの試乗である。
エリーゼは、以前からかっこいいなと思っていた

IMG_20170528_091432-s.jpg

IMG_20170528_090642-s.jpg

IMG_20170528_091452-s.jpg

IMG_20170528_091504-s.jpg

IMG_20170528_122342-s.jpg


試乗できるとはありがたいが、まあすぐ買えるものでもない、お値段690万円だそう。
このエンジンはトヨタの1800スーパーチャージャーだそう。ミッションもトヨタだそうで、駆動系の信頼性も高くいいのだが、荷物はさっぱり載らない。

乗るのが大変。ドアあけてバスタブ型といっていたが、たいへんだ。
助手席に販売店の人が乗る。

スピードは出るが、そんなに、やたらめったら早いというわけではないが、ハンドリングがいい感じは見受けられた。回転数は6000ぐらいまで回していいというので、そこまで回した。
基本的にはゴーカートというかカートが大きくなった感じである。風の巻き込みはあまりない。視界は前方が意外と見えない。
後ろにいたっては、これでバックするのはトラック並みに難しい。サイドミラーがメインだな。

もっと、スピード出せればよかったかもしれないが、まあこれはこれで十分楽しめる。
軽い車体とパワフル(220馬力って行ってた気がする)隣にあったエキシージやらセブンや、KTMの青い車は300馬力台のようだった。

ということで、楽しめた。欲しいなあというか、たまに乗りたいのだが。一日レンタル5万とかないかなあ。


さて、戻ってバイクだ。
今回ある中では、一番気になっていた GSX S 750 順番違ったっけ?
IMG_20170528_124616-s.jpg

これは、低速トルクはさすがに少ないが、とにかく軽い。取り回しも、切り返しも軽いのでストレスなく思い通りに動いてくれる。回せばパワーは十分に出る。

1000もあったのだが、今後を考えると750のほうがいい気がする。というか空いていなかった。
人の話ではとても良かったと。
一緒にレッスン受けて、その後なにかとお話をしていた厚木のかたは、40代だからなあまだ、重さが身にしみてこないのかもしれない。もっとも1000でも軽いんだろうけど。

次は、KTMの125
IMG_20170528_131004-s.jpg
車格が250レベル。足つき悪いなあ。
パワーはさすがに125、全開です。というが開けていれば十分車はリードできる速度になっている。
でも、気軽さがすくないなあ。

次が最後 モトグッチのスピード7だっけ?なんかそんな名前の。
IMG_20170528_140337-s.jpg

IMG_20170528_120359-s.jpg

これは、面白い。シャフトドライブの癖は、止まっているときにはぶりっぴんぐですこし感じるが、乗っているときにはあまり気にならない。
ポジションがやる気あふれていて、これなんだろうとおもったら、チャリのポジションだな。
まあ、こういうのも楽しいのだ。リーンするたびに にやにや、うひょーひょー って。


最後にじゃんけん大会
IMG_20170528_152452-s.jpg
前半は、ほとんど初回敗退、後半になってもらえた。最初が往年の名ライダー辻本さんの手帳。
次がKTMの手帳と、マグカップセット。

なんと、最後はIRCのチャリジャージとサコッシュももらえた。
3つ目となって遠慮しませんか見たいなところもあったが、チャリ乗っているんですよと言っていただいてきた。

ということで、無事今回も終了。そういえば、途中でヲールデンのキー間カレーを頂いた。試乗の合間なので急いでいて、あまり味わえなかったのが残念だ。

皆さんは、遠くに帰るのでしょう、気をつけて。
って、おいらだって40分乗れば十分気をつけないと。

無事帰宅。よかったよかった。


 
posted by ソーレ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

今日は雨に追われて帰りを急ぐ片品ツーリング

もともと、6日は雨って予報。
ただ、4日に確認したら雨降るけど、午後からだと。
というわけで、バイクにしたのであったが、今朝の予報でも意外と雨雲が近寄っている。
あわてて、朝食後にすぐに出ることにした。

でも水芭蕉があるのでそこは見た。
IMG_20170506_084752-s.jpg

道々、雨雲の動きをチェックしながら、あ、ヤフー天気予報の雨雲レーダー予想のことである。
吹き割りの滝を見ようかと思っていたが、やはりアブなそうなのでチラ見してから先を急いだ。
雨雲は、R145のあたり以北でかかっているので、とにかく南下して雨雲からのがれようと、沼田から高速で前橋まで移動。
その後は、R18にて戻っていく。
途中、環状線のまえにはモンベルもあったが、するー。
18に戻って、安中、松井田付近になると渋滞。しかたなくすり抜けもしていくがなかなか進まない。
なんとなく記憶のある裏道があったので、右側の裏道に侵入。あれ?すぐに終わってしまうと思ったが前の乗用車がきっと裏道だなとおもったのでさらに右折でも、彼は違う方面に進んだのでやはり松井田方面にすすんだ。無事あ、これゴルフで来た所だにあたり、松井田の市街地方面に戻ってR18に復帰。

雨が何とかなりそうなので、せっかくなので碓氷峠旧道に突入。
IMG_20170506_114236-s.jpg

サルはいなかったなあ。すっかり観光地になっている。
無事旧道を上体の向きをインサイドに向けることを意識して気持ちよくターンした。
途中すこし雨が怪しくなったが、無事山を越えた。
峠っていうのは頂上のことだっけかとか考えていたり。

アウトレットを見たが、うようよと人がいて気持ち悪い。もちろん、こんな日は素通り。

追分の油屋にて妻がギャラリーに出品しているので、そこに行く。
妻は居ないのだが、お仲間の人に挨拶しようとしたが、実はだれもいなかった。
売れていなかったようだ。ざんねん。

さて、そこから子一時間無事雨から逃げ切った。
お昼は家で食べられた。

なかなかに、楽しいツーリングであった。
忍者寺の仲間とスキー談義ときったからのレクチャーも膝の役に立つだろう。


カメラの写真をあとで、追加するかも。この写真はみな携帯。

posted by ソーレ at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者寺だけど、ツーリング片品

もともと忍者寺で片品の巡業に参加予定であった。
ところが、前記事のような状況で不参加にしたが、気晴らしと来年の傾向を技術選から見ようと誘われたのでじゃあツーリングに変更ということで。一泊して夜にミーティングに参加ということで。

5/5
10時過ぎに出発
ルートはすこし前に軽井沢に行ったときと同じにして、湯の○から上がって、カザワに降りて温泉街過ぎたところの信号でキャベツ街道に右折。
しばらく気持ちいい景色を堪能。終点で右折して軽井沢に向かったが、まてよとUターンして左折と同様に。
ああ、ここに出るのか。大笹っていったか。コンビ二に角の信号で見覚えがある。これでR145とかこの時点では144だ。

順調に進んでいくが、暑いなあ今日は。
ヤンバダム周辺の道の駅で休憩。でも12時だったなあ。
小腹がすいた程度なので、すこし食べてコーヒーと。橋を歩いて途中まで行った。
下を覗き込む。うーん、怖いなあ。
この時点で暑いので消耗している。
今回は、久々に革パンツはいたのであるが、肥えたのか筋肉が増えたのか脚が太くなりぱっつんぱつんで、滑りが悪く脚がのばしづらいのでたまに脚を伸ばさないとこけそうになる。

ほんで、あとはそのまま東方向に。途中でパンやを見つけて、イートインで食事。コーヒー無料でした。
さて、このあたりから中之条であるが、道を早めに左折してしまった。あと2キロぐらいだったのだがカンが鈍っているから仕方ない。5kmぐらい行って違う道であるが引き返した。結局、スマホの地図で現在地を確認したので戻れたのである。やれやれ。それとツーリングマップるの細かい字が読めない。
信号名とか県道の数字など。こりゃ老眼だ。進んでいるようでなかなか。

IMG_20170505_134922-s.jpg
見づらいが、こいのぼりが長いなあ。すごいすごい。

次は無事水上方面にいけた。ところで、結構時間かかっている。
ざっとした予定では、午後3時ぐらいに片品に着くかなあと思っていたのだが、あにはからんやみなかみですでに2時すぎたな。

ところで、途中の道の駅で休憩。これが、なかなかいいところ。たくみの里という。
ここなら、泊まってゆっくりといろいろ体験ってのもおもしろそうだ。
相変わらず暑いが、メンチカツで栄養チャージ。
IMG_20170505_142023-s.jpg群馬県スキー連盟だって。


水上でも駅のほうに入り込んでしまい、すこし時間ロス。どうもすこし前に曲がってしまう。
距離感がずれているようだ。ツーリングマップるの一ページはすぐに通り過ぎるという先入観があるが、ペースが落ちているということか。

そう、今回はR145で沼田に出てそのまま片品にというルートではなく、たくみの里すぎてR17に入る。猿ヶ京だけど、ここは通るの3回目かな、記憶にある限りでは。

水上に抜けるのに、うまく県道272に入れてから県道61で北上して、水上駅にはいってしまった。
これも、曲がるのが早すぎたというわけだ。
まあ、楽しく来たのでいいのだが。

県道63で無事水上片品線に入った。さらに、宝台樹スキー場のほうを周り県道をショートカット。順調に進む。あーでっかいロックフィルダムだすこし止まって写真撮りたいところだが、この時点で3時過ぎていたのでパス。

さて、あと40分ぐらいで到着だと思っていた矢先である。

がびーん

IMG_20170505_155639-s.jpg
え、通行止め。どうするかなと悩んでいたら、向こうから車が来た。手を振って止まって貰いそっちいけるのか?むり

あ、そう。

じゃあ、結局沼田までいくしかないか。
しかし、看板がここまで来ないと出ていない。戻りながらも確認したが、さっぱり出ていない。
まったく不親切である。水上片品ラインの入り口にあってしかるべきだろう。

結局、残り三十分が2時間コースに変わってしまった。
仕方なく戻り、水上から高速で2区間。高速は10分だったな。
その後は、たんたんと距離を進める。まあなんとか、食事の6時に対して30分ぐらい余裕が取れた。
ついたとラインするとめえが出てきてくれた。

きったにも挨拶して、とりあえずざぶんと風呂。

食事ではみなさん(藍さん、めえ、きった、ぴーやん、さっちん、ちえみさん、舞ちゃん)がスキー帰りの楽しいお話だが、おいらの膝の話でも盛り上がる。

さて、8時からミーティングだ。
基本的にはこのために来ているのだ。

藍さんが、撮影してまとめたファイルを頂く。その後、すこし見たり、滑った人の分のビデオ解析も。
スキー談義に花が咲き楽しい夜はすぐに時間が進む。

秘伝のブーツの中の足の使い方を聞いたりして、ほーほーそうなのか。


ということで、10時過ぎにお開きとなり、風呂入って寝た。

posted by ソーレ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

屋久島のたび その3

今日は朝がゆっくりだった。よかった。
でも、8時半か9時だったかな。
相変わらず、お迎えの車が来る。

そこにはカヤック満載といっていたが、4艘載っていた。
けっこうなおじさんであるが、ベテランということで。

車に乗り込み、昨日の話をしたら、一瞬絶句。
え、どうします?
ってんで、まあ予定通りでいいですと。予想天気のとおりで、今日は案の定シーカヤックはこのあたりでは無理なのですと。
結局、船が違うので、そのあたりも考えてもらえば予定通りでいいですよねということで。
また、病院の前を通って安房川に到着。昨日とは逆の岸に車を停めて、カヤックを降ろす。
そっち持ってくれといわれてお手伝い。
3台降ろしたところで、インストラクターなのかガイドなのかはなんと呼ぼう。とりあえずガイドさんということで。車を置きに行った。


まずは、妙なスカートみたいな服をつける。これなんだ?
カヤックの入り口の乗ったところを蓋するたいぷのであった。

準備完了して乗り込み。
ひとこぎしてわかる。うーん進むなあこれ。板で言うと昨日のはSL、今日のはGSといったところか。
あれーこれじゃあ、あっというまに到着してしまいそうだが。

ところがどっこいだ。

昨日の午後は満潮、今日の午前は干潮で、1mぐらいの差がある。
これが、重要な意味を持つ。

近所には、中国語を話す団体が、SUPをやっている。ガイドさんは彼らはばんばん転ぶよといっていたが、わりそそうでもなかった。

で、なにが重要かというと流れが速いのである。つまり上流に上っていくのが大変だ。
SUPの人たちは、さらに大変だろうな。

あ、ちなみに天気は相変わらずいまいち。雨もあったような、でも曇りかぐらいなところだ。

大変なれど、船がよくなったおかげもあり、登っていった。
昨日の方水路も、レベルがちがうので激しい流れとなっており、超えるのにけっこう大変であった。
ガイドさんのお話は昨日より少なくでも、違う話になるのでそれなりに面白い。

PA125149-s.jpg

中州に停めてお茶タイム。
その横の大岩が見えているところを昨日は上を漕いで言ったのであった、うーん、干満恐るべし。
IMG_20161012_110645-s.jpg

えび遊びをした。
IMG_20161012_110939-s.jpg

手を水中に入れると、えびが寄ってくる。多いときは6匹が角質を食べるというお話だったが、こそばゆい感じでいた。

少し違うかな?
だいたい昨日乗ったものPP製のようだ、安ければ10万円しない。

IMG_20161012_104510-s.jpg
今日のはFRPで30万円から50万円。

もっとも奥の地点まで行って、無事Uターン。

滝の下まで行って、バシャバシャ浴びてきた。

ということで下りは早い。

まあ、途中で止まったりいろいろしていた、いろいろ気持ちよくふわふわしながらリラックス。

なんて、していたら意外と時間かかった。
午後からは、レンタカーでドライブの予定なのであまりゆっくりもしていられないと話したら、ちゃっちゃといくことになった。

だが、カヤックを上げたり、積み込んだりいろいろで結構時間がかかる。
あせりながらも仕方ないので淡々とこなし、また病院の前を通って、宿まで送ってもらった。

途中で、スズキレンタカーから電話が来たのであった。2時くらいになりそうだと答えて、いたのである。

宿では、5分で着替えて、レンタカーが迎えに来てくれた。
事務所で、契約をしてからまずは食事だな。

近くの食堂に行ったら、あれ?宿の人がいる。
どうやら、Wワークのようだ。お疲れ様です。

また、海鮮の定食を頂く。
うん、うまい。
IMGP3030-s-s.jpg
後で聞いたら、宿の人はエビフライを頼まないようにと念じていたようだ。

ところが、宿にガイドブックを忘れてきたので、車でとりに行く間に妻の遅い食事を終わらせて、支払いまで終わらせると。

残念ながら、宿の人が外に出ていてカギを受け取るのに少しロスタイム。

では、食堂に戻って屋久島一周ドライブの始まりだ。

まずは、病院の前を通過、これが最後の病院である。さようなら、お世話にならなくてよかったです。

空港も通過して、安房の町も出る。以前来たときは、千尋の滝を見たなあ。原付で移動したのだった。
その滝も通過したので、おいらも初のエリアになった。

パン屋を探したのだが、なくて尾乃間温泉についてしまった。
IMGP3034-s.jpg
想定よりも遅く出発したのだが、まあなんとか温泉はいる時間はあるだろうと、ここに入った。
200えんだったか、熱いお湯でとてもとても温まった。こりゃええわ!

ここは、カヤックのガイドさんおすすめだったのだ。

その後、少し戻ってパン屋発見。おやつを食べたが、残ったものが結局東京まで持って帰ったことになった。
小腹も膨れて今度は滝を見に行く。

大川の滝である。
落差80mと、ド迫力。
IMGP3049-s.jpg
展望デッキの先の巨岩を渡り歩いて近くまで行く。うーんきもちいい!
写真も撮るが、なかなかうまくは撮れないなあ。

ここを過ぎると西部林道。屋久鹿と屋久サルの宝庫である。

入口で早速サル。
道をふさぎまくっている。
機能のガイドさん曰く、えずけもしないし、むこうも害を与えないしということで、ただの動物同志という関係が成り立っているので、非常に珍しいと。
キーとかされないしね。
IMGP3070-s.jpg


狭いっていう割に広いなと思っていたら、しっかり狭くなる。
鹿いないなあと思っていたが、見始めたらいるいる。

IMGP3077-s.jpg

屋久鹿は小さいなあ。ちょっと大きな犬ぐらいといっても過言ではない。
本土の鹿の3周りぐらい小さくした感じだ。かわいい。


このへんで、島が見える。

なんだろうと思っていたが、隣の島だ。口永良部だな。後で見たら。
このあたりで、少し日が差すがすぐに終わり。

無事狭い道も通り過ぎて、ああ人里だ、文明の香りだと。
永田いなか浜 は ちょっと通り過ぎてしまい、すこし離れてから見た。
うみがめの産卵のホットスポットだ。
ただ、シーズンではないので見に行っても仕方ない。

時間は、えらく余っているわけではないが特に焦らなくても大丈夫でよかった。
スタートが2時で4時間のみである。2時間半あれば一周できるとガイドさん。
ということで、温泉も入ってみたのである。

その後、一湊、しどこと過ぎて無事レンタカーを返したのは、5時25分ぐらいだったか。

おかげで、宮之浦港の素敵な夕焼けが見れた。
IMGP3086-s.jpg
余韻を楽しむように、レンタカー屋さんからは歩いて宿に帰ることにした。
このあたり、妻が歩くの好きなのはよかった。
トレッキングも結構大変だったが、楽しかったというのでまた帰ったらどこかに行こう。

宿に帰って、風呂に入り夕食をいただく。

エビフライがメインでした。
そのあとで、宿のひとが、言ったのだ。食堂でエビフライ頼まないように願っていたと。


基本疲れているので、今日も早めに就寝。


で、続くと行きたいところだが翌日である。
起きて、食事してから、散歩。やはり、雨ではないが晴れない。

港付近の、ウイルソン株の実物大模型ってのを見に行く。
おいらは、以前本物を見たが、これは縄文杉コースの途中にあるので妻は見ていない。
巨大さはやはりすごいものであるが、やっぱりコンクリのレプリカではある。
IMGP3093-s.jpg

お買い物を隣の店で行う。
焼酎、つまみのトビウオの干したの、あごだしというトビウオのだしなど買ってからパッキング。
IMGP3108-s-s.jpg
こりゃ、なんで  まつぱんだ交通なんだろう?

チェックアウトまぎわに宿の人といろいろお話。
まあ、時間もあることだし。

そして、10:45の高速船に向けて港に向かい観光センターのカフェでお茶してから出発しようと思っていたが、まさかのお休みなのか11時からだったのか。

なんだかぷらぷらと仕方なく時間を使う。
IMGP3107-s.jpgナナの木を観察、花が変だし、花弁がでかでか
IMGP3100-s.jpg


無事、カウンターで発券。今度は二階にした。
あー、屋久島ありがとう。また来るね。
という気持ちが湧いて出てきた。
IMGP3111-s-s.jpg
やっぱりこうじゃないとねえ。

無事時間通り鹿児島到着。
また、昼食を買うのとチケットを買うのに分かれて、コンビニに妻が走ったが、1本早いバスは行ってしまった。フェリーターミナルにおにぎりとか売っていたのを発見して、あれまあだがまあいいや。

今度は、また別ルートで空港だな。
まず、市内を走って、薩摩のお城が見えた。ををを、斉彬さんのいたところではないか。

町場を離れ、高速に。
空港近くでは、西郷さんの銅像がきょだいなものを発見。こんなところにも!

無事空港ではチェックインして、さつまあげを食す。
マイレージも登録できて、機上の人となった。

そんなんで、羽田に付いて、荷物が重いほかは順調に戻れたわけだ。

東京の別荘にてもう一泊。
またよく寝た。

翌日、そこそこ遊んでからバスには、路線バスで向かう。
高速バスに乗り換えて、ついてからは猫を回収。
いい子にしていたようだ。家ではそこらじゅうでしっこしまくるくせに。

ということで、無事帰宅して旅終了。
あー楽しかった。






posted by ソーレ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

屋久島の旅 実践編その2

朝食を頂いた。
十分な量と種類だと思う。旅館のバイキングとかはやたらあるけどねえ。そこまでなくてもいいんじゃないだろうか。

7時からで7時半にガイドさんが迎えに来てくれる。
今日は、午前中に白谷雲水峡のトレッキング、これは太鼓岩には行かないコース。
戻って午後には体験ダイビングというコースだ。

というか、そういう組み合わせにして選んだ、アクアスタイルさんに依頼したのだ。
トレッキング自体はガイドさんいなくてもいいかと思ったのだが、バスで登山口にいかないと行けなくなるし、その時間もちょうどいいのがあるかどうか調べるのがめんどーになり、まあ頼めばそういったことは心配しなくても言いというのが大きな理由だ。もちろんいろいろ説明してくれるというのはありがたいことではある。

実際にはバスはもっと朝早くでて、もっと早く帰りの便だった。
これだと半日でってのは無理だったな。

ま、いずれにしろ宿まで迎えに来てもらった。
快活なお兄さんであった。
屋久島なので、車に乗って海岸線を離れたらぐんぐん登っていく。標高600mぐらいまで車で行く。
IMGP2889-s.jpg
今日は、天気は曇りっていうことであったが、入り口まできたらなんだかずいぶん降ってきた。
けっきょく合羽を上下とも着て、スパッツは要らないというのでそうして、ストック、ステッキ?はもって行くことにした。

入り口の管理人さんが着替えているうちに到着。300円かな、お支払いしてトレッキングスタート。
すぐに、斜めの滝が大迫力で迫ってくる。

IMGP2896-s.jpgいきなりすごいなあ。

大きな岩もあるし。
IMGP2890-s.jpg




なにせ、雨がないとこけがしおれてしまうようだ。
だから、雨は必須だと。まあここで雨降るのはしかたなかろう。
水温の高い地域で、とつぜん急な山が現れるのだから、そこにあたった湿った風が吹き上げられて雲が出来て雨になるとのことである。

もちろん、ガイドさんに聞いたのである。そういうことはやっぱりいいなあ。
でも、まあいつまで覚えているかというとどんなもんでしょう?

ところで、結構な坂である。あと5分急な坂が続きますとか言ってくれるので、先が見えて楽でよかった。ガイドブックには、太鼓岩に向かう最後のところ意外は大してのぼりではないみたいなこと書いてあったが意外とたいへんである。
IMGP2956-s.jpg

屋久杉は1000年経たないとそう呼ばれない。それ以前はなんだっけ?小杉だっけ?
ここのルートにあるのは2本だけだそうで、7本杉、上で7本に枝分かれしているのであるが今は折れて5本だそうな。

IMGP2940-s.jpg
またくぐりじゃないが、下をくぐってあるけるのもあった。
ほんとは、根っこなのだそうだ。本来土の下に向かっていくのだが、下が岩なのもので、持ち上がってしまうようだ。

あと、印象に残っているのは大体はうっそうとしているのであるが、たまにふっと明るくなる場所がある。これはなぜかっていうと、台風などで大木が根こそぎ倒れるということがあったわけだ。
やっと、世代交代が起こるのだが下手すると千年待たないと次世代が出てこれないと。
大変な世界である。
IMGP2987-s.jpg
よく雑誌に乗る場所というところで記念撮影。

そのあとは、今日の終点。もののけ姫の森。そう、もののけひめのイメージを高めたというところだ。宮崎駿さんだな。
IMGP2929-s.jpg
しばらく空気を満喫していると結構人が来た。

われわれの支度は十分なものだが、十分なめている人が沢山くる。
外人が多いようだ。ハイヒールはないがスニーカーに雨具はコンビ二合羽。こういう人が遭難するし、そしたらガイドさんがお助けにはいるというのだ。やれやれである。

とかいいながら、まあなんとか無事に戻ってこれました。

最後に記念撮影して町に戻る。宮の浦だ。
生きにも筆致ハイカーがいたし、帰りは歩いて降りている人も。歩いたら、3時間じゃすまない、少し前にバスが行ってしまったようだ。
こういうこともまあいいんだけど、お金払ってもらっているからこの人たちを乗せることはしないですと。


で、無事みなと付近にたどり着き、ガイドさん交代とお弁当タイムになる。

今度はガイドさんが体験ダイビングの人になった。背の高いおにいさんである。
ところが、衝撃的な説明が最初にある。

今日は、とてもじゃないが初心者がダイビングできるような海の状況ではない。
荒れるし、なにも見えないし、魚も寄ってこないし。
で、代わりに安房川のリバーカヤックではどうでしょう?

と。

うーん、それって明日申し込んであるんだよね。
しかも、それはほんとはシーカヤックをしたかったのだけど、この時期は東風で海では初心者は厳しいから、川にしましょう。ってわけだったのだ。

ちなみに、ここでのカヤックは今回で3回目になることになる。おいら。

まあ、でも専門家がそういうのと、今日は初心者用のカヤックで、明日のBWでは細長い本格艇ですともいうので、ま、二日連続するってのも、面白いかということにしてお願いした。

ということではなしがまとまってご飯はおいしく頂く。
きちんと葉っぱ?木の薄くしたもの?でくるんだおにぎりとおかず。お茶は温かいの。
合羽のおかげで濡れなかったとはいえ、汗やらで涼しくなった体に染み渡った。
IMGP3022-s.jpg
さあ、安房川に出発だ。

この道その後も何度も通ることになる。大きな病院の前やら、空港の前を通る。
安房川に到着後、カヤック置き場にて着替える。海パンにしてみた。

 妻いわく、ビート板の大きなのという、カヤックなのか?ぷらで中空で、椅子やら、脚置き場やらが一体成型されている。

 すこし、レクチャーしてもらって転覆もしなそうでエリアを出て上流に向かう。
こぐにつれて、左右に少しふらつくが安定感あって転びそうになく進むし、方向転換もばっちりだ。
心配していた妻も若干スピード遅いが着いてこれる。
PA116653-s.jpg
カオが楽しそうである。

ガイドさんもいろいろしゃべってくれるし、実際はこういった機材スポーツはレンタルが必要なのでガイドも結局必要になるのかな?
PA116647-s.jpg
機材レンタルだけってのはあるのだろうか?屋久島では。
以前沖縄ではそうしたな。

という感じで、上流に進んでいく。
水深は浅ければ10センチ、深いところは6mぐらいというのであるが、そこが見える。
以前来た時には晴れていたので、水底がとてもきれいに見えてチョー感動したのであるが残念だった。

赤い橋も超えて進むと行き止まりではないのだが、突然滝みたいな感じ50センチぐらいだが、これから先はいけませんと。

細くなるし、流れが急で登れないとのこと。

で、引き返す。

途中で、放水路に乗っかって、少しアドベンチャー気分。
まあ、気分だな。

無事河口までたどり着き、本日のお遊びは終了。

また、病院の前を通って宿に戻った。
ガイドさんありがとうございました。


夕食は本日は宿に出してもらうことにした。
トビウオ、刺身、などがメインでおいしゅうございました。

宿代は、たぶん二食で6千円ぐらい。
まあ、いいんじゃないの。このくらい頂ければ。

疲れたので早めに寝た。

posted by ソーレ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

屋久島旅行その2 実践編

計画は、前回に書いた。

大まかには、計画通りいけた。

まずは、初日の高速バスの駐車場である。
いきなり満車で停められないとなると困るので、その前の便が来る前に行くことにして結局一時間ぐらいまえに着くようにした。
猫をペットホテルに預けたが、意外といい感じである。安心して預けられて良かった。

さて、駐車場ではやばい!空いていないと思ったが1台分空きを見つけたので、おいらが番していてその間に妻が昼を買ってくるというプランで。
バスは30分ぐらい遅れてきたがまあ無事東京入り。

翌日に備えて早めに寝る。

さて、7時半ぐらいに電車に乗る。今回は、京成で行くことにした。まあ、無事1時間前に羽田に着いた。
出来たら、ラウンジってものを使いたいのだが、なかなか見つからない。入って行ったらJALだか、ANAだかの会員向けのみだってので、高級感があったがすぐすごと戻って、一般のに入った。
結局、いそいでコーヒー飲んだだけですぐにゲートに向かうとすでに搭乗している。

呼び出される前に、なんとか乗れた。

遅れて出発。鹿児島到着もしっかりと遅れている。10分だ。
ANAにはあの機体もあるようだ。
わかるかな?
IMGP2855-s.jpg

空からの桜島
IMGP2858-s.jpg

うーん、これで余裕のないところでさらに余裕がなくなった。

バスには、ぎりぎりだったが無事のれた。5分ぐらいしか乗り換え時間とれなかったな。
市内に入って、無事港に到着。近くの複合施設に走って向かう。
コンビ二どこだ?

ご飯を仕入れて、乗り場に戻ったら、10分ぐらい前だ。
桜島がくっきりと見えていたので記念撮影できた。
IMGP2871-s.jpg


なんだが、ここでの青空が結局最後の青空になった。

高速船はとっぴーだと思ったが、ロケットだった。あーどっちにも行くんだな。種子島も屋久島も。

二階にしたので、座ったところ同じ席番号の外人が来てけっきょくおいらたちが一階の車椅子席に移動。広くなったのでまあいいか。しかし、変なシステムだなあ。

これで、あと二時間で屋久島到着だ。
午後3時半ごろであったか。
無事これて良かったよ。タイトな日程になってしまって少し何かあったらたどり着けないことも考えられたのでね。ほっとした。

無事着いたのであるが、雨だ!
うーん、さすが月に36日雨が降るだっけ?の屋久島である。

とりあえず、今回の宿、民宿たけすぎに向かう。
荷物が少し多いのか重くて大変であったが、10分とかからずに到着した。

着いて早々、あれ?一人じゃないんですか?
二人だけど・・・

あれ、一泊ですよね?
いや、三泊で。

とあったが、まあ無事部屋に入れた。

民宿ではあるが、ツインルームである。狭いけどまあこんなもんだろう。
今回は、朝食のみでお願いしたが、そのうち夕食をお願いすると思うと伝えた。

少し休んだら、散歩に出かけた。

木造の事務所だな
IMGP2883-s.jpg

見たことない、もしくは忘れていたスタンド
IMGP2884-s.jpg

まあ、雨なのでみやげ物やと港近くの観光センターと近くの神社

戻って、風呂。変な形なので、人数は入れないがずーっとタイミングよく貸し切り状態であった。

で、夕食はネットで評判のいい 潮騒に
ラッキーなことに6時半に入ったらカウンターに座ってと思ったら、10分ほどでどやどやと人が入ってきて、満席。その後もどんどん来る。

刺身と、とびうおと、いろいろ満喫した。


そんで、今日はおしまいだな。
明日に備えて、寝る。

明日は午前中、白谷雲水峡トレッキング 通称もののけ姫の森である。
そんで、午後は体験ダイビングだ。

写真載せました。
posted by ソーレ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

屋久島行ってきた その1

人生2度目の屋久島である。

もともと、結婚記念日含めて旅行行くかということになっていて、沖縄のはずだったのだが、妻の希望で屋久島となった。
ほんとは、沖縄のほうが楽だし安いしいいんだけどねえ。

腰痛があったが、まあまあ支障ないレベルにまで直ったので何よりである。

まあ、でもそう決まったのでプランを立てた。
3泊4日コースで行くのであるが、もちろん羽田発着である。
そこまで、とそこからどうするのかってのから。

結局東京の別荘に前後泊することにして、都合5泊のコースになる。
車と猫とがあるので、市内のペットホテルを探して猫も5泊で、長期割引効いて10500円ぐらいだ。
東京までは、高速バスにすることにした。2名往復1万円。さらに駐車場が6日間ただである。

で、羽田からは鹿児島まで空、鹿児島からは高速船にすることにした。
エアーと民宿3泊朝食付きのコースで、7万6千ほどである。一人にしたら3万8千。これが鹿児島からもエアーでとすると、14万円に跳ね上がる。高速船は2名往復3万円なので足せば10万6千円になるが、それにしても3万円以上の差は大きい。船もまあ楽しいのでこのコースに決定。

ということで、10月2日から8日の予定で組んでいた。ところが、1週前の天気予報で台風18号が直撃するとあってそれでは、何もできない。宿の窓から外を眺めているだけでは、仕方ないし、船もエアーも運行が怪しい。

しかたなく、キャンセル料 30%の2万3千ぐらい支払ってキャンセルして、翌週10月10日から15日に変更。
あ、変更ができないのである。まあ安いからだろうね。再度予約取り直した。

一応大丈夫なはずなんだけど、結構タイトなタイムスケジュールになった。

エアー ANA621便
羽田   鹿児島
9:40 → 11:25

エアポートリムジンバス
空港 → 高速船港
12:00 → 13:00頃

高速船
鹿児島港 → 屋久島 宮之浦港
13:20 → 15:10


屋久島で3泊
初日、散歩
二日目;AM 白水雲水峡トレッキング  PM 体験ダイビング   アクアスタイルにお願いした。
三日目:AM シーカヤック  BWK屋久島にお願い  PM 島一周ドライブ スズキのレンタカー
4日目:散歩、買い物


帰りは

高速船
宮之浦港 → 鹿児島港
10:45 → 12:35

エアポートリムジンバス
鹿児島港 → 鹿児島空港
12:45 → 13:45
12:51 → 13:51

エアー ana626
鹿児島空港 → 羽田空港
14:35 → 16:15

ということで、なかなかタイトなスケジュールである。ほんとに行けるかちょっと心配であった。

まあ、こんな計画で旅は始まったのである。

つづく
posted by ソーレ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

二日目は短距離?

夕べの食事はまあそれなりにはおいしかったが、感動するほどでもなかった。
7千円のステーキの場所で2700円じゃなかなか。
DSC_2823-s.jpg

でも、この店で宴会が開かれている。平日なのだし、なかなか景気よろしいらしい。
で、戻ってからこのために買ったるるぶ山形を見ていたら、特上カルビ弁当1600円が朝7時から営業とある。

で、とりあえずこのお店に徒歩で向かった。
10分じゃ付かなかったが、駅の近くだ。途中で電話して予約した。いろいろ種類あるようだったが、本に出ていたやつに。
途中で川があっていい芝生になっていたので、ここで食べよう。
お茶もコンビにで買ったし。
DSC_2834-s.jpg
DSC_2835-s.jpg


いやーおいしかった。

堪能して、ホテルに戻る。
道すがらポスター発見だ。そう、天地人
DSC_2833-s.jpg
兼次だ。

なーんてやっていたので出発は八時過ぎだ。
そしたら、駐車場はただ券くれたのであるが、二輪車はセンサーがうまく作動しないらしく普通に出れない。電話があったので、かけたら係員いくまで15分待てと。
いやだ、ゲートの横を通って出るよということで話が付き、清算してから出た。

まずは、山寺だ。
しばらく走っていくと、蔵王の看板だ。山は雲に覆われていてまったく見えない。
IMGP2382-s-s.jpgIMGP2383-s-s.jpg
こちらが山形蔵王でその先が宮城蔵王なんだな。


上山というところにいきなり高層マンション。他はせいぜい4階建てなのにいきなりだ。
びっくりして近くによって行ってしまった。
セブンのお姉さんのはなしによると築15年ぐらいたっていて、昔は高かったが今は1000万しないで売っている部屋もあるそうな。おひとついかがでしょう?
まあ、山形のベットタウンとしてはいいところだからかな。それにしてもびっくりした。
IMGP2379-s-s.jpg


山寺到着。10時過ぎだ。いい時間。
IMGP2386-s.jpg
不可解にも奥に行くほうが駐車料金300円にさがった、手前は500えんだったのに。
しかも、1080円以上後利用で無料だ。
まあ、あとにしてとりあえずバイクはここに止めてといわれて鍵を預けて出発。
さて、1000段の石段を登るかね。

IMGP2393-s.jpg
静けさや岩に染み入る蝉の声

芭蕉だけど、蝉が鳴いていないぞ。そこそこ暑いのに。
IMGP2429-s.jpg
意外とすぐに300段になった。

結構日陰なのでそこまで暑くない。汗もそれほどでもない。

さて、ご到着。
まずは参拝。
で、30年ほど前にきよちゃんと来たときに、外人が景色見て Wao shur と叫んだのをまねしたポイントを探したが、どうも記憶が定かでない。
確か、みんなが行くところではく、裏側だった気がするのだが見あたらない。
展望ステージみたいなところで、写真取ったらなんだこの色?
青っぽい、うーんしばらく悩んだらホワイトバランスが電球になっていた。そっか。
IMGP2422-s.jpg

しばらく悩みながら景色といい風を満喫。

降りたら、11時半だ。まあ食事だなこりゃ。
駐車場のレストランで板そば 1200円を食す。
うーん、大盛りだなあ。
IMGP2433-s.jpg
駐車場のお兄さんと少し話す。ライダーだった。

お次は天童。
将棋の駒の生産地だ。このごろはトンとご無沙汰だが、小中ぐらいに将棋やってたなあ。
じいちゃんや親父とも、思い出した。

将棋会館の案内があったが、あれ?これじゃ駅に行くんじゃないのと思ったら案の定、駅に併設だ。
しばらく、涼みながら見る。
IMGP2434-s.jpg
隣には、将棋やっているひとがいる。お土産屋に行って駒を買う。
まあ、たぶんあまり使わないのでお安く1600円。
1300円のはちょっとしょぼかった。こちらなら、裏もスタンプではない。赤くした。

ここからは、酒田を目指すのだが、月山を通っていこうと決めた。その上のルートもあったが少しでも早くしようとしたのだな。
途中で、月山が見えてきて、雪が残っているなあ。すごい。
IMGP2439-s.jpg
月山までは高速で行った。でも、乗ってから気が付いたが、これはした道もあまり変わらないだろう。
まあ、気持ちよく進む。降りたが気持ちよく今度は自動車専用道路に入る。
ちゃりはだめだな。どうやってこのルート行くのだろう?

月山にはなにせ、行こうと思っていたのであるが、なんと入り口が見当たらないまま坂を下り始めた。
3kmぐらい戻って、インター出口からもういちど入りなおした。
で、上っていったのだがなかなかに大変な未知だなあ。バイクとしては楽しいがここ雪あるときに車で上るのは厳しいなあ。遠いし。
リフトの位置は確認できなかったが、駐車場から雪はばっちり見えた。さすがだ。
IMGP2438-s.jpg
IMGP2442-s.jpg
月山の道の脇のあじさい。花が小さいのは原種に近いのか?それとも寒いだけか?


そんで、くだりましたら、元の道ではなく、先に行くために鋭角にターンしていったらこれがまた狭い道。うーん、交通量も少ないしこりゃ夜は無理。
ずいぶんかかって結局ここじゃんっていうばしょに出てきた。

するするって酒田まで以降と思ったが、今日の宿は   湯の浜温泉
一人だと少し高かったが、楽天ポイント使ってみた。こういうのもいいな。
直接行けば酒田は見れないが早く楽に行けるから。まあ疲れたしいいや。坂田はまた今度だな。

以前にも行ったようだし、土門拳記念館に行った覚えがあるからなあ。
でも、30年ぐらい前に感じたのと今見たらどうなんだろうって興味はあったが、前の感じを覚えているかというと心もとない。

付いたかと思ったが、意外と奥にまで道が続いている。フクスミは車でいっぱいだった。
着いたのが5時半ぐらいだ。
荷物を入れて窓を開けたら、目の前は海だ!ひょー。
せっかくだから、見に行こう。
地下にエレベーターで降りたらすぐ目の前が道でその先が砂浜で海。
短パンに着替えておいた、一枚で。

ということで、泳いだ。

うーん、久しぶりだなあ海で泳ぐのって。10年ぶりぐらいじゃなかろうか?
もっとも、ほんの10分だが。

7時にはご飯。海の幸を頂いた。うまい。
日本海に沈む夕日をみて写真とって屋上に。
IMGP2450-s-s.jpg
あまりやることもないので、テレビ見て明日のルート検討してねた。
うーん、今日も200km以上走っている。
ぜんぜん少なくない。

で、翌日。
朝の散歩でまた海に行ってから朝食。

下の道にバイクで出て奥に見える山は鳥海山。ここにも雪が残っている。そうか、ここは雪山見ながら泳げるのだなあ。


まあ、あとは高速メインで帰るだけだから特に書くことはないが、
途中でライダーとしばらくお話。
そうそう、なんかこの手の会話が少なかったなあ。
ライダーじゃない人と話はしたが、ライダーとは少なかった。
なんか満足した。

そんで、走った。
400kmだ。

うーん、三日で1000km走ったなあ。
こりゃ、4日のパターンだな。本来。

とまあ、こんな感じで久しぶりの2泊、久しぶりの山形ツーリングは無事終了した。
なかなか、面白かった。開放感、充実感。

posted by ソーレ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

山形2泊ツーリング 夏2016 その1

ちょっと仕事に飽きてしまった。休みをとらなかったというわけでもなかったのだが、ちょっとハードワークが続き、とほくにいきたくなった。

といっても、急に計画したもので、2泊で行くのなら行けたが、それ以上だともっと先になってしまう。
まあ、今回は行きたくなってしまっているのでここで行こうと。

久しぶりなもので、勘が働くのがいまいちだったかな。
以前は、それでも地図から一日の走行距離をある程度計算した、でも今はすまほのナビで検索してみるとあー5時間、300kmかってわかる。中間地点を指定しないとルートがいろいろになってしまうからだけど。こうやって、新しいギアを使って、勘を働かせられればよかろう。

チャリのGPSも持っていった。ガーミン510Jである。通ったところがあとですっかりわかるってのはいいのであるが、それ以上に距離がどのくらいか、ラップ距離も出る。ラップ時間、進行方向、温度(これはかなり当てにならないのでそのうち高度に変更)時計などといろいろ知りたい情報が走りながら見えるのはだいぶいいなあ。

ということで、スタートは 59,376キロ

バックは北海道に何度も行った青いやつ。
スカスカではあるが、着替えとか、お泊りセットはモンベルのバックを買ってそちらに移した。開くので、いままでよりもずいぶん良かった。

東北ツーリングマップを持っていったので、家からしばらくはエリア外。高速でもらう地図みたいなので対応。

大まかに、今日は米沢まで、翌日に酒田まで、最終日に帰宅と。
それで、800kmぐらいのつもりでいたような・・・

元気のいい初日は、出来るだけ下道で行こう。
朝5時10分出発。仕事の都合で、上田インターから乗った。豊田飯山ICで降りてR117を進む。
野沢温泉を過ぎたあたりでなかなかいい景色。緑のなかの千曲川がきれいだ。
IMGP2339-s.jpg

最初というわけでもないが、このあたりの家は特徴的だ。
もちろん積雪のためである。一階は階段になっていて、実質は2階と三階の建物。小楯以外にアパートもそんな感じ。IMGP2343-s-s.jpg

新潟に入って、ちょっとしたら、石打ICの看板。あ、そうか右手に少しずれると関越だな。
で曲がって峠を降りたら石打丸山スキー場だ。あれ?この場所は前に来たなあ。
そのときはこのセブンでゴム手袋買った覚えがある。つまり雨だったわけだ。
店員と少し話す。これがスタート後初の会話なきがする。
前の建物が見えなくなるくらい雪降るとの事。
それで、思い出したが本日結構寒い。Tシャツに長袖のミドラー、でメッシュジャケットにしたがこれ以上寒かったら合羽だなと。
基本曇りで、最後のほうで少し晴れた。

小出ICですぐに降りて、次はR252
鏡池も通った。ここは女神が手鏡をおとしてしまって困ったが、水鏡で代用することにしたというお話であった。IMGP2349-s.jpg

まあ、山の中に入っていく。高速だけで行けば昼には米沢に着くかもしれなかったが、こんな道を選んでいるので無理だろうな。

さて、山の中を快調に走っていたら、15m先にかもしかが飛び出した。
ひょー、急ブレーキ掛けたが間に合わない、あたるなあと思ったがタイミング的にこれは止まるより行った方がいい気がして途中でブレーキやめて少しアクセル。
結果的には、やつの頭が左脚のくるぶしに当たってそこまでで被害なし。
良かったけど、びっくりだ。

そんで、福島県に入る。
IMGP2352-s.jpg

案の定遅れて、昼は途中の定食屋。ここを過ぎたらたぶん一時間は食べるところがなさそうってんで、戻った。カツカレーとなった。でもうまいぞここ。
カルデラ湖だというほうに向けて行ったら、すっかりワインディグだ。これはこれで楽しいがすでに食傷気味である。ところが、なんだか見えないままに終わってしまった。
このルートは、ダムがたくさんあってそこらじゅうダム湖だらけだ。沼沢湖というカルデラ湖は見えなかったなのが少し残念。
IMGP2357-s.jpg
そういえば、先日のライディングスクールで体を向けるといいのだと。まあやってはいたが良く意識してみるとやはり楽だ。回転性が高まる。



山を降りたらお町だ。
ガソリン入れたりお茶飲んだり。
会津坂下(ばんげ)を通ってもうじき喜多方だな。
喜多方で、お昼にとも考えたこともあったが、2時半だなあ。やっぱ無理だった。

R121山形県に向かう。すごくいい道だ。
信号はほとんどない。工事信号で3回ぐらい止まったときにスクーターのじいさんとお話。
なんと、キャンプで北海道にいくという。リタイヤしたからもう何年も夏は北海道だと。

3時半ごろ到着。まずはホテルに入ろうかと思ったが、
あ、そう途中で楽天とラベルに携帯で予約入れたのであった。
昔は途中の電話ボックスで電話したものだったが。

上杉神社の看板出たのでそっちを先にした。
神社に参拝、博物館も見て、上杉影虎、謙信、景勝、直江かねつぐなどの足跡をたどる。
IMGP2361-s.jpg
IMGP2366-s.jpg
新潟から山形に来たときには150万石、関が原以降は、かねつぐの領地である米沢の30万石に減らされ、さらに何代かあとに半分にされてしまったそうだが、しっかりと地域の領主としてつづいたのだなあ。すごいことだ。

ホテルに入る。駅前ではなく繁華街だな。
上杉神社近くだ。少し休んだ。寝るかと思ったがそうでもなかった。

米沢といえば米沢牛であるのだがいかんせんお高い。
ステーキだと7千円だったなあ。残念ながらびびって、食えず。
2700円の牛なべにしたら、なんだか消化不良。
鶏頭となるも牛後となかれってかんじかなあ。

本日はこれにて。明日の予定を検討してからねた。
本日の走行390kmぐらい。下道メインでこのきょりはちょっと走りすぎだな。
IMGP2371-s-s.jpg
その2に続く

はずである。



posted by ソーレ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする