2011年10月01日

2回目のグレステンスキー

行ってきました八ヶ岳

今回は1日としたのですが、着いたのは11時半。
結局上がったのが3時半ぐらいだったので、実質3時間ちょっと。

2時間でも良かったかな。


さて、アルペンタイプを最初から履いた。
最初は、下部でストップできるか、ターンできるか再確認。
上部に移り、山周りから開始してま、そこそこ曲がれる事を確認してあとは滑った。

両足が平行にならない。これは難しいなあ。スキーよりもごまかしが聞かないんだろうなあ。
でも、まあ今回はこの点はあまり追い込まないでいようっと。

で、何を目的としたかといえば、滑走感覚かな。

小回りでは、内足の股関節をたたむことによる、ターン始動。その後、外足に圧をかかってきてという最近のハイブリッドスキーというのの感じ。
あとは、いきなり回旋と斜め後ろ方向に脚を持って行くというのはできなかったな。


特に、内足の股関節をたたむという感覚をある程度養えたのでこちらの目的は少し、達成。


 大回りでは、切り替えで腰の下を脚がむにゅむにゅと入れ替えるというようなのが出てきて欲しかったが、ちょっとできなかったなあ。


ま、そんな感じで脚が終わってしまった。怪我する前に止めようという事で終了した。

posted by ソーレ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011-12シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする