2023年12月03日

FISCHERの板 購入とチューンナップ

今年は、FISCHERの板にした。

RC4SCである。165p。
色は、チェレステカラー(空色) 愛称はなんとしようか

今まで、赤いやつ、青いやつ、黒いやつときている。

そうなると、空なやつ?変だなあ。チェレステなので、ちぇれなやつ?うーむ
水色ともいうので、水な奴。

しっくりこないねえ。


まあ、どうも チェレな奴 (仮)ということで収めておこう。


IMG_3251.JPG

IMG_3249.JPG

IMG_3252.JPG

IMG_3253.JPG

IMG_3250.JPG



書いたかもしれないが、試乗して調子よかったのである。
乗ったのは、160cmのであったが、たぶん165でもいいんじゃないかなあ?きっといいと思うよ。たぶん。
あとは、プレートが並みのやつ。かたいやつもあるんだけど、乗ってないからこれでいいやと。
お店で、アドバイザーに聞いたら、SCは間違いない。結構何年もあまり変わっていないけど、まだずーっといいと。
プレートは硬いのはクイックレスポンスを求めるのであれば必要であるが、そこまでなくても全然大丈夫と。
いうことで、まあ一安心。


お値段、14万円超えということであるが、それでもだいぶ引いてもらった。

で、黒いやつであるが、値段が付くうちにドナドナした。
そしてら、中古も値が上がっているのはしっていたが、けっこう驚きの値段で売れてくれて助かった。
4万ぐらいかと思ったが、6万オーバーである。

今までだったら、2年落ちの中古なんて、3万がいいところだったのにああ、びっくりである。時代が変わった。
ところで、チェレな奴は、話題が移動してしまった、ウクライナ産だ。
へー、ほー。ここで、コメントしても何にもならんのでなんだが、戦争してもよいことはほぼ無いんだよ。と、この前の家康も言っていたよ。
違ったかな。まあそういうことで。



で、せっかく受け取ったのであるが、すぐに車で5分の スノーラグハウスに持ち込む。

のっけから、お値段のはなしで、材料が1.8倍になったので、15000円になります。と。

あらまあ。

今回は、最後かなと思って、B レベルで調整してもらうことにした。
黒いやつは C レベルでいくらか物足りなかった感じはあったので。

まあそんなことで、おそらく最低2年間はよろしくね。



posted by ソーレ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月19日

今年は早いなあ、板

今年の板は、FISCHER にした。よなあ確か。

黒いやつをそろそろ涼しくなってきたし、雪の便りも聞こえてきたのでオクに出そうかな。

と思うこの頃であるが、なんとすでにお店に入ったというのが2週間ぐらい前。10月頭のことである。


ちなみにブーツはアトミックのまま。お金の問題が大きいのと、まだそんなに経ってないから買う気はなかったが、FISCHERのブーツも履いてみたら、さっぱり合わない。



さて、来たのはいいが、なにせちょっと立て込んでいてまだ行けないなあ。そんで、そのままチューンナップに出すのだから、結局2回行くので、なんとか時間取っていこう。

今年は、菅平がかき氷機を導入したとのことで、軽井沢と分散してくれればありがたい。
朝の軽井沢は混むので、菅平のほうが時間かからないで行けるとおもう。

研修会も菅平にしてみた。こちらは12月の後半なので、雪はまあたぶん。そのまえに滑りたいところだな。


という、つれずれなるままに
posted by ソーレ at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月12日

ispeed 復活! ありがとう めえ

前記事で、ispeedがご臨終間際と書いた。

めえから連絡が来た、175cmで、1年前のモデル 放出予定だけど要るかい?

おお、いるいる。

ビンディングは移植すればいいよね、板だけなら安くということで、譲っていただいた。


お金のやりとりはpaypay。振込手数料が不要になっている。いつまで続くかな?

サクサクとやり取りが進んで翌日に到着。


なんかやっていたので、作業は数日後であった。


無事、ビンディング移植完了した。

前 ご臨終間際
IMG_0505.JPG

後 きれいな1年前の

IMG_0506.JPG

チューンをどうするか。遠いんだよね結構。

また、このしっとりした感触の板に乗れるよ。

ありがとう、めえ。


また一緒に滑りましょう。
posted by ソーレ at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

ブーツインナーとショックビックなispeed

昨年買った、アトミックのブーツ

シェルは角付けの動きに対して非常に敏感な性能を発揮する。わかって使えれば武器としていいのである。

でも、インナーのお話。
買って、1週間使っていないうちに緩くなってきた。あらまあ、普通は3日ほどで緩くなって、落ち着いて1シーズンの終わりごろ少し緩くなってくるかな?ぐらいだと思うのだが、これはまずかった。

3かでは収まらずに、ずんずん緩くなってシーズン終わりぐらいの感覚になったのは、1か月ぐらいだったか。
その後は、もう2シーズン目の状況。パット張ったり熱い靴下にしたり。
で、おいしいところが緩くなって足がすれることもあった。

どうしようかと諏訪店さまに相談したら、ノルディカのインナーが良いんですよね。取れるかどうか聞いてくれた。そんで入荷。

したのは、1か月以上前であったが、昨日取りに行った。

その前に板をチューンに出したのであるが、それは後程。


で、買ってきて帰ってからシバキした。
インナーだけを履いた時点であれ、なんかいいかも!
シェルに入れてみると、純正で感じていたかかと周りのゆるみ感が全く感じない。
ぴったりと、吸い付くようだ。

おおおお、これは良かったねえ。
インナーってこんなに違うんだ。

あとは、長持ちしてくれることを願う。



さて、板のチューン

今回は、オガサカのtc−lcだっけ?187cm
と、 ヘッドのworldcup ispeed 180cm の昔のタイプ。グラフェンが入る前のとても滑りやすい素晴らしい板

オガサカを出して、これはどうする?
ってんで、

ベース 1度たらす。
サイドは 88度
仕上げは Cランク

ということで、話がまとまる。
ストラクチャーは要らないと。あまり削らないでやると。

さて、ispeed を置いてみると、スキンというか表面のトップシートが少し剥げているので、これ治らないかなあ?

と聞いたのだが、うん?
メタルとサイドをーるのあたりで、剥離が結構発生していますよと。

これは、まあ治らないことは無いけど、修理代で板買えるかもしれない。

あらまあ、じゃあご臨終でしょうか。
まあ、練習に使うぐらいならいきなりバラバラにはならないから使えるけど、ハイスピードとかはやめたほうがいいと。

カッターの刃を突っ込んで、入った量で確認していた。

さて、じゃあ板どうしようか。

ちょっとヤフオクやら見たけど、さすがに同じものはもうないし、他社のちょっと前のを探してみたがあまりよろしくない。

オガサカでも、ちゃんと乗れば曲がるのでまーまーこれで行ってみるか。
なんかあったら、また考えよう。


ということで、今のところ一本マイナスになるということで。


あとで、モンベルに行き、ズボンの試着やらして帰宅。

そんなに乗る板ではないが、5年は経つので50日ぐらいは滑っただろうなあ。
でも、とてもお気に入りの板だった。残念。

ちなみに、オガサカは長かったり、幅が広かったりした場合のロングターン

ispeedは、短い狭いのロングとで使い分けていた。オガサカで短い狭いに対応も出来た時もあった。
まあやってみようっと。
posted by ソーレ at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月14日

待望の300oは結構よい

300mmレンズって、最初に買った一眼レフ(フィルム)のキットレンズであった。

まあ、そんなのだから写りは値段なり。
いつしか、使わなくなり売ったような気がする。それともあげたか?昔のことで記憶なし。


そのごは、単焦点の200mmを望遠レンズとして使っていた。
これも、昔のでピントが甘いし、パープルフリンジなど盛大に出ていた。どうもこれも厳しいなと思ってあまり使わなくなった。
単焦点は135mmのもあって、こちらのほうが写りが良かった。

この2本は、マニュアルフォーカスのやつ。


そんなことで、しばらく前に東京に行ったときに、中古のズームレンズを買った。
現在も売っている2本のうちの古いほうだ。

お店の人がまあ、古いほうで良いんじゃないと。というのも電車とか早いものはほぼ撮らないといったからだけど。
スキーヤーを取るってことは、今まで1回ぐらいしかないから無視。

55−300mmのズームでF値は4−5.8

名称は HD Pentax DA 


試写したあと、しばらく放置

お盆の花火


IMGP5583.JPG

IMGP5565.JPG





先日の中秋の名月 
あとで、トリミング
IMGP5609 (2).JPG


さらに、隣にいた 木星かなあ。
色は火星でないし、時間的に金星でないし、形から土星でないし。

IMGP5630 (2).JPG

これだけ写れば満足だ。

良い買い物をした。

posted by ソーレ at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月13日

来シーズンの物追加

来シーズンに向けて、何か買うのであろうか?


3年ぶりにコロナが少し収まったこの時期にICIのフェアが開かれた。

今年の東京は池袋だという。

まあ良いかと思い、参加した。


にんにんのメンバーと食事を兼ねていくことにしたのである。



で、果たして何か買うのか?


去年ショートの板を買った。アトミックのS9i。ブーツも買った、アトミックのTI。

試乗したら、よかったのは、サロモンの3rdモデルのやつ。トップモデルは持った瞬間重い!固い!無理!
セカンドモデルならなんとかかんとかだが、3rdは軽くて反発もしっかり出てよかったが、これって今のs9iと同じ性格じゃあないのだろうか?

s9iは試乗したときに反発がくっきりでてよかったが、先シーズン乗っていてあまりそういう感じはなかった。
ks氏からは、proにしないと柔らかすぎてだめだとと言われていた。

だが、なにせ脚が痛くて、エッジング角度をしっかりと取れていなかったのではないかという疑念が付きまとっていた。
s9iでもエッジの角度をしっかりと取れればいい反発がでてくるような気がする。

なので、まあ今年の板は買わないってことで。

まあ、去年ヤフオクではあるが、深雪ようの板も買ったことだし。


で、ブーツはインナーがしょぼい。
これは何とかしたほうが良いなあ。


ということで、おいしいハンバーガーを食べたり会場ではブーツシバキしたりもの見たりしていたが、ヘルメットの更新をしよう。

かぶり心地と、お値段の安さとおレンジャー復帰のために、アルピナの一番安いのにしようと決めた。


その他は楽しい会話が続いて昼と夜に、合計3時間以上話し込んでいた。



さて、それから1か月ぐらいしたところで、あるぺんのお店に聞いてみた、ブーツのインナーどうしよう。

そしたら、ノルディカのインナーがとても素晴らしい。インナーだけ買ってアトミックのシェルに入れれば良いのではないかと。
ということで、聞いてもらったら売ってくれるという。


なので、インナーとヘルメットを注文した。

インナーは、すでに入荷したようなのでそのうち取りに行こうって買いに行こう。


あとは、中古でいいのでR15ぐらいのセンター幅75mmぐらいのオールラウンダーを持って見てもいいような要らないような。


ということで、来シーズンの体制は整った。

これで、暑さが峠を越えたら、そんな気持ちも少し出てくるでしょう。
posted by ソーレ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月12日

さよなら軽トラ子、そして新軽トラ子

父が買って、引き継いだ軽トラ子さん

27歳の若さであるが、お別れすることになった。
きょりも43000kmほどで大したことは無い。

でも、形がフロントガラスからそのまま前がすとんと落ちている。これで、何かにあたったら、おいらの脚は、イタタタタ
のぐっしゃりである。


たまたま、薪運びに使うというお知り合いがいたので、5万円にてマネー成立

意外とこの年齢でもお店で買えば20万円とかしているので相手もだいぶいいとおもうし、さすがにこの年齢で5万円となるとこちらもラッキーかなみたいな。

IMG_0115.JPG

最後のご奉公はくしくも薪運びというか、玉切りした薪の元運び。


翌日にさよならした。でも、元気で暮らすんだよって言えるから、やっぱり良いよね。廃車決定ってのは少し物悲しいので。



で、次のを手配しているのだが、これでいいじゃんってのが結構古い、17歳で40万円になるっていう。
良いかと思ったのだが、お店の人がまた車検すぐだし、部品がなくなってきているから長く乗れない可能せいもあるっていうから、それはパス。

ほかを同じくらいの値段で探してくれるってことであったが、3週間ぐらいしてやっと来た話は、9歳の4000kmを65万円だって。


4000kmってすごいなあおい。
そんなに少なくなくても安いほうがいいんだけどとも思ったが、まあ壊れる部品がまだ少ないかな。と思い値下げしてくれれば買うといった。

残念ながら答えはゼロ回答。

仕方ないので、荷台のゴムマットを付けてくれれば買うとお返事でマネー成立だ。

予算をだいぶオーバーしたが、この子ならばおいらの軽トラを軽トラとして使える年齢までは動いてくれそうだ。
つまり、やっぱ軽トラって小さくって運転しやすいってところで運転するのではなく。
軽トラでこうやって薪をはこんだりするにはあと10年は行けそうだが、その先はわからないねえ。

作業としてしっかり働く時間はおいらよりも新軽トラ子のほうが長そうだ。


まだ、なんか点検してからだというのでまだだが。

ちなみにエアコンは無いなあ。

さらに言えばアウディとおなじお値段だな・・・
posted by ソーレ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

アトミックアトミック

ことしは、ブーツと板をアトミックでそろえることにした。というのは書いたが

相次いで、手元に届いたのである。

ブーツは、調整をしましょうということで、諏訪アルペンに行った。

今回は、インソールも成型してみた。
アウターシェルも熱加えて、当たる部分(小指の付け根の左右方向)も広げた。

こう書くと簡単だが、そのコースで2時間以上かかったな。3時間近かった気もする。

ついでにさらに、ブースターに交換してみた。機能的にゴムが入っていてその弾力を使って締め方に特徴が出るというのであった。
知らなかったなあ。




それから、2週間ぐらいして今度はいたが来たよと
これはスクール経由でお願いした。割引率がよかったのである。
行ったら、車の中に2台あった、一台は proである。これはHyさんが注文したとのことだ。多分硬いのであろう。

アイスバーンにはproが良いのだろうなあ。今回は、試乗したのが普通のだったので、それでいいと思ってそのまま注文。

まあ、手元に届いたのではあるが、とくに何もすることなくほおっておいた。

これから、また諏訪にいってチューンナップを依頼予定だ。


あとは、そういえば現在シッピング中であるれいのもの

そう、CARV

である。足裏にセンサーが36個ついていて、どのタイミングでどのセンサーが強く踏まれたかわかるので、長年の懸案事項の外足と内足の比率だとか、ターン前半と後半の踏む位置とかが測定できるのである。

本日初スキーの車の中で、関税払えとメールが来た。
終わってお昼に関税払ったので、もうじき来るでしょう。

これは、ちょっと楽しみである。
来たらまたスキーしてみようっと。
posted by ソーレ at 22:20| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

やられた、犯人逃亡 

珍しく帰宅が暗くなるころとなった。

調子よく車を走らせていた、あと3分ぐらいで家に着くころだ。

プラントの近辺に差し掛かったころ、なにか板のようなものを踏んだ感触というかドンという感じ。
なんだ?

何かあってはいけないので、Uターンして確認しに行った。
あれ?何もないなあ。

ううううんn?霊か?

仕方ないので、その日はそのまま帰宅。タイヤも何ともなってないしなあ。



翌々日に車を使う。まあ新盆周りなのだが。

記帳して車に戻っていくと、あれ?なんだこれ!チョー凹んでる。
だれか当て逃げしたのかここで?

P_20210814_153503.jpg

P_20210814_153448.jpg

P_20210814_153438.jpg

P_20210814_155456.jpg


よく見るとタイヤや、ボディの隙間に 毛 が挟まっている。

あ、これは・・・鹿 だ


すると、先日のあのドンは鹿が当たったんだ。そんでそのまま逃げていったのだな。



白樺湖のへんとかを夜通るときにはスピード出さないように気を付けているのだが、家の近所っていう大都会なのになんてことだ。
そんな警戒感ゼロだった。



いとこの板金屋に電話して、とりあえずの処置をしてもらうことにした。

吸盤で引っ張ること、塗装が割れた部分のタッチアップ

で、やってもらったのがこれ

P_20210816_114511.jpg

この角度からはまあまあ戻ったが、真横から見たらまだずいぶんとだった。

今後は、割れた部分は修理してもらう。
吸盤部分は、パネル交換を3枚ぐらい必要ってなると10万どころではないなあ。
しばらくそのままで・・・


車両保険入ってないんだよね、だって車両価格70万円ぐらいなのに、車両保険年間30万円とかわけわかんないので。


夜道はスピード出さないようにしましょう・・・
まあそんなに出してないのだが・・・
posted by ソーレ at 14:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月27日

クレジットカード変更

ちょっと前に、会社のメールにセミナーのご案内が来た。
なんでも、クレジットカードでマイルを貯めて、旅行しましょうとか、ホテルも良いのになるよとかそんな内容。

なんだか妙にツボに入ったので、その他いろいろお勉強。

なぜかと言えばだ。
今回、ケガをしたことで随分と、不自由な生活である。
人生もどうもさすがに真ん中過ぎただろう。この先は、動きがにぶくなって来ることも確実。
で、まあそろそろそんなことも考えるようになって、今までよりも仕事からプライベートに重みを移動させ始めようかと。

スキーで言えば、イントラも良いのであるが、CMHに行ってみたり、ヨーロッパアルプスでのスキーしてみたりとか、ツールドフランスのコースをチャリで走ってみたり、オーストラリアのエアーズロックまでオートバイツーリングしてみたり、ハワイの山頂で星を見たり、ウユニ塩湖で星空と、水面にうつる星空を見てみたりしたいと、言うことだ。

なかなか、難しいのではあるが、仕事だからと言ってやめるとか、仕事でお金が必要だからそれはやめておこうとか。
そういうのをパッと変えるってわけには行かないだろうが、少し移動を始めようというわけだ。


で、クレジットカード変更がまず手始め。

今までは、楽天カードのうち、楽天プラチナカード+楽天ビジネスカード。をメインにして
他にも、なんやかや持っているがほとんど使っていないのでパス。
会社の支払いをビジネスカードにして、個人をプラチナカード利用にした。

当時あまり調べなかったのであるが、まあまあ気に入って使っていた。年会費が合計13200円だったか、それもまあ、主にDIYによる仕事関係の部材購入が多いのでプラチナカード利用によるポイント4倍を使えば、だいたいペイできるのではないかと思ったのだ。


実際、先日調べたところ、ポイント調べたら、年間3-4万ポイントもらっていた。年会費ぶんは十分ペイしたようである。
あとは、北海道つあーでラウンジ利用 。

何が言いたいかというと、ポイントは現金っぽくお得であったが、これからはマイルにして旅に使おうかと。
もっとも、そんなにすぐにはたまらないので、コロナの今がちょうど始めるには良いかなと。

二人で行くも良し、一人で行くも良し。やっぱり旅は楽しい。

それで、今後はセゾン・プラチナビジネス・アメリカンエクスプレスカードにした。

JALマイルを貯めようと言うわけである。
今回調べたら、紹介してもらって入ると2−3か月以内に20万使えば3万円分ポイントくれるという。これもあとでマイルに交換できる。
自分が人に紹介したら、またポイントくれるのか?は知らないのだが、恐らく紹介は出来るのであろう。
気になる人は言ってくださいませ。そしたら聞いてみよう。ビジネスとあるが個人でも可能だそうなので。

なんか頑張れは2年あればアメリカあたりは行けそうな感じである。マイル還元率1.125%から1.375%ぐらいになるようだ。


経費のうちカード利用できそうなのが200万ぐらいはありそうなので、そうすると2年で55000マイル。北米近しだ。
うまく払えればもう少し伸びるのでそちらを目指してカード変更。
あ、待てよ。これからもらえると思う30000ポイントは、マイルにするとすでに、12000マイルだ。2年で北米確実。

CMH近し!




では

posted by ソーレ at 23:34| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

車交換した アウディ A6に。

そういえば、車を変えたのである。
AUDI A6 平成17年物  もう15年たってるんだなねえ。
そこそこの値段であるが、軽の新車よりも十分安い

あうぢ.jpg

なんか色々機能があるが、わからん。いろいろと導入しているもののそのまま現在まで継続しているという感じではない気がする。
つまり要らん機能が多いような。

一番心配したサイズの問題、特に横  レガシィは1730mmだが、こちらは 1855mm 125mm幅広いよ。
いいのかなあ。長さも250mmぐらい長い。

うーん、と思っていたが意外と何とかなる。ただ、駐車は気を付けないと。今まで見たいに少し斜めでもまあいいやってのが通用しないだろうなあ。

一度大きいのにも乗ってみようかなと思ったというか、みんな大きなのしかないのだなあ。大型化していて。

今回は、なぜか頼んでいる大工さんが車屋もやっているという謎の状況。そして輸入車しか扱っていないというか、自分の興味がベンツだけみたいな。
アウディは近所の友達などが4人相次いで購入してなんかいいなあと思ったのであった。

レガシイは、サスかブッシュかがちょっと痛んできた。リアワイパーが止まるときに変なところで。助手席のロックが自動でかからない、ビビり音がする、スタッドレスが古い、20万キロになるところ、17年経ったくるまになったなどで、お役御免となった。

今習志野ナンバーが付いているが、大工の車やさんに頼んでいたら、出たよというのが千葉でするするっと運んできた。
名義変更は自分でやれば安いよというので、2度目でもありじゃあ自分でということで車庫証明は自分で、その後数日後に陸運局にて名義変更とナンバー交換してこよう。
車庫証明は2600円だった。

今のところ、気になるのが3点でてきた。
バックにいれてもピーピー鳴らない・・そういうものらしい
後席のドアが外から開かない。・・・壊れているのか設定なのか?一度中から開けると次から開く
ワイパーを上げようとしたら、ボンネットに当たって上がらない。ワイパー交換モードにすればいいらしい

しばらく乗るつもりだが、また4,5年したら交換になるのかも。
今回ほかにも考えたのは、フォレスターか。アテンザワゴンとか。もっと経ったらやリスとかになるのかもね。

まずは、楽しんで乗ってみようっと。
posted by ソーレ at 22:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

今シーズンの物たち

ちとツーリング疲れが残っていたが、翌日にアルペン諏訪店にお出かけ
コロナ騒ぎで、普通6月ごろに行うことが今になった。やれやれだ。

1.ブーツ

去年買ったレグザム E-revo 120
なのだが、以前にも書いただろうが、インナーがへたる。初期へたりが済んだら1シーズンぐらいは持つものだが10日ぐらいしたらさらにへたりが進行して、すぐにパットを張り付けるざまだ。
 で、インナーをなんとかしようという事で伝えて、おすすめのavireva アビリーバのインナーが良いよってんで、メーカーから取り寄せてもらっていた。予定では、良いねこれとか言って買って帰るってのだったが・・・

 まず、持って行ったrevoを履いてみてくれと。履くとなるほど、ではこういうように履きましょうと。
脚入れする、インナーの後ろの取って引っ張りながら膝を前に数回出し入れ、斜め前に足だして、かかとから着地ドンドンドン、そこで第三バックル仮止め、立って足裏を床と平行にしてドン、座ってインナーのタングを両てのひらで押すぐいぐい、バックルを締める、ふくらはぎ周りの筋肉を上に引っ張り上げる。

というようにしたら、あれ不思議。かかと周りのゆるゆる感がかなりなくなった。その代わりつま先側で緩さが加速。

なるほど、これならいいかも。

その後脱いで足のサイズ測定。
うーん、これだと1サイズ小さいシェルでもいいんじゃないですかと。
で、アビリーバを24.5のシェル ソールサイズ285とかだったかを履いてみた。
まあ、確かに入るのだがつま先が当たっていて、これだと爪が黒くなるパターンと言ったところ、それはシェルだしすればOK。
いまのシェルでは縮めることはできないから。

なるほどねえ、ただし、小さなシェルにしたら、しびれますよ。特に最初の何日かは。そんで、バックルはすべるたんびにに開放する。
そっか、そういう事だったのかもしれないねえ。

ブーツに関しては、去年買ったもので、これにインナーを買うのはちょっともったいないから履き方と、パットペタペタで今シーズンは持たせましょう。来年1サイズ小さなシェルで行ってみようということで何もお買い物せずに終了。

悪いねえ。



2.ウエア

先日、ヤフオクで綿のないウエア ミズノの 耐水圧20000mmという鶯色のウエアを落札した。5600円でありがとうございましたというところだ。Lサイズはちょっと大きめであるがまあいいか。下にダウン着るとピッタリかも。
で、その前からモンベルのパウダートラックビブパンツを考えていた。ビブでないのでもいいかと思ったが、スマホ入れにちょうどいいお腹のぽっけがあるのでそうしてみた。
最初、通販のアウトレットで、去年のモデル L-S を買ってみたら、ありゃりゃこりゃぶかぶかだ。というので返品した。
サイズ的には、このモデルは(以前のウエアはこれでちょうどよかった)M-S(ショート;;;短足)が良いのだなと。でもサイズがない。

で、モンベルはアルペンの隣である。行って、妻のタイツを持ってから店内を見ているとあれ?これはビブパンツのオレンジが何個かある。
サイズは?最初に手に取ったものが見事 M-S である。あれ?お店にもないんじゃなかったのかあの通販サイトでは。
でも、まあある。

慌てて手に取って、試着。案の定サイズピッタリ。おお。ご購入。7000円ぐらい安くなって、26100円税込み。

というか、ウエアはまあ3−4年ぐらい着たからまあ時期といえば時期だったが、先シーズンの終わりごろ雨が一日だった。ドライテックの20000mmの耐水圧があるから大丈夫かと思っていたら、あら。濡れた。しみた。なんだよ。
やっぱゴアじゃないとだめなのか!

ってことで、考えていたわけだ。なお、パンツの内側にはニーロングの長さで、エクセルロフトのものを買っておいた。これで、たぶん入シーズンも行けるのではないかな。


3.板

今回は、その近所のスノーラグハウスに出すことにして、電話しておいた。
以前、チューンナップの工程を見せてもらったところだ。sageのおすすめ。
今回出すのは、ハートの青いやつ、フォルクルのロングの二本。

ターンのどこで圧をかけるかとかずらすのか、カービングメインなのか、トップをどう使うつもりか、とか色々お話し、こちらのレベルも伝えていて、フォルクルは譲ってもらったS氏もここに出してあるので、シール張ってある。
 もとでものしゅんすけさんの仕上げとか、いろいろ聞きながらまあ基本的にはベース1度垂らして、サイドは89度が普通でトップは谷周りのとらえを早めるほうがいいのか、そうでもなくルーズにとらえていくのが良いのかどっちが良いの?

とかなんとか言っていたが、滑りを見てもらったら、ああ、サイドは88度にしましょう。
トップとテールは引っ掛かりが多かったら、少し、サンドペーパーや、台所のスポンジの反対面のところでこすってみれば調整できるよ。

ということになって、2台ともベース1度、サイド88度の仕上げになりました。上りは11月末。


ということで、物のお話でした。
posted by ソーレ at 16:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

スキー道具の重さ

スキー道具の重さについて、測ったものをまとめておく




Head worldcup ispeed 180cm + plate + 16までのレースビンディング
  ペアで 7100g 片足 3550g


HART circuit ST 165センチ 赤いの
プレート:VIST VF-S  ビンディング:LOOK pivot14
ペアで6300g  片側 3150g


HART circuit STーSP 165センチ 青いの
プレート:VIST VF-S  ビンディング:LOOK pivot14
ペアで6500g  片側 3250g


ID-one SR-X5 ビンディング:LOOK pivot14 プレート無し
ペアで 4700g  片側 2350g





ブーツ

アトミック HAWK ultra 130  片足 1680g

REXXAM R-evo120S     片足 2060g 

NORDICA ドーベルマン 130 片足 多分 2400g




ブーツについては、アトミックホークはえらく軽く感じられた、大げさに言えば普通の靴みたいな。
板のispeedは、リフトで重い。


だんだんと、軽いものにしていった方が良いんだろう。
今回は、ショートの板赤いのから青いのにしたことで片足100g重くなった。メタルのせいだろう。
ブーツは、比較的軽いが、ホークがなにせ軽かったので、いくらか重みは感じる。

ID-oneの軽さは際立っている。
柔らかいタイプにしたので、もともと軽いし、プレート無しが効いている。さすがに軽いと振り回しやすいだろうなあ。

以前 120cmの板でこぶ滑ったら回しやすかったからなあ。あんな感じか?でも、あまり横向けないで行きたいところだ。
青いのは、試乗ですこぶるいい感じだったのだが、さて、今年どう感じるかな。
あおってみると、固い。あー固い。赤いのが柔らかいので余計固く感じる。だいじょぶだろうか?



とりあえず、そんなところで。また測ったら追記するかな。




posted by ソーレ at 16:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

スキーチューンナップの実際と、ブーツやらヘルメットやらビンディング付け替えたSTやらの

三串仲間のSG氏からお誘いが来た。

SG氏御用達のチューンナップ屋さんが、チューンアップの工程を説明しながら見せてくれるという。
面白そうなので行ってきた。

諏訪のお店で、ちょうどアルペンやモンベルにも近い。アルペンでは、前日に聞いたらチューンナップ上がりのSTから付いているビンディングを外して、別のに付け替えをやっておきますよ、さらにブーツも来てますよ。って感じ。

でお時間にお店にたどり着いた。6名ほどの参加で前振りから始まって、

受け入れ時のチェック内容
コスメ面の傷バリ取り
忘れたけど、リペア、サンディングが荒く、中くらい、細かく。マシンでサイドエッジ調整
ボーダーカット、ベースエッジ、サイドエッジ、ストラクチャー、ワックス掛けと

一通り。

大変勉強になると同時に、お願いしたほうがいいなという結論とともに4時間半が過ぎた。

予定は2時間だったのだ、慌ててモンベルに向かう。
妻が欲しがっていたメリノウールタイツと、自分のcwx代わりになるかのサポートタイツ、靴下、高機能下着買って、さらにメットとゴーグルみた、いいじゃんこれ。でもアルペンに向かう


前述の板とブーツを出してもらいブーツは足入れした。試乗会で乗ったのでその時には特に当たりなかったんである。
自分の物も同様で良かった。

P_20191111_124921_vHDR_Auto.jpg

板は、ビンディングが変わったのとチューンナップ上がりなので、そのまま。

実はこれがいけなかったのは、翌日判明する。

で、板とブーツ買ったら来たおまけの商品券が¥15,500円。見たバイザー付きのメット(しかも HART)が¥15000円くらい(税抜き)

これどう?って聞いたら、支障ないっていうから黒で人と判別つかないがまあいいや。結局千円以内の追い銭で購入。

ずいぶん遅くなってしまったのであまり見れなかったが、最低限の用事完了だ。

ST-SPは、恐らく来週の入荷後、STから今回外したpivotビンディングを取り付けて送って呉れれそうな。



さて、前述の問題とは、

をいをい、この板チューンナップしてねーぞ!
縦の薄い線傷、横の線傷、テール側の傷、ストラクチャーも変わってない。
更にワックスの気配なく、エッジも丸いまま

やれやれ、めんどうなことになったなあ。

理想的にはすすーっと返金してもらい、新たに見学会のお店に出して、そのお金+差額は手出しでどうでしょうか?
posted by ソーレ at 23:08| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

全開だ!    物欲・・・

試乗会にて、Hartの ST−SP 165センチ がとても気に入ってしまい、買うことにした。
更新時期のブーツもれぐざむの新しいのも注文。

ところが、ここしばらくで、クラウン受験って大回り板と小回り板の組み合わせだと、意外と大回りが設定バーンが幅狭くて使わないというか、使いづらいことがある。それならば、小回り板とモーグル板の組み合わせで、大回り、フリー、小回りはショートの板で、こぶだけこぶ板でってのはどうなんだろうねとみんなと話していた。

今回、GWにて藍さんからのお勧め板が、あった。
ID-oneの SR-X5 って事だ。ずいぶんと柔らかい設定ではあるが、一番ではなく2番目に柔らかいということで、そこまで柔らかいのはどうなんだろうとも思ったが、普通の板との差が激しくあったほうが、いいだろうということで、検討していた。

すると、GAFA様のおっしゃるには、いろいろと画面の横に出てくるのであるねえ。

たまたま、見かけたお店では、お値段問い合わせにてとあるので、問い合わせてみた。

メールが帰ってきて、おりょ! これは3割引き!!!

悩んでいたのがなぜか吹っ飛んでしまい。メールに返信


本日お約束の不審な段ボール箱が届いた。

P_20190508_103759_vHDR_Auto_HP.jpg


開けたら、こうだったが。そういえば色の指定とかあったんだっけ?
まあ、もう来ちゃったしカッコいいからこれでいいけど。
ビンディングもまたpivot14 これにしたのだ。3割引きについ気が大きくなった。
P_20190508_105336_vHDR_Auto_HP.jpg

P_20190508_105351_vHDR_Auto.jpg

シリアルナンバーがあるのだなあ。
P_20190508_105405_vHDR_Auto_HP.jpg



ということで、全開のお話しでした。
もっとも、来たけど、シーズンは終わっている。11月までお蔵入り。
posted by ソーレ at 19:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

赤い板引き取り Hart circuit ST 165 VistPlate Look Pivot14

というスペックのが今シーズンのメインになる板。小回り、こぶ、中回りぐらいまでの担当。


写真は後で載せよう。 後になった!

全体
DSC01567.jpg

ピボットのリア
DSC01569.jpg

前のほう
DSC01568.jpg

数字
DSC01570.jpg


車山の試乗会で気になって、あさまの試乗会で、気に入った。

もっとも膝の負傷が明けない状況とぐさぐさ雪になってしまいそうな状況でああったがなんかいい気がした。




で、その場で注文してから、お店を諏訪にしてさらに、ビンディングを変更して、支払いまで済ませてという状況。
2週間ほど前にきたよ!って電話があったが、妻のウエアを更新時期になっていたのでそちらの予定と、担当長野さん(仮名)の予定を合わせていたら本日になった。

なぜか遠回りして諏訪に到着。まずは妻のウエアのためにモンベルに下ろす。そのまま行っていろいろ試着したり検討しておいてということで、おいらはアルペンに。

長野さんを訪ねる。

ブーツを持って行ってサイズを合わせてとりつけてもらうはずなのだが、ついブーツのふくらはぎ部分の調整ってしたことありますかと聞いてしまった。みくしで、いろいろ議論になっていたのである。
なお、ステルステックは長野さんも使用中とのことである。

そうだが、まずは履き方を見せてくれと言われて普通に履くが、いやいやという感じで。



インナーの後ろをもって上げながら、前後にぐいぐい動かしてかかとをなじませる。
たんぐをセンターに合わせてから軽くバックル締める。
その後、バックルをきちんと締める


ということで、しっかりと履いてみて、その後測定も猫背にならないように延長してもう一度測定してみよう。
カットしたり、穴あけすると不可逆だからまずは様子見てからにしましょうと。

などとお話をしていたら、妻からめーる。もう決まったとか。うーん、じゃあこの辺の話は切り上げて、取り付け作業に入ってもらう。

ずっと待っていても何なのでその間にお昼にしようとモンベルまで迎えに行ってモールの中のラーメン屋さんで濃厚味噌ラーメンを2つ。
おいしくいただきました。

モンベルでは、妻が下はブラック、上は水色系のブルー、あとウールのベールレイヤー上下 合わせて5万2千円ほど。
ぱたごにあんな妻に、Patagoniaで買ったら、上だけでそれくらい行くねと。

まあ、これで妻も今シーズンはスキーするだろう。


アルペンにて、取り付けてもらった板をもらって、あとは、割引券でワックスアイロン(今までは家庭用で)とグローブを買って2500円ほど現金で支払い。

帰りの道は最短ルートで帰宅。



さあ、赤い板にはちびまる子ちゃんシールを張って、間違い防止も行った。
実践投入はいつかな?


ps

重さきちんと計ったら、ペアで6.3sだった。

ispeedはビンディングが重いせいか、ペアで7.1kgだ。このビンディングを16がついているが、14のに変えようかな
。islからの交換となるのだけど。

posted by ソーレ at 22:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

久々の新品ビデオ SONY HDR-CX680TI 

スキーがうまくなるためには、どうしてもビデオを撮ってもらって、見て解析してそれをもとに、動きを変えてまた滑って、撮って、変えてっていうサイクルが必要だ。

忍者寺では、藍さんにとってもらっているのでいいのだが、滑るのはそこだけではないなあ。
しかも、レッスンするとなるとまたその時にも。

持って歩こうと思って、ザクティの縦型のの中古を買ってみた、ああ多分5年ぐらい前かな。
これは、ポケットに入って手軽に使えてよかったが、画素が少なくVGAの画像しか出なかったかな。

そんで、同じサンヨーのザクティの横型をまた中古で買った。これも小さくて携帯性がよく、ウエアのポケットに邪魔なく入っている。
ハイビジョンの画像が出てくるのでよかった。
ただ、バッテリーの持ちが悪いのと、SDカードのwifiでは実質転送できない、あとは手振れ補正の弱さぐらいかな。
画質ってのは特に問題ない。

ということで、今回購入意欲がむくむくしてきたので少し検討してから機種選定した。

タイトルにあるとおりだが、SONYの HDR-CX680 に決めた。

最初JVCを考えたのだが、防水含めた強さとバッテリー持ちはいいが、画質がいまいちらしい、また広角のスタートが40mmから、あとはwifiが弱いとか。
まあ、すべて人の評価だけど。広角の始まりとか画質とかは実際にはスキーとして考えるとそれほど必要ないのであるが、wifiは使いたい。

次にパナソニックを見たら、バッテリー持ちはいまいち、サブカメラがついているが、必要性がわからない、手振れ補正がそれほどでもないなどでパス

どうやら、手振れ補正が一番いいのはSONY 防水はない、wifiはカメラで実績あり、広角は26mmスタート、手振れ補正は光学他は電子的
4Kではなくフルハイビジョンまで。

金額 41300えんほどだが、キャッシュバック5000円、楽天のポイントが6倍とかで実質35000円ぐらいかな。

何日か検討していたので、途中でいやになってエイヤでぽちった。



ということで、まずは野沢で使ってみよう。バッテリーの持ちがそれほどでもない、1時間ぐらい。ここはモバイルバッテリーが使えるようなのでそれで対応。ズームは光学30倍だというので、十分すぎる。いままでアクションカメラの広角レンズで撮っていたのでさすがに豆粒だ。

あとは、人と一緒に行った時には、撮ってもらう。このときに手振れ補正が活躍してくれる予定。

レッスンの場合は、アプリを入れておいてもらえれば、撮ったものをスマホに転送して家でもずっと見てもらうことが出来る。

ということで、よろしくね。レンズがぐりぐり動くらしいので、ぐりぐりちゃんと命名
posted by ソーレ at 23:02| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

まずは、形から・・・

この頃、ピスラボが気になっている。丸沼にあったが、丸沼まで行くには4時間近くかかるので、躊躇していたというかやめやめって感じでいた。

膝の怪我をしたこともあり、先シーズンの滑る量はずいぶんと少ない。
また、例年軽井沢でスタートするが、2回目ぐらいまでは、なんかポジション確認ぐらいで終了となる。
そんで、去年から野沢温泉にピスラボ出来た。


うーん、ということでまずは形から

s-DSC01396.jpg

s-DSC01397.jpg

s-DSC01398.jpg

これ久々にヤフオクで落とした。送料込みで8千円ぐらいだったかな。
エッジがさびさびだったので、砥いでみた。ブーツの長さも、3センチぐらい違っていたのでプレートから一度外してずらして別の穴に付け替え。
ワックスは専用のが会場にあるらしい。

今シーズン板をHARTにしたので、ちょうどHARTがあったので、入札したら落札されていたのでした。
意外といい状態であった。エッジ以外は。


さて、ほんとに行くかな?まずは形からである。
posted by ソーレ at 16:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブーツ適合判定冶具製作。北見工大 鈴木学長の実験による

北見工大の鈴木学長が、ICIカスタムフェア2018にて、セミナーを行ってくれてました。

直接は見なかったのですが、そういえば友達が面白かったって言っていたのですね。それがyoutubeに出ていたのです。
なかなか長いので、見れてなかったのですが今回時間をとって全部見ました。





そのなかで、説明されているブーツが適合しているか判定するための冶具を作ってみました。




基本的には、ブーツの先端と、膝の先端のずれ量を測り、フットベッドの前方、後方、両方を1−2mm上げて、ずれ量がどうなるかにて判定するということです。まあ詳しくは上記先生の動画を見てください。


で、結果的に がびーん ! ブーツ合ってないじゃん。atomic hawk ulutra を先々シーズン以来使っているのだが・・・
まずは、このずれ量だが、55mm〜60mmが最適とのことである。
だが、いきなり、あれ30mmって少ないなあ。前に行く分が少ないなあ。

ブーツって主にヨーロッパで設計されているので、欧米人に合わせて作っている。日本人(おいらも実に日本人的体型)にはアッパーシェルの長さが長すぎると。ここがより、短いと合う可能性が出てくるのだなあ。

足の長い人、正確には膝下のヒコツが長ければ、前傾の角度が同じでも、膝の位置が前に出てくる。
短いと、同じ膝の位置にするには、より前傾角度を強くしないといけないとなるなあ。
で、下記の 2.と3.については普通そうだよねってなると合っているということだ。つまりつま先側を上げれば、膝のずれ量は減るし、かかと側を上げればずれ量は増えるとOK

ところが、下記のようにおいらの場合は え?なにそれ?っていう結果である。
もっとも、ワールドカップレベルの人でもおいらみたいな結果になる人が半分いるとのこと。って4人中2人だけど。

           ずれ量おいら   適合して理想的な場合
1.ノーマル状態   30mm     55〜60mm
2.つま先に2mm  40mm     ーされる
3.両方に2mm   30mm     同じくらい
4.かかとに2mm  25mm     +される




さて、これ計るのもインナーブーツはずし、フットベッドはずしてスペーサー入れてってのを繰り返すのでなかなか大変。
今後、まずは以前の ノルディカ どーベルマン とヘッドの 赤いブーツがあるので、その二つも測定してみよう。
どれかが、適合するブーツとなればそれなりに良いのであるが、全部だめだった場合はと。



とりあえず 赤いブーツでフロント側のアッパーシェルをカットして変化するか様子を見よう。
もし、それで改善するようならメインブーツにも同じ処理してみるか考えよう。

ま、いつになるか分からないがそんな予定でいようと。
posted by ソーレ at 16:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

レガシィのバッテリー交換 激安なのか?

おととい、出先から荷物を回収して帰ってきた。
ちょっと車を動かして、荷物の撤収によいようにしようとしたら、あれまあ。

エンジンがかかりまんぜ!

オンまでは、普通なんだが、セルを回そうとすると、カカカとか言って、セル回らない。
バッテリーも3年は変えてないなあ、電圧計ると、11.6V まあ、こりゃ恐らくバッテリー終了だな。

さて、ところが本日車を使いたいが、ネットで買うと来るのが本日。じゃあだめだから妻の車を使わせてもらうことにした。

ねっとで、見ると楽天のお店で 80D23Lって型式のが、9800円だそうな。パナソニックだしこれでいいか。


と思ったが、昨日は時間取れたので、黄色い帽子に行けばいいかと。
でも、黄色い帽子のネットで値段確認しよう。

え! 34000円だって!ほんと?

というか、9800円は大丈夫なのか?

でも、差額に負けて楽天で注文して、妻の車を今日借りて、大家の大屋の大矢さん(仮名)とのゴルフに行くことにした。

スコアは、切ないものであったが、じょじょにあたふたしないでできるようになってきた。だが、スコアが・・・

まあそんなこおとで、ゴルフ終わったところで、妻にメール。バッテリー来た?

来たよ!


帰宅後交換作業。

30分ぐらいはかかって、無事交換できた。電圧は12.5V程度だ。少し低い気がするがどうでしょう?

緊張の、セル回転だ。ぎゅるルーン! 

おー、無事エンジンかかったよ。

あとは、無事3年ぐらい持ってくれればそれに越したことはない。

posted by ソーレ at 10:14| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする